Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
4

慣らし運転は奥が深い

昨日の慣らし運転の件でブロ友のKenji00さんから貴重な情報をいただいた。

Kenji00さん、いつも貴重な情報をありがとうございます(*´▽`*)


それによると、慣らし運転の考え方には、なんでも二つの党派があるらしい。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「慣らし運転の記事を書くってことは、もしかして・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


通常、Kawasakiのバイクの慣らし運転は昨日記した通りなのだが、それとは別の「ハード・ブレイクイン」というやり方があるんだそうだ。


ざっとしか読んでないんで解釈が正しいかどーかはわからないのだが、「ハード・・」という名が記す通り、どーやらそれは「慣らし」、というよりもエンジンを「鍛える」、みたいなやり方のようだ。

しかも最初の30キロが大事、みたいなことが書いてあった。


そんなあ・・・。

それってディーラーからバイクに乗って持ち帰る間に決まるってことじゃんかあ。


外国のサイトでもその二派に関する激しい議論が交わされているようで、そちらも紹介してもらって読んだのだが、なるほどどちらも一理あるように思え、簡単にどっちがいいとは言い切れない部分があるのだった。


そして「ハード~」は高速で800キロを流して走る、みたいな考え方とは大局的な位置にあるようで、それを採用するとなれば今までとは全く違う慣らし運転にしなければいけなくなるだろう。

う~む。


面倒くさい。


面倒くさいがそれが理にかなっている方法なら、バイクをできるだけ長持ちさせるためにも絶対にそうすべきなわけで・・・。


要は両者のいいとこどりが出来ればいーと思うんだが、そんな策はあるのだろうか?


そもそも今までのやり方のいいところって何だ?

今までのやり方自体、回転数の制限以外に何かあったのか?

いーや、それしか教えてもらったことはないような気がする。


極端な話、慣らし運転自体が必要ない、なんてのもあるわけで・・・。

それを入れたら三派あるわけで・・・。



実際、現代の自動車には慣らし運転は必要ないと言われている。


ウチのHONDA N-WAGONなんかもちろん慣らしをしていないが、乗り始めた当初よりか明らかに最近の方が燃費が良くなってきているし、エンジンのふけが良くなっている。

ならそろそろマニュアルモードでレッドゾーンまでぶん回してやればさらに調子がよくなるのでは?と思うくらいである。


こーゆーのを見ると、エンジンにあたりがついてきたから、ということ以外に理由が思いつかないのだが、だとすると、やっぱ車の慣らしは必要なくとも「だんだんあたりがついてくる」ということは間違いなく事実なんだろう。

ならば、高回転までぶん回すのが常のバイクのエンジンは、最高な状態であたりをつけてあげるためにも、やはり最初っから気を遣って丁寧に慣らし運転をするべきである、という結論に至る。


だからぁ・・・、

その方法がぁ・・・・。



まあ、ディーラーの言うことに従うのが一番だと思うのだが、こーいった知識を入れておいて、それを元にいろいろと質問し、その中から自分が納得できる方法を選択するのがベストなんだと思う。



・・・・・。



なんで今更そんな慣らしのことなんか綴るのか、って?



そりゃあ、まあ・・・。

ね。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

0

慣らし運転をしてる夢

DSC_0990.jpg

夢を見た。


Ninja1000 2017年モデルの慣らし運転をしてる夢だ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「もはや大型バイクの禁断症状・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


DSC_0991_20170518142643755.jpg

まあたぶんこんなパンフレットを眺めていたからにちがいない。

Kawasakiのバイクの慣らし運転はたいていが2段階あって、最初の800キロまでが4000回転まで、そこからさらなる800キロは6000回転までしか回しちゃいけない、というものだったか。

そうすることで「エンジンのあたりがつく」らしいし、ギアがスムーズに入るようになるとかなんとか・・・。



影丸のときも当然そうだったはずなのだが、自分のブログを見てもそこんとこが細かく載っていない。

リターンした当初、自分は新車の影丸の慣らし運転をしっかりやったのだろうか?


たぶん、そーいった慣らし運転の重要性を熟知していなかったから記事にしなかったのかも・・・。








DSC_0992.jpg

夢の話に戻ると・・・。


そう。

夢の大型バイクを所有し、慣らし運転をしている夢(笑)。


低速でゆ~っくり走行している。

回転数に制限があるせいか、全然スピードが乗らない。


「う~、こんなもんなのかぁ?」


とか歯がゆい思いをしながら乗っている。


そのくせ、減速する際、いつものようにギアをシフトダウンさせるのだが、そこで回転数がパーン!って上がっちゃうんだ。


「うわっ!今、6000回転まで行っちゃった?」


と、慌てるのだが、次も、その次の減速機会でも同じことを繰り返して埒が明かない、

という夢だった。



あはは・・・。

なんだ、この夢?



