Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
12

横綱日馬富士がやってきた

DSC_8951.jpg

横綱が「福はうち!」って豆をまいてくれたよ。

DSC_8983.jpg

こいつぁ春から縁起がいーぞい!

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「すげー」と思いました?でしたら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


県西部の出雲大社相模分祠ってとこで今日「横綱の日馬富士が豆まきをやる」ってタウンニュースに載っていたのを何日か前にマイハニーが目ざとく見つけた。

まさか「行く」とは言わないだろうと思っていたがそのまさかだった。

「なんで相撲レスラーを見に・・・?」

と思ったが、マイハニーはおじいちゃん子である、わからなくもない。

きっと「横綱をじかに見た」ということを入院中の祖父に自慢したかったか、はたまた本人が相撲ファンであるとか・・・・なのだろう。

特に予定もないし、その大社が意外と近くなんで行ってみることにした。


例年2~3千人が集うらしいから、きっとごった返して大変なことになることが予想されたが案の定、すごい人だった。

最初、遠巻きに写真だけ撮れりゃいーかと思ったが、最後の最後、おこぼれにあずかれそうだったので列に並んだ。

「余りものには福がある」の格言通り、余らせてもしょーがないからだろうか、たっぷりと豆をまいてもらえた。


DSC_8984.jpg

いーねー。迫力あんねー。力強いねー。さすが横綱!


こんなの東京の有名な神社でしか参加できないもんだと思ってたから楽しかったし嬉しかった。

今年はなんかとってもいいことがありそうな気がする。


で、マイハニーより背が高い維水志は、最初に神社から出てくる関取たちを写真に撮るように任されたのだが、誰が誰だか知らないという・・・。

だって相撲に興味がないんだもん。


横綱のほかにも伊勢ヶ浜親方や安美錦の姿もあった(マイハニーが教えてくれた。逆によく知ってんなあ・・・)。

DSC_9025.jpg

手を振るマイハニーに応えてくれる安美錦。


DSC_8988.jpg

あと衆議院議員の牧島かれんとかもいたな。



まあでも最も印象に残ったのは彼だね↓

DSC_8965.jpg

神主さん。


マイクで聴衆たちをしきってたんだけど、うるせーうるせー。そしておもしろい。

「はいっ、終わった方は速やかに、そしてゆっくりと左へ流れてください!」

「左へ流れてください、左へ流れてください、左へ流れてください・・・・・」

まあ恐らく300回ぐらいは連呼してたろうね。

そしてマイクを切らないもんだから小声でしゃべる内容が全部聞こえちゃうんだわ。

「こりゃ去年の3倍だわ・・」とか「こりゃ横綱が下に降りてったら大変だわ・・・」とか、思わず笑っちゃったよ。

そうかと思うとなかなか俊敏に動けない人たちには

「ほら!そんなことやっていないで先へ進む!」と促し、

DSC_8962.jpg

豆まきやめー、の号令に従わないスタッフには

「ほらそこっー!」

と、喝を入れたりするのだった。


まかれた豆は小さな袋に入っていて、中には引換券が同封されている。

最後にそれを商品交換所へ持っていくと景品がもらえる。

中には当たりくじもあって豪華商品ゲットのチャンスもあるようだった。

残念ながらスカだったけど、なかなか楽しいイベントだった。


あ~、おもしろかった。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
↑「国技なんだからもうちっと知っとけ」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

スポンサーサイト
8

新江ノ島水族館へ行ってきた

DSC_9172.jpg

日曜だというのに珍しくメジャーな場所へ出かけてみた。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「混んじゃってしょーがないんじゃ・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


