Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

行こう!再び北海道へ!

飛行機で。


ですが、何か?



マイハニー、お気に入りの役者軍団が催すイベントが北海道の地で7月末に行われる。


で、以前から行きたい、と言っていたので、休みの日程も合いそうだし、ならば、と久々に旅行をすることにした。

北海道に行けるチャンスが思わぬところで訪れた。


当ブログの旅行のカテゴリー記事が、山形旅行以来、久しぶりに増えることになりそうだ。


とは言え、バイクに乗れるわけじゃないから維水志の興味はもっぱら「北海道グルメ」である。

あ、もちろん景色もヽ(^。^)ノ。



でまあ2泊3日の日程だ。

イベント前日の夕方に北海道入り、翌日にイベント&観光、三日目に観光で夕方の便で帰る。


じゃあ何を食べようかなあ。

寿司でしょ、ジンギスカンでしょ、ラーメンでしょ、海鮮丼でしょ・・・・・。


やー、なんか帰ってきたら5キロぐらい体重が増えてたりして、はは・・・。


まずは飛行機のチケットを取らないといかん。


格安航空券で検索すると、う~む、やはりJALやANAを利用すると旅行の総額が大変なことになりそうだ。

ウニ丼数杯分の違いが出そう。

ムリ。


所謂、LCC系を利用せざるを得ない。

LCCなんて使ったことがないわけで。だいじょぶなのかしら?

交通費をケチって夜行バスにし、大変な思いをした山形旅行の悪夢が蘇る。


けどまあ乗る時間は短いわけだから、安全性に問題がなけりゃどーってこたないんだが。

命に関わるしなあ。

まあ実際、利用客もたくさんいるし、毎日就航しているわけだから考えすぎかしら。


で、さらに羽田利用と成田利用ではこれまた往復で1万円以上の差が出るわけだ。

成田までの手間を無視するとして、高速代往復、ガス代、駐車場代の差額を考慮しても5千円以上の差がある。


ならば迷わす成田を選ぼう。

なに、高速に乗ってりゃすぐ着くんだ。そこはジンギスカン代の分、我慢をしよう。


なんたってまあ、こんなふうに何でも二番手を選ばないといかんのだ。

スマホにしてもキャリアでなく格安スマホ、と言った具合に。


それもこれも限られた資産をできるだけ有効に使うためなのだ。

無駄がないのは嫌いじゃない。

そうして気前よくウニ丼にお支払いするのである。



よーし、飛行機代をかなり抑えられたぞ。

次はレンタカーやあ。


新千歳から翌日イベントが行われる札幌へは電車賃がかかるのだ。

だったら初日からレンタカーで新千歳から札幌入りしてしまおうじゃないか。

これなら新千歳で借りて新千歳で返す。乗り捨てじゃないほうが安く上がるのだ。

札幌市内で駐車料金がかかるだろうが、調べてみると1日停めておいても千円はかからないようだ。


オーケー。

何々・・・?楽天トラベルでレンタカー半額キャンペーンとな?

ラッキー!タイムリーヽ(^。^)ノ


通常、見た目安く見えても免責の保険料を入れると二千円も高くなっちゃうのよ。

北海道だし、何が飛び出してくるかわからんので免責は入っとかないといかん。


それがキャンペーン中で免責料込みというプランがあるじゃないか。

あはは・・、最安で3日間免責込みで6千円だなんて!

そりゃレンタルバイクが高く感じるわけだ。


おまけに7千円以上で使える千円割引のクーポンもゲットできた。

そんじゃまあ、ポイントもあるからちょっと高いが高年式のレンタカーを提供してくれる店舗に決定しよう。


オーケー。早速予約。

ポイントを使って5,300円+ガス代で済んだ。


これでガス代を除いた北海道までの二人分の交通費が5万ちょっとで済むのだ。

安ホテル付きのツアーに羽田までの交通費&レンタカー等を含めると、二人で10万ぐらいかかることを考えると破格の安さだろう。


よしゃあ、これで準備は整った。

後は行程を細かく決めていこう。


楽しみだなあ(*´▽`*)

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

北海道を食べつくせ!

北海道旅行の旅費をできるだけ食費に回そうと、たゆまぬ努力を続ける維水志家。

交通費の次に削れるものは何だ?


