Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

こんなに違う国民健康保険料

オレはもう我慢ならない。

こんな市からは出て行く。

いや、「税金払えねーやつぁ出て行きやがれ!」と小田原市から言われているので出て行くのだ。

出て行かざるを得ない。

去年の7月にわけあって小田原市に越してきた。

何が驚いたって?

そりゃ国民健康保険料である。

それまで住んでいた海老名市の倍近い金額を毎月持っていかれるのだ。

倍。 倍! 倍!! 倍!! 倍!!

送られてきた通知書を見たときゃ、はじめは冗談か?と思って問い合わせたぐらいだった。だが間違いではないという。

5千円ぐらいの違いなら「まあ、そーゆーこともあるか。」と許容範囲だろう。

だが「倍」はいけない。はっきり言って生活に支障をきたす額である。

以下に総所得300万円でシミュレーションしてみた。ちなみに世帯主と配偶者、子供はなし、配偶者の収入はなしなので国保の加入者数は二人。

《海老名市》

総所得から基礎控除33万円を差し引いたものをベースに金額を出す。するとたぶん年間の保険料は

293,500円

これが請求されるのは6月ぐらいだから10回払いとなり、月々約3万円だ。

《小田原市》

こちらは市県民税をベースに計算される。総所得300万円で控除額を約90万としよう。そして市県民税を約21万円で算出してみる。するとどうだ?

568,800円

である。同じく10回払いとするなら月々約6万円近くなる。

バカにしてんのか?

総所得300万円で月々6万払えって!?

国保57万円+市県民税21万円+年金二人分30万で108万だ。家賃8万なら年間96万で残金は96万円也。

はい、12ヶ月で割ります。

はい!1ヶ月8万円です!

はい、総所得300万円の人は小田原市では月々これで生活してください。嫌なら出て行くか、もっと安い賃料のところに住みなさい。

だ、そうだ。でしょ、加藤憲一市長?


それでいてこの市に住むメリットはなんだ?

道路整備がろくすっぽされてなくて普段やたら混む道が多い。そこから見て取れるように行政がしっかりしているわけでもない。(あ、道の舗装工事だけはやってんよー。予算余ってんのねー。市民の声が届いてない一番のいい例だねー。)

おまけに悪党がいて収賄容疑で逮捕される。

なんだよ、そりゃ。

まあ文句があるやつは出て行け、ということだから出て行くのだ。

そうなりゃ行政がどーだろーともう関係がなかろう。

ちなみに厚木市、伊勢原市その他もいくつか見てみたが、計算式と年間保険料はみな海老名市とほぼ変わらなかった。

他の事業を営む市民はこんなんで黙っていられるのだろうか?それとも他の市のことを知らないんじゃないのか?

※計算式は22年度のものです。でもどーせ今年も一緒でしょう。たぶん。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

マイティー says... ""
自治体で違うとは聞いていましたが、これほど違うなら留まる事は出来ませんね。
経理、家計ともカミサン任せで疎いのでビックリしました。しかし原発は、原発の危険性を訴えてきた人達の言う通りの展開になって来ました。子供や妊婦さんが心配です。
2011.03.25 14:51 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says... ""
> マイティーさん
こんばんは。そうなんですよ。こんなに違うんです。いくら自治体に権限があるからと言って、これはやりすぎです。国から注意を受けるべきレベルですよ。
原発に対する政府はまるで形無しですもんねー。とても先進国とは思えないです。
2011.03.26 00:28 | URL | #- [edit]
フィラーサ says... "新たな時代の直前"
 こんにちは。
 世知辛い世の中ですね。一筋縄ではいかない世間になったものです。
 今まで通りの「何かしらに執着した生き方」では、それほど善くは生きられない時代の到来でしょうか。先生はどちらに高飛びなさるのですか。あながち冗談ではないんでしょ? かげまるがあるなら、多少今よりも仕事場から離れても支障は大きくはならないのでしょうし。行動力ありますよねー。見習いたいところです。

 生きているうちに戦争なんて見ないで済むかと思えば、イラクで戦争は起こるしね。かと思えば、関東大震災一歩手前。世紀末の再発。

 たぶん、人が現出できる世間の安泰っていうのは、極めると1世代程度の時代ごとで完成するものなのかもしれないと考える今日この頃です。
 ええ、あまりにあからさまな税金格差という今回の話を聞くと、ことさらそう思いましたね。誰もがぼったくりをやろうとする世間。公明正大なんて、どこにもなし。
 
 地方自治が「民主主義の学校」だとは、中学受験でも習うけれど。
 今回の件に関して、住民が全然話題にしてこなかったなら、それだけ住民の側から行政に対して問題提起をするレヴェルってのが、一個人からしてみればアテにならないってことなのでしょうね。案ずるより生むが易しってヤツなのかも。

 また。
 それだけ、前時代の安泰が完全に終わりつつあるってことではないかとも思ったりもします。かつて定められたシステムの限界。有効期限。一世代限りの享楽の終焉。

 治安が最高で、どんな者でも最低限の生活保障があって、がんばればがんばっただけ、いい暮らしが出来た、「昭和後半・平成初頭の日本」という黄金時代。
 これも、焼け野原を見て育った人たちが、お上の采配が欺瞞やその場しのぎであったとしてもそれを見ないことにしてこられた。浮き世の為といって仕事に専念できたから。一生懸命働けば真夏の日の休憩が、青空の下の木陰から、クーラーの利いた部屋になることができたように、自分たちの働きに関して実感があったから、がんばり甲斐もあったのだと思います。