混んでるところへ行くのが苦手だ。

特に、混むとわかっている地域に車で行くのはご法度である。

維水志にしてみれば「何が悲しくてせっかくの休日に車の中で無駄な時間を過ごさねばならぬのか」というのである。


だが、最近、固定観念が我が人生をいかに狭めてしまっているかということを痛感するようになってきた。

どーゆー心境の変化かは自分でもわからないが、とにかくできるだけ今までの殻はぶち破っていかねばなるまい、と慎ましく考えている。


で、その固定観念の一つに「湘南エリアは鬼門」というのがある。

「海岸線の道はシーズンに関係なく激混みで、休日に鎌倉・江ノ島・茅ヶ崎方面に車で出かけようものなら、そのほとんどの時間を車の中で過ごさなければならなくなる」

「そしてやっとの思いで着いたとしても、エンタメ施設のほとんどがこれまた激混みで、何をするにも何時間と待たされるのがオチである」

と、いった感じ。


だからそのエリアには近づかない。出かけるとしても電車。しかも平日。

というのが維水志の鉄則だった。


じゃあ今日はそのあたりの固定観念から崩していこうじゃないか、

ということで、マイハニーのリクエスト、新江ノ島水族館(以下「江の水」)へ車で行くことにした。


渋滞は十分に予想される。

ならばその対策をして出かけようではないか。

地デジでテレビが見られるし、全然動かなけりゃ本を読めばよい。本を持っていこう。

ぷぷぷ・・・。



二宮あたりから西湘バイパスへ乗る。

そこへ至るまでにすでに道は混んでいたが、バイパスからは順調。

だが江ノ島が近づくにつれ・・・・


出た、渋滞だ。


新江ノ島水族館には駐車場がないので近隣にある市営などのを利用しないといけない。

この分だときっと水族館に近づくにつれ駐車場への渋滞が予想できるので、多少歩いても時間的には差がないとみて割りと遠く目の「西部駐車場」というところで手を打つことにした。

1時間400円。マックス金額1600円で一日停められるが、難点が一つある。

閉まるのが5時である。

着いたのが1時。

むーん。ここを利用するなら午前中には来ないともったいない・・・。

ま、今回はそれがわかっただけでもよしとしたい。

それと、多少渋滞はしたものの、ここまで1時間ちょっとで来られたことに気がついた。

固定観念が少し崩れた気がした。


一方、バイクも停められる駐輪場と思しき場所は無料である。やはりバイクならもっと気軽に来られそうだ。


江の水までは歩いて10分はかからなかったか。


予想通り、江の水に近づくほど駐車場へ入る車が長蛇の列を作っていた。

ふっ。いつまでも並んでいたまえ。ちなみに水族館は5時まででっせ。


入場料は大人二千円と水族館としては高いのか安いのかわからんが、いろいろな割引がある。

今回はエポ○カードを提示すると一人400円引きになるサービスを利用した。二人で3200円(ちなみに前もってHPでクーポンをゲットする必要あり。またいつもやっているわけではないようだ)。

2割引は結構でかいね。ちなみに隣の窓口の人は二人で3600円払ってたからまた違うサービスなのだろう。


さて、じゃあゆっくりと(と、言っても3時間ちょいしかないが)お魚くんやイルカくんたちとご対面しようじゃないか。

そーいや、かなり昔に「(旧)江ノ島水族館」を訪れた記憶があるが、なんかすげー暗いという印象しか残っていないのだ。

いや、「気持ち悪い」という印象だ。水族館だから暗いのは基本。

ながーい深海魚のアルコール漬けや異様に足の長いカニの標本とかがあったんじゃなかったっけ・・・。


ありゃ大人でも気持ち悪いんだから子供は泣き出すんじゃないのか?

でも今回は・・・


DSC_9051.jpg

キッズがいっぱい・・・。


きっとだいじょぶだろう。

つづく

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
↑「でた。お得意の『前置き長し』だ」と、思いました?
続きは明日書きますんでとりあえずポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

江の水 パート2

DSC_9082.jpg

こんなでかい水槽ができるのもアクリル板のおかげなのか。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「確かに昔じゃ考えらんないなあ」と同感してくださったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


DSC_9057.jpg

と、その前に腹ごしらえ。

「深海やきそば」と言うのだそうだ。イカ墨ソースである。なかなかおいしかったが、維水志オーダーのしらすコロッケカレーは・・・。

まあこーゆーとこだからしょーがない、とだけ言っておこう。


気を取り直していよいよ見学開始。



DSC_9064.jpg

おお!メバルじゃないか!「不気味星人メバルンダー」じゃないか!

