Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

軽①

2年前、それまで14年間乗っていた普通自動車がもうすぐ7回目の車検を迎えることになった。

6回目の車検の時には走行距離はすでに10万キロを超え、オイル漏れの危険性もあるので次回車検時には現状維持に随分と費用がかかるだろう、と予告された。

さすがにそろそろ潮時かと思ったが買い替えるにも乗りたい車が見つからなかった。

この際だから維持費のかからない軽自動車にしてみようかと思い立って検討を始めた。

何しろ生まれてこのかた軽自動車なんて考えたこともなかったからまるで情報がない。

で、いろいろ探しまわって決めたのがスズキのワゴンRだった。
残価設定ローンが使えたのでせっかくならと新車で購入した。

IMG_5152.jpg

驚いたのはその税金。たしか7200円だかで普通自動車の5分の1だ。
それにこのご時世で車庫証明もいらない。
燃費もよく高速代も割安だ。

なんで軽自動車はこんなに優遇されてんだ?こんなに差があっていーの?とも思った。

昔の軽とは違い、その室内の広さにも驚かされた。

さすがに助手席との距離は近すぎるのは否めないものの天井高や後部座席の足元の空間などもしかして普通車より広いんじゃないか、という印象だった。

さらに13年前にはなかった機能も満載だった。なにしろキーをささなくてもドアの開閉が可能なのだ。エンジンもかけられる。いまとなっちゃ当たり前だけど、ちょっとリッチになった気分で嬉しかった。

こんだけいいことずくめなのでもっと早く軽に切り替えれば良かったと後悔するほどだった。


毎週の買い物をするときも大活躍だ。

混み合う駐車場でも軽専用のスペースに駐車できちゃったりするから得した気分になる。

荷物の搭載力も申し分ない。

買い物時の積載はもちろんのこと、後ろのシートを前に倒せちょっとした家具なんかだって積める。

なんたって「花嫁さん」を乗っけた経歴もあるのだ。

(実はマイハニーと結婚したのも2年前で、その時、教会での結婚式を終え、披露宴をしにホテルへ移動するとき、新郎自らウェディングドレスを着たままの新婦を後部をフラットにしたワゴンRに乗っけて輸送したのである。
 ― ウェディングドレスがかさばるからね ―
ホテルに着いたときのスタッフの微笑ましい?顔が今でも忘れられない。)

そんなんだから軽との新生活も順風満帆のように思えた。

ただ1つのことを除いては・・・。


それを見て見ぬふりをし、見ても事実を否定し、なんとか自分を偽り、だましだまし軽自動車に乗り続けるのだった。

スポンサーサイト

軽②

どうしても目をつぶっておけない点。

それは高速走行である。

まず静粛性がない。80キロでうるさい。会話がまともにできない。

次にパワーがない。ちょっとでも上り坂ならアクセルをべた踏みし、エンジンをぶん回してやっと走る。

中央高速なんか地獄である。へたすると80キロに到達しないときだってある。
だから他のクルマの迷惑にならないように走らねばならず、気を遣う。


当たり前だ。あの車体で660ccしかないんだ。リッターバイクはおろかナナハンよりエンジンが小さいんだ。


軽の利便性は好きだ。

だがこの1点に納得できない自分がいるなら乗るべきでない、と悟った。


「いや、高速道路なんか毎日使うわけじゃないんだから」

と、一度レンタカーを借りて出かけたこともあった。

確かに気分爽快だった。

だがその後、返却時に味わう空しさは何だ?

そんな惨めさを、楽しかった日の最後に毎回味あわなければならないのは酷ではないか。

それに返却時間の制限もあってせっかくのレジャーを余裕を持って楽しむことができない。

このまま乗って自宅まで帰れたらどんなにいいだろう?と幾度となく思う。
なんかキーを返すときに「すみませんでした」って謝りたくなったのは何故だろう?今でもわからない。

やはり所有する喜びには代えられないのだ。
(まあ借りたクルマがいけないよね。フェアレディZのロードスターなんだもんΣ(-∀-;))

IMG_4576.jpg

買うメドもたたないのにいろんなディーラーを訪れ試乗し、見積りまでしてもらう。そしてカタログを端から端まで眺めてバーチャル体験をすることでバーチャル満足をしていたのだった。

そんなんだから経済的に購入可能となれば当然行動に出る。

かくして2年を待たず、軽との決別をすることになったのである。


それが今年の3月末の出来事だ。


ワゴンRよ。ありがとう。

そしてさようなら。



そして今は新車の高速走行性能に十分満足している。力をもてあましてもったいないぐらいだ。
静粛性もバツグンでいつまでもどこまでも乗っていたい、とそう思わせてくれる。