実際はそんなこたないと思うのだが、こんな夢を見るということは、きっと影丸のときはちゃんと慣らしをやってなかったんじゃなかろうか。


いや~、それもあり得ないなあ。

なのになんでその記憶が曖昧なんだろう?


普通、「慣らし運転、終了しました!」的な記事があるはずなんだが・・・。

自分で見つけられないだけ?






DSC_0989_20170518142641ed0.jpg

まあそれはそれとして、だ。

もし今度新車に乗り換えて慣らし運転をするなら、いくら維水志でもさすがにきっちりとこなすはずである。


第一段階と第二段階を合せると距離は1600キロ。


なら、第一段階は一日、二日で終わるだろうて。


否、一日で終わるかも。

往復800キロなら片道400キロだし。


金沢まで行って帰ってくりゃ終わりである。


金沢、いーね。



じゃあ、次は・・・・。


大阪まで行くか。

大阪まで行って、たこ焼きを食べて帰って来る、なんてのもいーかもしれん。


大型バイクならそれが可能になるんだ。


夢はいつ実現するかしら?

これに関しては平成24年4月26日に大型自動二輪免許を取得して以来、もう5年以上夢の中である。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

ガチョウ俱楽部通信 DDTR関連vol.6

うむ。

動画担当のやむを得ない事情により、今回のDDTRは中止の運びとなった。


まあ住むエリアも職業もまったく異なる三人が、しかも平日に一堂に会して旅をしようだなんてそもそも無理があるにちがいない。

逆によく今まで実行可能だったものだ。

そっちのほうが信じられん。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そもそも土曜日に休みが取れないのはだれのせい・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


なに、倶楽部活動は永遠だから、別に次の機会を待てばよいのである。

幸いなことにサイトの予約等、一切してなかったしね。


なので気に病む必要などまったくないのである。




というわけで、今回は隊長と二人でランデブー。

れっきとした俱楽部活動だ。authenticなのだ。


去年のライハ以来だね。


そこでDDTRの中止に伴い場所も千葉房総に変更。

これまた2012年の11月以来だぁ、懐かしい。


あんときゃ雨でなあ・・・・。


雨・・・。


まあこの時期だ。またやられる可能性は高い。

そうなった場合はさらなる中止もやむなし。


そしたら自宅でのんびりと休みを満喫したいが、本家GWがあんだけ天気が良かったことを考えると、雨だったらさぞかし悔しい思いをすることになるだろうなあ・・。


さて、千葉行きだが、どーにもバイクでレインボーブリッジを渡る勇気がない。

なんか、風で吹っ飛ばされちゃうような気がしてならんのだ。


車重のある大型や、カウルなしのバイクならだいじょぶなんだろうか?


まあとにかく、今回も横須賀からフェリーを利用するに越したことはない。


そして候補のキャンプ場。



_DSC6570.jpg
※キャンプ場の管理人のブログから拝借

こんな感じのところ。

調べた情報によるとサイト近くのトイレが仮設用だからウチの隊長にゃ無理だと思ったのだが、なんかトイレが新設されるみたいだ。


我々が行くまでに完成してりゃいーんだけど、これは確認してからだな。

ダメな場合は他を探さないといけない。


近くに温泉場もあるようだし、できればここに決めてしまいたい。


どのみち予約すんのは当日の天候が確認できる時期、つまり1週間前ぐらいになるだろう。



さて、朝食、昼食だが、どーっすかな。

勝浦タンタンメンのリベンジでもいーかもしれん。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

0

海の見えるカフェを求めて

DSC_1523.jpg

相変わらずバイクネタじゃあ~りませんので悪しからず。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「いちいち断らんでも・・・もう諦めてるから」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


先日の日曜日はブロンズウィーク後半に控えている維水志家のイベントの計画を立てることになっていたのだが、せっかくなので海の見えるカフェにでも行き、コーヒーでも飲みながらやることにした。


