Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

梅田屋に見られるバイク業界の問題

ミラーの柄の部分が心なしか少し曲がっている気がする。

IMG_8896.jpg

IMG_8895.jpg

で、上の写真がテラスの傷ついた部分。これは足を乗っけるところ、ステップ?でつけた傷か?

おそらくミラーが前輪部分のほぼ全体重を受け止めてくれてカウルへの負担を軽くしてくれたのだろう。あと後ろのバーのところに少し傷があったが、カウルがひずんでるような点は見た目ではないようだった。

いやー。それにしてもひどい。テラスの黒ずんでいる部分、こりゃ全部コケなのかなあ。なんか対策をとらねばなるまい。


一体いくらぐらいかかるのだろうと戦々恐々としてネットで調べたが純正ミラーは五千円もしないのだった。ほっとした。クルマのミラーカバーだけで確か六千円ぐらいしたはずなんで一万円以上は覚悟したのだが。

梅田屋は水曜日が定休日なので一日待ってから電話する。

とりあえず右側ミラーの発注をした。

で、電話切ったあとでいつぐらいになるのかを聞き忘れたのに気づく。
ってかそれぐらい向こうから言ってもらいたいものだ。相変わらず間が悪い梅田屋なのであった。

なので二日後ぐらいに電話をするが1週間ぐらいはかかるのだという。
随分遅いなあ。クルマの場合は二、三日で対応してくれんのにミラー1本でそんなにかかんのかよー。こりゃきっと梅田屋だからにちがいない。

なに?それまでミラーが左側だけってことお!?
むーん。走りにくい。プラスみっともない。

それよりも何よりも傷ついたままの愛車を1週間も眺めていなければならないのが辛い。


で、意外と早く祝日の月曜日に連絡があった。
ん?祝日?祝祭日に入荷があんのか。実はもっと早く来ていたのでは?
で、「どうしますか?」と言うので、自分で交換するか?という意味に取れたので、カウルとかはずさないとダメなんじゃないのか?と聞いたら「そうですね。その場合は手数料がかかりますが、いいですか?」とまた意味のない質問が帰ってくる。いいも何も自分じゃできないんだからしょうがない。

じゃあ早速明日にでも、と言ったら整備員が二人しかいなくて今週末ぐらいにならないと予定が開かないと言う。

じょうだんじゃないと思ってごねたら「僕でいいならやりますよ」と言う。こっちとしちゃ誰でもいいからとっとと直してくれればいいのだ。断るはずもなく即、次の日にお願いをする。

で、当日。
30分ぐらいかかると言ってたから仕事の準備でもしようと思って教材を持ってって読み始めたら、10分ぐらいだったろうか、兄ちゃんがやってきて「終わりました」と言う。

へ?
随分早いね、と言うと「カウルはずさないでもできました」とおっしゃる。「裏側から手を突っ込んで・・・。でも長い工具がないとできないです」とのたまう。

なんか騙された気分だったが、こりゃ勉強代だから仕方あるまい、と「話しが違う」と言いたいところをぐっとこらえた。結局、ミラーの値段の倍額を支払うハメになった。

なんか全てがこんな調子だから梅田屋との付き合いは今後考えねばなるまい。
案の定、伝票の日付が18日となっていた。恐らく入荷したのは土曜日だったのだろう。なのに連絡が来たのは月曜という。この対応の遅さは×だ。

ここはホントにライダーのことを考えてくれているのだろうか?
それともバイク業界の対応がこんなもんなんだろうか?

数十年前のクルマ業界と変わらない。

当時からトヨタの顧客対応は群を抜いてすばらしく他社との比較にならなかった。ニッサンをはじめ他社の対応はひどくとても高価な買い物をしたいとは思えないぐらいだった。
それでもゴーンが社長に就任したあたりからニッサンも洗練され、クルマの質のみならず客応対も随分とよくなったと関心するぐらいにはなった。

対顧客という意味ではバイク業界は相当遅れているのかもしれない。悪の○富オート時代から。


ともあれ、愛車が元に戻ったことで嬉しくなり、嫌な気分は吹き飛んだのであった。

また元気よく乗るぞ!