中学のとき、メバルっていうあだなのやつがいて、ただのメバルじゃつまらんのでたまに不気味星人メバルンダーって呼んでたんだ。きっと今の時代じゃ許されないことだろうね。


他にもきれいなお魚がたくさんいたけど割愛。


DSC_9114.jpg

カミナリイカだそうだ。うまいんだそうだ。隣の子供連れおやじが「これ、さっき食べたやつだ!」とか自慢げにしゃべっていた。うるさいから静かにしてください。


DSC_9140.jpg

きた、カニー!「うまそう」としか思えないのが悲しい。


DSC_9151.jpg

くらげの・・・・。一応グラスにはクラゲが一つずつ入っている。きれいだね。


DSC_9111.jpg

で、再び大水槽の前へ。いや、裏側だな。

この水槽、色々な角度から見られるようになっている。奥にイワシの大群が見える。


DSC_9104.jpg

ほら、真下からエイが見られるよ。


DSC_9136.jpg

マイハニーはウミガメを楽しみにしていたが常に上のほうにいてよく見れなかった。


DSC_9198.jpg

帰り際には?こうやってメッセージを映し出すことができる。他人のメッセージを見ても何の感動もないのは私だけだろうか?


で、本日最後のイルカショーが4時から始まるというので行こうとしたがたぶん満員でムリだと思って諦めていた。

実際、席は満席で会場の回りも人だかりで背伸びをしても水面さえ見れなかった。

だが、その先にある階段を降りていくと・・・。


DSC_9153.jpg

なんと、横からだけど、かなり近くから見れるではないか!

ラッキー。

おまけに横にはショーに出ていないイルカの水槽があって間近で見られるのだった。


遠巻きからジャンプを撮影。

DSC_9170.jpg

とぉおりゃぁぁあああ!


DSC_9174.jpg

気合いの・・・


DSC_9168.jpg

ひねりだあああああーーーーっ!


あー、おもしろかったあ。迫力あんなー。


ふと下を覗くと・・・。

DSC_9187.jpg

え、なになにー。ショーのご褒美?

餌付けの場面もこんな近くで見れんじゃーん。

ラッキー。


ん?

DSC_9182.jpg

あれ?ショーが始まる前は「完売」だったはず・・。

またまたラッキー。


DSC_9185.jpg

かわいー。


DSC_9201.jpg

で、なかなか本格的でおいしかった。


久しぶりの水族館でとても楽しかった。

帰りは1時間ちょっとで帰宅。

固定観念の一つが崩れた日であった。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
↑「全然明るい水族館じゃん」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

4

ゆめぴりかに梅干はどーよ?

130312y.jpg

す、すっぱーーーーーっ!

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「条件反射でよだれが・・・」出てきたら・・・
「じゅるっ」とする前にポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


キャンツーめし、お昼の予告の次は朝食、である。

最近話題となっている北海道産のお米「ゆめぴりか」を隊長が食したところ、「どえりゃぁうめーでよ」と感動したらしい。


それでキャンプにわざわざ持参してくれて、維水志にも食べさせてくれると言う。


なんでも北海道では定番だという「バターごはん?」というのを作ってくれると言うから楽しみだよなあ。


お返し、と言っては何だが、維水志からも何か差し入れをしたい。


先日、隊長がブログで「ご飯のお供ベストテン」サブタイトル「異論反論は許さない」というのをやっていた。
 ↓  ↓  ↓
http://ameblo.jp/sa101hiko/entry-11479522872.html

その中に梅干のことが書いてあった。

「いまどきの減塩のじゃだめだ、しょっぺーやつがいい」と。

それを読んで「そーいや小田原産の梅干ってしょっぱかったよなー」と思い出した。

「じゃあリクエストにお応えして(順位的には9位だったが)隊長ご所望のしょっぺー梅干でも持っていこうではないか」ということで仕事に行く前に小田原の商店街を訪れてみた。


