Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
6

まだ見ぬネコにゃんⅡ

昨日の用事とはお墓参りなのだった。

それはお墓参りを「ついでに」と言うのはとても不謹慎だからそういうことにしてある。



本当、否、ついでの用事とは・・・・・・、






DSC_7224.jpg

ネコにゃ~ん(*^▽^*)






DSC_7228.jpg

かっわいー(^^♪





DSC_7229_20160412162851935.jpg

すごい人懐っこいんだ。






DSC_7226_2016041216284835d.jpg

このしっぽの短さがまたチャーミングである。


で、なぜこのネコにゃんに会いに来たのかと言うと、挨拶をするために来たのだ。


里親として。


実はこのネコにゃん、お腹に赤ちゃんがいて近々生まれるそうなのである。


1か月前くらいにマイハニーとお義母さんたちがここにお墓参りに来たときにもこのネコにゃんに会ったそうだ。

ていうか、ここに以前から住んでいるようなのでお墓参りに来るたびに会っているのかな?

で、そん時すでにお腹がポコッとしていて、お寺の関係者さんの話だと、1か月後ぐらいには生まれるんじゃないか、ということだった。

さらにその人が、この子の赤ちゃんが生まれたらその中の一匹を譲ってもよいとおっしゃってくださったそうな。



それでまあそろそろその時期なんじゃないか、ということで昨日こうして様子を見に行ったというわけである。

だが結論から言うとまだ早かったようなのだ。



そうそう。

前々から維水志邸完成の暁には、ちゅーたに友達を与えてあげる必要があるんじゃないか、と夫婦で話し合っていたのだ。


頭数を増やすにあたり、様々な問題が考えられるわけだがそれはまた別の機会に綴るとして、とりあえず当面の問題は、そのお友達をどこから譲り受けるか、ということだった。



ちなみにちゅーたは東京キャットぷーたらという、野良猫を保護して里親を募集するという団体から譲り受けたものだ。

譲り受ける、と言ってもそこではすでに去勢手術やワクチン接種を済ませてあるのでオスの場合は1頭いただくのに3万円を払うのである。


それらを自分でやることを考えたらとっても良心的だと思うが、問題はお金を払えば簡単に猫をもらえるというわけではない、ということだ。

誰にでも猫を譲ってくれるわけではない。


家族構成はどうかとか(クソガキとかいないかどうかだと思われる)、猫を飼った経験はあるかとか根掘り葉掘り聞かれる。

さらには絶対に室内飼いじゃないといけないと釘を刺されたりする。


まあそこまでするのは、その里親に預けても猫ちゃんが安全に生涯を終えられるかどうかを吟味するためだから当然のことだろうし理解できる。


だがなー。その態度が嫌なんだ。

なんでそんなに上から目線なのだ?


もちろんそれまで猫を預かった者たちの中にしょーもない連中がいたから審査等が厳しくなったのはわかる。


だが猫を譲り受けに来る大半の人たちは根っからの猫好きで、本当に大切にしようと思ってやってくるんじゃないのか?

そーゆー意味じゃあんたらと同類だと思うのだが・・・。


なのに我々のような善意ある猫好き達ををまるでそのしょーもない連中と同じでもあるかのように厳しい口調で警告を与えつつ「譲ってやってんだぞ」的な態度で臨んでくるのはいかがなものだろうか?


あ、少なくとも我々にはそう映ったのよ。彼ら、否、正確にいうと代表のおばちゃんの態度ね。


そのおばちゃんのお陰でちゅーたがいるわけだから感謝はしているのだけれど、そーゆーわけで再びあの顔を見るのは御免こうむりたいのである。



で、市の施設でも同じようなことをやっていたりする。

それらも同様に事前に講習を受けて、猫を飼う心構え等を学ばないといけない。



そんな経緯もあるのでマイハニーはそーいった施設からお友達を譲り受けることに二の足を踏んでいたのだ。

他に機会があるならできればそっちのほうがいいと思っていたところにこの話が転がり込んできたわけだ。









DSC_7233.jpg

本来の目的であるお墓参りを終え、再びネコにゃんのいるところへ戻ると・・・・、





DSC_7234_20160412162913917.jpg

あら、かわいい。2匹仲良くお昼寝かしら?

