Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
12

樹氷 ~天国と地獄~

山頂駅到着。

DSC_1321.jpg

展望台に上ってみる。

DSC_1304_01.jpg

ヒュー!(*^0゚)v すごいね。自然ってのは。

DSC_1302_01.jpg

なんという壮観な眺め。

雲の上に山が出ているからまるで雲の上にいるようである。

DSC_1307.jpg

天国かあ?ここは?

そして・・・・

DSC_1301.jpg

樹氷だあ!

DSC_1313_01.jpg

自然が作り出す造詣の美しさに心を打たれ暫く感慨にふける。

残念ながら先日の雨で少し崩れてしまったそうだ。

それに晴れていれば、きっと空の青とのコントラストでもっと樹氷が際立つのだろう。


それでもこの眺めは壮観だ。

いつまでも記憶にとどめておきたい。

DSC_1319.jpg

そして夕日が沈む直前の光景。

DSC_1303.jpg

真っ赤までは行かなくとも十分に美しい。

いやあ・・・・。

来てよかった。

DSC_1317.jpg

でかし!

DSC_1327.jpg

いったい何メートルつもってんだろ?

DSC_1330.jpg

埋もれている地蔵さんと。

お地蔵様の頭によりかかるとはなんたる罰当たりものか。

だってえ・・・。雪で埋もれてなけりゃできないポーズだからせっかくと思って・・・。



天国なのはここまでなのだった。



さて、陽も沈みかけているのでそろそろ下りに入ろう・・・。

と思って例のザンゲ坂手前でスキーをセットしながら先を見ると・・・


地獄が待っていた。


ちょっと!

これヤバいんじゃね?

すげー急坂なんですけど。

これぐらいの角度ならさっきもすべったかもしれないのだが、ここは明らかに・・・

幅がない。

コース脇に赤いロープが張られている。

これ、つまり

「コースアウトしたらあかんで。転落やで」

ってことではないのか!?


いやいや。

まっすぐ下らなければいーのだ。ハの字を駆使して斜めに斜めにすべっていきゃどーにかなるのだ!

そう決め込んで早速スタートする。


あかん。

スピードがあ・・・。

どんどん増してくるぅ~。


3回めのターンだったか、どんがらがっしゃ~ん!

ロープに突っ込んで転倒。

マイハニーは怖がって下りてきやしない。

うーむ。

人が降りてこないのを見計らって再トライするものの、今度は2回ターンぐらいで転倒。

今度はコースのど真ん中だ。

あわててストックを拾って端っこに移動する。


あかん。

こりゃあかん。

どーしたものか・・・・。


軽やかに下って行く上手なスキーヤーを呆然と見送りながら暫くしゃがんだままだった。

明らかに自分より年配の方々が涼しい顔で通り過ぎていくのを眺めながら・・・


こりゃやはり無謀だったのだ。

「無謀松の一生」だったのだ。

と後悔し、途方に暮れていた。


マイハニーに至っては完全に白旗状態でスキーを手に持って尻すべりをしているのだった。

DSC_1340.jpg

「ま、まさかあれで下までくだるわけではあるまいが・・・」

くそー。


と、そのとき!

なんと、ゆーっくり下ってくる人がいるではないか!

どーやってんだ?と身を乗り出してまじまじと観察すると、

ハの字の片側が完全にコースに対して垂直になるようにしてブレーキングしながら下っているのだ。

なるほどー!

これならスピードをセーブしながら行けそうではないか!

やってやる~。


再トライ!

お。

おお~。

行ける、行けるぞー!

それでもスピードは上がるもののコントロールを失うほどではない。

まだ行ける、と余裕を感じ始めたころ、平らなスペースへ到達したのだった。


やったあ!

ザンゲ坂を乗り切った!

