Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

普通自動二輪免許に挑戦!

マイハニーが。


どーにもツーリング仲間のできないだんなを見て業を煮やしたか、はたまた哀れに思ったか、我が妻がついに重い腰をあげた。

中免を取り自らツーリング仲間になってくれるのだという。

前から取りたいとは言っていたが、これもまたこんなに早く実現化するとは正直思っていなかった。

インターネットで申し込みを済ました翌日、意気揚々と自動車免許を取得したところと同じ教習所へ向かった。


と・こ・ろ・が・・・・・。

「女性はバイク起こしをやっていただかないといけないので・・・・」と事務のお姉さんに引導されてバイク駐輪場へ。

オレも仕事まで少し時間があったので付き添うことに。

教官が待ち構えていてバイクを一台出してきた。CB400の予想外のでかさにマイハニーもさすがに閉口だ。

「じゃあまずセンタースタンドがけから」と教官。

Ninjaにはセンタースタンドないからマイハニーも何言ってんのかわかんないだろうに。意外と不親切なのである。

一言二言のアドバイスでチャレンジするがものの3分もたたないうちにバイクを向こう側にぶっ倒してしまう。

「じゃあ、引き起こしをやろうか」と鬼教官。

これもどーしていーかわからずにいると「じゃあ見本」と言って別の教官にやらせてみてバイクは再び起こされる。

そしてセンタースタンドがけに再チャレンジだ。なんか、見てるこっちが力が入っちゃってしょーがなかった。

よしっ!5分以上格闘したか、なんとか成功した。

ならば、と引き起こしに再びチャレンジするがびくともしないようだ。

教官は「バイクを起こせないと見てないときに倒れたら自分で起こしてもらわないといけないから云々・・・」

そんな状況あんのか?とも思っていると教官が

「やはり女性は小型から取ってあとは限定解除したほうが安全なのじゃないかな」とちょうど小型の教習を始めている女性を見ながらそうおっしゃる。

マイハニーとしては250に乗りたいわけで是が非でもここはバイクを引き起こしてやる!と気合が入ったようだ。諦める気配がない。

そんなんでオレはもう仕事に行く時間になったので後ろ髪を引かれる思いでその場を去ることに。

遠巻きにその姿を確認するもいまだに起こせてはいないようだった。


塾について暫くすると電話があって

「ショック!起こせなかった」

ということだった。

なので選択肢は二つ。小型を取ってそのあと二俣川で試験を受けるか、そのまま引き続いて教習所で中免を取るかなのだという。

あと諦めるか、だ。


で結局、小型からチャレンジすることにした。

まあでも確かに原付のギア車はおろかスクーターも運転したことがないのだからここは教官のおっしゃることが正しいのかもしれない。

しっかりと教習を受けてまずはバイクに慣れることが肝心だろう。

起こせなくてよかったのだ。

それにしてもマイハニーの手足にあざができていた。おーいたわしや・・・。そんなにまでしても起こせなかったなんて・・・。

オレもコツがわかれば簡単に持ち上がるとたかをくくっていたのだが、最初の持ち上げの時点でびくともしないんじゃやはり無理と言えよう。

いったい女性のライダーはどんだけ怪力女なのだ?と世の中の女性ライダー全員を敵に回す発言を思わずしてしまいそうになったのだった。


にしても。小型の教習時間って異様に少ないようなのだが、あんなんで慣れるまで行くのだろうか?

火曜日からいよいよ始まる。

がんばれー!

応援するしかない。

あれ?じゃあオレ、大型取る必要なくね?

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「急がば回れ、だ」「Ninjaぶっ倒して練習させてやれ」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

スポンサーサイト

マイハニー小型奮闘中

マイハニーが中免を取得しようとしてCB400の引き起こしに失敗し、無理やり小型教習からやらされることになって数週間が経過した。

本来5時間で済む第1段階をかなりオーバーするもようやく第2段階へ突入した。

公道に出るにはそれぐらい乗らないといけないということなのだろう。

今月中にはなんとか小型免許の取得にはいたりそうである。

ただ彼女の最終目標はそこではない。

どこまで本気なのか、本人は「中型を跳ばして大型を取る」とか言っているが・・・。


とにかく問題なのは足つきだろう。

先日「Ninjaに乗りたい」というので影丸にまたがらせてあげたがやはり足がほとんどつかず、だ。

つま先がちょこんと地面についている状態。

発進してしまえば問題なかろうが、これではふんばりが利かずに停まることができないだろう。

縁石のあるようなところでなければ停まるたんびにコケるしかあるまい。

かかとまではつかずとも普通に乗れている自分には思いもよらぬ問題だった。

それでネットで探して見ると靴底の厚いブーツがあったりするのだった。

でもそれって運転しにくくないのだろうか?