で、例によってどこに出かけるかを決めるまでに時間がかかり、出立も遅れた。


神奈川県で海の見えるカフェ、と言えばたいていが逗子鎌倉になるわけだが、車で行くのには向いていない。

駐車場に停めるのに苦労するし、海岸沿いは常に渋滞である。

やっとのことで停められたとしても、中に入るのにまた並ばないといけない。


そうなると、ストレスを解消するために出かけてるのに逆効果となる。

せっかくの週一日の休みが台無しになっちゃうのは避けたい。


で、先週に引き続き、静岡県を選択。


静岡、好きだわー。


空いてるし、近いし。



出るのが遅かったんで、まずは腹ごしらえからだ。



選んだのは沼津駅にある「イーラde」(何かの方言か?)というショッピングビルに入っているお店。

丼物とかではなく、一品料理を選んで満足できそうなところにした。

駿河屋久兵衛っていうんだ。


ほらねー。駅前なのにスムーズに駐車場に入れるのだ。

たださすがに駅前だ。駐車料金は利用料金三千円以上で1時間しか無料にならない。


このフロアには他にも「沼津魚がし鮨」グループの店舗がひしめいており、回転寿司のほうは列ができていた。

う~む。寿司も食べたいところだが。



で、メニューを見ると、魚介中心の和だけにサラダ的なものが見当たらない。

しょーがないんでサラダは諦め適当に数品をオーダー。



大して期待もせずに待つ。



が、




DSC_1518.jpg

期待もせずに、だなんて、大変失礼しました。

クウォリティがめっちゃ高いんですけど!


1,680円だから決して安くはないが、この値段でこの質のものを地元で食べることはできない。


なにこの金目?なにこのマグロの中トロ?なにこのかつおのたたき?

もうめっちゃうまーい(≧◇≦)


こんな美味いの食べられるんだったら何も稲取まで行く必要ないじゃん!

金目の煮付けが確か2,100円だった気がするが、たぶんそれもこの前稲取で食べたやつと変わらないか、それ以上かもしれん。





DSC_1513_201705161031502a0.jpg

そんで「食べるしじみ汁」。

でか。

お椀は薄いが見た目のインパクトはデカい。

そして何よりもシジミたっぷりで出汁がすんごいよく出ている。美味い!




DSC_1509.jpg

こっちはあさり汁だが、維水志のデカいスマホと比べてみると、その大きさがわかる。

あさりもデカくて美味しい。




DSC_1512.jpg

次から次へと運ばれてくる料理がこれまためっちゃうまそー。


店員のおば、否、お姉さま方も大変親切だ。

狭いテーブル席に通して申し訳ないと、メニュー等、食事に必要ないものを片付けてくれたりする。




DSC_1514.jpg

桜エビのかき揚げ。

バラバラなんだけどこっちのほうが食べやすいんだわ。

塩でいただく。

桜エビの肉感がちゃんと感じられてホントうまいわ。




DSC_1520.jpg

マグロの唐揚げ。

パサついてない。しっとりとしていて食べごたえがある。

こ、これで380円でいいのかしら?




DSC_1519_20170516103228fa8.jpg

で、おしつけのあら煮。

とろっとろや。とろっとろ。

やー、きっと金目の煮付けもうまかろうな。


う~む。毎週でも来たくなるじゃないかあ。

いーなあ、沼津。







DSC_1524_20170516095437ed6.jpg

腹ごしらえも済んだので少し散策を。

冒頭の写真、千本浜公園へ。


以前、隊長と来たことがあるかも。





DSC_1527_2017051609543822b.jpg

中はめっちゃ広いんだ。






DSC_1529_201705160954394d4.jpg

日差しが強いときゃ助かるね。




さあて、じゃあ目当ての海の見えるカフェに行きますか。



が、海の景色は堪能したので予定変更。




DSC_1535.jpg

コーヒーがうまそーなところ、という条件を優先し、海の近くではあるが、海の見えない、こんなカフェにやってきた。






DSC_1534.jpg

なかなかオシャレで中は満杯。

ちょうど入れ替わりで入れた。




DSC_1537_201705161054386b8.jpg

中はこんな感じで窓が少なく閉鎖的だからか、あまり長くはいられなかった。




DSC_1536.jpg

メニューもすっきり。




DSC_1539.jpg

さて、じゃあ打ち合わせと行きますか。




DSC_1540.jpg

肝心の珈琲の味は・・・。


まあたぶんブレンドとはこーゆーものなのだろう。

維水志はもっと濃いコーヒーが好きなのだ。


この後、お土産でも買おうかと、これも以前隊長と訪れた「いけすや」に行ってみたがすでに店じまい。

もう夕方の5時近くだし。



だが帰ろうにも東名が事故で渋滞している。

もお・・・。


先週に引き続き足柄SAで休憩。


ついでに夕飯も外食だね。


地元近くの小さなショッピングモールにある美味しいとんかつ屋に行こうとしたら店舗自体がなかった。

あらま・・・。


しょーがないんでファミレスへ。


それなりにおいしかったことはおいしかったのだが、昼間の食事とほぼ同じ値段だということを考えると、やはりファミレスは割に合わないという結論に達する。

まあファミレスの場合は場所代込み、というふうにとらえるのが正しいのだろう。


さて、肝心のイベント計画は・・・、


だいぶ進んだな。

倶楽部の横浜ミーティングとは違うぞ。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

富士スバルラインを走る

DSC_1393.jpg

富士スバルラインを走る!


クルマで、ですが、何か?