高速性能のみならずあらゆる部分が気に入っていて所有の喜びを満たしてくれている。


それなのに、それなのに・・・。

半年も経たずにバイクに夢中って・・・。

オレってつくづく浮気ものだあ~。

試乗ザ・アーカイブ~ロータリーエンジン編

そーいや最初はRX-8に乗りたいっていうマイハニーのリクエストにとっても賛同できたことから試乗が始まったんだった。

8.jpg

とにかく昔は無類のトヨタ好きだった自分は他社のクルマに魅力を感じなかった。しいて言えばホンダに少し興味をひかれることもあったか。

そのクルマ造りは圧倒的に上等で他社を寄せ付けない品質の良さがあった。それゆえリセールバリューも高く、買うならトヨタ車しかない!といつも思っていた。

ニッサンは何をやってもトヨタの二番煎じ的でオリジナリティが若い自分には感じられなかった。

ましてや三菱、マツダなんかにゃ目もくれずで、いすずとかスバルなんて会社あったのか?って感じだった。

時は流れ数十年経ち、クルマ業界も随分と様相が変わったようだ。

久しぶりにクルマ世界に目を向けると、まずニッサンの気合が違う。ここはゴーンが社長に就任してから別会社になったのだろう。エンジンはスゲーけどそれ以外は雑、みたいなクルマしかなかった昔に比べ、今では洗練さを感じる。トヨタの後を追ってない。オリジナリティもある。

一方、トヨタは別会社のレクサスなんてもんを作っちゃって「下層の人々は相手にしません」的な態度に変わってしまい、自らとっつきにくさを生み出している。

そしてどのクルマを見ても丸ーくまとまっちゃってて中途半端に見えてしまい「絶対にこれに乗りたい!」と思わせるものがほとんどなくなってしまったのが残念でならない。

そんなわけだから今オレの中ではトヨタは、乗用車の販売がなくなってしまった?いすずと同等なのである。

で、個性的な代表選手!みたいなクルマと言えばこれだ!

ロータリーエンジン搭載!マツダRX-8!

スポーツタイプでありながら観音開きの4枚ドアで後部座席の空間も確保している、というのも売りの1つだ。

エイトが出てからは是非一度乗ってみたい!と思ってたが、今さらスポーツカーなんて・・・と自粛気味だったところにまさかのマイハニーからのリクエストがあった。

そんなんでここから試乗荒らしが始まったのである。


インプレ:

なんつってもそのエンジン音がいい!ヒュ~ンというロータリー独特のサウンドはいつまでも聞いていたくなるような気持ちにさせられる。

加速はそれなりにあるがオートマだったからだろうか?レスポンスがいまいちだった。もっと圧倒的な爆発力を期待したがその数ヵ月後に試乗するフェアレディZとの差は明らかだった。
マニュアルなら少しは違うのかな。マイハニーがオートマ限定免許なもんで。

足回りは文句なしと感じた。モデル末期のアテンザにも試乗したがエイトのほうが断然おもしろい。当たり前か。

あと視界が悪いのはスポーツカーなんでしょーがないとしても足元が狭くて閉鎖感が強い。
今は改良されたのかどーかはわからないがシートが薄っぺらくて不安を感じる。

まあ走りを追求するなら多少の内装には目をつぶるべきだからいーんだが。

でも価格は300万超えだから「うーん」と二の足を踏んだ。中古を含めても状態がよけりゃ200万超えだから、そこまで出しても是非乗りたいか?と自問自答を繰り返した。

だが幸か不幸か、当時新車を購入するだけの財力は持ち合わせていず、見送りとなったのである。

水素エンジンが出たらまた見てみたい。

目を離せない車種だと思う。

※あくまでも個人の感想です。

どえりゃあ遠いでよ①

クルマネタを書いていたら急にクルマで遠乗りがしたくなってしまった。

そんで土曜の夜に「明日は名古屋までひつまぶしでも食いにいくかあ?」ってマイハニーに冗談交じりに言ったら本気になってきた。

で、ナビタイムで調べたら片道が300キロ弱だった。時速100キロで3時間だ。
なんだあ。意外と近いじゃんかあ。マジで行くか。

日曜の朝。

例のごとくダラダラしてたら出発が昼近くになってもうた。

とりあえず「ひつまぶしを食う」というのが目標なんで有名どこをネットで2,3件調べただけで出かけることに。

確か「食べログ」のてっぺんに出ていた「うな富士」ってのをナビの目的地に設定していざ出発!


