Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
2

町民いこいの温泉

DSC_1583_201501032319372b2.jpg

正月三が日の三日目。

今日は帰省渋滞に巻き込まれない範囲で行ける温泉を探して出かけて来た。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「それは正解!せっかく出かけるのにほとんどの時間が車内じゃねぇ・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


意外と近いところ(30キロぐらい)に気軽に楽しめる温泉があった。


それがここ。


DSC_1599_20150103231941b45.jpg

静岡県の「小山町町民いこいの家 あしがら温泉」だ。


DSC_1600.jpg

なんつってもウリは湯船から霊峰富士が拝めるところだ。



DSC_1591.jpg

入口手前に丸窓から富士山を眺めることができる。

が、すでに絶景を目の当たりにしているため、あまり感動はない。まあちょっと雰囲気を変えて、ということでしょう。


DSC_1592.jpg

それにしても天候に恵まれてよかった。

この景色を湯船から見られるとは。



効能は・・・・?

DSC_1589.jpg

内湯に露天、サウナと水風呂がある。

500円で休憩所を含め3時間滞在できるようだ。食堂もある。

休憩所では駅伝の復路をやってたよ。ちょうど8区ぐらいだったかな。


実にすばらしい。今度バイクで来てみたい。



マイハニーが小腹が減った、と言うので近くの道の駅ふじおやまへ行き、ちょっと買い物をする。

DSC_1601.jpg

静岡に入ればそりゃあもうどこからでも立派な富士山が拝めるのだ。



そしてマイハニーの次のリクエストは「足柄峠を通って帰りたい」である。

二日前の元日に降雪があり、未だに雪が残っているところがある。

箱根方面なんかチェーン規制があるくらいだから、ちょっと躊躇したが昼間だし、スピード出さなきゃどーにかなると思ってリクエストに応えることにした。


案の定、日蔭にはまだ路面が凍結しているところが多々あってちょっと緊張しながら走る羽目になった。


それでも行ってよかった。

さっきより素晴らしい眺めが待っていた。




DSC_1604.jpg

おお、なんかの碑がある。

が読めず。

雪が残っていて足がぐちゃぐちゃになるが、少し先にさらなる絶景ポイントがあるようだ。





DSC_1606.jpg

ど~んっ!



DSC_1607_201501032327005dc.jpg

いやあ・・・・。

今年もいい年になりそうじゃないか。


そうそう。これは次回のバイクツーリングコースに認定しよう。


十二分に富士を満喫し帰路に着く。




狙い通り、渋滞に巻き込まれずに1時過ぎには地元に戻ってくることができた。


ラーメンをいただくつもりだったが、最初に行く予定だった店はまだお正月で休み。

二軒目は「なんちゃって」有名どころなので混雑が予想されたがそれが的中しすでに行列。断念。

続いて三件目。小田原に本店があり、最近ここら辺りに姉妹店がオープンしたので前から行こうと思っていた店。だがこちらもすでに人が並んでいた。しかもどう並んでいるのか、何人並んでいるのかよくわからない状態だったのですぐに並ぶのをやめた。

混雑するのがわかってんだったらちゃんと交通整理していただきたい。


もう嫌になってきた四件目でようやく並ばずに入れたのだった。

こちらも小田原に本店があり、姉妹店がここら辺でオープンしたばかり、という点では先ほどの三件目と同条件なのにこちらはスカスカとはこれいかに?

