Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

次のクルマ・・・何にしよう?

さて、金曜からレガシィ売却に向けて動いている一方で、ずっと次のクルマを検討していた。

今回、乗り換えるにあたり外せない条件は2つ。

1.コンパクトであること
2.燃費が良いこと
3.高速道路を120キロ巡航でもエンジン音で車内がうるさくなったり、坂道だと登らなくなったりしないこと。

こうして書いてみて気づいたが、条件3あたりを見ると、どうも自分はクルマをただの移動手段として割り切ることができていないようである。

それによりだいたい車種は絞られてきた。

1.コンパクト&燃費ということを考えるとたいていのセダン系は外さざるを得なくなり、ハッチバック系になる。
2.燃費重視なら排気量は最大で1.5リッターまでになる(ハイブリッド車を除く)。
3.軽自動車は(以前にも記事にしたが)実は実質燃費が「ふざけんな!」というぐらい表示と違って悪く、しかも高速での失望感がデカすぎるので圏外。1.3までのクラスもほぼ外さないといけない。

・・・・・。やっぱこだわりを捨てられないなー。


そこでネットで燃費ランキングなんかを見てみる。

当然ながらハイブリッド車等が上位には来ているが、その中でも一際高い燃費を誇っているのがトヨタのアクアだった。

40キロとかになっているが、実際はそんなには走らないのは知っている。にしても6掛けだとして実質燃費24キロである。これはすごい!

しかも価格が200万を切っている。ムルティストラーダより安い。

今なら減税もあるし、割引と合わせれば新車でも購入可能範囲に入ってくるんじゃないか?と候補の1つに入れた。


次にガソリン車だが、今まで旅行をしたときに借りたレンタカーがいくつかあり、それが参考になっている。

1.マーチ(九州旅行)

燃費がいい。主に阿蘇や湯布院といった山中を走ったのに燃費が16ぐらいだったか、なかなかガソリン計のメモリが減らなくて逆に不気味だった。だがやはり高速では120キロあたりでエンジンが「ギ、ギブ!」と叫んでいた。福岡の3車線の高速道路では波に乗って走れない。

2.スイフト(長崎旅行)

あれ、四駆だったのかなあ・・・。1.3リッターだったのかなあ・・・。3年前なのに覚えてない。4人フル乗車にもかかわらず、坂道だろうがなんだろうが全然力不足を感じなかった。あれなら高速でも1.5クラスと同等に走れるだろう。
あれで1.2リッターだったら驚きだ。是非候補に入れるべきである。

3.ティーダ(和歌山旅行)

5年前だ。ティーダって外観が変わらないよね。とにかくいまどきの1.5リッターは昔のそれとは違う、というのをそこで知った。また、足回りもふわふわしていない。日産を見直した瞬間だった。しかも中が広い。
あれから5年。さらに磨かれているはず。これは最初から候補に入れるつもりだった。ただマイハニーは外観が好きじゃない、と以前言ってたのが気になるが・・・。

4.ラクティス(淡路~京都旅行)

まるで記憶にない。クルマの名前さえマイハニーが覚えていてくれなかったら出てこなかったろう。


以上の経験しかないため、それらに似た系統のクルマを燃費重視で選んでみることにした。

5.アクセラ 6.フィット 7.ノート・・・・

などである。


これを基に日曜の午前中、中古車屋巡りをした。

スズキの中古 → いろいろ中古 → 日産の中古


まずは

スイフト:

初年度登録2011年のXGという一番下のグレードを試乗をさせてもらった。

が、あかん。

一番下のグレードだから?どーも長崎で借りて乗ったときの機敏さが感じられない。そして内装があまりにも寂しい。レンタカーなんかたいてい一番下のグレードだから変わらないはずなんだが・・・。やっぱあれは四駆だったのか?

試乗する予定はなかったが試乗してよかった。

候補から外した。それにしても値崩れがすごい。価格は魅力的だったが・・・。


ノート:

か細くて頼りない。外した。


ティーダ:

きれいな中古が揃っていた。ナビもついている。そして中が広い。

これの走りは知っている。これを見たとき、「もうこれにしよう」と思った。

3年落ちの走行距離2万そこそこの玉か、初年度登録が去年で5千キロそこそこの試乗車に使っていたやつにするか、いずれにしてもこのクルマは市場にあふれている。

担当してくれた営業マンは「中古でも値段、がんばりますよ」と言ってくれたが、家に帰ってもっとリサーチしようと思い名刺だけももらって帰った。(第一、まだこの時点でレガシィが売れることが決まっていない)


あと、アクセラの中古はたぶんティーダより燃費が悪いんでこの時点で圏外に。

また、フィット、つまりホンダ車は、どーも車重が軽すぎてぶつけたらぺっちゃんこ、という昔の悪いイメージがぬぐいきれずに外した。


家に一度戻り、巨漢を撃退後、トヨタディーラーを訪れる。

アクアの話しをするが、なんとアクアの納車は最低でも9月まで待たないといけないと言われた。

アウトだ。

しかもその時期にはたぶん減税も終わっている可能性が高いという。

おまけにその日は試乗車がないので代わりにプリウスに乗らせてもらった。

ハイブリッド車、初体験だった。


感想・・・。


・・・・・。これはクルマなのか?

いや、これこそが移動手段の究極だろうと思った。こだわりがないならこいつに乗ることになんの抵抗もないだろう。

だが自分はダメだった。

お金を出してまでこれに乗りたいとは思わなかった。

アクアの試乗を翌々日に勧められたが、こーゆーのを「縁がない」というのだ。体よく断ろうと思った。

ちなみにレガシィの具体的な下取り価格は聞けなかった。きっと厳しかったんだろうと思う。


レガシィの商談も破談仕掛けているし、もうなんか意気消沈して帰りたくなったが、最後の望みをもって次のディーラーへと足を運んだ。

○×▽(秘密)である。

一応、新車の見積りを出してもらうが、値引きはあまり期待したほどではなかった。そしてレガシィの下取りも買取業者の言い値と比べるとかなり低かった。

そして、そこでは営業マンが次のようなことを言って維水志を驚かせた。

「ちーっす!さんなんか私どもより高く買い取ってくれる場合がございます」と。

やっぱ、ちーっす!はすげーんだ。

くそー、昨日決めてりゃあなあ・・・・と思ったが後の祭りで余計うなだれてしまった。


だが、救いの神はいた。

ちょうどその帰り道で「ちーっす!」からの電話があり、商談がまとまったのだった。


さて、同日レガシィを引き取ってもらった後、次の車の購入が現実的になり、改めて仕切り直して検討を行った結果、基本2車種の中古に絞ることにした。


ティーダか、○×▽(秘密)である。

一応、この2つに絞り、他にもなんかいい出会いがあれば、それにしてもいいだろう、と柔軟な気持ちで翌朝、月曜日を迎えたのだった。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑最後まで読んで頂きありがたき幸せでごんす(@^0^@)
「はいはい、お約束のひっぱりね」「気にしたくないけど気になるなー、その先が」などなど、いろいろと感想もおありでしょうが、クリックひとつ是非とも恵んでくだされ~o(〃'▽'〃)o

スポンサーサイト