Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

カテゴリー復活

かつて、このブログにはあるカテゴリーがあった。

だが、半年ほど経過しても、一向にそこの記事が増えることはなかった。

よって、閉鎖確定。

そのカテゴリーとは・・・・・。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「まーた無駄な努力をすんのかな、もしかして・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そう。

「ダイエット」である。

ここは気分を変えて「俺は痩せるんだ」と改名しておこう。


うーん。そろそろ何とかしないとヤバいんじゃないか、と。


基本的には食事に気をつけるダイエットである。

そういう本を昨日、ビュッフェでたらふく食べた後に購入したのだ。


その内容だが、基本的なコンセプトは食習慣を整えることによるダイエットのようだ。

まだ全部は読んでいないが、「夜8時以降は食事をしない」といった、昔からよく耳にするようなことが書いてあるわけだが、要はダイエットをするにあたり、ちゃんとした医学的な指針が必要なのである。

医者が書いた本だから、どういった栄養素をどんだけ摂取するべきか、など専門的なことが載っている。


で、これにはマイハニーの協力が不可欠だ。

ここは夫婦で一大決心をし、好きなもんを好きなだけ食べるといった享楽的な生活とおさらばすることに決めたのだ。


で、バカ食いは昨日のビュッフェが最後なのだ。

あと、たまにたくさん食べる日があるかもしれないが、それが続くことは決してない。

「最初から例外を書いているようではダメだろう」って?


ガチでやると長続きしないから、今回はゆる~く、時間をかけて慣れていこうとも考えているのだ。


ダイエットには時間がかかる、ということも学んだ。

そういう意味でも、固い信念を持ち、長い期間をかけてダイエットに成功した我がガチョウ倶楽部の隊長の体験は、我々にとってとても勇気を与えられる成功例である。


半年後に、維水志邸と共に雑誌に載らないといかんのだ。

そんときに少しは痩せていないと恰好がつかないからね。


シナリオはこうだ。

新居が完成に近づくにつれて、我々のダイエットも完成に近づく、という筋書きである。

よーし、がんばるぞー。

まずは今の体重を測っておかないとね。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「今度もまた自然消滅するんじゃ・・・・」と、思われたら・・・
ポチっとお願いしますね =*^-^*=

スポンサーサイト

目指すはBMI

「ん?BMI?BMWじゃないの?」

と、思ってしまった方、それはここはバイクブログだから。

ごめんなさい。ここ、実はダイエットブログでもあります。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「おととい加えたばかりのカテゴリーなんじゃ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


まあそうなんだけど、バイクに長く乗るためにも健康状態は維持しないといけない。

太っていると腰への負担も多いし、長距離ライディングする際にも体への影響はかなりある。

だから、維水志がダイエットを始める理由の一つに「歳を取ってもバイクに乗っていたいから」というのがあるのだ。

そう。立派なバイクブログなのだ。


まあ言い訳はそのぐらいにしようか。

で、その健康の大敵が、様々な健康障害を引き起こす可能性のある肥満や喫煙である。

タバコは吸わないから問題ないが、肥満は何とかせにゃなるまい。


自分が肥満かどうかを示す一つの基準になる値がBMIである。

体重÷身長(m)÷身長(m)