だいじょぶなんか・・・・。


味噌がウリのラーメン屋である。

「麵屋 味噌壱」という名だが、他に塩と醤油もある。

塩のしじみ風味というのも気になるところだが、ここはやはり味噌だろう。


なになに・・・。

味噌も三種類ある。

赤味噌、合せ味噌、辛味噌か。

辛味噌は辛さを7段階ぐらい選べるのだな。


よーし。決めた。維水志は合わ味噌チャーシューで行こうか。



DSC_1614_201501032340060f2.jpg

マイハニー注文の辛味噌野菜ラーメン830円。


DSC_1615_201501032340076cb.jpg

うわ!めっちゃ辛そう( ;∀;)

これで辛さレベル2で「激辛」である。レベル5となったらもはや食い物じゃなかろうよ。



DSC_1617_20150103234008a03.jpg

い、維水志注文の辛味噌ラーメン、レベル2。

発券機で合せ味噌のボタンを押したつもりが辛味噌ラーメンを押していた。

そもそも辛さの段階を聞かれた時点で「じゃあ、2で」と答えた維水志がどうかしている。


でも美味しい。

チャーシューも適度に厚みがあって柔らかい。

こりゃまた来ようではないか。次回こそ合せ味噌を。





そして夜は刺身丼にビールを一杯。


DSC_1618.jpg

ヨークマートだけどなかなか美味しそうな刺身が売ってた。


DSC_1620_20150103234011cf6.jpg

素晴らしい休日だった。


休みも後一日。最後まで満喫したい。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

スポンサーサイト
4

成形肉は勘弁

P_20150125_120605_HDR.jpg

家づくりブログもひと段落したんでグルメネタにしよーっと。

久しぶりに行ってみたよ。

コメダ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


冒頭の写真は、おそらくここのウリであろうシロノワールの発展バージョン「キャラノワール」。


まあそれは別として、ここのコーヒーはなかなかうまい。

が、高い。

高い分は場所代、ということで処理するからここに来るなら長居をしないといけない。


マイハニーとおうちのことをじっくり語るには絶好の場所とみた。

で、日曜日にブランチを兼ねて出かけたのだった。


ここは国道沿いにあるということもあっていつも混雑している。

タイミングを間違えると並ばなければいけなくなるのは必至である。


この日はお昼ちょっと前に着いたが何とか席を確保できた。


ここで食事をするのは久しぶりだが、確かサンドイッチがおいてあるんだったな。

どれどれ・・・・?


ほう。

味噌カツサンドがあるじゃないか。流石、名古屋が発祥の地だけある。


マイハニーもここの小倉トーストが食べたい、と前から言っていた。

昔、レガシィがうちに来たとき、嬉しくて名古屋までひつまぶしを食べに出かけたことがあった。

その際、デザートに是非小倉トーストをいただこうと思ったのだが、それを置いてある喫茶店がどーにも見つからなくて、結果くっそまずいコーヒー屋に入ったという苦い思い出がある。

どーやら名古屋=小倉トースト、というのは勝手な固定観念だったようだ。


是非ともその時のリベンジしたかったのだが、今日はブランチなので小倉トーストはまたの機会にする、とのことだった。


維水志はその味噌カツサンド、マイハニーはたまごサンドを注文。


先にたまごサンドが来たから二人でシェア。

おお。パンがサクサクで、具のたまごもたっぷりだ。


やがて味噌カツサンドが運ばれてきた。





P_20150125_114344_HDR.jpg

で、で、で、で、で・・・・・デカい!


思わず笑みがこぼれてしまった。


が、食べた瞬間・・・・・。




ノーーーーーーーーーっ( ゚Д゚)////!



なんじゃあ、こりゃあ!?



P_20150125_114359_HDR.jpg

やけにカツがでかい、と思っていたら、どーやら成形肉のようだ。

で、肉の感触がほとんどしない。

ほとんど脂身じゃないのか?


