Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
0

そうだ!USJへ行こう!

ロデムによる新章がスタートするまで今しばらく時間がかかりそうである。

と、いうことで、これからは暫くバイクとは無関係の記事が続きまーす。




DSC_1924.jpg

ブロンズウィークを利用して、ユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきましたあ!


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「バイクと無関係な時のほうが多いんじゃ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


まあいつも言っているが、このブログは自分の日記のようなものである。

老後に読み返して楽しむためだし、実際、これだけ情報を残しておくと今でもいろんなことに活用できて便利なのだ。


そう。読者を置いてきぼりにするブログ。



じゃ、いつものように、まずはプロローグから記しておこう。



USJにはいつか行こうと思っていたし、実際、お出かけノートにも書いてあった。

特にハリーポッターのファンであるマイハニーは、この旅の実現を心待ちにしていたことだろう。


かく言う維水志自身も、友人から年間パスを所有しているという話を聞いたり、顧客からその楽しさを耳にしたりして、だいぶ行きたい気持ちが募っていた。


特に横浜在住の同い年の友人が夫婦で年間パスを買ってはるばる大阪まで出かけている、というのには衝撃を受けた。

お、大阪ってそんなに気軽に行ける距離なんか?

まあ彼の自宅が新横浜の近くにあって、それを可能とするほどの財力があるのは知っているが、何よりも驚くのはその歳になってそんだけの時間と金を使って行くほどの価値があり得る、ということである。

「USJって、そ、そんなおもろいんか?」


それでまあ今回のブロンズウィークがいい機会なんじゃないかと思い、計画を立てることにした。

5月末の平日なんて、きっと空いているにちがいない。


6連休の最初の二日は維水志はキャンプツーリングだから、一日空けて四~五日目を利用することにした。

六日目は疲れを取るため空けておくのがいいだろう。

本来、三日の予定だったツーリングが二日になって良かったかもしれん。

キャンプの疲れを癒せたし、ツーのレポートの仕込み記事を書くこともできた。

なによりもUSJへ出かけるための準備に余裕ができたのが良かった。


で、日程は決まり。


そして大阪観光も良いが、めったに行かれないので今回は二日間ともUSJで遊ぶことにした。

現在、1.5日パス、というのが発売されていて、初日は午後1時から入場可能で二日目は朝からオッケーというパスだ。

10600円と少々値は張るが、7600円を二日分払うことを考えると良心的と言えるだろう。


で、混雑していても人気のアトラクションをほぼ並ぶことなく入れてもらえるという、エクスプレスパス、というのがあるのだが、その値段が「ふ、ふざけんな・・・・」と、怒鳴ることはおろか、呟くことしかできなくさせてしまうほど高額なのだった。

1デイパスより高いのである。

入れるアトラクションの数によって値段が様々なのだが、3つに使える一番廉価なやつがこの時点では販売されていなかった。


混雑してると入場制限がかかるハリポタエリアを堪能するためにも、これは是非とも必要なのじゃないか?

と、散々悩んだのだが、ネット等で「この時期は込み具合も落ち着き始めている」という情報を見て買わないことに決めた。

そんなん買ったら旅費の総額が一体いくらになるか計り知れないし、必要なかった事実が判明した時のショックは計り知れないからである。


なのでまあ、あとは出たとこ勝負で行くしかあるまい。




で、その旅費に関して最後まで悩んだのが交通手段である。


旅行のたんびに交通費はできるだけ抑える努力をするのだが、あまりやり過ぎると山形旅行の夜行バスのように散々な目にあう恐れがあるのでほどほどにしておかないといけない。


そーゆーわけでバスは端から却下。

選択肢は、新幹線、飛行機、クルマの三択となった。


最初に切ったのは新幹線。

他の二つの手段に比べて値段が高すぎるのである。


廉価な宿付きの新幹線往復チケットもあることはあるのだが、希望の時間発の列車を取ろうとしたり、「のぞみ」に変更したりすると一気に値段が跳ね上がってしまう。

確かに高い分だけそれだけのメリットはあるのだが、まだまだ機動力を活かせる分、そこまでして時間を金で買う気にはなれなかった。

そのうち耄碌したら新幹線を使うことにするわ。


で、飛行機とクルマだ。


飛行機だが、新幹線よりも断然安く済ませるには北海道の時と同様に、成田発のLCC便を利用することが条件となる。

羽田発だと新幹線より若干安いぐらいで、空港からの移動等を含めると、結局列車と大差ないという計算に至った。


成田かあ・・・。

まあ、早朝や夜間なら90分程度で行けることは行けるのだけれども、家からの行き帰り、そして大阪空港からUSJの往復等を考えると、えれーめんどくさい、と思われるのだった。