やはりバイクは女性に優しくないのだ。

マイハニーの言うように女性用バイクとかがあればいーんだろうけど、ない以上乗りたいバイクも限られてしまってちと気の毒な気がする。

それでも世の女性ライダーはブレイクスルーして免許を取得しライダーライフをエンジョイしているのである。偉大だ・・・。

ならば足つきに不安があってもきちんと乗りこなせるようになるということなのだろうか?

うーむ。

なかなか先が見えてこない。

小型では高速道路にものれないぞ。

万年タンデマーとなってしまうのか・・・。

マイハニーの運命はいかに。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「こーすればだいじょぶ」「やり方はたくさんある」などなど、アドバイスくだされ~。あとついでに押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

ブーツ探し

「じゃあとりあえず厚底ブーツを探してみるか」

足つきを少しでもよくするためにできることとして、乗るバイクの決まってない今できることと言ったらそれぐらいだろう。

ネットで調べて女性ライダー用品がわりと充実していると謳っているショップを見つけたのでそこへ行ってみることにした。

それがまた新山下(横浜)なのである。

遠い。

けど、オレの感覚も麻痺してしまったのか、この地に住んでちょうど1年になるが、常人の感覚で遠いはずの距離がさほど遠いと思わなくなってきている。

小田原厚木道路→東名→保土ヶ谷バイパス→横羽線

ほぼ高速道路で1時間ほどで着いてしまうからか。クルマの快適性もあるか。

いや「1時間かかる」ってのは遠いはずなんだが・・・。

人間の慣れというのは恐ろしい。

「慣れ」というのか「順応性」というのか、特にオレの場合どんな環境でもたいてい適応してしまうのである。

そう言えば聞こえはいいが、もしかしたらジタバタすんのが面倒くさいのかもしれない。あと抵抗する気力がないだけなのかも。


あと、関係ないけど乗り物酔いした経験がない。

かつてラスベガスからグランドキャニオンに行く際に8人乗りぐらいの小型飛行機で行ったことがある。

「だいじょぶか?この飛行機」と命の危険を感じるぐらい縦横に激しく揺れたのだった。

無事に着陸後、パイロットとオレを除く全員が真っ青な顔をしていた記憶がある。中には嘔吐した人もいたぐらいだが、オレときたらまるで問題なかったのだ。

あのときハッキリ自覚できたものだ。「あれ、オレって乗り物酔いしないんだ」と。


話しを元に戻します。

そして現地に到着し腹が減ってたからまずは昼食にしようということになった。

幸い、そこの駐車場は時間制限はなかったのでクルマを放置して近くで食べれるところを探すことにした。

が、マイハニーがなぜだか近くにある店を認識していて、固有名詞でその名を挙げるのだった。

「タイクーンに行こう」と。(こちらに関してはグルメ記事のネタとしてまた明日に報告させていただきます。てへっ)


満腹になって戻る。

その店はクルマ用品も扱うでっかいショップの奥のほうにこじんまりと営業しているのであった。

そうは言っても特定の車種にしかニーズがないであろうビキニカウルが在庫としておいてあったりと、バイク用品店としては確かに品数は豊富である。

で、レディースコーナーに行ってみる。

もともとレディース用品が少ないためか、さほど数はなかったのである。

女性店員が厚底ブーツや底上げについていろいろと説明してくれた。

エンジニアブーツという聞きなれない言葉も耳にした。

彼女の話しの内容からするとそれはアメリカンタイプに乗る人がよく履いているということだった。

そうなると、やっぱ乗るバイクが決まらないと結局はなかなか決め手に欠けてしまうのだった。

結局はねえちゃんも、とあるお客さんの話しを持ち出して「サイドスタンドも変えなきゃいけないぐらい車高を低くして乗られる方もいらっしゃいますからバイクが決まったら是非またいらしてください」と言うしかなかったようだ。

適当に売りつけてやれ、というのではないところがすばらしいと思った。

なのにこの店の残念なところはその価格だ。

グローブとかも見てみたがいかんせん値段が高い。ほとんどが1割引どまりなのである。

こんだけ在庫をかかえてしまうとそうそう安くはできないのだろう。

結果、申し訳ないけど消費者としては何も買わずにおいとませざるを得なかった。


あとここの施設は2階にあの「悪の梅田屋」があったりトライアンフやハーレーダビッドソン専門店があったりする。

梅田屋を見た限りではマイハニーはドゥカティのモンスターにしょくしゅが動いたようだ。

で、またがってみるもやはり足つきが悪いのは変わらなかった。


そして帰りはちょっと寄り道になるが伊勢原の○ップスに行ってまたいろいろと試し履きをして帰ったのだった。

とりあえずオレの持ってるのと同じelfのシンテーゼ13関連記事がいいというので、例のごとくZOAのあんちゃんのところで発注してもらうことにした。

注:伊勢原の○ップスに夏の夜に行くのは避けたほうがよい。虫だらけになる。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「そりゃRIC○LANDやないかい」「結局なんも買わんのか」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