「脂身大好っきー💛」な、この維水志が食べていて途中で気持ち悪くなった。

そしてあろうことか、残した。


外食で残すなんて、以前に同じ国道沿いにあった(すでにつぶれてしまった)くっそまずいラーメン屋以来のことであった。


いやあ・・・・。


もっと小さくていいからさあ・・・・。

ちゃんと一枚肉を使っておくれよ。


ってか、こんなとこでカツサンドを選んだのが間違っていたか。


その日、夕刻まで胸焼けがしたのだった。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

ローストビーフの店 くわぁま倉山

PAP_0614.jpg

せっかくの機会だったのにザンネンだあ・・・。

カメラ忘れた。

なので、ガラパゴス携帯の、これまたアウトオブデイト・カメラにて撮影したため、本日の写真は大変見にくくなっております。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「それでもブロガーか!?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


今日は法事だった。

維水志家は一般庶民家庭だが、維水志の母方の親戚は皆セレブなのだ。

法事の後は決まって一流レストランで食事をすることになっている。



PAP_0629.jpg

今日は横浜のスカイビルの29階にある、ローストビーフで有名な鎌倉山で食事だ。

やっほぅ(´▽`*)

自分マネーでは絶対に来られないだろう。



PAP_0615.jpg

当然個室だ。

季節的には微妙だが、きっとお高い画家の絵なのだろうて。




PAP_0627.jpg

でへへ・・・。

確か10年ぐらい前もここで食事会が行われたが、「こ、こんな美味いローストビーフがあったのか!?」と、そりゃ衝撃を受けたものだ。

ふふ・・・。楽しみだわ。



PAP_0626.jpg

前菜だ。

湯葉と伊勢海老のなんちゃらジェリーソースと真鯛の刺身、それに・・・・、


PAP_0625.jpg

ホッキ貝だ。へへ・・・(*´▽`*)

いや、こりゃ美味い。


あと、バケットの薄いやつにキャビアが雀の涙ほど乗っている。

キャビアなんて物心ついてからおそらく食べたことはないから、しっかりと味覚しようと、その少量の部分だけを箸ですくって食べてみた。


・・・・・・。


うん。維水志の貧乏舌は価値を見いだせなかった。

シャケ番屋のいくらのほうが数倍美味いと思った。



PAP_0623.jpg

オニオンスープだそうだ。



PAP_0618.jpg

「これは(当然)鎌倉野菜なのか?」と問うと、こうみ大根?だけは鎌倉野菜だと言われてちとがっかりした。

ドレッシングはフレンチ?だと思うが普通である。




PAP_0622.jpg

きたきたー。

背のちっこい姉ちゃんがローストビーフを切り分ける。

よくもまあそんなに薄く切るもんだ、もうちっと分厚く切っておくれでないかい?

と、言いたいところだが、これがローストビーフを一番おいしく食べられる薄さなのだろう。


PAP_0621.jpg

ひゃあ!(*´ω`*)


PAP_0620.jpg

ソースが2種類から選べる。

ガーリック醤油ソースと、あっさりのコンソメベースのソースだそうだ。

ローストビーフの旨みをちゃんと味わいたいので後者にしておいた。


もはや多くは語るまい。

鉄板の美味さである。


写真を撮り忘れたが、焼き立てのパンも美味しかった。


最後はデザートだ。

こちらは7種類の中から3つを選ぶのだそうだ。


PAP_0617.jpg

維水志はなかなか食べる機会がなさそうなものを選んだ。

「鎌倉山定番の・・・」とか「鎌倉山特製の・・・」とか枕詞が付いたものに惹かれてしまった。


いちごのチーズケーキと抹茶と小倉のぷーたら、そして砂糖ではなく蜂蜜を使ったプリン、だ。

この日は他に、あまおうのショートケーキ、洋ナシのタルトなどがラインナップされていた。


これらをおかわり自由の美味しいコーヒーといただいた。紅茶もある。


う~む。素晴らしいひと時を持たせてもらった。



そして夜は・・・・、









P_20150201_200702_HDR.jpg

庶民の味方、ラーメンだあ!