だがマイハニーのほうは一向に降りてこない。

暫くして平らなところまで降りてきたが、どーにもこーにももう足が限界らしい。

ならばすぐ近くにリフトがあるのでそれに乗って帰るか?と聞くと「乗らない」という。

「じゃあ、がんばって行こうか」と励ますものの、平地でもうかない顔をしていて相当まいっているようだった。


そして岐路となるユートピアゲレンデまで来たときに

「もうダメだ。歩いて帰る」

と言い出した。

えーーっ!?ここから歩いて帰るってそっちのほうが辛いやんけ。

滑ったほうが早い、と言うと

「靴脱いで靴下で歩く」

ときた。

女性は感情的になると男性には理解のできない内容の発言をしまくるが、だからといってそこで論理的に攻めてはいけない、

と、何かの本で読んだことがある。

なのでここは冷静に対処しなければいけない。

どう対処すべきか思案しようとしたら、なんと

スノーモービルに乗ったあんちゃんが現れた。

こりゃもうこれに頼るしかなかろう。

「すみませーん」

と声をかけると「どーしましたあ」とスノーモービルと並走していたスキーの兄ちゃんが来てくれた。

事情を話すと

「ではスノーモービルで送りましょう」

と言ってくれた。

おー。

兄ちゃんが天使のように見えた。

どーやらお兄ちゃんたちはナイターに備えてか、コース整備やら点検等をしながらあたりを回っているようだった。

そのついでに降ろしてくれるみたいだ。


オレも便乗しようか、と一瞬思ったが、後ろに乗れるのは一人らしい。

なのでオレは一人でくだることに。

「百万人ゲレンデのところで待っていてください」

と言われ、とりあえずそこまで一人で行った。

暫くすると、スキーのお兄ちゃんが来て

「では途中まで一緒に行きましょう。ついてきてください」

「つ、ついてきてください~?」

と思って体制を整えようとしたら・・・

転んだ。

でもこれで超初心者であることがわかってもらえてよかった。案の定、

「ゆっくり行きましょう」

と言ってくださった。


ハの字でターンしながらのんびり下ろう、そう思ったが予想以上に急坂だったためコントロールを失った。

もはやターンできる速度ではなく、ハの字なんだけど直滑降になった。

ハの字直滑降だ。

きっとはたから見たら大してスピードは出ていないのだろうけどわたしにとってはとんでもないことになっていた。

ときどき跳ね上がるではないか!

とにかく下半身をふんばる。

股のところがピキピキいってそうなんだけど、ここで力を緩めたら絶対転倒する。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーいっ!

耐えろ、耐えろーーーーーーっ!






耐えたあ・・・・。

ふ~。


なんとか窮地を乗り越えた。

そこからはもう自分が上達した気分になってゆうゆうとすべることができたのだった。


ながーい距離を一人満喫しながら下っていくと間もなくスキー教室ですべった馴染みのあるコースが見えてきた。

もう人も少なくゲレンデを独り占めしているようだった。


やがてふもとのロープウェイの駅が見えてきた。

マイハニーの姿も見える。


きっとこの悠々とすべる雄姿をカメラに収めてくれるだろう。

と、思ったらカメラを構えている様子はなかった。Σ( ̄ロ ̄lll) 


合流後、話しを聞くと、途中でスノーモービルを降ろされそうになったが「無理です」と言ってふもとまで送ってもらったのだと言う。

やっぱ夜行バスがこたえたか、と聞いたらそうではなく、自分の体力のなさが原因なのだと言っていた。

まあなんにしても無事に帰れてよかった。

「せっかくスキーをやるのだから朝から蔵王に入りたい」

そう言っていた彼女がすべった時間は結局スキー教室の2時間だけなのだった。

一方、今回の旅行でおまけのように捉えていたスキーをわたしはものすごく楽しんでしまったのだった。

なんか申し訳ない気分だった。

でも。

んー。スノーモービルに乗れる経験なんてなかなかないよなー。

それはそれでよかったんじゃ・・・・。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「そりゃそもそも午後から出かけるのが無理だったんじゃ・・・」「スノーモービルに乗りたい」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

関連記事
スポンサーサイト

Category : 2012山形
該当の記事は見つかりませんでした。

12 Comments

kaz says...""
感情的?
違うで、よちこ氏。

冷静に
「もう限界だ、
スキーで滑り降りる事は出来ない。
しかしあのリフトに乗っても下に降りれるわけではなさそうだ。
スキー靴から開放されたい。
なればもう脱いでしまうのみ。
靴下でも裸足でも下に降りれればそれで良い。
きっとよちこに言ったって馬鹿にされるだけ。
言葉少なにただ実行するのみ。」
と理路整然と考えた結果の「靴下で帰る」発言だったのだよ。

ま、いっぱいいっぱいだったのは確かだけどねΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
2012.03.07 01:14 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazさん"
さよかー。
あの状況で理路整然でしたかー。どーなることかと思いましたよー。いやいや失礼しました。
是非次回は体力つけて臨みたいですな。∠( ̄◇ ̄) アイアイサ-!!
2012.03.07 01:31 | URL | #- [edit]
単身ライダー says...""
こんばんは、
今回は奥さまへ
これでスキー嫌いにならないでくださいね~
スキーは馴れっれ場なれるほど楽に滑れますから
ponkotu40さんにも聞いてみてください。
次回は、必ず専属ガイドとしてお供しますよ。

山頂から眺めいいでしょう。
雲の向こうに見えているのは朝日連峰です。
一度だけ秋田と山形野県境の名山 鳥海山が見えたことがあります。
こんな眺め本来なら、命がけの冬山登山をしなければ見れませんよ。


