Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
4

あらま!にゃはは!!

告知

ガチョウ倶楽部5周年記念イベント、DDTRに向けて、第2回バイクなしミーティングを真昼間から横浜で行う。

・・・・。

まさかこんな会議が2回も実現するなんて思わなかったなあ。

と、北海道ツー前の第1回横浜ミーティングの記事の時に書いてある。↓  ↓
          http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/blog-entry-812.html


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「なんでそんな記事のタイトル・・・?」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。



「いいか、きさまら。お昼の候補を探しといたから次の中から選ぶのだ。

うん、メールでリンク先とかを貼るのがめんどくさい・・・・・」


と、いうように誰かさんの口調を真似たので、記事のタイトルもちょっと文字って似せたのだ。

今回もそのまま・・・。




3年前の横浜ミーティングと同じように昼頃に横浜近辺で待ち合わせをし、まずは食事を楽しんでから店を移してキャンプツーリングの打ち合わせをするという流れになりそうだ。

企画担当としてはランチの場所を決めないといけない。


で、店をいろいろと調べたんだけど、笑っちゃったのが、今回絞り出したのと前回選出した店が二つもかぶってたのである。

ホント、これ嘘じゃない。今回の店を選んだあとで、3年前の自分の記事を読み直して驚いた。

ってか笑った。

思考も嗜好も3年前と変わってないんだわ。


アルペンジロー

スープカレーの店。



洋食キムラ

洋食屋。


ハングリータイガー

ステーキ、ハンバーグの店。


①②が前回とまるで同じ(笑)。


選出した理由は以下の通り。


①はスープカレー屋なんだけど、カレーよりもその具がとっても美味しそう。

②は前回選んだ洋食屋がいまいちだったので、そのリベンジ。

③は神奈川発祥のグリル屋で、単身さんにとっても思い出のレストラン。



では諸君。

上記の中から自分の好みを選んでくれたまえ。

くれぐれも言っておくが、待ち時間を考慮する必要はない。

維水志に極秘作戦があるからである。

なお、選ばれた店によって集合場所が変わってくるので、貴官らには早々に結論を出すことを進言する。


では、戦場でお会いすることとしよう。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

iL CHIANTI 江の島

1月某日。

珍しく江の島へ赴く。


DSC_0480.jpg

この日はiL CHIANTI(イルキャンティ)江の島でランチ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「江の島よりもまずは食べ物ありき、のような気がする・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


イタリアンの店だ。

低糖質ダイエットをやってるからにはイタリアンなんか縁がないもんだと思っていたが、そうでもなく、意外と食べられるもんが多いのだった。



DSC_0479.jpg

この店、割と全国的に支店があるみたいで、以前、小田原のに行ったことがある。

そっちは確か「PORTO」ってサブタイトルが付いていたが、ここ江の島は「BEACHE」となっている。

たぶん、「港」とか「ビーチ」とかって意味なんだろうけど、全ての支店がそういった地理的な店名を付けているのかと思いきや、「イルキャンティ横浜」みたいのもあってまるで統一感がない。


まあ美味しければ名前なんてどーでもよいのさあ。





DSC_0477.jpg

店内からは海が見える席もある。

ここは割と奥まったところにある席なのだが、小田原のに比べると店内はやたら広く、集客力も3倍以上ありそうである。






DSC_0456.jpg

じゃまあお酒でも飲みながら食事といきましょうか。

飲み物のメニューも充実している。





DSC_0458.jpg

まずはブリかハマチのカルパッチョ。

2ヵ月ぐらい前のことなので、どっちだか忘れた。




DSC_0459.jpg

作り置きなのか、冷えててとっても美味しかった。





DSC_0460.jpg

シーザーサラダ。

結構な量があり、満足できる。




DSC_0462.jpg

なんか、瓶入りのドレッシングが渡された。

アンチョビベースの美味しいドレッシングだ。

かけすぎると塩辛いから注意。





DSC_0463.jpg

タコととびっこのチーズなんちゃら?だったけか?

