Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
8

試乗あらし第二章vol.5 HONDA VFR800F

※「試乗あらし」シリーズは、あくまでも素人の主観ですのであしからず。

維水志の理想のバイク。


スタイルはカウルをまとっていてスポーティであること。

排気量は800前後。

装備はABS、トラコンが必須。

車重が重すぎないこと。

エンジンに独特の鼓動感があること。


現状、上記の内容を全て満たしてくれるバイクが維水志調べでは1つしか見当たらない。


それがHONDA VFR800Fである。


エンジンはV型4気筒、ホンダのV-TEC。

こりゃあもう以前からずっと気になっているエンジン。

装備もグリップヒーターや諸々が標準装備。

そのせいで800の割にゃNinja1000と同価格だったりするが。



なのに・・・・。


スタイルが・・・・。

維水志テイストではない。





それとヤホーでこの車種を検索かけてみた際、「VFR800F 生産中止」という検索候補ワードが出てきた。

生産中止って・・・・。

現オーナーにとっては希少価値が出て来るので有難いことなのだろうけど、これから買おうと思っている者にとっては「人気ないから?」とか「もしかして新型が出る?」とか勘ぐってしまい、購入をためらう要因の一つにしかならない。




けどまあ実車を見て、乗ってみたらもしかして好きになる可能性はないとは言えない。

生産中止が本当だとしたら買えるのは今のうち、ということになるわけだし。




だから行ってみたのだ。

ホンダのドリームフェスタin大磯へ。




たとえガチョウ倶楽部がHONDA禁止であったとしても、だ。

これは単なるネタ作りのためではない。





DSC_7784.jpg

受付は9時半から。15分前に到着。

まだ人はまばら。

事前にwebで参加者募集があり、イベント前にはすでに募集人数に達したため、締め切られていた。


もしかして試乗を堪能できるかしら。





DSC_7785.jpg

おお、なんか台数もすごいあるじゃないか。




DSC_7786.jpg

ここに並ぶわけだ。





DSC_7788.jpg

けれど受付開始10分前ですでにこんだけの列ができていた。

総合受付を終えた後、横の車種受付で希望車を試乗券に書いてもらってやっと列に並べる。

ちなみに一人5台まで乗れて、同じ車種の試乗はNGだそうだ。


5台も乗らないかも。




DSC_7792.jpg

お姉ちゃんまで雇うHONDAの気合いの入れよう。

なんでもホンダの日本生産工場は熊本にあり、前回の地震で多大な被害を被ったようで、復旧にはだいぶ時間がかかるそうである。。そのための義援金の募集をしていた。

がんばって欲しい。






DSC_7797.jpg

さて、じゃあまず目当てのこれから。

実際、これに乗れれば後はもういいのだ。



維水志は6番目である。

どーやらVFR800Fは2台しかないようなので、維水志は3回転目である。




DSC_7798_20160524093744db0.jpg

一番人気は向こう側のアフリカンツイン。

へぇー、そうなんだ。

本格的なアドベンチャータイプの日本車。人気あるねぇ。


一方、すぐ横のCBR1000RRの列は5人ほど。

あら、じゃあこれが終わったらスーパースポーツにも乗ってみようかしら。





DSC_7804.jpg

数台ごとにまとまって時間差で出発する。

効率良く試乗ができているようだ。


で、先発隊の人が戻ってきて、次のお仲間との会話を聞いていると、2周しかしないみたいである。


しかもこの広いスペースをフルに使用していないじゃんか。

それで2周かよう・・・・。


まあなあ・・・・。

試乗会ってのはそーゆーもんだ。

何時間も借りられるってことのほうが特別だもんね。





さて、維水志の番だ。



乗車前にまずは素早く写真を撮る。




DSC_7807.jpg

む~ん・・・・・。

う~ん・・・・・。

赤はともかく黒なら好きになれると思ったのだが・・・。




DSC_7809.jpg

メーターも理想の形だ。

真ん中にタコメーター。速度計はデジタル。か、カッコイイ・・・。


足つきは問題ない。

シート高は789と809だと言うが、これは789かしら。


バーハンドルに手を掛けると、随分な前傾姿勢である。

Ninja1000も割と前傾だったが、これはそれ以上ZX-14R以下かしら。

カワサキに乗ったのはもう4年前のことだから正確ではないが、そんな感じがする。


にもかかわらず、このしっくり感は何だ?

