Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
6

サランハウス見学バスツアー

当日は残念なことに雨。

それでも集合場所には7~8世帯ぐらいがすでに集まっていた。

世代的には若い夫婦から老夫婦まで様々だ。一人で参加は維水志だけらしい。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「ふつう一人じゃ行かないな・・・?」と思ったら・・・
その勇気にポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。



最初にアンケート用紙に必要事項を記入する。

次に簡易スリッパや当日のスケジュール等が入ってる紙袋が与えられた。

それによると、

現在建設中のサランハウス現場を見学 → 築25年のサランハウス訪問 → 新築の二世帯サランハウス宅訪問、となっている。

見学宅では納戸やたんす等を開けなければどこの部屋を見てもいいのだそうだ。


出発。


建築現場に到着。

外壁に使われている素材にガスバーナーで一定時間火をあてていかにそれが燃えにくいかということを実証する実験を披露。サラン製の外壁材の横には一般に使用されているものを並べて比較する。

建設中のお宅の二階に上がると椅子が並べてあり、その上には断熱材に使用している発泡スチロールみたいなやつの余りもんが25センチ四方ぐらいにカットされて座布団代わりにおいてある。

熱を通さないから自分の熱で暖かくなるのだという。

実際に座ってみるとホントに床暖房でもあるのかと勘違いするほどあったかくなったんで驚いた。


重量鉄骨のサランハウスのウリとしてはその頑丈な構造ゆえに柱を必要以上に入れる必要がないということだ。窓のレイアウトも自由自在だという。

確かに普通の家より空間が広く作られている感じがした。

さらにオーバーハング、と言ったか、二階を階下よりもだいぶ張り出して造ることが可能なのだという。

なるほど、三階建てをウリにするのも納得がいく。


そんなこんなで20分ぐらいの説明を受けただろうか。

階下に下りるとガスバーナーは消火されていて、引き合いに出された他社の外壁は真っ黒こげでグラスウールが燃えた変な臭いがあたりに充満していた。

グラスウールを燃やすとこーゆー臭いがし、火事後、家が残ったとしても家中の物と言う物にこの臭いが付着するんだ、と脅された。

洗脳だ、洗脳。

今だから冷静にこんなこと書いてるけど、その場にいたときは「こりゃヤバい。サランハウスで家を建てるしかないべ」と思いかけていたから怖い。



次に築25年のお宅を訪問。

到着前のバス内では、見学ポイントとして「床の頑丈さ」を挙げていた。

25年経っても床が軋むなんてことはあり得ない、特に脱衣所や階段を降りたあたりを注意して見て欲しい、と言っていた。

で、到着。

住人である老夫婦は「ようこそ」モードの笑顔で出迎えてくれるのだが、なんか人ん家に大人数でずけずけ入って行くのにとても気が引けてしまった。

自分だったら絶対に断りたいと思うぐらい嫌だが、一体、サラン側からいくらもらえばこんな嫌なことを引き受ける気になるのだろう?と、ちょっと卑しいことを考えてしまった。

確かに25年とは思えぬぐらい床がしっかりとしていた。柱も少なく空間も広い。

それでもさすがに古いお宅なので今のと比べて収納が少なく、たんすとかが広い空間を狭く感じさせていた。


最後に新築の二世帯住宅へ。

そのあたりは分譲地でそのお隣さんもサランハウス製であった。


二世帯と言ってもほとんどが共有スペースである。

先ほどのお宅とは違い、やはり今風でおしゃれである。こだわりの和室の客間があったりする。

い、いらない・・・。

それと、リビングとキッチンの造りが自分が注文するならまずあり得ないだろう、という構造だった。人の好みは様々だということを痛感するね。


南側に大きな吹き抜けがあり、それに合わせた大きな窓がこれまたこだわりなのだそうだ。

で、二階に上がると・・・。

あ、暑い。

二階と一階とじゃかなりの温度差があると見た。

実際に住民も「クーラーをつければなんとかだいじょぶ」みたいなことを言ってたが、こんな家を見せていーんか?

最近の知識で知ったがサランハウスでは断熱性や機密性は期待できないらしいがどーやらそれは本当みたいだ。それともあのでかい窓のせいだろうか?


展示場へ戻る。


用事があったので(確かあったはず)バスから降りたらそのまま帰ることにした。


途中までは本気でサランハウスにしようかと思っていたが、最後の家がいかん。

坪単価が高いって言うわりにゃ快適な家じゃないんか?