ってやつね。


先日購入した本によると目指すBMI値は22でいーんだそうだ。

よく言われる20という値は美的に痩せる目標値で、健康維持なら22で良い、とその本には書いてある。

で、25オーバーだと肥満カテゴリーに分類されてしまう。


維水志の、おとといのダイエット宣言時点でのBMI値、


26.16



・・・・・。

肥満、だね。


そうだ。肥満なのだ。


潔く認めよう。

開き直ってるのではない。


それを22まで下げるとなると、目標体重は、端数を切り捨てると、


64キロ

である。


おととい、76.3キロ。

じゅ、12.3キロの減量・・・・・。


と、遠い・・・・。



もう70キロの大台に乗っかってから四半世紀は経過している、と思う。

その後、何度かダイエットにチャレンジしたが、どーしても70キロを切れなかった、という悲しい現実がある。


だが、これに絶望してはいけない。


今度こそやり遂げるために決意表明までしたのだ。

たとえ時間がかかったとしても、必ずやり遂げる。


新陳代謝を上げるために筋肉を増やす必要等もあるが、今回はカロリー制限に的を絞ろう。

それで1日に取ってよいカロリーは、その本(以降、教科書)によると、


理想体重×年代別基礎代謝基準値×身体活動レベル×0.8

だそう。

年代別基礎代謝基準値が教科書の数値だと21.5、身体活動レベルは普通の勤め人に当てはまる1.75だ。

0.8、というのが腹八分目、ということらしい。


それで計算すると1,930カロリーとなった。

一方、基礎代謝は基準値で計算しているが、現在の維水志の場合、それよりも低いということが十分にあり得る。

だから1割ぐらい間引かないといかんだろう。

なので


約1,750カロリー


と、しておこう。


これを一汁三菜中心の日本食メニューで、昼食のボリュームを一番多くして食べていく、というのが今回の戦略である。


お、なんかダイエット記録っぽくなってきた。

ここに実際の減った体重の記録を載せていけばさらに励みにもなっていくだろう。


やるぞー(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「で、その実際の減った体重の記録がありませんが・・」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

教科書読破

とりあえずダイエット本を1冊読み終えた。

最後の方は、なんか健康サプリの紹介みたいになっていてザンネンだった。

ともあれ、これに書かれていたことに従って暫くダイエットをしていこうと思う。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「とりあえず三日坊主は乗り越えたんだ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そう。

今回は、あんまりガチに気合いを入れないようにしている。

教科書によれば、月に1回はお楽しみポイントととして高カロリーの食事をしてもよい、とある。

今までたくさん食べていた高カロリー食材の量を、時間をかけて徐々に減らす。もちろん全体量も、である。

そうして最終的に食生活を改善し、太らない体を作る、というのがコンセプトだ。


朝昼夕食の食事配分とか、おかずを食べる順番とかに気をつける必要があるのだが、それらはすでに実践しつつある。

そしてゆっくり、よく噛んで食べる、という基本的なことも忘れずに。


そんなんで三日坊主を突破したわけだが、そんなことだけでも1.2キロ減って、現在75.1キロだ。


「すごい!」とも思うが、これで安心してはいけない。

ある一定の体重まではスムーズに減る、というのがいつもの維水志ダイエットである。

具体的に言うと、72、3キロだ。


その辺りから減るペースがピタっと止まってしまい、モチベーションも著しく低下してしまうのが常だった。


今回はそれらの経験を生かしたい。

たとえ減るペースが少なくなったとしても絶対に諦めないのだ。


明日から月も替わり、マイハニーの買う食材も教科書に合わせてだいぶ違ったものになる。献立にもかなりの改善が行われる予定である。

うむ。

ダイエット記録をブログに記していくのはやはり良い。

ネタ作り+モチベーション維持に一役かってくれそうだ。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「読む方は退屈だけどね~」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

実は本気

DSC_1840.jpg

本日の夕食。

和食中心のメニューである。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「もはや焼け石に水・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


いやいや・・・。

実はちゃんとやる気でいるのだ。


今日からはこうして魚や野菜が中心の献立となる。

バカ食いをする時代とはおさらばするのだ。


ダイエット教科書によると、バカ食いした分、体が老化するというじゃないか。

最近の自分の写真を見ると、ここ数年で随分と衰えた感じがするが、まだまだ老け込むわけにはいかん。


ただし、量を極端に減らすと長続きしないので、量はそんなに減らさずにカロリーを減らす作戦だ。

そのためには油は極力抑え、野菜中心の和の食へと移行する必要がある。


ご飯は白米から玄米へ。

よく噛んで満腹感を得るためだ。

水に浸けておいてから炊く方法で随分と柔らかくなるし、以前も食べていたことがあるから何の抵抗もない。


とにかく白米や食パンといった白い食べ物は糖質が高いのでダイエットには向いていないのだそうだ。


ちなみに昼はお粥だったが、お粥だと少量のご飯でも膨らんだ分、量が多くなりたくさん食べずとも満足感が得られる。




DSC_1841_201503030840077cd.jpg

時しらずの西京焼きが抜群だ。

時しらずと納豆以外は、マイハニーがいろいろと熟考して手間をかけて作ってくれたおかずである。


維水志自身も自炊していた経験があるからわかるが、こうしておかずを少しずつ作るのは大変だ。

なんたって油を使って全部合わせて炒めてしまうのが一番簡単だからね。


もちろんこんなに毎回たくさん揃えていたら、献立を考えるだけで胃が痛くなりそうなので、それは適度にお願いできればいいのだが、そのおかげで精神面にも素晴らしい効果が与えられるのは間違いない。