スポンサーサイト

メンテナンス初級

きのう優しいおっちゃんのバイク用品店でいくつか購入したものがあった。

今回はメンテナンスもきちんとやりたいという希望もあるのだが、何をどーすりゃいーのか皆目検討がつかない。

メカのことはよくわかんないのでとりあえずキレイにすることから始めようと思ったが、これまたクリーナーの数が豊富すぎてまるでダメ夫だ。

仕方ないからタンデムスタイルに紹介されていたものを試しに使ってみることにした。

そこで

IMG_8987.jpg

シールドクリーナー(PITGEAR/タナックス)とシートクリーナー(デイトナ)を購入。写真だと携帯電話とたいして大きさが変わらない。雑誌で見たときはもっと大きいのを想像していたんで実物を目の前にした時は言葉を失った。

で、さっそく今日使ってみる。

結論から言うとシールドクリーナーは思ったほどきれいにならない。ふき取るのがタオルだからいけないのか、なんか拭き取りにムラがあってすっきりした感じにならない。千円弱も無駄にしたか?
これならなにもバイク専用じゃなくて普通のガラスクリーナーでえーんでないのかい?
次回また汚れてきたらガラスクリーナーでも試してみよう。

一方のシートクリーナーはすべり止めや劣化防止にも効き目があるというので購入した。劣化防止の効果のほどは時間が経たないとわからないがすべり止めには良さそうな気がする。
完全に乾いて今日の出勤に乗車してみたらわかるだろう。

あと気になったのはアクティブの「よごれトリン」なんとかってやつだったがそれは売ってなかった。

カウルとかタンクとかをきれいにしたくてどクルマ専用のワックスを使ってみた。だがタンクにムラが残ったりしたんでやっぱダメだんだと思い購入しようと踏み切ったが、ない。

納車のときに梅田屋の兄ちゃんがなんかスプレーのを使って磨いてくれたときに「水で洗うよりこれでやったほうが断然キレイになりますよ」って言いながら使っていたのが欲しいがどんなんだったか覚えてない。

確か「ハーレー用」とか書いてあったような気がするが。

とにかくそれとあとチェーンクリーナー?ってのも気になる。

かげまるが1ヶ月点検の時期をすでに迎えている。

また梅田屋に聞いてみるかなあ。それとも街のバイク屋に鞍替えしようかなあ。

一ヶ月点検

なんもない。

結局、カワサキの正規代理店が梅田屋と赤男爵しかないんで梅田屋に行かざるを得なかった。

相変わらずだった。

始めにリアブレーキの遊びの件を伝えると「若干内側に入っちゃってる」という。確かにブレーキペダルがカウルにほぼくっついている。

そーか。倒した時に内側に曲がっちゃったんだ!

待ってる間に店内にあるNinjaと比べてみたが明らかに内側に食い込んでるのがわかった。

いただいたコーヒーを飲みながら店内を見て回った。

ドゥカティのムルティストラーダってのがあったからまたがってみたけど、でけー。たけー。
80万するグラディウスが60万そこそこまで値下がりしている。それでもオレが買ったNinjaのほうが安かったんだから相当高いのね、これって。確かにそれだけ作りがしっかりしているように見える。

そのうち兄ちゃんが戻ってきた。

「特に問題ありません。できれば次は半年点検に来てください。次は有料です」というようなことを言っていたがブレーキペダルについては言及がない。

しょーがないからこっちから「どーしたらいい?」と聞くと、
「気にしなければそのままでもダイジョブです。ぼくなんかはテコの原理を使って引っ張り出しちゃいますね」と言う。

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工!

