Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
4

早川漁港へ

DSC_6849.jpg

今日は久しぶりに早川漁港へランチをしに車で行ってきました。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「??なんで丁寧語・・・?」と別のブログを訪れたかと思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


三連休の最終日、いやーな予感がしたので店には11時半のオープンと同時ぐらいに行くつもりだったが出るのが遅くなってしまい、漁港に着いたのは12時過ぎ。


こんな日に来るもんじゃない。すでに漁港の無料駐車場までは長蛇の列。

しかも曲がるとこを一本間違えて本流からそれてしまい、横から割り込ませてもらわなければならない道に入っちゃったもんだから余計に時間がかかってしまう羽目に。


で、アウディ野郎が意地悪で入れてくれない。

金持ちで心が小さいってのはさあ・・・。まあそれ以上は言うまい。


駐車場に入れるのに30分以上。そして目指す店は人気だけにそこでも待つのは40分以上か。

だが今更どこへ行こうともどーせ混んでるだろうし、すいてる店なんか入ってもろくなことはない。

ここは腹をくくった。


幸いなことに、マイハニーの機転の利いたファインプレーのおかげで↓

1、駐車場待ちの間に店の順番待ち用紙に名前を書いてくる。

2、臨時駐車場を発見し、空き状況を徒歩で確認しに行き携帯で連携を取る。

90分ぐらいでなんとか席に着くことができた。


でも、その前に・・・・・。



車を止めたあと、魚介の焼き物の香ばしい匂いに誘われてふらふらと足がそっちへ向いてしまった。



DSC_6821.jpg

これはサンプル。



DSC_6822.jpg

この匂い、罪だなあ。



DSC_6826_201403232307246f7.jpg

ハマグリ串とツブ貝串。それぞれ500円。

ツブ貝がコリコリしてむっちゃうまかった。



そうこうしているうちに自分たちの順番があと3つ目まで迫ってきたので待ちスペースでメニューを眺める。

冒頭の写真の店で名前は

「わらべ菜魚洞」という。


DSC_6829 - コピー

んー。やっぱ刺身だよなあ。

むー。煮魚も捨てがたい。

えーい!こんだけ待ったんだし、両方行くべ。



DSC_6829.jpg

でもそれにプラス定食も注文しなきゃならん。

仕方あるまい。ここらあたりじゃこれぐらいの金額を払わないとまともなもんが食えない、とういことが最近よくわかってきたような気がする。

大切なのは、それに便乗して値段に見合わないへぼいもんを提供する店に入らないことである。

ここはだいじょぶだと思う。



えっと、じゃ、煮魚は・・・と。




DSC_6829 - コピー (2)

ほう。オシツケ?

なになに・・・「クエに匹敵するあぶらのノリ」?店主おすすめ?


「オシツケ」なんて初めて聞くが、どーせならこれにチャレンジしようではないか。


やがて料理が運ばれてきた。




DSC_6833.jpg

マイハニー注文のウマヅラハギ(肝つき)とホウボウの刺身。



DSC_6835.jpg

ホウボウの身が結構厚く切ってあって歯ごたえがたまらん。



DSC_6838.jpg

これで、あら汁定食。



DSC_6830.jpg

一方、維水志はブリとサワラの炙り刺、と、やはりあら汁定食。



DSC_6831.jpg

バーロー。刺身?なのか?これ?完全に火が入っちゃってんじゃ・・・・。




DSC_6840.jpg

が、裏を返すとちゃんと半生で、しかもむっちゃくちゃ甘い。醤油なしでいける。



そして出てきた。


謎のオシツケ。


DSC_6842.jpg

なんかむちゃくちゃうまそー。



DSC_6843.jpg

で、帰ってきて調べたんだけど、「オシツケ」って呼ぶのは小田原あたりだけだそうで、本当の名前は「アブラボウズ」って言うらしい。

あぶらがノリ過ぎていて、食べ過ぎると下痢をする、と言われているんだとか。


その名に恥じることないほどプルップルで、まあ美味しいこと美味しいこと!