白いほうの子も先ほどいたのだが、触らせてはくれなかった。





DSC_7235_201604121629156a1.jpg

茶色い子はこうしてすぐに寄ってきてくれるのだ。





DSC_7236_2016041216291625d.jpg

ネコによって愛想が全然違うのがまたいいのだ。





DSC_7237.jpg

餌の時間、ということでお寺の関係者の方がいらしたら、なんと白いのがもう一匹増えていた。

話を伺うと、なんと白いのは茶色い子のお母さんで、そのお母さんもお腹に赤ちゃんがいるのだという。墓参りをする前に見たのはお母さんのほうだったのか。


ちなみに茶色い子は初めての出産になるそうだ。





DSC_7238_20160412162919904.jpg

そしたら今度はそのお父さんがやってきた。


むーん・・・。ややこしい。

茶色いお父さんは茶色い子と同じくしっぽが短い。

だが性格は愛想の良い娘と違い、全然人になつかないんだそうだ。



2匹合わせて一体何匹の子猫が生まれるのだろう?

その中にうちのちゅーたのマブダチになってくれる子はいるだろうか?


暫くしたらまたここに訪問しないといけない。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

Category : ネコ
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

kenji00 says...""
わたしも4匹の猫と一緒に暮らしてたんですけど今は訳あって別々に暮らしてます。
(まぁ親権が取れなかったってヤツですw)

で、いま住んでるマンションも猫と暮らせるところを選んだんで里親会とか行ったんですけど同じ様な雰囲気でした。
でも、そこで伺ったところによると(信じられないですが)虐待目的で猫を引き取るひとも少なくないのだそうで.....難しいですよねぇ....
2016.04.13 00:40 | URL | #- [edit]
単身ライダー says...""
かわい~ですね
生まれてくるのは白かな、茶トラかな~
二人?が対面が楽しみです。
2016.04.13 01:22 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kenji00さん"
4匹も!?
では今もネコにゃんがいらっしゃるのかな?
猫好きまで一緒とは。

虐待目的の話は私も聞きました。
これまた同じところからもらったのかしら?
あるいは反応を見るための施設特有の常套句だったりするとか。
いずれにせよ許せない行為ですね。
2016.04.13 11:15 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."単身ライダーさん"
こんなに人懐こいのも珍しいかも。
この組み合わせだとどんな感じになるのか楽しみですね。
相性が合うかがとっても不安なんですよ~。
2016.04.13 11:17 | URL | #- [edit]
kazu says...""
猫では無いですが、犬の多頭飼いをしています
いつも悩むのが相性

ですが、暮らしてしまえば折り合いを付けるようです

ボランティアで里親探しをしている方達は立派だと思いますが、少し上目線になってしまうのかな?
里親になってくれる人が居なければ、立ち行かなくなってしまうのに…

クソガキ?
犬猫は子供の情操教育に最高の兄弟、姉妹になってくれますよ?
そして、赤ん坊に何をされても怒らない先住の犬猫
これは、犬猫が自分の庇護下に置かなくてはいけない生き物だと認知しているからなんです

まぁ、何より大事なのは犬でも猫でも人間の子供でも躾だと思っています

って、偉そうに書いたけど…
猫は自由に生きるんでしたっけ?(笑)

2016.04.13 18:50 | URL | #- [edit]
維水志萌一 says..."kazuさん"
でしょう?なんだってあんな高圧的な態度なんでしょう?
クソガキに関しては、実際そこの団体では確か6才以下だかの子供がいる家庭はネコが貰えなかったはずです。親の管理がなってなくて小動物をいじめるような悪魔ガキに育ってる可能性があるからでしょう。
隊長みたいに威厳のある父親は昨今少ないのでしょうね。
2016.04.13 22:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/tb.php/1367-e7e10806