Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

まだ見ぬネコにゃん

一度、ネコの里親募集をしている組織のところへ行って話しを聞いてみようか?

ということになって、東京にあるという例の組織にコンタクトをとろうとHPを見たところ、相談するには3日前までにメールで手続きをする旨が記してあった。

しかし、それはもう里親になるのが前提、みたいな感じになっていて、あれよあれよという間にことが進んでしまった。

で、今週の水曜日、つまりあさってだ。

選びに行くことになった。

コンタクト即2日後に送られてきた資料には、「ネコさま」をお迎えするためにはいろいろと準備をしないといけない云々・・・と連綿と記してあった。

まずはキャリーケースとトイレだという。

明日オレは約2年間放置していた歯の治療を再開するため日の出町まで行かねばならぬ。

だから買い物のチャンスは今日だけなのであった。

ほぼホームセンター開店と同時刻ぐらいにマイハニーと乗り込んでいろいろと物色した。

マイハニーのネットサーフィンによる情報によると、キャリーケースは横も縦も開けられるほうがよいのだとか、トイレは臭いを拡散させないために全体を覆うやつがよろしいとか、立て続けに3件訪れてあーでもないこーでもないと値段等を比較しながら、購入は最後に訪れたところで決着した。

んで結局キャリーケースは上しか開かないやつだし、トイレはカバーなしの普通のやつになった。

OWL 015

OWL 018


さらにエサ用のボールにいたっては「どれでもおんなじじゃね?」というオレの出し惜しみ根性をマイハニーが敏感に感じとってしまったのか、100円ショップでケチることとなった。

かわいそうに・・・。きっともっとかわいいのにしたかったろうに・・・。

その昔、太田裕美の曲で「しあわせ未満」というのがあったが(オレは「木綿のハンカチーフ」よりこっちのほうが好きだったなあ・・・「横浜ドール」も好きだけど)、♪20歳前、ぼくにあわなきゃ、きみだって違った人生~♪ってのがあったが身にしみるね。

それはそうと、なにしろ初めてのことなんでいろいろとやってみないとわからんことは確かだ。最初は安いもので試すのもよかろうもん。

とりあえず必要最低限のものは揃えたが・・・。

はてさて、素敵なめぐりあいはあるのだろうか?

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「おいおい、バイクブログがネコブログになるんじゃないだろーな?」「引っ越すんじゃないんか?」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ


スポンサーサイト

ちゅーた登場

先日、里親制度を利用してネコを譲っていただいてきた。

と言っても「はい、あげる」と気軽にもらえるのではなく、譲り受ける際にはいろいろとネコを飼う上での注意事項をそれはそれは連綿と聞かされるのである。

ネコを飼った経験はある。

だがそれも実に小学生以来となるのでまるで当てにはならない。

しかも昔の「飼う」なんてのは、ひょっこり現れた野良ネコとかがいつの間にか住み着いちゃったから知らぬ間に「飼ってる」状態になってるわけで、今日の「飼う」とはだいぶ意味が異なる気がする。

小学生のときのその経験も、数匹の子猫が箱の中に入って近くの川っぺりに流れてきたのを誰かが拾ったものだった。まるでマンガみたいだけど。

当時、店舗と住居が一緒になっている建物に間借りしていたが、ネコ二匹はその店舗に住み着いた。当然、昼間はおん出されていて店が閉まるころになるとどこからともなく帰ってきていた。

夜にじゃらして遊んだりしていたが名前をつけたかどうかも覚えていない。不幸にも車通りの激しい場所であったため2匹とも交通事故で死んでしまった。

それと中学生のときにも家に住み着いたのがいたが、そいつにはちゃんと「ぱぷぞう」という名前をつけてやったのに1週間ぐらいでいなくなってしまった。

そんなんだから、今みたいに「家ネコ」なんて言葉はなかったし、飼う絶対条件として去勢手術をするとかワクチンを打つとかなんてまるで青天の霹靂みたいな話しだったのだ。

しかし、それをしないとますます不幸なネコちゃんたちが増えるというのだから従わずにはいられまい。

幸い、そこでは去勢手術、ノミ退治は然り、ワクチンは2回も施してくれているというのだから素人にはありがたい。

その手数料が3万3千円というのは高いのか安いのかわからないが、ペットショップのネコの値段と比較したら安いと言わざるを得ないのである。

そしてそのあたりの「昔とは違うぞ」情報はネットで見ていたので、ネコを迎え入れる前に「初めてのネコの飼い方」的な本を購入しいろいろと知識を仕入れていたのだった。


まあそんなこんなで・・・・

うちに茶トラのkittenデビュー!