DSC_6847.jpg

うーん。旨い。

ここの煮つけの味付けは少し甘めのようだが、全然しつこくない。気に入った。


DSC_6845.jpg

久しぶりにいい店に当たったかも。また来たい。

今度は平日に。



帰りは平塚の花菜ガーデンによってマイハニー推奨のジェラートをいただく。



DSC_6853.jpg

なんと、ふきのとうソフトとかしょうがソフトといった、ちょっと変わりソフトがある。

マイハニーはふきのとうの苦味がお気に入りだそうだ。



DSC_6857.jpg

維水志はいちごとこれまたマイハニーお勧めのショウガ。

ちっとショウガがきつすぎるような気がしたが、もしかしたらいちごとの相性があんまりよくなかったのかもしれない。


そう感想を述べたら「子供の味覚。子供舌」とマイハニーに酷評されたのだった。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「いろんな魚があるんだなあ。煮魚がうまそー」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

スポンサーサイト
2

隊長がチャオっ、とやって来た

20140330x.jpeg

我がガチョウ倶楽部の隊長、kazuさんがお供のチャオさんを連れて維水志んちの近くに現れた。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「『現れた』って、ドラクエのモンスターじゃないんだから・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


去年、北海道へ帰任した隊長だが、実際のところは帰任後も東京出張ばかりで毎週ホテルを転々としなければならない生活が続いている。


で、昨日は都内のホテルがどこも予約がいっぱいらしく、どーせ都内に泊まれないなら、と丹沢温泉を宿泊地に選んだのだった。しかもお供を連れて。


大胆だなあ。


その宿は蕎麦がおいしいと評判らしい、ということで、丹沢にかなり近い位置に住んでいる維水志も本日の昼にご招待いただいたのだが、いかんせん予報で今日はひどい雨。バイクで行くのは無理なので辞退を考えていた。

が、バイクがダメなら車でもいーか、と「行かないフリ」をしつつ、単身さんみたいにいきなり現れてやろうかと密かに襲撃を企んでいた。

車で行けば、交通の便の悪い丹沢エリアから快適に我が隊長を最寄り駅へお送りすることもできるだろうし。

(後で隊長が暴露したのだが、維水志を誘ったのは実はそれが狙いだったらしい)


まあそれはともかく、7時半ぐらいに「撤収」を知らせる隊長からのメールに気づかなかったため、彼らが小田原あたりに戻ってくるのはいずれにせよ昼前ぐらいだろうとのんびりしていたら、朝の10時ごろに隊長から次のメールが来た。

「秦野あたりで食事をしたいから、おいしい蕎麦屋を紹介してほしい」とおっしゃるのだった。

しかももう小田急線に乗っているという。


マジか?そりゃまた随分と急な話しでんなあ。


そーゆーことならすぐにお迎えに参ります、と返信し、目ぼしい蕎麦屋の営業時間を検索するのだが、オープンが11時半なのだった。

まだ10時前なんですけど・・・・。


が、追ってメールが来て、それによると秦野12時40分発のロマンスカーに乗れれば言いというので、11時半オープンの維水志一押しの店にお連れすることにした。


最寄り駅まで隊長を迎えに行くと、彼のブログ内によく登場するチャオさんと初顔合わせとなった。

「なるほど・・・。この人がいつも隊長のブログネタを提供してくださる・・・・」

ブログと同じで、いじくられまくっていた。



その時点で店オープンまでまだ40分以上あったのだが、いつもの隊長の独壇場で時間を持て余すということはなかった。


で、維水志、カメラを持って出るのを忘れてしまった。

なぜなんでしょう?前も築地の隊長宅を訪れたときも忘れちゃったんだよなあ。


というわけで写真は隊長からお借りした冒頭の一枚しかないのである。

蕎麦屋の写真をご覧になりたい方はこちらkazu隊長のブログ↓  ↓  ↓
http://ameblo.jp/sa101hiko/entry-11808714586.html


