Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
8

三島でうなぎを食らう

うなぎ、と言うとすぐに連想するのは浜松、浜名湖だろうか。銘菓うなぎパイなんかで有名、というのもあるだろう。

けれど実はうなぎで相当有名な地域が他にあるというのを数年前に知った。

同じ静岡県の三島である。

なんでも富士山麓から湧き出る水にうなぎをかえすことで身が引き締まり、さらにおいしくなるのだという。

だから名産地ではないのだけれど、うなぎの名店がここかしこにひしめいているのだ。


うなぎが食いたい。

そこで恒例の「水曜プチっとツー」で今回選んだのが三島である。


プチっと、言っても往復で100キロは超えるのでいつもよりはちょっと長めだ。

三島へは永年無料化になった箱根新道を抜けて国道1号に出るのが一番早い。

なので今回のコースは

小田原→箱根新道→三島(うなぎ)→韮山(温泉)→伊豆スカイライン(絶景)→熱海峠→箱根新道→帰宅

と決まった。

そして例によって本記事ではうなぎを中心に、残りはまたひっぱって翌日報告で。


というのもうなぎについて少し語りたいからである。

今回の三島うなぎツアーはここ数年で実は3回目になっていて、我々はちょっとした三島うなぎフリークになりつつあるから、というのもある。

「桜家」「うな繁」に続き今回は「本町うなよし」を選んだ。

日本美食アカデミーならぬ日本美食学会なるHPがあって、そこの三島のうなぎランキングでそれぞれ1、6、2位となっていた。いずれも観光客がバスで訪れてしまうような超有名店である。

まあそれはともかく最初に訪れた「桜家」がうますぎた。

ふっくら柔らかなのはもちろん、タレのうまさ、店の雰囲気など、どれを上げても「来てよかったあ」と思わざるを得なかったからだ。値段は高いが。


そして是非とも語っておきたいのが

「うな重」「うな丼」について。

そもそもその桜家に行ったときに、その2つがメニューにあって「いったい何が違うんだべ?」と思ってお店の人に聞いてみたら、要するにうつわが違うだけ、だったのである。

なんだってそんな「ややこしや~」なことすんのかと思ってマイハニーがうな重を注文したので自分はうな丼にしてみた。

そしてわかった。


うな丼は食いにくいのである。


なぜか?

うなぎをご飯にのっけにくいのである。

つまり、ほくほく、ほろほろのうなぎを箸で四角くちぎったあと、そのうなぎに合う分量のご飯を一緒にいただきたいわけで。

お重の場合、底も平らであるがゆえ、その四角い形を生かして四角く切り取ったうなぎに合わせやすく、ご飯を角に寄せれば上手に箸ですくうことができる。しかも自分の理想の「うなぎ対ご飯」の比率を決定できるのだ。