足つき性を探る

ようやく第2段階の見極めをもらい、小型免許取得にむけ後は卒検を残すのみとなったマイハニー。

すでに心は次なる目標の中免取得へと移っている。

ところがNinja400Rにまたがってその足つき性の悪さに相当な不安を感じたのか、教習前に厚底ブーツだけはぜひとも手に入れておきたいと考えているようだ。

そこで本日も二度目のブーツ探しを行うことに。


南海部品が平塚にあるのを見つけたのでまずはそこから開拓をする。

以前、ブロとも単身ライダーさんの記事で営業を再開した南海部品仙台店の写真を拝見したのでそのイメージで行ってみると、こちらは・・・・

せまい。

それでもナップスやZOAでは見かけないような商品もあってなかなかおもしろかった。

気に入ったのがあったが南海製品以外はZOAのほうが安いに決まってるし、ネットでも価格相場を調べておきたいのでとりあえず購入は見送り次の店へ。


厚木に2りんかんがある。

ドライバーズスタンドと併設されている小田原の2りんかんとは違い、こちらは単体ででかい。

この規模ならたいていのものは揃いそうで、先日わざわざ新山下まで足を運ばなくてもよかったかもしれない。

ところがメットの種類の豊富さと比べ、シューズ類はいまいち数が少なかった。

先ほど目をつけたAVIREXの厚底ブーツの色違いのCH(クレージーホースって・・・)というのがあって、それがとても気に入ったようだった。

24というサイズはなかなかおいてなく、こちらでも購入は見送りだ。


次に、近くに梅田屋があるのでバイクも見に行くことに。

「何かお探しですか」と、梅田屋はどこでも「積極的に接客せよ」という教育なのか例のごとくすぐに声をかけてくる。

「250か400の中古を少々・・・」と言うと、ここにはあまり数がない、とボヤかれた。

なんでも茅ヶ崎のでかい店舗にみんな持っていかれてしまうのだそうだ。

「へー。そんなでかいのありましたっけ?レッドバロンなら知ってるけど・・・」

と言うと、なんでも最近できたばっかりでレッドバロンに対抗するように5階建ての超でかい店舗があるのだという。

なら帰りにでもそちらへ寄ってみよう、ということになった。


そしてZOAへ。

いつものあんちゃんに助けを求めると残念ながらAVIREXとの取引はない、とのことだった。

ZOAの弱点を垣間見た気がしたが、オレの中ではそれでもここが一番の店である。

ブーツは諦めて前から買おうと思っていたチェーン洗浄セットを購入して店を後にした。


そして昼食は海老名の本格インド料理店で(こちらはまた後日報告いたします。てへっ)。


最後にこのまま茅ヶ崎の梅田屋へ寄って帰ることに。

平塚→厚木→海老名→茅ヶ崎、と県央湘南エリアを縦断だ。


行ってみると聞いていた通り、あのでかいレッドバロンの店舗が小さく見えるほど超デカい店舗が見えてきたのだった。

「へー。こんなでかいのいつできたんだべ」

ビルが3つもある。

それぞれ、整備工場を併設した「50~125専門」「国産車」「外車」となっている。

「国産車館」に入ると今までに見たことのない規模でバイクが並んでいた。

IMG_2730.jpg

上の写真は氷山の一角である。これはワンフロアの半分程度でこの規模が3階まで続くのだ。

2,3階は中型車が中心。

早速マイハニーがいろいろとまたがって足つき性を確認し始めた。

IMG_2733.jpg

まずはスズキ・バンディット250。ワインレッドの色がレアで美しい。

IMG_2734.jpg

店員の話しだと、常に乗ってないとキャブの調子がいかれるのだと言う。

IMG_2737.jpg

ホンダ・ホーネット。これまたオレンジは珍しいかも。

IMG_2735.jpg

ここいらの4気筒250ネイキドはみな絶版になっていて根強い人気があるらしい。

IMG_2739.jpg

走行距離の少なさと外観のへたり度がアンバランスで、懐疑的になってしまう。

IMG_2743.jpg

カワサキ・バリオスⅡ。スズキのGSX250FXと同じである。こちらも4気筒。

IMG_2740.jpg

朱色。マイハニーは赤が好きらしい。

IMG_2741.jpg

これは車体もきれい。

ここまでは実際にまたがってみるとなんとかつま先がつくようだ。これなら厚底ブーツで十分不安は解消されそう。

ただ車体が重く感じられるのだという。

そりゃ今はまだ125しか乗ってないのだから当然といえば当然だ。

IMG_2744.jpg

ホンダ・VTR250。

IMG_2745.jpg

一方こちらはVツインのせいもあり車幅も狭く軽く感じられるという。

IMG_2746.jpg

そして国産車館なのになぜかドゥカティ400。値段は40万前後とわりと安い・・・のか?