だったらそれぐらいやってくれよー。
あとさー、気になるから言ってんだけどー。


まあ、やはり懇意にできるショップを探すのがよかろう。

さらば梅田屋。

初オイル交換

オドメーターが800キロになったあたりでオイル交換をしようと思っていたが時間がなくて今日になってしまった。1000キロを超えている。

しかし天候は雨。

梅田屋との別れを決意しただけに雨の中を約30キロ走らないと目的地に着かない。

晴れている別の日にしようかと何度も迷ったが、今日を逃すと次はいつになるかわからない。

振動のことも相談したいししぶしぶ出かけることにした。

シューズは防水ではないが幸いウィンタースーツやグローブが防水になっているのでなんとかなるだろーと思い11時前に家を出た。

時間を稼ぐために小田厚を利用。

体はまるで濡れないし風も進入して来ない。寒さもほとんどと言っていいほど感じないので、雨の中を走っている気がしなくてとても不思議だった。

もちろんメットのシールドが水滴で見にくくなるから雨は降っているのだが、雨の日の走行もなんとかなるもんだと思った。

ただやはりスリップは恐いので乗るのは今日のように仕方のない時に限りたい。

246が渋滞していて思いのほか時間がかかってしまったがなんとか到着。

雨の日にバイク屋に来る物好きもいないらしく客は誰もいなかった。

電話で事情は説明してあったので話しもスムーズだ。

あんちゃんが新車のNinja400Rとオレの影丸を並べてエンジン音を比べてくれたりした。

で、店長らしきおっちゃんも出てきていろいろ調べてくれたが結局異常は見られないとのことだった。

おっちゃんの話は要約すると「乗り方が悪い」ということだった。

緊張したり余計なところに力が入ると手足が痺れる、とすでにネットで仕入れていた知識だった。

自分としては緊張したりつっぱったりしてるつもりはないんだけどプロにそう言われたら「はいそーですか」というしかなかった。ならばきっとあれが普通なのだろう。慣れるしかないのだ。

「乗ってみないとわからないですが、今日はこんな天気ですから・・・」
と言われ、しまったと思った。

そーいや試乗車に乗らしてもらうつもりだったんだ・・・。

うーむ。やはり別の日にしときゃよかった・・・。

でもまあ来た甲斐はあった。

内側にひっこんでしまったブレーキペダルも事情を話すと何も言わず工具を持ってきていとも簡単に直してくれた。

ありがたかった。梅田屋の心無い対応とは雲泥の差である。

嬉しかったからぜんぜん割引がないけれどお勧めのコーティング剤を買ってあげた。
客だって親切にされりゃあそーゆー気分になるんだって。わかんねーのかなあ、梅田屋は。かわいそうに。

そんなこんなでオイル交換が終わった。

エンジン音を聞くと、なんか乾いた感じの音から滑らかな音になったような気がした。こちらもカワサキ純正ではなくお勧めの量り売りリッター2000円のちょっち高級オイルにしてみた。

帰り道には雨も小降りになり影丸も元気になった?気がして下の道でのんびりと帰った。

ところでクラッチのつながりが遠くなったのはなんで?

解決ライオン丸!

まあ、完全にオヤジだね。こんなタイトルつけてるんじゃ。
いーよねー。
無理に若作りして失敗してるよりオヤジらしさがあったほうがステータスあるしねー。

って、オヤジのステータスってどんなん・・・?


結論から先に言うとなんでもなかったようだ。
(あ、ちなみに昨日の臭いの話しの続きです。)

Buzzのあんちゃんの話だと、路上に落ちてるビニール系のゴミがエキバイとかにはりついて燃えたりすることがあるのだそうだ。

実際、下のほうになんか焦げて黒くなったものがこびりついていた。

いやあ、それにしても最初に感じた臭いが動物系だったんでどーなることかと思ったがなんでもなくてよかった。

一応、ということで排気ガスに異常がないかもなんかの機械を使って見てくれた。ガソリンの燃え具合とかを見るらしいんだけどそんなことでもいろいろ調べられるんだね。

やっぱプロに見てもらってよかったよ。しかもタダでやってくれるなんて、ホントここBuzzには愛がある。


他のSNSでもらったコメント情報によると、臭いの原因としてネコのマーキングのせいによるものもあるのだという。
タイヤで爪とぎまでする野良ちゃんもいるとか・・・。そ、それはかんべんしてもらいたい・・。

やっぱバイクカバー買おうかなあ。一応屋根があるからいーやと思って今まで買わなかったんだけど。砂が舞ってシートがほこりだらけになってたりするし・・・。

あ・・・タイヤの空気圧見てもらうの忘れた!!

うー、物忘れが・・・。
オヤジに始まってオヤジで終わる記事になるとは・・・。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 ←いつものclick! お願いしますぜ、だんな。

今日のライド:9点 最高得点だあ!今日はムチャをした覚えはありませんて。