やはり日本人の体格にずっぱしハマっている、と言うことに相違ない。



さて、じゃあ出発だ。




にゃあ、これがV-TECかあ。

低速では2気筒、なんだっけ?(可変バルブの間違い)

実にスムーズである。

そしてやはりエンジンの鼓動感はお腹に近い。

それがいい。



加速は維水志には800で十分だと言える。やはりその点は間違ってなかった。

一方、この短い試乗では、どのあたりでV-TEC効果が表れているのかまではわからなかった。


2周なので、Uターンが4回あったわけだがカーブも曲がりやすいという印象はあった。



やはり申し分のないバイク。

さすがホンダ。



けど・・・・、




DSC_7808.jpg

う~ん、う~ん・・・・。

これに乗るならやっぱ・・・・・、


Ninja1000


という結論だろうなあ。



さて、じゃあ次はスーパースポーツに試乗しようか・・・・・、


って、すごい人が増えてるんですけど・・・・。


仕方があるまい、なるべく行列のできていない車種に乗って帰ろう。せっかく来たんだしね。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

kenji00 says...""
そうなんですよねぇ。2017年のEU排ガス規制対応で結構な数の車種が終売になるみたいで。
その代わりに新型も結構出てくるんでしょうねぇ。

とはいえバイクは趣味のパートナーなので惚れたヤツに乗りたいものですw
2016.05.24 22:43 | URL | #- [edit]
kenji00 says...""
そうなんですよねぇ。2017年のEU排ガス規制対応で結構な数の車種が終売になる(なってる)みたいで。
その代わりに新型も結構出てくるんでしょうねぇ。VFR800Fも新型の噂あるみたいで。

とはいえバイクは趣味のパートナーなので惚れたヤツに乗りたいものですw
2016.05.24 22:48 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kenji00さん"
あら、そーゆー理由で、なんですね。
じゃあやっぱ結論を出すのはもう少し待つべきかなあ。

趣味のパートナー。いい表現ですね。
絶対に納得行くものに決めたいです。
2016.05.25 00:17 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kenji00さん"
あら、かぶっちゃいましたね。
VFR800Fの新型、興味ありますが、
最近のホンダデザインが・・・。
次回に期待したいものです。
2016.05.25 00:18 | URL | #- [edit]
kazu says...""
いやいや、名誉部員の車種を忘れていたのである
結成時に既にHONDA車もOKだった(笑)
HONDAを含むに規約変更さぁ

だって、私も数年後にはグロムかも知れないしぃ(笑)
2016.05.25 09:53 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazuさん"
ツインリンクもてぎの
「ホンダじゃないと走っちゃダメ」
って言う、隊長の名言を思い出しました(笑)
うちのVTRや軽自動車もホンダですもん。
なんたって世界のホンダですからねぇ。
2016.05.25 11:43 | URL | #- [edit]
単身ライダー says...""
色はやっぱり白でしょう!!
そして前後にガード、
リアシートには小さな箱を載せて
青と赤の切符帳を入れましょう(笑)
という冗談はさておき、荷物も積みやすそうで尚且つスポーティー、私は好きだなー
2016.05.25 16:30 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."単身ライダーさん"
う~む…。それはもしかして白バイのことかしら?
VFRはVFRでも白バイは全然違う仕様だっつう話 を聞いたことがあります。
白いバイクって結構紛らわしいですよね(^_^)ノ
後ろから来るとドキッとします(笑)
2016.05.25 22:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/1413-9b87258f