Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
4

絶景の鳥海ブルーラインへ

DSC_9740.jpg

キャンプ三日目の朝。5時半ぐらい起床。

この日は寒さで寝られないということはなく、熟睡できたようだ。

テント内から外を覗くと空はどんよりと曇っている。




にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「なんだ、いつもの雨、じゃないのか・・・?」と残念に思ったあなたも・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。




DSC_9736.jpg

夜、風車の回る音が響いてはいたが、眠りを妨げるほどではなかった。






DSC_9733.jpg

キャンプファイアを使用する機会はなかったね。






DSC_9729.jpg

この後、だんだん陽が出てきてテントを撤収する頃には暑いぐらいになった。





DSC_9732.jpg

で、維水志の撤収にやたら時間がかかったため、出立が随分と遅くなってしまうのである。





DSC_9734.jpg

やはり前日に少しは片づけておく必要がありそうだ。

それとパッキングに時間がかかるってことはモノが多すぎるのだろう。

結局、使わない物がたくさんあったのだ。






DSC_9741.jpg

朝食前に少し散歩をすることに。





DSC_9742.jpg

ここからちょっと下ったところに池がある。






DSC_9743.jpg

トイレ。ちなみに和式。






DSC_9745.jpg

なんでも農業用水地だそうだ。







DSC_9748.jpg

その割には随分と大きい。

キャンプ場エリアをぐるっと囲むほどでかい。


鳥海山が見える。









DSC_9746.jpg

こんなデッキもある。








DSC_9750.jpg

真ん中まで行ってみる。

湖面が真っ黒で少し不気味。

デッキを固定している鎖が水面下途中で見えなくなり、なんか吸い込まれそうで怖い。



湖面の黒さのせいで、空を含めた周りの景色が鏡のようにハッキリと映し出される。


「もっと芸術的な写真はないのか?」

と、思われた方は、写真の専門家、単身ライダーさんのブログへ!
     ↓  ↓  ↓
http://japarider.blog57.fc2.com/blog-date-20161011.html



DSC_9752.jpg

ヘラブナ釣りができるみたいだ。






DSC_9753.jpg

さて、じゃあ朝食にしよう。




DSC_9754.jpg

昨夜、〆にする予定だったうどん。

食べきれなかったが、朝食に回して良かった。

朝はやっぱ汁物が欲しい。

体もあったまるし。







DSC_9756_201610110923508c9.jpg

それともう一つ、冷食のライスバーガー。





DSC_9755.jpg

ここでまたKAZOOが活躍。


こ、これ、欲しい。

けどなんかもう販売していないそうなのだ。

カインズ等で似たようなものを見かけるが、このようにコンパクトではないのだ。


う~む。これこそキャンプ用品として必須の品なんじゃないのか。

とっても便利だぞ。




DSC_9759_20161011092351c34.jpg

なんでも香ばしく仕上がるのが魅力だよなあ。





DSC_9761.jpg

コーヒーもドリップ式だが、これが楽でいーじゃん。





で、のんびりし過ぎたわけだ。

洗い物を含め、ここから撤収まで90分以上かかった。


結果、単身さんを1時間近く待たせることになった。


あい、ちゅいまちぇ~ん(/ω\)




9時半過ぎ、キャンプ場を出立。






さあ、今日はいよいよメインの鳥海ブルーラインを走るぞ!






DSC_9764.jpg

その前に、キャンプ場から少し下ったところの見晴台に停車。






DSC_9766.jpg

おー、天気もだんだん良くなってきている。






DSC_9762.jpg

この辺りの地形は元々海で、その昔、隆起したんだそうだ。






下り切って、さらに進む。

なんでも有名な滝があるらしいのだが、維水志が撤収にてこずったせいで時間が無くなった。

そこをスル―して先へ。


だんだん上りになっていく。




鳥海ブルーラインだ!





上り途中の見晴しが良いところで停車。







DSC_9778.jpg

おお~。


なんつっても鳥海山のこちら側は海が見渡せるのが魅力で、下る際の絶景がまたたまらんそうだ。

それはまた帰りのお楽しみだね。





DSC_9769.jpg

先ほど通ったくねくね道が見える。

いろは坂級だよ。






DSC_9777.jpg

で、この人は写真を撮るときはかなりアクティブ。

あんなとこまで登っちゃったよ。

どんな写真が撮れたのかしら。




と、ここで上の方からバイクがやってくる。



ん?

聞き覚えのあるサウンドだな・・・・・。





え?


ぐ、グース!?



間違いない、グースだ!



え?た、隊長!?



だがよく見るとメットは白いし、体格や装備も全然違う。

一瞬、我々が停車しているところに同じく停まろうとしたが、何故だがやめてそのまま下って行った。


ま、幻かと思った。

隊長の「来たい!」という執念が生み出した幻影かと思ったよ。


だって、めったに見ないグースがここで登場するんだもの。


ああ、今頃、仕事で大変なんだろうなあ・・・。

そーいや、昨日メールを出したのだが、後で彼のブログを見たら、「倶楽部員から嫌がらせのメールが来た」となっていた。


グースの単気筒の音がはるか下の方で暫く響いていたのだった。






DSC_9773.jpg

さあ、じゃあ再出発だ。

もうすぐそこが頂上だそうだ。








20161001x.jpg

空と雲の感じがいい。


単身さんは、朝だからか、どーもライディングが不調で、ふらふらしているのだった。

だ、だいじょぶかしら?





DSC_9789_20161011100552643.jpg

ほどなくして頂上の駐車場へ到着。






DSC_9791_20161011100554922.jpg

クルマの数がかなりあると思ったら、ここは登山口になっているようだ。

こっから先、頂上までは数時間かかるらしい。






DSC_9788_20161011100551184.jpg

展望台へ向かおう。






DSC_9785_201610111005484fb.jpg

おお~。

写真では伝わり切れない絶景。





DSC_9784_20161011094941abc.jpg

すでに少し色づき始めている。

もうあと数週間もしたら見頃になるのかな。







DSC_9782.jpg

絶対に今年もう一回ここに来る、と誓う単身ライダー。






DSC_9786_20161011100550c24.jpg

いやあ、これがまだ朝一番だってんだから。

今日はまた時間を気にすることなく、一日中走り回れるんだ。


次はいよいよ絶景の下りを楽しめるわけか。

楽しみ~(≧▽≦)



ところで、今日の宿泊地はどこになるのだろうか?

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

単身ライダー says...""
なんか知らないうちに
結構撮られてる~w
崖を登ってるとこなんか
「やんちゃボース」って誤解されそうですw
アップスピードが遅れるけど
お先にどうぞ
2016.10.11 19:17 | URL | #- [edit]
kazu says...""
Gooseの排気音
独特なんですよね

青空が妬ましい…

も、もしかして俺のペッタンを狙っている?
だ、駄目だかんな
あれはもう手に入らんのだ

2016.10.12 00:09 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."単身ライダーさん"
やんちゃ坊主じゃーん(笑)

安心してください。
こっちはまだまだ引っ張りますんで。
もうあれから1週間以上経っちゃってんですよね。
そろそろ動画が登場するかな(*'▽')
2016.10.12 00:28 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazuさん"
ホント、びっくりしたわ~。
まじで内緒で来たのかと・・・。

いい天気でした。

やっぱ手に入らないのかあ。
狙ってなんかいませんよぉ。じゅるる・・。
2016.10.12 00:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/1546-06dc78a6