モスバーガーのドライブスルーで買った遅い朝食を食べながら東名大井松田インターから乗る。

IMG_9058.jpg

沼津あたりだったかな。片側だけ雪をかぶった富士山が見える。まずまずの天候だし気持ちがいい。

今までは大して気にならなかったライダーが今ではそばを通るたんびに目で追ってしまう。

IMG_9063.jpg

もしかして撮られるの慣れてる?の単独アメリカンライダー。

後ろから見てたらなんか体を左右に振ってるんでなんでだろー?と思って近づいて見てみたらどーやら前が見にくいらしかった。
そ、その前輪!だいじょぶなのかなあ?
あとそのタンクってガソリンどんだけ入んだあ?次のサービスエリアまでもつのかなあ?
それにしてもいかすぜ!あんちゃん!!

交通量も多くなく順調に飛ばす。

前にディーラーに「外車はメーターが250キロぐらいまで刻んであんのがあるけど日本車は何キロまで出るの?リミッターが利いちゃうんでしょ?」って興味本位に聞いたら首をかしげながらうやむやなことを言っていたので試したくなった。

道路がまっすぐで空いているときにメーター振り切るかどうか試した。

振り切った・・・。しかもまだ余裕があった。


そうして快適にドライブを楽しんでいるうちに距離も半分の150キロ地点まで来たので、最寄の牧之原サービスエリアでトイレ休憩することにした。

IMG_9088.jpg

するとどうよ!見事にバイクが並んでいた!

IMG_9079.jpg

IMG_9081.jpg

IMG_9080.jpg

IMG_9089.jpg

なんつっても大型バイクが多い。ここではアメリカンやスーパースポーツが目立つ。
さすがに高速ツーリングでは中型のバイクはほとんどないんだなあ。

富士宮焼きそばをはじめ、なんかおいしそうなものがいっぱい売っていたが、ひつまぶしのためのスペースを空けておかないといけないので名残惜しいがそそくさと出発する。

つづく・・・。

ひっぱるぞーい。

試乗ザ・アーカイブ~フェアレディZ編

去年の正月あたりだったか。

どうせなら憧れのフェアレディZも試乗しようではないか、と完全ひやかしで日産のディーラーを訪れた。

当時は7代目が出て間もないころで、今はなくなってしまったイエローが試乗車だった。
二人乗りなので助手席にディーラーの人に乗ってもらわねばならず、マイハニーは置いてきぼりに・・・。

z_yellow.jpg

インプレ:

公道に出る。

最初の交差点を曲がると2車線の広い道路に出るからそこで加速やーーーっ!

ん?

おーーーーーーっ!

予測より早くアクセルに反応したためハンドルを戻しそこねて慌ててしまった!

すげーレスポンスやーーーーっ!

これオートマかあ?

・・・・・・。

手に汗をかいてしまった。

はっきり言おう、この加速は・・・

「暴力的」だ。

その言葉がぴったりと来るぐらいの衝撃を受けた。

いやいやRX-8の影が完全に薄くなってしまう。

3.7リッターの336馬力って、あんた・・・。街中でへたにアクセル踏めへん。

とにかくボディの迫力がすごい。横にボンッ!後ろにボンッ!って張り出てる感じ。

しかし驚くことなかれ、運転してるとクソでかい車体に乗っている感じがまるでしない。とにかく出だしが軽い。

確かに視界は悪いがそんなん気にしてたらこんなの乗れん。バックモニターつけりゃ解決すんだろう。

カーブで調子こいて加速して突っ込んでみた。助手席のディーラーさん、恐かったでしょう、ごめんねー。

でも試乗ってのはそーゆーの試すためにあるんだから遠慮して運転してもしょーがないしねー。

!!!

びくともしないわ。このクルマ。化け物か?こんな速度じゃ実力の片鱗も見られないのかも知れない、と思った。

ヤバい。

欲しい。

中は広い。まあ二人乗りだから当然なんだろうけど軽に乗っていたせいか助手席との距離が異様に遠く感じた。

サウンド。

これはちっと寂しい。外でなんか雑な音がしてるって感じだった。マフラーかえないとダメかも。ロータリーエンジンに軍配が上がる。

残価型を含めて見積りを出してもらうものの頭金なしじゃとても買えないしろものだということがわかっただけだった。

ざ、ざんねん・・・!

なんとか手に入らないもんだろーか。

その頃は始終そんなことを考えていたっけ。