まあまだ1社めだし。

これからもいろいろ見てやろうじゃないか。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
↑「人ん家を見学しといて好き勝手言いますなあ」と、思われても「そのための見学ですからあ」・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

kazu says...""
ブログ再開したと思ったら怒涛の更新ですね(笑)
個人設計事務所に相談するのも良いと思います
家を建てた当時は仕事が忙しく、面倒なので建売住宅にしましたが、ゆっくり時間をかければ良かったかな?と少しだけ後悔しています
2013.02.01 09:14 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazuさん"
> ブログ再開したと思ったら怒涛の更新ですね(笑)

そうなんです。何でも極端なもんで・・・。

> 個人設計事務所に相談するのも良いと思います

そうなんです。それも含めて考えることがあり過ぎて途方にくれそうです。

> 家を建てた当時は仕事が忙しく、面倒なので建売住宅にしましたが、ゆっくり時間をかければ良かったかな?と少しだけ後悔しています

いえいえ。BBQができてその上暖炉まで出来上がればもう最高でしょう。
2013.02.02 01:22 | URL | #- [edit]
GASHOB says...""
ほういちさん

こんにちは GASHOBです。

実際に人が住んでいる家の見学ですか~
私も1軒だけ見にったけど、その家はあまりにも大きくでゴージャスで
参考にならなかった記憶があります。

うん、いろいろ見てまわるのがいいと思いますよ。

確かに、個人設計事務所にお願いするというのも一つの手ですよね。
ただ、お金がかかるというのを聞いたことがあります。

現実的な話をしますが、予算と理想の家とのバランスをいかにとるかですね。
2013.02.02 16:43 | URL | #- [edit]
みや says...""
いちばん安上がりなのは、
「頭のキレのよい、大工の親方が知り合い」なパターンですが(笑)。
設計事務所が入ると、メリットは
「施主の意向をできるだけ実現するための調整役」
(大工さんや工務店、ハウスメーカーなど、「まあいいや」ってな妥協が少なくなる)
ってのが大きいですね。
経験上、「オレんちじゃねえや」ってひとを、いっぱい見てきました。
デメリットは、もちろん設計・監理料がかかってくることと、
へんてこりんな事務所だと、「誰のいえ?」と聞きたくなるくらい
設計者の理想ばかり押し付けられてしまう可能性がある、ってことです。

時間の制約もあるでしょうが、法律のしばりや予算のゆるす限りの、
ご自分(ご家族)の理想に近い家を具現化してくれそうな
設計事務所かハウスメーカーの営業を探してみてください。

いみなしさんはプロではないので、「なんで?」ってことは多いと思いますが、
そのひとの説明が納得できなければ、それだけ出来上がる家も
「かみ合わない」と思います。

長文、失礼!
2013.02.02 20:31 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."GASHOBさん"
こんにちは。

> 実際に人が住んでいる家の見学ですか~
> 私も1軒だけ見にったけど、その家はあまりにも大きくでゴージャスで参考にならなかった記憶があります。

それじゃ展示場と変わらないから困りますね。私が見てきたのはとっても現実的な物件でした。悪いところまで見えちゃったからなー。

> うん、いろいろ見てまわるのがいいと思いますよ。
> 確かに、個人設計事務所にお願いするというのも一つの手ですよね。
> ただ、お金がかかるというのを聞いたことがあります。

ビフォーアフターとかの費用も「設計費別」って書いてあって実態がわからないですよね。むちゃくちゃ高そうです。

> 現実的な話をしますが、予算と理想の家とのバランスをいかにとるかですね。

いろいろ参考書を今読んでるんですが、後々の支払いのことまで考慮に入れないといけないみたいです。
2013.02.03 11:12 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."みやさん"
> いちばん安上がりなのは、「頭のキレのよい、大工の親方が知り合い」なパターンですが(笑)。

じいちゃんが腕のよい大工だったんですが・・・。40年前に他界。

> 設計事務所が入ると、メリットは「施主の意向をできるだけ実現するための調整役」(大工さんや工務店、ハウスメーカーなど、「まあいいや」ってな妥協が少なくなる)ってのが大きいですね。

なるほどー。ならそっち方面の研究も必要ですなー。

> 経験上、「オレんちじゃねえや」ってひとを、いっぱい見てきました。

まあ大半がそんな感じなんでしょうねぇ。はずれを引いたら大変、ってか当たりを引くほうが宝くじ級に確立が低いんでしょうか?

> デメリットは、もちろん設計・監理料がかかってくることと、へんてこりんな事務所だと、「誰のいえ?」と聞きたくなるくらい設計者の理想ばかり押し付けられてしまう可能性がある、ってことです。

そりゃ一体いくらぐらいかかるもんなんでしょう。トータル的に大手ハウスメーカーで建てた場合と変わらないなら一考の価値がありますよね。

> 時間の制約もあるでしょうが、法律のしばりや予算のゆるす限りの、ご自分(ご家族)の理想に近い家を具現化してくれそうな設計事務所かハウスメーカーの営業を探してみてください。

貴重なアドバイスをありがとうございます。是非にそうします。

> いみなしさんはプロではないので、「なんで?」ってことは多いと思いますが、そのひとの説明が納得できなければ、それだけ出来上がる家も「かみ合わない」と思います。長文、失礼!

100パー満足のいくもの、というのは到底難しいだろうと考えています。またアドバイスしてください。
2013.02.03 11:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/550-594cb02b