どんぶりではそれができぬ。

食いにくい。ご飯にうなぎがうまくのっかんない。

別々に食わないといけなくなることもしばしばだ。

桜家でその苦汁をなめたオレは「次回からは絶対にうな重派だ!」と決めたのだった。

ところが今回の「本町うなよし」は有無を言わさず「うな丼」だったため、再び苦汁をなめることとなった。


その悔しさが再燃し、思わず語らずにはいられくなった、というわけである。


でも味は抜群ね。

IMG_5578.jpg

ここは三島駅から徒歩だと10分ぐらいだろうか。ここのほかに「元祖うなよし」というのもあってそっちはもっとでかいみたいだ。

IMG_5577.jpg

とにかく中が狭い。1階にテーブル席が2つしかなく、2階もテーブル席5つと座敷卓が3つぐらいだったか。土日なんかじゃピーク時以外も行列覚悟だろう。

IMG_5562.jpg

夢のいくら丼なんてのもある。ちゃんと蒲焼もついている。

IMG_5561.jpg

もちろん肝焼きやうな玉など、サイドメニューもしっかりある。

IMG_5563.jpg

結構なお値段である。うなぎの「上」や「特上」はうなぎの質が変わるのではなく量が増えるようだ。2枚の「うな丼」で十分だと思われる。

IMG_5568.jpg

写真中央のエレベーターでテンポよくうな丼が運ばれてくる。昼時だったからか、あまり待たないで済んだ。

IMG_5566.jpg

きたーっ!うな重、じゃなくてうな丼。うーむ。味は同じなんだ!と自分に言い聞かせた。

IMG_5572.jpg

いや、どこで食べても三島のうなぎはやっぱうまいわ。

IMG_5573.jpg

肝吸いもついている。
この前の「だるま」のようにお吸い物を別料金にしてくる店があるが、それはいただけない。日本のサービス精神から外れていると思う。

いやあ、おいしかったあ。

三島のうなぎ、これからもひいきにしたいものだ。


さて、プチっとツーの続きはまた次回にご報告いたします。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「どっちだっていーだろーが」「そんなこと考えたこともないわ」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

マイティー says...""
寒さにも負けず、水曜プチツー、お疲れ様でした。お二人とも、お若いのおー。車で温泉でもなく、二段重ねのうな丼を完食とは。鰻もすき焼きも好物なので、食べると旨いと思うのですが、何を食べたいと言われても、思いつかなくなりました。それが歳食った証なのでしょうね。もう脂を欲しない体なのかなぁー?あと10年経つと判る日が来ると思います。
2011.11.17 07:55 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says...""
> マイティーさん
箱根の寒さに負けそうでした。
> お二人とも、お若いのおー。
いやあ、ふけるにゃまだ早いですよー。って60過ぎても言うつもりです。相変わらず食欲旺盛なのは健康的に見れば逆によくないんで考えものです。食べ過ぎないように、とは思うのですが・・・。
2011.11.17 10:38 | URL | #- [edit]
ちゃおドン says...""
うな丼にはうるさい私。

こちらの丼は陶器ではないので該当しませんが、陶器の丼はアツアツで提供するのが
本物だと思っとります。
何故アツアツか。最後の最後までアツアツのままいただけます。
そこまで丼を温めないお店はメニューにはうな重だけでいいと思うのです。
先日自分のブログにアップしたウナギのお店は丼もお重もあるのですが、
9割の人は丼を食べていますね。

確かに食べやすいのがお重の良い所ですね。
あと、お重の方が少し高級感を感じます。何でだろ。
うな丼を熱く語ってすみません。
2011.11.17 11:23 | URL | #- [edit]
単身ライダー says...""
あ~うなぎ いいな~
なにかで、浜名湖は湖そのものが大きな養殖生簀だと読んだことがあります。
>湧き出る水にうなぎをかえすことで身が引き締まり
納得です。

うなぎフリークの維水志さんには、是非柳川のセイロ蒸しも食べてほしいな~

PS.ほ~ら、三連勝したやろ~<(`^´)>
2011.11.17 22:48 | URL | #- [edit]
たいぞう says...""
こんにちは~。
うな丼とうな重の違い(?)ってそうだったんですか。
なるほど。。
確かにうな重の方が食べやすいかと。。
私も最近浜名湖で食べてきましたが、
三島のうなぎも食べてみたくなりました。

2011.11.17 23:25 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says...""
> ちゃおドンさん
いえいえ、おおいに熱く語ってください。なるほど、どんぶりだとそーゆーメリットがあるんですね。なら「うな丼」もいーかなと思います。私がいただいたうな丼は2件とも陶器ではなくお椀タイプのやつでした。カツどんみたいに陶器のどんぶりで出てくるうな丼を食べてみたいです。
2011.11.18 00:26 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says...""
> 単身ライダーさん
浜名湖でもうな丼食べて比較してみたいです。昔に食べたことがあるのですが記憶にないんで。
そーでした。福岡の名物でしたね。いやあ、今度はいつ行けるやら・・・。でも次回訪れたら絶対それもいただきまっせ。
やったー。ホークスがんばれー!
2011.11.18 00:30 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says...""
> たいぞうさん
こんばんは。そーでしたね。たいぞうさんのブログでも拝見したんできっと脳裏に刻まれてたのかもしれません。それで食べたくなったのかなあ・・・。
> 三島のうなぎも食べてみたくなりました。
ゼファーならあっという間に来れますよ。是非いらしてください!桜家がお勧めですがお昼前に行かないとすごい待つかもしれません。
2011.11.18 00:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/313-463405f7