小田急線渋沢駅から車で10分ぐらい走った山間にある十割手打ち蕎麦で有名な「栗原」というのが今回の店である。


隊長と維水志はかも南蛮蕎麦を注文。1500円。


美味しかった。

特に蕎麦湯が。

皆さんもお気に召したらしくてよかった。


食後、秦野駅までお二人を送ってお開きとなった。


いやー。

短い時間だったけど、相変わらず人を飽きさせない隊長の語りは一級品だ。


4月には、横浜でバイクなしの倶楽部ミーティングが予定されているが、こいつもまた楽しみでならない。






で、実は今日の夕飯もまた蕎麦なんだわ。昨日すでに決まってたんだわ。

タウンニュースに本日オープンの蕎麦屋のお知らせが載っていて、マイハニーからのリクエストがあったからなんだけどね。


そっちはしっかり写真を撮ってきた。



DSC_6898.jpg

その名も「丹沢そば総本山本店」という、総本山って・・・。


さすが今日オープンということもあって店内はお客さんがいっぱい・・・・

どころか予想を反して我々しかいなかった。

代わりに新しい建物の匂いがした。


二階席は予約席だそうだ。



DSC_6900.jpg

うん。メニューは洗練されていない。

維水志にとって本日二軒目の蕎麦屋なわけだが、雰囲気は最初の店に軍配が上がる。


DSC_6904.jpg

野菜天ぷら盛り合わせ。

カラッと揚がっていて美味しかった。



DSC_6906.jpg

つけとろろそば千円。

器がおしゃれ。


DSC_6910.jpg

うーむ。もりそば600円に対して1000円は値段設定がちょっと・・・・。

ただし、とろろは抜群にうまい。



DSC_6907.jpg

もりそば大盛り800円。

並盛りとの差がわかる。

これはリーズナブルだと思う。



DSC_6909.jpg

ものすごくコシがあり、つゆも辛すぎずおいしくいただけた。



うーん。蕎麦湯は栗原のほうがうまかったなあ。まあ鴨南蛮同士で比べてないからなんとも言えないが。


でもまた行こうではないか。


蕎麦、蕎麦の一日だった。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっとひとつお願いしますね =*^-^*=

6

熟成肉

20140418y.jpg
※写真はAll Aboutから拝借

う、うまそ~。

これぞ「肉」って感じだわ~。

じゅるる・・。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「ありゃ、なんでまた唐突に肉の話し・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


写真は最近メジャーになりつつある、温度・湿度を管理しながら乾燥熟成させるドライエージング製法を用いたステーキ。


「日本のステーキは美味くない」

が、維水志の持論。


いや、美味いんだけど、法外な値段を払わないと食べられないから嫌い。

そして法外な値段をふんだくられる割に提供される量は「えっ?こ、これだけ?」と思わず口走ってしまうぐらい少ない。

そして薄い。厚みがない。


日本を訪れた外国人が、注文して出てきたステーキを見たとたん、

「おい、エアコンを止めろ。俺のステーキが風ですっ飛んじまうじゃないか」

というアメリカンジョークを頻発するのは有名な話しである。

(ホントか?)


それをごまかすためか、少量の肉をこれでもかと、さらに小さくサイコロ状に切り分けて提供したりするわけだ。


そんなんだから、「はたして自分は今、肉を食ったのだろうか?」と錯覚を起こしてしまうぐらいお粗末な気分になり、満足のいく食事だったと思えることは皆無に等しい。



「いやいや・・・少しの量を味わっていただくのが和牛なのだ」

というのは単なる貧乏人の言い訳に過ぎない。

きっと金があれば心ゆくまで食べるはずである。


「口の中に入ったら溶けた」

そりゃ肉じゃなくて脂を食ってんじゃないのか?

肉汁溢れる肉を口いっぱい豪快に頬張る。

そんな感覚にはほど遠い。



とにかくそんな調子で、一般人にとって高級肉は縁がないものなのだ。

だから嫌い。

ひがみだけど。



で、安めの分厚いステーキを提供する店では肉自体に味がなく、醤油とかニンニクを効かせたソースに頼らないと食えたもんじゃなかったりする。

安い、と言ってもステーキだからそれなりの値段はするのだが、硬い。



・・・・・違うんだ。


本当のステーキは・・・・。


そんなんじゃない。



維水志がまだサラリーマンでリッチだったころ、アメリカで一流のステーキハウスに行ったことが2回ある。



1回はフロリダのディズニーワールド内にあるホテルで。

もう1回はオレゴン州のポートランドで。



偶然か、どちらもアメリカでトップ10に入ったことがあるという優良店だった。



そこで食べたのはニューヨークステーキだったか。


まず、出てくる肉は薄くない。

だいたいのメニューが10~20oz.ぐらいだったと思う。グラムでいうと300~600ぐらい。

もっとも、600のはTボーンステーキだったかもしれないが。


それでいて法外な値段が取られるなんてことはない。

100ドルもしないさ。50ドルもあれば十分な量がいただけるんじゃないか?

(チップ払うけど)


そしてもちろんソースなんかついてこない。

客が日本人だからって醤油ソースを持ってきたらそこはダメな店だろう。


肉だ。


肉自体に味がある。


なんて旨い肉なんだ。

そしてなぜ肉自体が塩コショウだけでこんなに旨いのか?

こんな旨いもんはアメリカに来ないと食えないのだろうか?