 だから、そんな黄金時代の最後の一滴の中で生まれて、バブルの冷や水を感じながら育ち、21世紀の初頭の混乱を新社会人として目の当たりにしてきてしまうと、1950年代のような、未来への希望しかなかったと考えられる駆け出しの時代が、わたしが生きている間にまた来るのではないかって、思うことがあるのです。

 しかし、それにしても、イイコトを聞いたものです。
 健康状態を保てるなら、かなりの額を節税できるのですね!
 ………あとは、国民年金か。どうしよっかな。
2011.03.26 02:59 | URL | #XD.9kEj. [edit]
維水志萌一 says... ""
> フィラーサさん
こんばんは。とりあえず小田原を脱出することしか考えてませんで・・・。また県央かなあ、と思ってます。おっしゃる通りバイクによる機動力をいかしたいと思ってるんで小田原厚木道路に近いエリアがいいかと。

>  今まで通りの「何かしらに執着した生き方」では、それほど善くは生きられない時代の到来でしょうか。

先生の「震災下の夢想記」の下のほうにあったような記事のことでしょうか。考えされられましたよー。
先進国であるはずの日本が原発災害に対して手も足も出ず、手を出したか、と思えばただの原始的放水だったりと、我々の生活は便利さだけは追求したものの、本当の意味では何も変わっていないのかもしれませんね。

>  それだけ、前時代の安泰が完全に終わりつつあるってことではないかとも思ったりもします。かつて定められたシステムの限界。有効期限。一世代限りの享楽の終焉。

確かに。だとしたら、そんな時代の変革に存在できているというのもこれまた楽しいことなのかも知れませんね。

>  しかし、それにしても、イイコトを聞いたものです。

そうです。皆さんに知っていただきたい事実です。
2011.03.26 21:54 | URL | #- [edit]
単身ライダー says... "知りませんでした。"
こんばんは。
ずっとサラリーマン生活の単身ですので
国民健康保険が住む場所によって違うとは知りませんでした。
なんかおかしいですよね。
よほど、お金持ちばかりが住んでいるの町なんですね。

2011.03.26 23:37 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says... ""
> 単身ライダーさん
こんばんは。

> なんかおかしいですよね。よほど、お金持ちばかりが住んでいるの町なんですね。

きっとお上はそう思っているのでしょう。上層部が金持ちのぼんぼんとか、土地いっぱい持ってる金の亡者とかで成り立ってんですよ。一般市民の生活など知るよしもない悪魔が同じ穴のムジナ連中を招集しまくっているのでしょう。
2011.03.27 00:25 | URL | #- [edit]
says... ""
俺も小田原市在住です。39才年収300万前後、国保月額37000円、市県民税3か月分37000円月5万はちょっと。。。と思い調べていたらここにたどり着きました。25万のうち5万を支払っています。。
2012.03.26 21:42 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says... "> 「俺」さま"
共感していただきありがとうございます。
去年、このブログの内容のまま小田原市のHPに加藤市長宛てに投稿しました。
数日後にプリントアウトされた手紙が送られてきて次のようなことが書いてありました。
「まず小田原市と同じような税制システムの市が県内には3つある」
だからなに?という感じです。だから我慢しろ、とでも言うのでしょうか?その3つ以外の多くの市町村ではこんな無理な税金を市民に請求していないのに、です。
「小田原市の国保では低所得の人を助けるためにある」
だそうです。300万前後は決して高い収入だとは思わないのですが・・・。
そんな調子だからチャンスがあれば小田原市から逃げたいのですが、諸々の事情で今年も高額な国保を支払うはめになりそうです。
「俺」さまが自由が効くかたならお隣の開成町がお勧めです。去年調べたのと変わっていなければおそらく小田原市の三分の一で済むはずです。
2012.03.26 23:29 | URL | #- [edit]
haji says... ""
こんにちは。

遅ればせながら、私も国保料を試算しました。
今年から、国保料の計算方法が変わって、さらに高くなりました。
長年、小田原市に住んでいますが、引っ越しを考えています。

わたしのブログの文中に、このページのリンクを入れさせていただきました。
トラックバックもさせてください。
2013.10.21 09:38 | URL | #Puglvye. [edit]
維水志萌一 says... "hajiさん"
初めまして。こんばんは。

計算方法が他の自治体と同じになるのは市長からの手紙で知ってました。
計算方法が変わっても利率が高ければ国保が安くなるわけじゃないことぐらいはよくわかってますから「市民をバカにしてんのか?」と当時は思ったものです。
どーせ今までと変わらない利率にするんだろう、いつか計算してやろう、と考えてましたがまさかの値上がりでしたか・・・・。

職場が小田原で妻も小田原には愛着があるので、こんなこともなければ小田原に住みたいとも思うのですが、これで完全にアウトでしょう。
情報ありがとうござました。

> わたしのブログの文中に、このページのリンクを入れさせていただきました。
> トラックバックもさせてください。

ありがとうございます。せめて市民の声をブログで訴えていきましょう。
2013.10.21 17:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/196-55dc0ba1
西湘 酷保.com
国民健康保健料金は、以前から収入に対してムチャクチャに高額だったのですが、今年から、算定方式が変わって、さらに負担増となりました。 あまりに高すぎる、高すぎるぞ、国保税、泣き寝入りするしかないのか!? --- 国保税を減らすためには、医療費を減らせば良いわけで、 1.我々はなるべく医者に行かない。 2.医療者は、無駄な投薬、検査をしない。 3.行政側は、そうな...