IMG_1111_20110627004332.jpg

名前は「ちゅーた」 よろしくね。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「そーいやノラ犬って見なくなったよなあ」「だから野良ネコにエサを与えてはいけないのだ」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

ちゅーた成長

ネコの「ちゅーた」が我が家にやってきたのが今年の6月。

もう約半年が経とうとしている。

来たときはまだこんな感じ。

IMG_1238.jpg

耳がぴーんと大きくてかっわいー。手足も短い。

IMG_1280.jpg

まだ手よりちょっと大きい程度だ。

IMG_1358.jpg

「遊んでおくれよ~」のアピール中。

IMG_1360.jpg

かわゆすー(o ̄∀ ̄)ノ”。


特に大きな事故や病気もなく順調に成長していて、もうすっかり我が家のアイドルである。

名前は「ちゅーた」なんだけど、なぜかそう呼ばれることはほとんどない。

マイハニーは

「ニャンちゅう」

と呼び、オレは

「ちゅうちゅうくん」

と呼ぶことが多い。

そのニャンちゅうも・・・・

IMG_4450.jpg

からだ、でかっ。

なんか顔がそのままでからだだけ3倍ぐらいでかくなっている。

中2の男子がそんな感じである。いつも見下ろしてた少年がいきなり見上げなけりゃいけないぐらい背が高くなってんだけど顔は変わらないのである。そして声が野太くなっている。ものすごく違和感を感じてしまうのだ。

IMG_4382.jpg

ほら、ぱっと見、顔は変わらない感じがする。

IMG_4385.jpg

まあ、ちっとふっくらしたか。

IMG_4388.jpg

そしてネコってからだが長いんだ、これが。

IMG_4570.jpg

狙ってんぞ、狙ってんぞ~。

IMG_4571.jpg

じゃーんっぷ!

いや、実際はもっと長いな。


そして、かまってもらえないと・・・・

IMG_4733.jpg

必殺、コンピューターのっかり攻撃!妨害をするのである。

IMG_4732.jpg

そして、決して目を合わせようとしない。

無言でストを続けるのである。

IMG_4379.jpg

うーむ。かわいいやつめ。

IMG_4380.jpg

オレはすぐにどけてしまうが、マイハニーは抵抗できない。

IMG_4946.jpg

そりゃそーだろう。かわいすぎるのだ。

IMG_4767.jpg

「およしになって」ポーズで寝ている。

こんなんだから夫婦ででろ~ん、となってしまう毎日である。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「かわいーではないか」「ちゃんと本名で呼んでやれ」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

ネコのおもちゃ

うちのニャンちゅうは飽きっぽい。

うちのに限らずネコは飽きっぽい動物なのだろうか?

DSC_2181.jpg

ネコは自由気ままだと聞いていたから、てっきりネコカフェのネコみたいに「なんかくれ」ってとき以外は常に「放っといてくれや」スタンスなのかと思った。

ところが、ニャンちゅうときたらやたら絡んでくるのが好きなんでそのイメージが変わった。

しつこくアピールしてくるんで、しょーがないからおもちゃを使って遊んでやるわけだ。

ところが何回か同じおもちゃで遊んでると、そのうち食いつきが悪くなってくるのである。

DSC_3461.jpg

左が「鼻毛」、中央が「モコモコ」、右が「ねづみ」。

これらを初めて見せたときの興奮度といったらない。

もう心臓発作で倒れるんじゃないか?というぐらい「フーフー」いーながら追い掛け回したものだった。

それも今となってはもう懐かしい。
DSC_2611.jpg

「よおー。なんかおもしろいもんないのかよー」

というセリフが聞こえてきそうである。

しかし、飽きるたんびにおもちゃを買い与えていては我がままクソガキに育ってしまうのではないか?と少々不安になった。

本音は金が続かないってことなのだが。


そこで・・・。

DSC_3474.jpg

マタタビを買ったときについていたおまけのでっかいネズミ人形の頭部。

でかいせいか食いつきがよくなかったので分解してみたら、わりと反応していた。

それを見て

そーだ!ならば自分で作ってしまえばいい!


そして出来たのが・・・。

DSC_3466.jpg

第一の使徒「オバきゅうエル」

なんかフェルトのコースターを分解し、ガンプラの手をつなげてみた。

4~5回で飽きられた。

DSC_2513.jpg

「そんなもんでいつまでも喜ぶと思うな」


くそー。

そーだ!