まあ宿泊費だろうて。


その宿泊地だが、行く場所は千歳を出発点にして大まかに、

支笏湖、札幌、小樽、積丹(順不同)、等となる予定。


おー。

2年前の北海道ツーと被る場所が1つもないだなんて。

その時の情報が何の役にも立たない。


まあそれはいいとして、そこらで格安ホテルを探すも、やはりなかなかいいところが見つからない。

そもそも夕食時に宿に間に合うケースがないかもしれないから基本素泊まりなわけで。

かといって、安ホテルの朝食などで、北海道での貴重な1回分のお腹を満たすわけにはいかないのである。



で、思いついたのがスーパー銭湯だ。


調べたら、札幌にもちゃんとそーいった施設がある。

あるどころか、たくさんあってどれにしたらよいか迷うほどである。

多少郊外に出ようとも、レンタカーがあるから何ら問題はない。

むしろ郊外のほうが車も無料で停められるので都合がよい。


これだと二人分で4千円前後で済む。

二日分の宿、決まり。



じゃあ、この行程の中で、いよいよ何を食べるか決めないと、だね。


札幌ジンギスカン、これは譲れないだろう。

そして積丹のウニ丼、これも譲れんな。

小樽の寿司・・・、あとどこでもいいからラーメン・・・・、

う~、キリがない。


そもそも何食あるのだ?


初日の夜を入れて全部で6、7食もあるんだ・・・。

最後の夕食が時間的に微妙だが、もったーないから北海道にいるうちに何か食べてしまいたい。

ならやっぱ7食だ。


どーやらマイハニーはセイコーマートに興味があるようで、ウニ丼など豪華な食事をする分、朝などは軽くコンビニなどで抑えたほうがいいという意見である。

確かに。


ウニ丼とジンギスカンはそれなりの値段を払うことになるだろう。

寿司は人気の回転寿司にチャレンジする予定だが、それとてこちらで二人で回転寿司に行くとたいてい5、6千円はかかるのだ。

北海道の美味しいネタを前にしたら、それと同等か、それ以上食べてしまいそうな気がする。


であればコンビニ節約策は必至だろうなあ。


寿司、ウニ丼、ジンギスカンをメインとするとして、はて、それぞれどこの店を選択しようか。



そうして調べ出すとこれまたものすごい数があって、一つに絞るのにかなり苦労を強いられるのだった。


そんなことばかりを日々調べながら過ごしていたある日、帰宅すると、テーブルの上に何故だが習字セットが置いてあった。


「何書いたの?」と問うと、「ん?習字の練習・・・」とマイハニー。



その作品を拝見すると・・・・、






DSC_8344.jpg

DSC_8347.jpg

DSC_8348.jpg

もうワロた。


食への飽くなき欲求。

毎日食べ物のイメージばかりを追っているうちに、どうしても字で書き表さずにはいられなくなってしまったのだろうか。

気持ちは切ないほどに伝わってくるが・・・・、


DSC_8346.jpg

最後のこれに関しては何かの勘違いで実際は販売していないようである。






DSC_8353.jpg

茶トラえもん:「ある意味、尊敬しちゃいます・・・・」





DSC_8355.jpg

茶:「けど、まだあと1か月以上も先の話なんでしょ~?」

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

北海道の天気は例によって・・・

いよいよ今週末にかけて、久しぶりの旅行に出かける。

以前にも記したように、今回訪れるのは北海道。


なか日に、札幌でのイベント参加があるため、それを中心に予定を組むことになった。

そのイベントがあったおかげで北海道旅行が実現したのである。

「ジャンボリー」というイベントだ。


で、金~日の三日間の日程で行われるそのジャンボリーに、我々は二日目の土曜の昼に参加するつもりだったが、夫婦の会話間で誤解が生じてしまい、初日公演の参加となったのだった。

ネットでチケットをポチった後にその事実が発覚したが、ポチった後では後の祭りだった。

本来は、金曜の朝に北海道入りして小樽などを観光し、翌日イベントに参加して、とっとと帰るという一泊二日の旅のつもりだった。

だが金曜日の夜の公演を選んだことでスケジュールがだいぶ違うものになったのだった。


まず飛行機代なのだが、金曜入りの土曜帰りより、木曜入りの土曜帰りのほうが断然安くなる。

その分宿泊費や食費が増すわけだが、宿泊費をスーパー銭湯等で抑えることで大差が無くなるのだった。


ならば、断然後者がいーじゃないか。

同じ金額で北海道の食事を楽しめるんだもの。


で、それも羽田発ではなくて、成田発というのが条件なのだが、木曜入りだろうが金曜入りだろうが、成田発が断然安いから仕方がないのである。

しかも、成田までの交通費込みで考えても、一泊二日の旅と二泊三日のそれが同等の費用になるというのだから、飛行機代が旅の支出をかなり左右する重要なカギとなっているのがわかった。