なんつっ亭、にて。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「やっぱ庶民はそれでいい」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

後輩

DSC_1697.jpg

今日は横浜で懐かしい人たちと飲み会だった。

一軒目の居酒屋はチェーン店の吾照里(オジョリ)である。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「おお、極めコースとはいかなるものか・・・?」と期待したら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


懐かしい、というのは中学・高校と同級生だったサケウチ氏と、中学時代の後輩、ちん氏である。


サケウチとは年に一度は顔を合わせていたが、ここ3年ぐらいは年賀状だけのやり取りになっていた。

それがまた今年、こうして酒を飲める機会を作ってくれたのが後輩のちんだ。

ちんが、「サケウチ・維水志両先輩と一緒に飲みたい」と声を掛けてくれた。


DSC_1685.jpg

まあ退屈だろうから、料理の写真でも見ながら読み進めてくれるとよろしいんじゃないか、と。


ちんは、まともな部活動を行わなかった維水志にとって学生時代の唯一の後輩である。

否、会社でも後輩の育成など見向きもせず、先輩に面倒をみられるのも御免だった維水志にとって、先輩・後輩の良関係を築くなんてのはまずあり得なかっただろうことを考えると、生涯後輩と呼べる存在は今のところちん一人、と言ってよい。

その維水志に、なぜ後輩がいるのか、というと、


DSC_1687_20150209005033ad4.jpg

維水志が在籍した中学には謎の「広報局」という組織があった。

生徒会等様々な組織がある中学校の中で、広報局が一体どういう立ち位置だったのか、今でもハッキリわからない。

おそらくは委員会?だったんだろうが、その広報局に「放送部」と「新聞部」が存在したのである。

維水志は新聞部に所属していた。


と言っても、校内新聞を発行するのは体育祭等のビッグイベントがあった時に限られているので、お昼の放送等で毎日大活躍の場を持つ放送部とは一線を画していて、活動期間は限られたものだった。

なので常に陽の当たる放送部と違い、新聞部はどちらかと言うと影の存在だったろう。



DSC_1691_20150209005034717.jpg

そこに光を当てたのが、このサケウチだろう。

その点については話し出すと長いのでまた別の機会に。


維水志は金魚のふんみたいにサケウチにくっついていただけだったのは否めない。


維水志が中二になった際、その新聞部に後輩の女の子が二人が入ってきたのだ。


それがちんとマヒである。


DSC_1692_20150209005035422.jpg

その少ない活動期間がきっと功を奏したのだろう。

彼女たちにとって新聞部の先輩、サケウチ・維水志は理想的な先輩だったようだ。

その証拠に中学を卒業してからも年賀状のやり取りは随分と長い間続いたのだ。


ところが、維水志、何がどうすれ違ってしまったのかわからないが、その後二人との音信を経ってしまったのだった。


DSC_1693.jpg

幸いなことに、サケウチがちんとメールのやり取りを今でもやっているし、マヒとは最近まで年賀状のやり取りがあったそうだ。

というわけで、ちんと維水志は実に20年ぶりぐらいの再会となったのだった。


残念ながらマヒは住まいが広島であるため、今日の集いには参加しなかったが、いずれこの四人で再会できるような気がしている。


DSC_1695.jpg

写真撮り忘れ( ;∀;)


ちん曰く、多感な中学時代にサケウチ・維水志両先輩からは随分と影響を受けたんだそうだ。

それまで融通の利かない生き方をしてきたちんにとって、規則に囚われない柔軟な発想のサケウチの生き方は彼女にとって随分と衝撃的なものだった、と今日語っていた。

「維水志先輩」の名前も言ってくれていはいたが、残念ながら当時の維水志はなんら主義を持たない糸の切れた凧のような人間だったからたぶん貢献はできていないと思う。


DSC_1696.jpg

うーむ。結構腹がいっぱいになった。

3時間コースなのに、4時間ぐらい居座ってしまった。

さあ、店を変えようか。


2軒目に行こう。



ところでこの3人が揃うと実に面白い。

職業的に。


それはサケウチが公立高校の教師、ちんは公立中学の教師、維水志は塾講師である。

科目も、それぞれ数学・国語・英語と、全然被らないのだ。



DSC_1699.jpg

ちゅ、ちゅら屋?とか言ったかな?