すると、梅干専門店が駅のすぐ近くにあった。

実はその店の名前は以前から知っていた。

というのも今はもうないが、小田急線で小田原駅に着く2,3分手前ぐらいにでかい看板が目に入って来るのだが、その一つの文字が崩し字?か何かで、読めないのだった。

「ちん○う・・・?」

その、○、の部分が一体何と読むのか不明で気になってしょーがなかった。

「まさかの『こ』は当てはまらないだろー」とか考えると、どーにも気になるのだった。

そこで、地元の人間ならわかるだろう、と生徒に聞いてみると、

「それは『ちんりゅう』です。『ちん里う』って書くんです」

「そ、そか(やっぱ『こ』じゃなくてよかった)。で、何、それ?」

「梅干の老舗専門店です」↓ ↓ ↓
http://www.chinriu.co.jp/index.html


ということで、読めない部分は『里』だったということで全てが解決したのだった。


その由緒ある店にこんな機会にお邪魔することになろうとは思いもよらなかった。


で、維水志が入ったときには客が他に誰もいなかったが、勇気を出して

「昔ながらのしょっぱいのあります?」と聞くと気持ちよく応対してくれた。

塩分20%の1年もの?と18%の3年熟成のものを試食させてもらった。


しょ、しょっぺーーーーっ!

そして、す、すっぺーーーーーっ!


うん。だが旨みがあるぞ。

隊長がご所望は「しょっぱい」だから塩分が少しでも高いほうにしようかと思ったが、3年熟成のほうが何となく味に深みがある感じがしたのでそっちに決めた。

まあ余りは隊長に持って帰ってもらうことにしよう。維水志はしょっぱいのは苦手なんで。


ということで始動キャンプの朝食はバターご飯に梅干ライス。

朝、目覚めるのが楽しみだね。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
↑「『こ』のわけがないだろーが・・・」と、引かれても・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

2

鶴巻温泉駅近くのラーメン屋

DSC_9864.jpg

久々のラーメンネタをひとつ。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村←「これは何系だ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくどーぞ。


「~系」とかでひとくくりにしてしまうのもどーかと思うが、何系だろう?


DSC_9873.jpg

「だしで勝負」って書いてあるから「だし系」?


以前、隊長が弘法山を訪れた帰りに寄ったラーメン屋に地元の維水志が遅ればせながらようやく行くことができた。

写真は維水志注文のチャーシュー麺850円。


特徴としては炒めた玉ねぎがのっている。メンマが薄く切ってあり、柔らかくて食べやすい。

「だしで勝負」の「だし」は鶏のだしかな?


それなりにおいしいが、ちょっとスープがぬるいのと、麺が結構多いわりにどんぶりが小さいのでスープが少ないのが難点かな。

あとラーメンであることを差し引いてもちょっとしょっぱいかも。


DSC_9871.jpg

学生が多い町だけにランチタイムはライスが無料でついてくるようだ。


DSC_9866.jpg

マイハニー注文の弘法ラーメン650円。

他に比内地鶏のスープベースのもあったので彼女的にはそっちも味わってみたかったようだ。

つまり俺にはそっちを注文して欲しかった、と。


だが比内地鶏ベースのラーメンを食べるなら、湯河原の飯田商店にするべきだし、とりあえず初回はその店のメイン商品を・・・、と今回はスルーさせてもらった。

ここのも絶品かもしれないが、それはまたの機会にチャレンジするとしよう。

次回は是非ともそちらを試そうぞ。


国道246号からちょっと入ったところにあり、近くに提携のダート駐車場があるので車で簡単に行ける。

また小田急線の鶴巻温泉駅から徒歩すぐだ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑「炒めた玉ねぎのトッピングは珍しいかも・・・」
ですね。でわ、ポチっとやっちゃってください =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。