「この労力を決して無駄にせぬ」という強い意志が自分の中に芽生えてくるのを感じるのだ。



76.3キロから始まり、3日続いたダイエット効果で74.9キロまで減った体重が、昨夜のバカ食いで今朝測ったら76.2キロまで逆戻りしていた。

「スタートに戻る」を経験した。現実を実感できるいい薬であった。


今日の食事によって明日の朝、どういう体重になっているかわからぬが、ダイエットを続ける決意は揺るぎない。


そう。

実は相当本気なのだ。


あ、でもキャンプの時とかはたくさん食べるよ。

月に一度はお楽しみポイントを作る、という考えも変わらないからね。


・・・・。

でもこのまま続いたら、もしかして、

「仏飯の維水志」

になってしまうのかもしれない。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
にほんブログ村
↑「まずそうはならないから安心しろ」と、思われたら・・・
ポチっとやっちゃってくださいね =*^-^*=

これまでのところは順調だ

ダイエットの話である。

ちゃんと続けているのだ。

始めたのが2月の25日。後10日ほどで2ヵ月になる。


ここんとこ膠着状態が続いていたが、今朝体重を測ったら1つの壁を乗り越えていた。

開始時、76.3㎏だった体重は、現在71.9㎏である。

マイナス4.4㎏。


なんともキリの悪い数値の途中経過になってしまったが、確実に減っているのはダイエットが効いている証拠。それが嬉しかったのだ。


常に三日坊主が自慢の維水志にしては珍しく続いている。


何がそうさせているのかをここで改めて考えてみると、第一の要因はやはり、

気合いを入れ過ぎない、

だろう。


これまで、焼き鳥屋や焼肉屋やでのドカ食い、さらには家の食事で餃子のバカ食いもしている。

そんな風に「たまには・・・」っていうのがあるからか、普段はあんまり食べなくても満足できちゃうんだ。


普段は、と言うとご飯の量を減らした。

おかわりすることはほとんどない。


きっと食べる順番もいいのだろう。

まずは生野菜をむしゃむしゃとよく噛んで食べる。

野菜を食べている途中に、これまた野菜の具でいっぱいの味噌汁をいただく。

それで山盛り一杯の野菜を食べ終わるとすでに満腹感があるのだ。


あと肉の量も格段に減った。

肉でなくても美味しい食材ってのはいっぱいあるんだ、と随分と認識できるようになった気がする。

肉なしパスタでも、きのこや野菜の美味さがあるから十分満足できる。


肉料理が減った分、油を使った食事も減っているな。


これもひとえにマイハニーのおかげである。

自炊をしていた時期があるからよくわかるけど、油を使って何でも炒めちまうのが実に簡単でよい。

それをいろいろと工夫して美味しい料理を作ってくれるのだから頭が下がる思いである。


あと膠着状態に陥ってしまった原因をあげるとするならば、間食だろう。

これも実際に間食してみて実感できたことだ。

だが、たまーに甘いもんが食べたくなる衝動は抑えられない。

じゃあどーすんのか?と言うと、これも抑えない。

たまーに、だから良しとしよう、というのが長続きの要因だろう。


そんな調子でのらりくらり、とやっている。



さて、ある程度ダイエットが成功したのは何年前だったか・・・・?

そうさな・・・・、確か今の仕事を始めて超貧乏だったころだから、今から12年ぐらい前?


あの頃もあとちょっとで70㎏を切るところまで行った。

社会人になって一番痩せていた27,8歳のころの体重が68㎏だったような記憶があるので、それを目指していたのだ。

だが、どういうわけか、70㎏を切る手前で挫折し、その後は74~78㎏あたりを行ったり来たりしている、というのが常だった。

78㎏がマックスなのは、そこを超えると腰が痛くなり、食べる量を強制的に減らさなければいけなくなるからだった。



今回の目標は、その68㎏をはるかに超える値、64㎏だ。

高校時代以来の体重だわね。


うむ。

1年以上かかるかも。


あ、でも家が完成するまでには68㎏を切っていたいな。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっと一つお願いいたします =*^-^*=