いや、これがめっちゃ美味いんだわ。




DSC_0466_20170404234049e5f.jpg

皿に火が付いたまま運ばれてくる。





DSC_0471.jpg

こりゃあまた食べたくなる味だ。





DSC_0473.jpg

あとソーセージの盛り合わせ。





DSC_0474.jpg

山ゆりポークのなんとか。





DSC_0475.jpg

これが運ばれてきたときにゃすでに腹が結構いっぱいになってきていてギリ食べきれたのだった。



この時期ぐらいからだ。低糖質ダイエットを初めてから、あんまりオーダーし過ぎなくてもだいじょぶだ、ってわかってきたのは。


この時以来、外食でのオーダー数を減らしているはずである。






DSC_0481.jpg

ついでに江の島をふらつくことに。






DSC_0484.jpg

初詣も兼ねて。





DSC_0487.jpg

天気は今一つだったが。





DSC_0493.jpg

ここも先ほどのイルキャンティの姉妹店、だと思う。

こっちはカフェっぽいのかしら?



この日は岩場までは行かず、途中で裏道みたいのを通って帰ることにした。




DSC_0494.jpg

でっかい台湾リスかしら?

裏道は初めて通ったが、なかなか情緒がある。




DSC_0497.jpg

こちらからだと先ほどまで見えなかった富士山が見える。

もう少し天気が良けりゃね。



久々の江の島だったが、なかなか美味しかった、否、楽しかった。

また来たい。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

低糖質ダイエット パンの日制定

それでもやっぱりどーにもならないものもある。

マイハニーの場合、それはパン。


確かに街を歩いていてパン屋の前を通ると、香ばしい匂いに思わず、「あ~、パン食べた~い!」と叫びたくなるのは維水志とて同じこと。

何よりも、テレビで今はやりのたまごサンドなんかやってると、もうたまらんわ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「さすがにパンの代用品はなかなか見つからないよねぇ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


それで制定されたのが「パンの日」である。




P_20170402_160435.jpg

数か月に1回ぐらい、好きなものを食べていい、というパラダイス日だ。


数か月に1回、と言っても、実際に昨日の日曜が第1回目の「パンの日」だったから、実に約半年ぶりにパンを味わったということになる。

あ、維水志は教え子の結婚式で食べたから1か月ぶりぐらいだけど。


で、パンの日だからと言って、たらふく食べるわけではない。

この日も慎ましく、二人でそれぞれ二つずつ買って、さらにそれらを4分の1に切って味わって食べたのだ。

結局、甘くて全部食べきれなかった。

うむ。次回から二人で3つでいーかも。


でもやっぱ美味いねぇ・・・、小麦粉製品は・・・。

わざわざ小田原のパン屋まで出かけた甲斐があったわ。


こうしてパンの日は制定されたわけだが、維水志の場合、他に食べたいものがある。



それは、



餃子!



餃子の皮って結構な糖質を含んでいるわけよ。

だからもうずっとご無沙汰なわけよ。


糖質ダイエットを始める前、我が家では月に一度は餃子の日があった。

しかも1回に食べる用がハンパない。

25枚入りの皮を二袋買ってきて全部使っちゃうのだ。

つまり、50個作って、調子がいいと全部平らげてしまっていたぐらい、好き。


だがさすがに餃子の皮の代用品になるものが見当たらない。

どっかの料理屋で餃子の具を湯葉で巻いたものをいただいたが、食感が・・・・。

だ、ダメだあ~。

それに作るの大変そうだあ~。


なので維水志としては「餃子の日」を制定したいと思っている。

けどそれが出来たとしても、さすがに以前のように50個を食べるわけにはいかない。

問題はいっぱい食べなくても満足できるかどうかなのだ。

パンの日の少量のパンのように、きっと餃子も6個程度で満足できるような気がしないでもない。


それならいいんだけどなあ。



うん。実はどーしても食べたいもの、と言ってもその程度なのだ。


パスタなんて食いたいとも思わん。

それまでは週に一度はお昼がパスタだったような気がするが、今となってはなんであんなもん食べてたんだろ?と思うぐらいだ。


蕎麦。

まあ別に元々そんなに好きな食べ物ではないから食べなくても問題ない。

きっと夏だったら「今日はさっぱりと蕎麦で」って思うかもしれん。


うどんねぇ。

特に・・・・。


問題はラーメンだろう。

低糖質ダイエットに入る前、「ラーメンが食べられなくなるのだけはきっと耐えられないだろうな」と思っていたし、「月一ぐらいは許してもらえばいーか」とかずるいことを考えているぐらいだった。