当時はそう思った。



だがやっとわかったよ。その正体が。


熟成肉だったんだね。

ドライエイジング製法だったんだ。

当時、日本でそれを提供する店はなかったんだろうね。


あっても巡り合うことはなかった。



それが最近、巷で増えつつあるのだ。

あのアメリカで味わった、極上の肉の旨さを日本でも体験できるようになったのだ。



きっとまだ増え始めたばかりだから本場と比べて値段は高いんだろうが、いつかリーズナブルな値段で本当の肉の美味しさを普通に味わえる日が来るだろう。

がんばれ~。くっそ高いAランク肉とかに負けんなあ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「消費者としてそれは嬉しいぞ」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

群馬 シャンゴ

DSC_7382.jpg

秘密のケンミンShowの群馬特集?でやってた、群馬では有名なお店、シャンゴへ行ってきました。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「お、珍しく普通のブログっぽいぞ」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


ちなみに、そのためだけに群馬まで行ったのではないのであしからず・・・。

車で伊香保温泉に行った帰りに寄ったのだが、その記事はまた明日以降。


前にテレビでやっていたのを見て、そのボリュームとリーズナブルな値段に惹かれ、是非とも一度は行ってみたいと思っていたのが実現した。

こっちじゃこれと同じようなカテゴリーのお店は存在しないのである。



DSC_7406.jpg

で、ガーミンナビで検索すると、前橋、高崎両市内にかなりたくさんの店舗があるのだった。

どれにしてよいかまったくわからず、しょーがないから「じゃあ本店で」ということに。本店と言えばその店の基盤、城と言ってもよい。間違いはなかろう。


都合のよいことに、本店は伊香保温泉から30キロ程度しか離れておらず、しかも神奈川へ帰るのに遠回りをせずに寄れるようだ。

その時点でまだ6時前だったが混む前に入れるのも良い。ちょうど腹も減ってきていたし。


で、ナビの示す地点に着いたのだが気づかずに通り過ぎてしまった。

メイン道路沿いにあるものの、駐車場も裏側にあるため、ちょっと気づきにくいのだった。



DSC_7405.jpg

ここが入口だもん。

車を停めながら「あれ?入口あった?本店じゃなくて本部って書いてあるんですけど・・・」と一瞬、不安になったが間違いなく本店であった。


で、店内は以外と小さいのだった。


DSC_7403.jpg

メニューが豊富。これは主にパスタ。

麺の量がSで150gって・・・。某倶楽部の隊長には向いてない店だ。

ちなみにMが200g。


DSC_7383.jpg

この前に見開きのページがもう一枚ある。

千円以上のメニューがないのが素晴らしい。

それでいてサイゼリアのようなチープ感がない。

調べたらサイゼリアは前橋・高崎にゃそれぞれ2店舗ずつしかなかった。

そうだろうよ。


サイゼリア・・・。

そーいや近所にある246号沿いの店舗が潰れていたような・・・。改装かな。


最近は無理に全国展開なんかせず、地元に根差した愛のある経営をしている企業があるけど、そういうの、いいよなあ。


で、オーダーしたものが次々と運ばれてきた(*´▽`*)。



DSC_7382.jpg

で、ミートソースにはうるさい維水志は、ミートソースとカツが同時に味わえるシャンゴ風を迷わず選択。

シスポーザ、というのが気になったので「普通のミートソースとどう違うのか?」と聞いてみると、シャンゴ風で使われているミートソースを辛くしたものだというからノーマルのにしておいた。



DSC_7384.jpg

サラダ。いや、魚介のマリネ。

ドレッシングがサッパリしていてうまい。

何より、野菜が新鮮だ。五右衛門についてくるような、いつ仕込んだかわからんくたびれたサラダとは格が違う。



DSC_7388.jpg

ピザ。サイズはM。

これはかわいいサイズだがチーズがたっぷりと乗っている。

ジョナサン等、ファミレスで申し訳程度にしか乗ってないチーズとは違う。

サラミが焦げてるけどな。



DSC_7391.jpg

で、維水志注文のシャンゴ風Sサイズ。


DSC_7397.jpg

マイハニー注文の魚介のトマトソースパスタ。難しい名前の。



DSC_7401.jpg

アサリのニンニク風味スープ。320円。

これも、たっくさんアサリが入っててこの値段。美味しい!