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「バイクに関係ない記事ばっか書いてるとランキングから外されるぞ!」
と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


実際、アメブロだと外されるらしいで。

維水志のブログなんか間違いなくてき面に外されるだろうよ。





DSC_1394.jpg

これから富士山五合目に向かうというのに、まだまだ遠くに富士が見えるような気がするのが不思議だ。

ここを通行するのに普通自動車だと二千円以上かかるが、軽だと1,620円なのだ。

やりーっ!(≧▽≦)


・・・・。


けど、バイクでも1,620円とはこれ如何に!?

バイクだときっとすげー損した気分になるだろうな。







DSC_1399.jpg

四合目。

ここにきて寒さ対策を怠って来たことを激しく後悔する。


下界が23度ぐらいなのに対し、ここら辺りは10度を切るぐらいなのである。





DSC_1404_20170515001110833.jpg

五合目の駐車場に到着。


やあ、ここに来るのは一体何年ぶりになるのかしら?


幼少の頃、ここへ来たことを示す証拠のメダルが机のガラクタ入れの中にあるのを思い出し、自宅に戻って確認してみたら、




DSC_1542.jpg

1970年8月22日となっている。

ふぁ~・・・。実に47年ぶり?

しかも夏?

なんか寒かったような気がするのだが、記憶とはこのように曖昧なものなのだ。


へえ~。ちゃんと「富士スバルライン 五合目」って刻んであるんだ。

この、メダルに名前と日付を刻み込んで販売する機械は未だに存在したが、さすがにデザインは変わったみたいだ。

ちょっとコンパクトになっている?






DSC_1415.jpg

そんな懐かしい場所だが、それにしてもここも外国人旅行客の数がハンパない。

小樽、積丹の時ぐらい目立つな。

乗用車と同じぐらい、とまではいかないだろうが、観光バスの数はかなりのものだ。





DSC_1423.jpg

一度、ここから先もチャレンジしてみたいが・・・・。

むーん。

ムリだろうなあ。





DSC_1422.jpg

だってこの急斜面だもの・・・。





DSC_1405_20170515001111595.jpg

そ、それにしても、さ、さぶい・・・。

駐車場にもまだ雪が残ってら。


山頂方面はご覧の通りだ。

それでも登山客がいるということは、こんな状態でも登山が可能なのか。





DSC_1418.jpg

総合管理センターからの眺め。

山中湖?だと思うのだが、それが見える。

山中湖自体が標高が高い位置にあるため、あんまりここの高さを感じない。



ここは登山以外の目的で来るなら、景観以外に楽しめるのはお土産ショップぐらいかもしれん。


47年前の維水志一家は何が目的で来たのかしら?




DSC_1425.jpg

そんなお土産ショップの一つが、何故だか富岳三十六景の展示を百円でやっていた。

なんで?


で、やることもないんでそれを見、これはそのショップの三階からの画像。



とにかく寒いし、腹も減ったので帰ることにした。




が、



DSC_1447.jpg

来る途中で気になったここに寄ることにした。

四合目の手前にある。


徒歩3分ならまあいいだろうて。


寄生火山?

展望随一?

どんな?







DSC_1443.jpg

徒歩3分だが、こ、この急斜面を下っての3分か!

しかも先が見えんぞ・・・。


う~む。帰りが大変・・・。


空腹と寒さでもう気が遠くなりそうで、戻ろうかとも思ったが、気合いで進むことにした。





DSC_1428_20170515105653ed2.jpg

途中、お土産ショップらしき店舗を通過するとこんなのがあった。


寄生火山とはこれのことか?





DSC_1440.jpg

さらに道が二手に分かれた。この先に展望台があるらしい。

迷わず左へ。先へ進む。


後でわかったが、どちらの道へ行っても到達地点は一緒だった。




DSC_1433_20170515110747c17.jpg

だが無理してでも来て良かった。

景観は先ほどの五合目駐車場よりいーじゃないか。

しかも観光客もほとんどいなくて静かだ。


景観を楽しむなら断然こっちだろう。

あっちはお土産を買うだけだな。




DSC_1431.jpg

へー。

高山植物?





DSC_1438_20170515110750bc3.jpg

ほう。

天然記念物だから触ったり破片を持ち帰ったりしてはいけないのだ。




DSC_1439.jpg

これが寄生火山?

う~む。わからん。





DSC_1434.jpg

展望台到着。

まあ天気が天気だし。





DSC_1446.jpg

この後、戻るのが大変だったが、いい運動になった。


天気がよい時に、今度はバイクで来てみたいな。



このまま一気に下り切った。



途中、足柄SAでちょっと腹ごしらえをし、ソーセージを買って帰った。


この後、維水志邸の庭で料理対決の品を作らなければいけないのだった。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=