で、当初の予定。



LCC便、成田発17時半発、新千歳19時15分着。

レンタカーで札幌入りし、20時半には札幌の根室花まるで回転寿司三昧。


翌朝、朝イチで積丹入りし、ウニ丼を堪能。

神威岬、小樽観光を経て札幌に戻り、ジャンボリーを観る。

その後、すすきのでジンギスカン食べまくり。


最終日、羊蹄山、支笏湖など、北海道の絶景を楽しんで帰る、


とまあ、ざっとこんな感じだったのだ。


が、天気予報を見るとどうだ?


あ、あり得ない・・・・。



それまですーーーーーっと晴れだった北海道が・・・・。



我々が訪れる三日間だけ・・・・・。



あ、雨・・・・、ですか・・・・・。



三日目がかろうじて曇りなのである。


もう1ヶ月以上も前から楽しみにしていた北海道旅行が全部雨って・・・・。


どーにも諦めきれないのだが、どー足掻いたところでどーにかなる問題でもない。

なのでここは雨の中でも最善と思われる予定を組んで出かけるしかないのだった。


気を取り直してスケジュールを練り直す。

一番恐れていたのは雨で、「ウニ、不漁のため・・・・」とかなることである。

苫小牧でも、まさかの「ホッキ貝、不漁」でクソなもんを食わされたという苦い経験をしている。

(全然、隊長のせいなんかじゃないわけで)

あの二の舞だけは御免だ。


そこで積丹訪問を、かろうじて曇りになる三日目へと変更することにした。


従って、初日の夜がジンギスカン。この日は夜に入るため、雨だろうが雨じゃなかろうが問題ない。


二日目の大雨が小樽観光。

ガラス製品など、ショッピングが中心になるだろうが、そりゃもう仕方がないわけで。

雨の中でも目いっぱい楽しめるスケジュールを考えることにした。

夜はイベントで室内だから、これもまた天候には左右されんのだ。


そして三日目の天候は天に祈るしかないのだが、積丹でウニ丼を食べ、神威岬を見たら、後は羊蹄山、支笏湖近くを通って帰り、千歳空港で美味しいもんでも食べて帰ればよい、ということになった。


後は、札幌や小樽でどこのパーキングに停めるか、などを決めるだけとなったのだった。

パーキングも空いてるかどーかは当日にならんとわからんから、出たとこ勝負、みたいなところはあるが。


天候に関してはそのように理不尽な部分はあるが、北海道旅行は北海道旅行なのである。

待ち遠しくて、そろそろ眠れない日々が続くかもしれない。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

北海道へ旅立つ

その前に、今回この旅が可能になったのは、我々が留守の間、お義母さんと義妹がネコのちゅーたの面倒を快く引き受けてくれたからに他ならない。

二人に感謝を申し上げる。

お土産、いっぱい買ってきます(*´▽`*)。


さて、当日。

飛行機は5時半発のバニラエアー便である。


成田での駐車場は3日で2160円という破格の安さを誇るUSAパーキングである。

ここは確かもう数十年前に仲間とグアムに行った際も利用した記憶がある。

未だに健在ということはまっとうな商売をしている証拠。


出発の2時間前までに行かないといけないらしいが、国内線でもそうなのかしら?

それに従うと、現地到着時間は3時半前、ということになるから家を出るのはその2時間前の午後1時半でいいわけだ。


今日までに持って行く物等、準備もだいぶ済んでいるので、前日までの勤務の疲れを癒すべく午前中はのんびりと過ごそうと思っていたのだが、マイハニーが許してくれなかった。


朝、4時にちゅーたに起こされるのはまあいつものこととして、その後、嬉しくて寝られなかったのか、ずっと起きていたんだといいう。

それにつられて維水志も早起きしたのだが、後で寝るつもりがあまり寝られないのだった。


それに北海道は雨。

維水志は雨にも耐えられるカジュアルな靴を持っていない。

高速道路に乗る前にそれ用の靴を新調しないといかんのだ。


それでもまあ12時半に出ればいーと思っていたが、マイハニーはすでに旅支度を完了しており、いつでも出られる状態になっていたのが11時半ごろだった。

じ、じゃあ、出かけようか、ということで結局家を出たのが12時前となったのだった。


じゃあね、ちゅーた。お義母さんたちに面倒見てもらうのだぞ。

夜中にたたき起こしたりしてはいかんぞ。



に、しても、こりゃ一体何時に着くのかしら?