さて、肝心の味は、というと・・・。


DSC_7392.jpg

第一印象は「あ、甘い」だ。


一口食べると、他のミートソースでは味わったことのないスパイス感?がある。

そして、甘い。なるほど、だからこそ、あの辛いバージョンの存在があるわけか。


維水志的には残念な部類に入ってしまうが、好きな人は病みつきになる味かも。


そしてパスタとカツを食べる意味を見いだせなかった。

やはりカツはご飯と一緒なのがいいだろう。

うん。このミートソースをかけ、パスタじゃなくてご飯。


一方、マイハニーの魚介のパスタもいただいたがこちらはニンニクがほどよく効いていてとっても美味しかった。


だが、量が多いからか、器がいつまでも熱いからか、後半、麺がしょぼくれてしまう。

マイハニー曰く「麺がポクポクしちゃってる」。


そう。ポクポク・・・・。この表現が妙にぴったし。

ここは五右衛門の高級パスタには歯が立たないのはやむを得まい。値段が違うから目をつぶろう。


でも群馬に寄る機会があればまた来たいと思わせる何かがあった、と思う。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「確かにこーゆーお店にはがんばってもらいたい」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

埼玉川越 小江戸

DSC_7213.jpg

GWの二日目、とっても天気がいいので埼玉の小江戸へ観光へ行ってきました(^_^)/

大正浪漫夢通り、という素敵な名前のコインパーキングに車を停めていざ出発です。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「な、なんか無理してる?もしかして・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


メインとなる通りの近くの駐車場は皆満杯だろうと思って朝7時過ぎに家を出て9時半ぐらいに着きましたが、意外と空きが多い駐車場ばかりで拍子抜けしちゃいました。

後でわかりましたが、川越市役所の駐車場が土日は観光用に使えます。ここが1時間200円(以降30分ごとに100円)で一番安いと思われます。しかもメイン道路に近い!

だからコインパーキングが空いてたんですね(笑)。


大正浪漫夢通りを突き抜けたところにちょうど観光案内所がありました。ラッキーです。


DSC_7216.jpg

お芋のキャラのようです。川越はお芋で有名な街なんですね。



DSC_7218.jpg

まだほとんどのお店がオープン前で人通りもまばらです。



が、



DSC_7297.jpg

11時を回るとあっという間に人が増えました。


なかなか他では見られない街並みです。

来てよかったあ(*´▽`*)



DSC_7225.jpg

舗装された道路や歩いている人を見なければタイムスリップしたような気分になれます。



DSC_7222.jpg

物珍しくてきょろきょろしながら歩いてしまいます。

ですが、歩道と車道の段差もなく、普通にバスも通行しているので注意しないと危ないです。




DSC_7229_20140428232827609.jpg

ヤマ、サ・・・?



DSC_7232.jpg

き、気合いを感じます。

そう言えば、この辺りは鰻が有名らしく、お昼時には行列ができているお店も多々ありました。


DSC_7311.jpg

瓦の写真を上から撮ってみたい衝動に駆られます。



DSC_7310.jpg

ヒイラギイワシ?魔除け、のようです。

昔はどこの家にもこういうのがあったんでしょうか。



DSC_7279.jpg

こんなレトロ調のバスも運行しています。




DSC_7238.jpg

時の鐘。

なんでも由緒ある建築物らしいです。

12時に鳴らされます。ちょうどお昼を食べ終わった店から出た時に、2回ぐらい聞くことができました。



メイン通りをちょっと脇に入ったところにあります。


このまま裏通りを歩いてみます。






DSC_7236.jpg

こんな感じで、裏は普通?の民家が立ち並んでいるんですね。




DSC_7235.jpg

昔ながらの映画館がありました。

未だにこーいった劇場があるとは・・・。懐かしいです。



さて、次はマイハニーが楽しみにしていた菓子屋横丁に行ってみましょう。







DSC_7226.jpg

じゃ、邪魔過ぎる・・・!

人力車じゃないよ。クソバイクのほう。


だ、ダメだ。


元に戻ってしまった。


あのなあ・・・・。

ただでさえ人がいっぱいで車道にはみ出さないように注意しながら歩かなきゃいかんのに、よくこーゆー停め方ができるようなあ・・・。

つくづくこーゆー神経で生きてみたい、と思うのだ。

おそらく他人に気を遣う、ということなど皆無に等しい・・、いや、そういう概念が自体が頭の中に構築される隙間がないぐらい自分中心で生きているのだ。

なんと羨ましいことか。


あ、ここの人力車は浅草のようにしつこくないのでいいと思う。


だけど、なんでまたここ、歩行者天国じゃないんだべ?

よく事故が起きないものだ。


うーむ。

元に戻ってしまったので続きは明日にしよう。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「明日に続く理由がよくわかんなんですけど」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。