が、これこそ代用品でどーにかなるのだった。


要するに、ラーメンのスープがあればいーのだ。

麺なんてすすっちゃってるからほとんど味わってないわけで。


それでスープはスーパーにいろんなのが売ってんだわ。

それを買ってきて最初の頃は麺の代用になりそうなものをいろいろと試したみた。


それこそ低糖質麺みたいのも売っていたのだが、食感がクソでアウト。

ファミレスガストにも、普通の麺を低糖質麺に変えられるサービスがあったから試したが、それはなんか冷麺みたいで合わなかった。

豆乳麺ってのも試した。緩すぎでアウト。ないのに等しい。



やっぱ代替品は見つからんか・・・、

と、諦めかけたその時、これまた救世主が現れた。


しらたきである。


まあ、しらたきの食感ならスープと共にすすっていて「あ、一番ラーメンに近いかも」と思えるのだ。

もちろん本物と比べたらどーにもならないが、スープや具のおかげだろうか、「これでいーや」と思えるレベルなのだった。


それからはラーメンが食べたくなったら、しらたき&ラーメンスープで満足できちゃうのである。

とんこつ、醤油、味噌、塩、担々麺・・・・・それこそスープは何でもあるし。


これで麺類問題は解決した。



あとまあ、粉ものかな。


当初はマイハニーが苦労して、サイリウム粉末というとろみが付けられる粉や、おからパウダーというのを使ってお好み焼きもどきを作ってくれたのだが、やはり食感が残念な感じになっちゃって最近では使わなくなってしまった。


これらはまだまだ考える余地があろう。

そーいやこの前、卵を使ってチヂミ風のものを作ってくれたのだが、これはなかなかイケていたと思う。

まだまだ新しいアイディアはきっとある。


そして最後にフライだな。

フライはどーしても食べたくなるが、衣が小麦粉やパン粉だから基本アウトなわけで。


それでも少量なので維水志はたまに外食でフライ物をいただいているが、マイハニーは「それ、フライを頼んだ意味あんのかしら?」と思われるぐらい半分以上衣をはがして食べたりしている。

まあちょっとだけフライ気分が味わえればいい、ということなのだろう。

やる人は徹底してここまでやる覚悟が必要なのだ。


そんな苦労をしながらも、低糖質ダイエットを続けてれこれもう半年になろうとしている。


そしてまだ続ける。


マイハニーは10キロ以上減に成功。

1食だけご飯を食べるライト低糖質ダイエットの維水志も9キロ減に成功している。


そして体の調子もよろしい。


体重が気になるあなたもチャレンジしてみてはいかが?

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

0

低糖質ダイエット時の適応機制

低糖質ダイエットのつづき。


前の記事で記した通り、米や麺類は別に食べなくても気にならなくなる体になる一方で、

「どーーーーーーーーーーーーしても、あれ食べたい!」

と、抑えが効かなくなりそうな食べ物がいくつかあるものだ。

で、そんなとき、どーするかというと・・・・、


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「あれでしょ、食べたいもんの写真見ながら野菜食べるんでしょ・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


マイハニーがネット等で見たところによると、低糖質ダイエット中の皆さんはいろいろと工夫をされているようで、食べたい物の代替品をなんとか見つけ出すことで、適応機制をし、ダイエット挫折の危機を乗り越えているらしい。

我が家でもそれらを参考にし、食べたい!という欲求をどーにか抑え込んでいるのだ。


例を挙げると、


スイーツ代替品

DSC_0562.jpg

前にも書いたが、砂糖の代わりをしてくれるエリスリトールを使ってマイハニーがバレンタインデーに作ってくれたチョコケーキ。

これで十分な甘さを確保できるのだ。




DSC_0560.jpg

そして味もよろし。

エリスリトールは普通の料理にも使える優れものである。

ただまあ以前、これで豚の角煮を作ったことがあるのだが、エリスリトールが原因かどうかはわからんので何とも言えないが、砂糖使用時のように肉が柔らかくならないことがあった。