2012.03.07 01:54 | URL | #- [edit]
kazu says...""
降りられてなによりです
良かった

で、豪華な食事風景は無いのでしょうか(笑)
2012.03.07 11:56 | URL | #- [edit]
kaz says...""
単身ライダー様

励ましのお言葉、ありがとうございます(*^_^*)
5年前の人生初スキーでは、
3日連続で滑りまくっても元気だったのでそのつもりで臨んだのですが
今回は体が全く追いつきませんでした。
次回は是非、単身先生にスキーを習いたいです(^^)v

大石田駅から銀山温泉へ向かうバスの中から、
鳥海山がチラリと見えました。
運転手さんに言われなければ見逃していました。
ラッキーな事だったのですね!
2012.03.07 12:16 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazuさん"
ええ、なんとか無事でした。
> で、豪華な食事風景は無いのでしょうか(笑)
ありますよー。次のネタです。豪華、までとはいかないけれどそれなりに満足いく料理でした。
2012.03.07 12:24 | URL | #- [edit]
マイティー says...""
怪我もなく、無事に下山できて良かったです。維水志さんも、無理して降りてはダメですよ。靭帯を痛めたら大変です。スキーをはずしてケツすべり、安全です。スキーブームの頃は、ガニフォームで毎週滑っていました。上級者コースもアイスバーンもヘイチャラでしたが、技術のなさで、急斜面の新雪には歯が立ちませんでした。去年は一度だけ妙高に日帰りしましたが、コケたのは私だけ、いつの間にか家族で一番へたくそになっていました。次男なんか体が硬いくせにパラレルでスイスイですからね。
2012.03.07 14:48 | URL | #- [edit]
ponkotu40 says...""
大変お疲れ様です
疲れても樹氷が見れて良かったですね
冬山で晴れるなんてことは少ないですからラッキーだったんじゃないでしょうか
これに懲りないでたくさん滑って下さいね♪


単身ライダーさんの要請があったんで、ちょっとだけアドバイス (^^)

スキーの基本は乗って滑ることです
どんなに急な斜面でも足は踏ん張らない、突っ張らない、頑張らないです
ターンするときは外足に乗るだけでオートマチックにターンしていきますからね
ターンができてくればスピードコントロールも ( ^ー゜)b バッチリ

それと急斜面ですが、上から眺めるときに立つ位置を変えるだけであ~ら不思議
緩斜面に大変身しちゃいますよ
ポイントは斜度が変わるぎりぎりのへりに立つ事かな?
単純に目の錯覚なんですが気分的にかなりラクとゆーことで (^^)

ま、なんにせよ慣れちゃえば楽しくなるんでどんどん滑ることをオススメしておきます


4月には安比高原スキー場に出没予定なんで、単身ライダーさんとお誘い合わせの上で是非遊びに来てください
その時はみっちり楽しくレッスンしちゃいますから (≧∇≦)/
2012.03.07 17:05 | URL | #SFo5/nok [edit]
ちゃおドン says...""
そんなすごい斜面に行っちゃったんですね。
私は上級者コースは絶対行かないようにしてます。
もし、同じ状況なら泣きますね。
樹氷を見られた事は とっても良かったですね。

これに懲りずに来年もスキーを続けると楽しくなりますよ。^^
2012.03.07 17:59 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."マイティーさん"
お、さすがアウトドア派のマイティー一家ですね。近年スキーをやられてるんですね。
息子さんは上達が早いんですね。やっぱり若い人にはかなわないですなー。やっぱ年を増すごとに体得する速度も遅くなっちゃうんですかね~。
2012.03.07 23:41 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."ponkotu40さん"
> 冬山で晴れるなんてことは少ないですからラッキーだったんじゃないでしょうか

そうなんですね。改めてその価値がわかって嬉しいです。もちろん懲りてませんぜ。

> スキーの基本は乗って滑ることです。どんなに急な斜面でも足は踏ん張らない、突っ張らない、頑張らないです

いやー、それじゃ自分の滑りはまるでアウトでしたね。それ、行く前に知っておきたかったな~。でも、いま経験したばっかりだから「なるほど」って思えるんですね。
こんなにアドバイスもらったら今からまたすべりに行きたくなっちゃいましたよ。

> 4月には安比高原スキー場に出没予定なんで、単身ライダーさんとお誘い合わせの上で是非遊びに来てください
> その時はみっちり楽しくレッスンしちゃいますから (≧∇≦)/

そーしたいのはやまやまなんですが、当分自粛しないとお金がたまりません・・・。
2012.03.07 23:45 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."ちゃおドンさん"
> そんなすごい斜面に行っちゃったんですね。

いや、きっとうまい人から見たらなんてことないような斜面だと思います。

> 樹氷を見られた事は とっても良かったですね。

ほんとに貴重な体験でした。なんかこの年になるまでスキーの楽しさがわからなかったってもったあないような気がしてます。
2012.03.07 23:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/348-5b951fa7