でもコンビニでお昼を買ったり、靴を選んでいたりしたら高速に乗るのは12時半前となった。


それに、飛行機利用の場合は早く着くに越したことはないし、成田空港をぶらつくのもまた面白いから全然問題ないのだが。



そんでまあ2時にはUSAパーキングに着いたのだった。

都内も昼時で空いていたということもあり、高速乗っている時間は90分。成田は意外と近い。


パーキングからの送迎バスに乗り込む際、出発ターミナルを聞かれてわかんなかったんでマイハニーに「第3ターミナル」と答えてもらったのだが、それを聞いた前に乗ってる老夫婦が第3ターミナルがあるのを知らなかったらしく、ドライバーに確認していた。

そう。第3ターミナルはLCC専用のターミナルである。

「あー、そんなんあるんだ」的なそいつらの態度がとてもムカついた。まあやつらが乗ってた車のナンバーが所沢だったから仕方あるまい。


しかもLCCってそーゆー扱いなのか、第3ターミナルには送ってもらえず、降ろされるのは第2ターミナルなのである。

事前情報によると、第2から第3までは歩いて15分、となっていたから移動には空港巡回バスを利用するつもりでいたが、実際にはそんなことはなく、歩いて500メートルぐらいなのだった。


そうそう。最近じゃネットでチェックインできるようになってんだね。

早々にチェックインしときゃ楽でいーわ。自宅で印刷するのだが、その際に席も決まるから割といい席が取れる可能性が高いかもしれん。

預ける荷物がなけりゃ手間が一つ省けて大変よい。


でもまあ出発まで3時間もある。

まずは第3ターミナルへ移動してロッカーに荷物を預け、第2や第1ターミナルをぶらつくことにした。


第3へはバスを使ってみたが、ぐる~っと遠回りをするらしく、時間的には歩いて行くのと大差ないことが判明した。



着いた。







え?






DSC_8553.jpg

こ、これは工事が途中・・・・なのかしら?

それともこれで完成?


なんかとても虐げられた気分になるのは気のせいだろうか?







DSC_8552_20160802111753f23.jpg

レストランはなく、あるのはフードコートである。






DSC_8554.jpg

でもこーゆった部分が経費削減につながり、航空券が安くなるんだったらこれで十分なんじゃないか?