何を隠そう、ダンボールでモノを作るのが好きな維水志なのである。

以前、うちにハムスターがいたときにも迷路をこしらえてやったことがあった。

維水志作:ねづみーランドYouTube動画


そこで、

DSC_3469.jpg

第二使徒「バカカーオマエハヨエル」

諸々のつなぎ目が細いんですぐにぶっ壊れてしまった。

ならば、

DSC_3470.jpg

第三使徒「キモワルイエル」

なんかダンボールってのが色が派手じゃないからか、反応が悪いのだった。

DSC_2585.jpg

「くだんねーものをよくもまあ次から次へと作るもんだ」


作戦変更。

DSC_3477.jpg

第四使徒「クスリノチューブジャンカエル」

これが最新作である。

今のところ、食いつきは良いが、市販のおもちゃのときほどではないので、まだまだ改良が必要だ。

いつの日か市販を超える作品を作ろうぞ!

DSCF5178.jpg

「望むところだ」

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
↑最後まで読んで頂きありがたき幸せでごんす(@^0^@)
「そりゃネコも呆れるわ」「ねづみーランドがおもしろい」などなど、いろいろと感想もおありでしょうが、クリックひとつ是非とも恵んでくだされ~o(〃'▽'〃)o

ちゅーた 恐怖の一日

DSC_1671.jpg

ネコは、伝染病にかからないように年に一度ワクチンを打ってあげないといけない。

うちのちゅーたももちろん毎年ワクチンを接種しているが、その時期が今年もやってきた。


が、ビビりーのちゅーたにとって、この日は一年のうちでもっとも恐ろしい日になっている。



そもそもネコ用バスケットに入って車で出かけるのが嫌い。


これはホント不思議だが、我々が車で連れ出そうとすると、きゃつはどーゆーわけかそれを察知し、姿を隠そうとするのである。


それでも我々の手が届かないような隠れ場所がないため、簡単に捕捉され抱きあげられてしまうと、「ニ˝ャ~」という何とも情けない声を上げ、あえなくパスケットへと入れられてしまうのだ。

濁点の付いた「二」の字をなんと読むのかは知らないが、要するに、そーゆー感じである。


で、またこれも条件反射なのか、バスケットへ後ろ足を入れると抵抗することもなく素直に身をかがめてくれるので簡単に蓋が閉められるのだ。



車が発進すると同時に「にゃあ、にゃあ・・・・・」と、「やめろー、やめろー・・・」と訴えているようにしか聞こえない声で鳴き始めるのである。



マイハニーがなだめようが何をしようが暫くそれは止まることはない。


で、ようやく大人しくなったかと思ってバスケットの中を覗くと、微妙にプルプル震えているのだ。

震えは動物病院に着いても止まらない。


やがて診察の番がやってきて診察台へと上がると、「シャーッ」という、普段は絶対に見せないような威嚇を獣医さんに対して行うのである。



毎度こんなんで、か、かわいそうだが仕方がないのだがやむを得ない。



ところで毎年打っているのは三種混合ワクチンである。

打ったあと、結構ぐったりして24時間後ぐらいにゲロをしてしまうことが常なので、アレルギー対策の薬も打ってもらう。




DSC_2831_2015073023191390a.jpg

これはただ寝てるだけだが。



今年はついでに耳の中を掃除してもらったら、外耳炎にかかっている、と言われさらに薬を処方された。

う~む。ちゅーたに薬類を与えることほど大変なことはないのだ。

暫くまた戦いだな。



また最近よく食べるので体重が増えただろうと思っていたが、5.1キロで去年とあまり変わらなかった。

歯石やうんこ汁?が溜まっていないか肛門も見てもらったがそれらは問題なかった。



ドタバタしながらも診察は無事に済んで帰路に着いた。



これまた終わったということがわかるのか、帰り道はとても静かになる。



が、




P_20150729_155558.jpg

「こらー、おまえらなんでボクをあんなところへ連れて行くんだあ・・・・」

とでも言いそうな、なんともまあ恨み顔、というか哀愁漂う顔になっている。




そんな表情豊かなちゅーたを、以前からマイハニーがイラストにしている。




P_20150725_211144.jpg

なんだろな、妙に雰囲気を捉えていて思わず笑っちゃうんだ。

彼女自身、これをだいぶ気に入っていて「ステッカーにしてほしい」と言っている。




いやあ、まったく彼にはどれほど癒しを与えてもらっているだろうか。

できるだけ長い間元気でいてもらわないとね。



そーいや動物病院で待っていたら、「飼い犬が倒れた」と言って飼い主に運びこまれてきた犬がいたが、診断の結果、熱が40度以上あり熱中症にかかったそうだ。

なんでも飼い主曰く、エアコンを付けるのを忘れて出かけてしまったそうだが、そんな飼い主に飼われているペットはとてもかわいそうである。


うちのちゅーたは幸せを感じてくれているといいのだけれど。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「茶トラえもん、とか呼ばれて怒ってんべ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。