IMG_2748.jpg

黄色も気になるらしい。

IMG_2749.jpg

これから暫くお世話になるであろうCB400。カウルはないだろうが。

IMG_2750.jpg

マイハニーが雑誌で気になりチェックしていたスズキ・GSR400と・・・

IMG_2751.jpg

スズキ・グラディウス。

だが雑誌に歌われているほど足つき性はよくない。いや、かなり悪い。

店員に調べてもらうと三千円程度で車高を下げられる部品があるのだという。

グラディウスなら3センチでGXRは15ミリだ。

それプラスあんこ抜き、厚底ブーツでなんとかなるのでは・・・と思ったが本人はその重さとでかさにすっかりしりごんでしまったようだ。


IMG_2757.jpg

で、関係ないけど外車館でBMW S1000RRにまたがるいみなし。

きつし。

前傾姿勢ってこんなにきついか。こうなると首を上に向けるため、首への負担もかなりでかかろう。

長距離に乗りたいがための大型取得ならやはりツアラー系が無難だろうと思った。

IMG_2763.jpg

そしてドゥカティ400のオンパレード。先ほど国産車館にあった理由がわかった。

余ってんだ。

話しを聞くとマイハニーの予想通り、皆さん大きいほうへステップアップしてしまうのだそうだ。

あとやっぱ故障が多いらしい。

初心者でメカ音痴な者に故障が多いバイクを勧めるわけにもいくまい。


そんなこんなで実際またがってみていろいろと得られるものが多かった今回だが、教習所で実際にCB400に乗ってみてまた考えも変わっていくのだろう。

に、しても夫婦でツーリングがもうすぐ実現しそうである。


オレはオレで、その前に夏を乗り切らないと・・・・。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「店舗、でかっ!」「バイク選びは楽しい」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

小型卒検突破

マイハニー、とりあえず第一目標達成。

今日が小型の卒検だった。

朝から随分と緊張していたからだいじょぶかなあ、と思っていたら一発合格した。

今日オレは歯医者のため応援に行くことはできなかったのでメールでの報告待ちだった。

中間報告で「完走はできた」とのことだったので、たぶん受かるだろうと。

そしたらなんと90点で合格したそうだ。

たいしたもんだ。

第2段階に入ってから見に行く機会がなかったが、以前に見たときは低速走行がなかなか上手だったのできっとさらに上達したのだろう。

今後、二俣川で免許を書き換えたのち、改めて同じ教習所に中免の申し込みをするのだそうだ。

引き続いての中免教習の場合、規定は5時限だそうだ。

足つきがおぼつかないCB400での教習だけに難航が予想されるが、小型より運転しやすいんじゃないのか。

実はでっかいほうが馬力やトルクがあるんでやりやすい気がするのだ。

なのでカギはどうやってうまく停車できるかだろう。

いずれにせよ、早めに手続きをやっていけば8月中に第2目標の中免取得が可能になるかもしれない。


第3目標?

そりゃバイク購入だわね。一体何になるのか、これがまた楽しみである。

だってオレも乗れるんだもーん(o ̄∀ ̄)ノ”

かと言って自分の趣味を押し付けたりは絶対しませんよ。そんな悪党じゃあーりませんよ。


そして第4目標は初ツーリング。9月ぐらいには実現可能かな?

というわけで今月はこちらの雑誌を買ってみました。

培倶人

なかなか内容も充実してます。外車の広告が多いのがちっと気になるが・・・。

いーねー。夏の高原。涼しいし。

そして秋の紅葉の季節も。クルマのようにくそ渋滞にはまることなく。駐車スペースに悩まされることなく。

バイクはすばらしい!


ところで最終目標は・・・・?

夫婦で大型免許取得。

だけどそれは中型バイクライフが十分に楽しめたら、ということになるだろう。

まだまだ先の話しである。

けど、夢が広がるのは楽しい。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「中免はそんなに簡単じゃないぜ」「もったいぶらないで先にバイク買え」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