沖縄料理や種類豊富な泡盛を提供する店のようだ。


うーむ。はっきり言ってゴーヤチャンプルーは美味くない。

それはサケウチも同じ意見だ。「俺が作ったほうが美味い」だそうだ。



DSC_1700.jpg

これはサラダ。この野菜に付ける味噌がたぶん沖縄っぽいのだろう。甘味が強い。


DSC_1701.jpg

島豆腐の厚揚げ、と言うのだけれど、どう味わってみても厚揚げはそこらへんで売っているものと変わらない気がしたのは気のせいか?

代わりにがっつりと乗っている肉味噌の味が濃い。甘い。

これが沖縄テイストなのかも。




DSC_1702.jpg

海ぶどう。

秘密のケンミンショーで沖縄の人は海ぶどうなんかめったに食べない、と言っていたがどうなのだろう。

食感は確かに面白い。ゆずポン酢でいただくそうだ。


DSC_1703_20150209014614cdd.jpg

もうビールは飲めないので得意のカクテルに。

だってビールは最初の一杯以外は美味しくないんだもん。


DSC_1704.jpg

うむ。このアイスが一番おいしかった。550円。



DSC_1707.jpg

もうこの歳になったら先輩後輩もないのだろうが、不思議とその上下関係は一生変わることはないようである。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「お、吾照里の料理のコメントは・・・・?」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

ちょっと厚岸まで・・・

DSC_1748.jpg

ちょっと厚岸まで牡蠣を取ってくらぁ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「はいはい、神奈川県、の、ね。雪がないわけなかろうよ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


んー。懐かしいなあ。

DSC_1753_20150215162001bec.jpg

厚岸のエーウロコで買ったまるえもん、花咲ガニがこの箱に入って海を渡り、我が家にやってきたのはもう7か月以上も前のことだよ。




DSC_1749.jpg

こんな感じでバイクに積んで、ひょいと出かけてゲットできたらいーんだがなあ。

まあなかなか味わえないところにまたその有難味があるのだ。




DSC_1750.jpg

あんときも、こんな風に見晴しのよい場所から橋を渡って行ったっけ。

もっとも、あんときゃ眼下に見えたのは海だったが・・・。



さ、溶けちゃうから帰ろ、っと。





え?何がか?って?



DSC_1754.jpg

このまるえもんと花咲ガニが入っていたケースが・・・・、



なんと・・・・、






DSC_1755.jpg

サーティワンアイスのバラエティパックのレギュラー6個入り、二箱がぴったし収まるサイズだったのだ。


サーティワンのお姉ちゃんが、気前よくチョコレートフォンデュを二つもサービスしてくれたよ。

ありがとう(´▽`*)/




DSC_1756_20150215162306ca4.jpg

何と言うことでしょう。


いや、他になかったんでとりあえずこの箱を持ってったら、たまたまうまくいったのだ。

それにしてもあつらえたかのようにピッタシなのには驚いた。


お陰でバイクに積んで持ち帰ったにもかかわらず、中がぐちゃぐちゃになってなかった。


いざ出発しようとしたら、前の車止めに気がつかずに思いっきり乗り上げてしまったのだ。

あ、でも慌てる前に前後輪乗り越えてしまったから事なきを得た。

こんな芸当ができるのはオフロード車だけかと思ったが、影丸も意外と機動力があるのだ。



DSC_1758.jpg

まあ、ぐちゃぐちゃにならなかったのは、もちろん、中もこんな風にパックがしっかりしてるからなのだろうけども。




DSC_1757.jpg

維水志はジャモカアーモンドファッジとバナナアンドストロベリー(*^▽^*)


誤解のないように一応言っておくと、半分は義妹の誕生プレゼントなのだ。

全部食べるわけではない。

維水志はそんなに食いしん坊ではありませんので。


だが寒い冬に食べるアイスはまた格別だわね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「せっかくの休日なのに影丸はアイスの御遣いだけなのか?」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。