んじゃあ、やっぱ車しかなかろうて。

90分かけて成田まで行くのであれば、その時間を使って逆方向、つまり大阪方面へ移動したほうがいい。

おそらく浜松近くまでは行けるし。


USJまでの距離は片道だいたい450キロ程度である。

最近、ウチのN-WAGONの高速での燃費が17ぐらいは走るようになっているんで、ガソリン満タン30ℓで航続距離片道分は稼いでくれそうである。

また、高速代だが帰りは間違いなく夜中になるはずで、それだと平日でありながらETC夜間割引が適用されることが期待できる。


そーすると、ガソリン代+高速代で2万円ちょっとで済むことになるのだ。

後はまあ、USJでの駐車場代、その他観光をするならその際の駐車場代がかかるだろう。


調べると、USJの駐車場は1日2500円という、とても法外な値段でちょっとと言うか、かなり使いたくない気にさせられる。

だったら、地下鉄で一駅か二駅離れていても最大料金千円ぐらいのところがあれば、地下鉄代往復二人分を入れたとしても、そっちのほうが断然安く抑えられる。

つまり2500円はそれほど高い。


で、地下鉄を使わなくても、そこから10分ほど歩いたところに最大料金が1300円、キャパ800台の大型コインパーキングがあった。

なんだ、じゃ全然それでいーじゃん。

二日間で5000円が2600円、ほぼ半分で済むじゃん。


ガソリン代+高速代+駐車場代でトータル3万弱で上がり。一人頭1万5千円以下である。


クルマで決まり。

この分、食事のランクを上げたり、お土産を多く買ったりできるのだ。



あと問題があるとすれば、クルマが軽自動車、ということに尽きる。

果たして、軽で大阪往復なんかしてもだいじょぶなのだろうか?

大阪にたどり着くことはできたとしても、疲労困憊で旅を楽しめない、なんてことになりゃしないだろうか?


う~む。


ターボ車にしたおかげでそんなに気合いを入れなくても100~120キロ巡航は普通にできるから、この点に関する限り疲れることはないとは思うが、問題は車内のノイズだ。

やはり軽だからか普通自動車に比べ、速度を出せば出すほどノイズが大きくなる。

まあ100キロ巡航ぐらいならもう慣れたというか、それほど気にもならないレベルなのだが、距離があるからなあ・・・。


走行面で一つ救いがあるとすれば、維水志のN-WAGON Customにはオートクルーズが標準装備されている、ということだろうか。

早朝や夜間走行なら交通量も少なくこいつをかなり活用できるにちがいない。

そうであれば、ハンドルを握って前方に注意しながらただ座っているだけになるので疲労もかなり軽減できよう。


そして最大の強みはマイハニーが運転できることだ。

疲れたら途中で少しの距離でも交代してもらえばよいのである。

高速道路の利用距離は435キロ。

170キロ、100キロ、165キロと3分割し、真ん中の100キロ60分だけでも運転してもらえれば相当楽になるはずだ。


ま、休憩時間を入れて5時間ちょいぐらいだろう。


以上のことを踏まえ、旅行日程が決まった。


<初日>

朝4時起床、5時出立

午前11時前、大阪新世界到着。串カツを堪能

午後13時、USJ。初日はハリポタエリアを中心に攻める

午後19時、USJ閉園後、移動して鶴橋近辺に予約したホテルにチェックイン

午後21時前後、鶴橋にて焼き肉三昧

午後23時就寝


<二日目>

※初日の込み具合により時間を多少前後する必要あり

午前8時起床、8時半出立、途中どっかで朝食

午前9時半、USJ開園と共に入場

午後19時、閉園

その後は、お腹の空き具合により大阪グルメを堪能してから帰るか、そのまま高速に乗ってどっかのSAで食事を取るか決める。

夜中の0時を回る時間に高速道路を走っているように帰る。


以上




DSC_1727.jpg

やはりこれらの工程が組めるのも自分の車だからである。

電車の発着時刻等を気にせず自由に動けるのがよい。


さて、疲れずに楽しめることができるか?


こればかりは実際にやってみないとわからんが。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

関連記事
スポンサーサイト

Category : 2017大阪USJ
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/1627-86a35fe9