Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
2

受験シーズン間近

今日で10月もおしまいだ。

もう数週間もすれば受験もいよいよ佳境に入ってくる。

というのもセンター試験が目前に迫っているからである。

センター試験 ― 我々の年代なら共通一次と言われるあれだ。未だにセンター試験のことをそう呼んで子供から白い目で見られる親御さんも多いと言う。

昔はそれこそ国公立大学を受験するのでなけりゃ縁遠いものだったが最近は違う。

センター試験の得点をそのまま私立大学の合否判定にまわすことができる。
つまり志望している私立大学の本試験を受験しなくてもセンター試験の得点で合否判定をしてもらえる、ということだ。

センター試験と言えば教科数が多いことで有名なわけだが、私立大学の合否判定に用いる場合には必ずしも多教科を受験する必要がない。中には2教科でもいいようなところもあったりする。

これは便利!とは一瞬思うのだがいろいろ考慮すると受験生に親切でないことが結構多い。

まず第一に発表日の問題がある。
滑り止めでセンター利用をするなら問題なかろう。本人も気づかぬうちに受かってたりする。
でもどうしてもある大学のある学部学科に入りたい場合は本試験を受けることはさることながら、センター利用の願書も出したくなるのが受験生の心理というものだ。要するに保険として受けておく。うまくいけばもうけもの、ということだ。

そういう保険としての利用の仕方があるのだから普通に考えりゃ本試験の前にセンター利用の合格発表があって然りだ。ところがそうではない。そのほとんどが本試験の後に発表があったりする。
だからセンター利用で合格している可能性があっても一応、本試験も受けなきゃいけないわけだ。

次に願書を出す時期だ。
国公立受験者はセンター受験後に自己採点によって国公立の二次試験の受験校を選定できる。まあこれは得点次第では足切りがあったりするから当然なわけだが。

ところが私立大学受験用にセンターを利用する場合はそうではない。結果が良かったから志願してみよう、ということはできない。センター受験する前に志願しないといけない。そうじゃなきゃ得点のいい人だけが志願することになっちゃうから当然でしょ、って思うかもしれないけど大学側は合否判定するだけなんだから別にそれでもいいはずでは?

なのになんでこんなシステム?

答えは簡単だ。

大学側の収入源となるから。

その受験料が聞いて驚く。1万5千円が相場だ。

え?そんなに高くないって?

いやいや。センター利用に関して大学側のやることっていったら願書の整理と合格判定・発表がメインでしょう。つまり作問はしない、問題印刷もしない、必ずしも試験会場にならない。

なのに1万5千円って高くないか?しかも本試験は3万5千円が相場だから両方で出願したら1つの大学学部に5万円をつぎ込むことになってしまう。

それが5つも6つもあったら・・・。

もうちっと受験生に優しくなってもらえないものだろうか?
それとも保険をかける、という意味では当然のことなのか?

そうでなくても本命大学の合否が判明するまで入学金を待ってくれる大学が少ないのも家計にとってはもの凄い負担になるというのに・・・。

うーん。子供を大学に行かせるってのはたいへんだなあ。

また、そこに至るまでの塾や予備校への負担も相当なものだ。

そんなんだからオレ自身、ちゃんとした教育、期待を裏切らない授業をしなくては、って改めて思う。

あたりまえか。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

単身ライダー says..."父 単身"
こんばんわ 単身です。
私も、中1の娘がおります。中学は公立にしましたが、2年後には高校受験、5年後には大学受験となります。「親はなくとも子は育つ」と言いますが...親の責任は重大です。
2010.11.01 21:42 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."Re: 父 単身"
> 単身ライダーさん
そうですか。2年後は単身家でも受験なんですね。うちは今のところ子供がいないんで何とも言えませんが受験生の親はホントに大変みたいですよ。毎年生徒の親を見てるとそう思います。
2010.11.01 23:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/54-003ae3ed