Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

気になる番組

最近、好きでよく見ちゃうテレビ番組がある。

正確にはテレビ、というよりユーチューブで、なんだけど。


「世界!ニッポンに行きたい人応援団」という番組である。

始まる前、テレビコマーシャルの予告を見て「おもしろそー」と思ったんだけど、オンエアされているのをすっかり忘れてしまっていた。

先日、何かのきっかけで思い出したものの、もう何クール分も終わってしまった後だった。


残念に思いながらダメ元でユーチューブで探したら、ほとんどの放送がアップされていた。

YouTubeさまさま、である。


それで見たら、想像通り面白かった。

ついつい見入ってしまうのだ。

やるなテレ東。フジとは違うぞ、フジとは。


内容をかいつまんで言うと、特定の日本文化にマニアックなほどの興味を持つ外国人を探し出し、「日本に行きたい」という彼らの切なる願いを、番組が全力でサポートして叶えてあげる、というもの。


何が維水志の心をとらえたのかと言うと、そもそも維水志は異文化コミュニケーションに興味があるからなんだけども、それ以上に異国の人の特定の日本文化に対する強烈な思い入れを知るのが楽しいのかもしれない。


「如雨露」「かるた」「墨絵」「そろばん」「相撲」「和太鼓」など、日本独特の文化なら話題は事欠かない。

それらに対し、日本人以上の知識を持ち、尊敬の念をもって愛する彼らの姿に心を打たれるのだ。


もっとも、招待されるのは皆、一様にそういった一途な思いを持ち続け、その分野に対するそれなりの知識やスキルを身に付けている人に限られるようである。

だから、彼らを招待する側のその道の日本人エキスパートが「よくご存じですね」と驚く反応をする、というシーンが毎回決まって見られる。


それゆえ、日本人向けにその分野の専門的な解説が入ったりするから、今まで知らなかった日本文化の勉強にもなる。


「かるた」の回なんか、百人一首ってそうやってやるんだあ・・・、と随分と新鮮に見られたものだ。



一方で、ずーっと夢にまで見ていたことを、ここまで実現させてしまっていいものだろうか?過剰サービスなんじゃ・・?という見方もある。


招かれた外人たちは「今までで最高の日だ」「こんな素晴らしい日はもう二度と訪れない」と、歓喜の言葉を述べてくれるのだが、「夢は夢だからいい」といいう言葉があることを考えると、その先の彼らの日本に対する思いや日常生活に負の変化が訪れなければいい、と要らぬ心配をしてしまうのだ。

まあ実際は、それとは真逆に「ますます日本が好きになった」と思ってくることの方が多いと思うが。

その後のエピソードなんかが知れるともっと面白いかも。



今まで見た中では「かるた」や「相撲」の回が良かったかなあ。

「かるた」で招待されたフランスのオロールさんについては実際にツイッターで見たことがある。

日本語を交えながらツイートしてたりする。

人生、随分と変わったろうなあ。




それでまあ一つ気になるのはアフレコだろう。

それによってその人がなんかちょっとバカっぽく見えてしまうのがザンネンなのだ。

ありゃ日本語のアフレコをせず代わりにテロップにし、本人たちの言語をそのまま放映したほうがえーんでなかろうか?



まあそれでもこれまで楽しく見させてもらっている。


次なる良作に期待。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

単身ライダー says... ""
ご無沙汰ですみません。
私もTVとか見て思うのですが
日本人に比べて外国人のほうが趣味に対する意気込みが
すごい!!
アニメのイベントとかのノリも...
2016.06.27 00:14 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says... "単身ライダーさん"
落ち着いたようでよかったです。

確かに「何故そうなのか?」という追及が激しいですよね。
アニメの筋書きに対するコメントも日本人なら何も気にしないような
細部までこだわっちゃうほどの難しさ(笑)
2016.06.27 12:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/1444-56a7b2a4