しかも国内便であれば飛行機に乗っている時間だってたかが知れているのだ。


維水志はこれからもLCCを積極的に利用する。


さて、荷物も預けたし、他のターミナルを見学するとしようか。


つづく。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。

さらば、お天気

DSC_8555.jpg

で、まずは徒歩で第2ターミナルへ。

こんな感じで分かりやすく順路が記されている。ご丁寧に地面に距離まで書いてある。

570メートルとなっているが、第2の中心までということなのだろう、実際は500メートルぐらいである。


カートもそこらじゅうにあるから重い荷物があっても問題ないし、歩きでも問題なさそうである。






DSC_8556.jpg

それに、写真には撮らなかったが、途中にはスチームで涼しさを演出するひまわりデザインの装置があったりしてちゃんと気を遣ってもらえているのがいい。



第2ターミナルを一通り見学して、今度はバスで第1ターミナルへ移動。






DSC_8557.jpg

疲れたので第1ターミナルの展望デッキで休憩する。






DSC_8558_20160802113948894.jpg

ここの前が離陸の滑走路になっているようだ。

いろんな会社の飛行機が飛び立っていく。





DSC_8560.jpg

デルタだあ。

アメリカ行くときは何度もお世話になったなあ。


次は是非海外へ行きたい。






DSC_8561.jpg

ちょっと小腹が減ったんでベーグルをいただく。

コンビニで軽くなんか食べようとしたが、レジに行列ができていたんでこれにした。


第1ターミナルとて、誰しもが高価なレストランで食事をする人ばかりじゃないということである。

列に並んでいる多くが外国人だったわな。彼らは合理的なのだ。


フードコートもあるが、コンビニが一番人気とはね。





DSC_8562.jpg

ジンギスカン屋に到着するのが予定では夜9時ごろである。

いくらバカ食いする予定でも、さすがにそれまでに腹が減っちゃうしね。


実はこれが正解だったことがわかるのがその数分後なのである。




出発時刻の45分前ぐらいになったところで、第3ターミナルに戻ることにした。





DSC_8563.jpg

ちょっと待ったが、第2ターミナル行きの後、続けざまに第3ターミナル直通便が来た。

ラッキー。





DSC_8564.jpg

ああ、そうだ。ターミナル連絡バスって言うんだったね。

どこの空港だったか?ダラスだっけか?ターミナル間がモノレール移動のとこがあったが、成田もそうすりゃいーのに。




で、第3ターミナルに戻ると、驚愕の事実。

なんと、北海道の天候が悪いせいで出発時刻が遅れているのだった。




もお・・・・。



17時半出発がすでに時間変更で17時40分となっていた。

しょーがないんでとりあえず17時過ぎぐらいには出発ゲート入りしたのだが、どーにも雲行きが怪しい。


ゲートの待合ラウンジでアナウンスが次から次へと流れてくる。

我々が乗るバニラエアーは折り返しで北海道に戻る飛行機が遅れて到着し、これから燃料補給だとか言っている。

同様に他の会社の便も遅れているようである。


で、その次に、信じられないアナウンスが入った。


新千歳空港が濃霧のため、着陸不可能な場合は成田に引き返す可能性があるから、それを承知の上乗ってくれ、とかジェットスターが言っている。


ウソでしょ?


北海道が雨だということはもう諦めて受け入れているが、一番恐れていた、飛行機が飛ばないだなんてことはどーにも受け入れがたいじゃないか。

そのうちバニラエアーも同じことを言うのかと戦々恐々としていたが、その後、そういったアナウンスがされないうちに搭乗時刻となったのだった。


だが向こうに着くまでは何とも言えん・・・・。







DSC_8565.jpg

結局、搭乗が18時ちょい前じゃんよ~。





DSC_8567.jpg

おお、タラップだ。

タラップを使うだなんてそうそう記憶にないぞ。





DSC_8569.jpg

エンジンだあ。迫力あんなー。






DSC_8570.jpg

バニラエアーのカラー。

フライトアテンダントの制服がパステルカラーのブルーで随分と目立つ。





DSC_8571x.jpg

気になっていた前の座席との距離だが、これなら全然問題ないじゃないか。

前の席のほうが多少広いのかもしれない。


が、席に着いたら問題があった。

後ろにクソガキがいるらしく、足でシートを押してくるのだった。

座席の足元はこれだけのスペースがありゃ十分だと思えるが、そのシートがやたら薄いのだった。

薄っぺらいから、後ろから足でなんか押されたらそりゃもう指圧されてんのと変わらないぐらいである。

車のRX-8に試乗したときがそーだったな。


維水志がこーゆー境遇に合うのはどーしても避けられないことのようである。

いくらネタに困っているからと言って、別にそんな文句ばっかり言わなきゃならんようなシチュエーションにゃ出会いたくないんだけれど・・・・。

ガキだからしょーがないんだ、と、もうこちら側が一方的に我慢するしかないわけで・・・・・。

だからせめてブログをはけ口とするしかないのである。







DSC_8572.jpg

そんなガキに煩わせられながら飛行機は滑走路に向かう。




・・・・・。




あれ?

これ、飛行機だよね。

なんかさっきからずーーっとバスみたいに滑走路を走ってんですけど。



ああ、そうか、この滑走路移動分が長いからなのか。

17時半発で19時15分着って、105分なわけだけど、北海道までそんなに時間がかったかしら?75分ぐらいじゃなかったっけ?と思ってたが、飛んでる時間はJALやANAと変わらんのだろうな、きっと。


・・・・。



それにしても時間かかりすぎじゃないんか?

もう搭乗してからかれこれ30分以上経っているような・・・・。




で、外を見ると、





DSC_8576_201608021320237df.jpg

なるほど、離陸待ち・・・・。

飛行機の渋滞ってあんまり見たことないんですが、結構、圧巻ですなー。





そしてようやくの離陸。





DSC_8577.jpg

あ~あ、この晴れてる空も、北海道に着く頃にゃ拝めないわけか。

さらば、晴れ。


つづく。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。