後は、冷えているとシャリシャリ音がすることもある、といった程度だ。


けど味は最高に美味いんで問題ないと言えよう。



一方、いちいち家で作らないとスイーツは食べられないのか?というと、そうではない。


手軽に買えるスイーツが置いてあるコンビニもある。

ライザップとコラボしたファミマのスイーツは有名だが、ローソンにもいくつか種類が置いてある。

特にローソンには糖質オフのアイスがあるので、我々は「アイスが食べたい!」となったら、まるで駆け込み寺のようにローソンへ車を走らせている。


けれど難点は種類があまり多くないということか。


そう、飽きちゃうんだわ。


コンビニ大手であるセブンイレブンが低糖質スイーツに参入してくれない、というのもあるかもしれん。


だが、最近、新たなる救世主が現れた。

否、もっと前からあったのだろうけれど、我々がその存在を知らなかっただけである。

が、思いもかけず、その貴重な情報を、行きつけの美容院のお姉さんからゲットした。


実は彼女も低糖質ダイエットを始めていた。

彼女の場合のきっかけは、あのライザップを脱退したメンバーがオーガナイズしたジムの勧めで始めたらしい。

で、そのジムの彼女の担当者から「食べてもよい」とお許しが出ているという、お墨付きのスイーツがある、という情報だ。



で、夫婦でその美容院に通っていて、二人が二人ともその話を聞かされていたのだが、そのことをすっかり忘れていた。


それを思い出せのは、ホワイトデーというイベントがあったお陰でございます。


それがこれよ。






P_20170323_101235.jpg

シャトレーゼ(Shateraise)の糖質カットスイーツだ。↓  ↓
http://www.chateraise.co.jp/products/list.php?category_id=19

アイスはもちろん、ピザもあるぞい!



で、だ。

これで一気に選択肢が広がった。


特にこの生チョコ、めっちゃ美味い。

砂糖を使わずによくもこんだけ美味しくできるもんだと感心するほどである。

500円ぐらいとちょっと値は張るが、本物の生チョコなんかもっと高いし。





P_20170323_120435.jpg

そしてピザも美味しい。

このほかに「4種のチーズの~」という商品もあったが、そっちはパサついててあんま美味しくなかった。



そんなわけでスイーツに関しては、今までのもんが食べらんなくてもさほど苦痛を感じることはない。




スイーツに関して唯一困っていることと言えば、仕事上でいただく御礼だろうか。


そのほとんどが甘いスイーツなんだわ。


頂き物を無下に捨ててしまうわけにもいかず、宝の山を目の前にしていながら指をくわえて見ているだけ状態が続くのが結構厳しい。

一つ一つ丁寧に美しく包装されている、美味しそうなスイーツはまさにダイヤの輝き!

その誘惑たるや、想像を絶するものなのだ。


だが、これに負けるわけにはいかん!


結果、ほんの一部だけを、しかも二人で分け合って食べ、残りは全てお義母さん宅にもらっていただく運命なのである。


あら、スイーツだけでこんなに長くなっちゃったわ。


つづく。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

体が慣れる低糖質ダイエット

こんだけ食べ物に制限がある中で、たぶん救いは肉や魚介類が食べられる点にあるだろう。

そして油が大丈夫、という点で料理法に幅が出るということがあるかも。


だが予想以上に壁が高い。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そりゃあそんだけ意志が弱けりゃねぇ、ダイエットに限らず・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


それこそ初めの頃は、お米を食べない分の代わりとなる量を摂取しようと料理の品数を多くした。

大変だったのはマイハニーだ。

限られた食材で毎回それなりの品数を用意しないといけない。


こんなん続けるの難しいだろうと思われた。


そしてさらに問題なのが外食だ。

麺類がNGだから、ラーメン屋や蕎麦屋、うどん屋、パスタ屋には入れない。

そしてご飯がセットでついてくるような食事処へは行けない。


そうすると行くのは決まってファミレスになってくる。

ファミレスで肉系の料理を単品で注文する。

で、単品のみだとお腹が満たされないのでオーダー数が多くなる。

焼き肉屋とて同じこと。

白飯がなくなる分、肉の皿が多くなる。


結果、金が必要以上にかかってしまう。


なにより選択肢が少ないため毎回同じようなものしか食べられなくなるため、外食のたびにどこへ行こうか悩むのである。


こんな状況だからきっと長続きは困難だと思えた。



ところが、だ。


ダイエットを始めて2~3週間ぐらい経ったあたりで変化が出始めた。


カロリー摂取量が減ってんだから体重が少し減るのはまあ当たり前だ。

何が違うのかというと、腹持ちが良くなってきたのである。


お昼を食べるのが12時あたり、夕飯のお弁当が食べられる時間が19時前後なのでたいていの場合、小腹が減ってイライラしてくるので間食なしではいられなかったのだが、これが明らかに違ってきた。


「腹減った~」「なんか食いた~い」ってならないのである。

原因は血糖値の上昇が緩やかだからと考えられる。

低糖質を中心とした食事だと、上昇と下降が緩やかなカーブを描くらしく、そのため腹持ちが良くなるのだとどっかの記事で読んだ気がする。


半信半疑ながら続けられるようになった原因の一つはそこにある。


だが、一番の要因は結果が体重の減少という形ではっきりと表れてきたことだ。


これまで何度もダイエットにチャレンジして超えられなかった壁があった。


70キロの壁だ。


維水志の身長だと理想的な体重は64キロ。

だが自分がその体重だったのは、身長が伸びるのが止まった高校2年生の頃だっと記憶している。


そこから、より運動をしなくなった年齢に突入し、20代では68キロ期間がしばらく続いたか。

だが、30になる手前で70キロを超え、ぶくぶくと肉が付き始め時には80に近づく勢いの時もあった。

が、明らかに腰への負担があったため、そこはセーブが効いたらしく、禁断の80台へ突入することだけは免れたが、中年期は75キロ以上でいることがかなり多かったと言える。


そんな調子で、20代後半から25年以上、60キロ台の数値を見ることはなかったのである。


それがこのダイエットを始めて2か月ぐらい経ってだったろうか、ついに、実に四半世紀ぶりに60キロ台に戻ったのだ。

その数値を体重計で見たときは感動的だった。


自分の感覚ではそんなに苦労をした感じがないから余計に、である。


10月17日のダイエットスタート時点での体重は確か73.4キロ。

こんなに本気で取り組むことになるだなんて予想もしてなかったから、あんまり確かではないのだが。


その時期、割と食べる量に気を使っていたからか、75キロ以下をキープできていた。

73.4キロは維水志的には少なめな体重だった。


で、経験上、73キロあたりからだと、たった2キロですら減らすのが大変なのはわかってた。

78キロからの2キロ減とはわけが違う。

間食を控え、食べる量を極力抑え、いつも空腹と戦ってイライラしてないと達成できない数値だから精神的にかなり不衛生なのも知っている。


それだけに、普通の量を食べていながらあっさりと70キロを切って壁を越えたときは、低糖質ダイエットの効果をはっきりと認識できた。

しかも空腹と戦っていないし、イライラもせずにこれだけの効果が表れたのだ。


この頃、さらに驚いたことに、あんまり食事の量を食べなくても平気になってきた。

従って、ファミレスでの追加の一品を控えてもだいじょぶだと脳が理解するようになったのだ。


こうなると「食べる量を抑えている」という感覚がまったくないのである。

つまり、ダイエットをしている感じがしない。


体が慣れちゃうんだ。



問題は「時たま食べたくなる好きなものが食べられない」ということに尽きるだろう。

例えばラーメンとか。


だが、これに関しても不思議なことがあるんだ。


「好きなもの」の代替品を食べることで、「どーしてもあれが食べたい」という欲求も少なくなっちゃうのだ。

ダイエットを始めた当初、1日1食のお弁当のお米がすごい楽しみだったわけだが、最近じゃ「ご飯なくてもいーかも」と思えるようになっているのがまたびっくりである。



次回はその代替品を中心に記すことにしよう。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=