FC2ブログ

Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
0

ガチョウ倶楽部 初の北陸遠征へ

これから暫くは仕込記事にて更新予定。

今回の倶楽部活動に伴い新たなカテゴリーを新設だ。

「初の北陸 能登飛騨編」

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そこまでして仕込む意義はあるのか・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


まあ自分の予定確認用にやるのだ。

出発前にもう一度頭の中を整理するためである。

あら、書きながら早速忘れていたことを一件思い出したぞ。ラッキー。

【一日目】

初日はソロなんだけど、いつものようにそれも旅の一環だ。

朝4時出立。

一般道でひたすら阿寺渓谷を目指す。

国道246号で御殿場へ。

その後、河口湖を経ていわゆる甲府街道を100キロほど走るのだ。

ここが勝負どころだろう。

気温が上昇する前にそこを通り抜けたい。


そこまで3時間ぐらいかなあ。

休憩は一回かなぁ。

コンビニで朝食だなぁ。



実はこの日は阿寺渓谷に行くことと、宿泊地しか決めてない。


むむ、そこから阿寺渓谷までは2時間ほどしかかからんのかい。

午前中には観光は終わってしまいそう。


ならばここは下呂温泉に立ち寄ろう。

そこでランチと温泉を楽しむことにする。


下呂温泉街を調べておこう。


うむ。なんとかなりそうだ。

問題は平日だけに、営業している店に当たるかどうかだろう。

ランチと温泉でゆったり休憩にしよう。

さて、そこから高原のキャンプ時までこれまた2時間ほど必要だ。

キャンプ場入りは16時くらいかな。


ここから山道へと入って行くようだが、コンビニとかあるのかしら?

途中、どこかで夕食を調達しないといかん。

夜はせいぜいカップラーメンとか、簡単に食べられるものにしたい。

なにかアレンジしてみようかな。



キャンプ場に着いたら設営して後はのんびりと時間を過ごそう。

はて、何をしよう?

何もせずにボケ〜っと時を過ごすという課題をこなさないといかんが、この様子だと翌日以降の予定をいろいろと調べないといかんだろうなあ。


さてさて、予定通り事が運ぶかどうかは帰宅後の本編でご確認あれ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
0

ガチョウ倶楽部 金沢・能登へ

【二日目】

この日は隊長と合流、倶楽部活動の開始だ。

集合場所は山中温泉総湯、菊の湯に午前9時だ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「タイトルに『予定』って入れたらどうだ?紛らわしいぞ」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


グーグルナビによると、維水志の初日の宿泊地「ひるがの高原キャンプ場」からそこまでは2時間23分かかるそうだ。

となると、途中で朝食も済ましたいので出立は午前6時半か。

撤収時間を考えると起床は午前5時だな。

下呂温泉のお陰で前日の疲れが癒されていることを期待したい。


到着後、即温泉。

もうその時間から営業しているのさー。


そして街をそぞろ歩く。

ちょっとしたカフェに立ち寄る予定。

場所は前日に調べることにしよう。

確か数もそう多くはなかったはずだ。


そこで隊長のこれまでの冒険を聞いた後、ランチに向けて出発。10時半ぐらいかな。


ランチは隊長の同意が得られれば金沢の名店「のどぐろめし本舗いたる」でのどぐろめしをいただく予定。

ちょっと値が張るが、先日の金沢の旅で利用した居酒屋「いたる」がとてもおいしかったんで、是非ともここで食べてみたいのだ。

そこまでは下道で50キロ弱、約1時間だ。

できればお昼前には着いて並んでいたい。

なになに?営業は12時から?

む~ん、微妙だなあ。変更の可能性あり。



そして千里浜へ。

40キロ40分で着く。前回学んだが、能登半島の海岸沿いに無料の高速道路があるのだ。


面白そうなら維水志も砂浜走行にチャレンジしたいが、基本は撮影係りに徹する予定。


14時ぐらいにそこを立とう。


そこからまた35キロ40分ほどで道の駅「能登食祭市場」へ。

ここで食材をたんまり購入するのだ。

う~む。先日テレビで能登の岩牡蠣についての番組をやっていたが、どうしてもそれが食べたくなった。


ついでにスイーツタイムも忘れてはいかん。


となると、ここですでに15時半をまわるぐらいになりそうだな。


予定のキャンプサイトは能登半島の先にある2か所のどちらかを予定しているのだが、そこまで80分ぐらいかかるようだ。

これだと到着が17時前かあ。

こりゃ変更を余儀なくされそうだ。


おそらくすぐ近くの能登島に変更になる予感。

なに、それならば、元々の予定に戻るだけだから問題ない。


決めておかないと明日以降の記事が書けん。


ああ、やっぱこうして仕込み記事を書いておくことは大事だわ。


じゃあ変更して16時前にキャンプ場に入り即設営だな。

お風呂は能登島プランを考えた際に予定していたところでいいだろう。


ん~、これだと翌日の能登半島巡りに制限が出るなあ。


あら、でも調べたら翌日の行程が336キロで済むわ。

350キロ制限内だ。

途中、無料高速道路も多いのでこれならたぶん疲弊せずに済むだろう。


あらま、出立直前で再び進路変更だ。


さて、夜は隊長自慢の新調理器具、ラージメスティンで蒸し料理が振る舞われるのだ。

こりゃ最高に楽しみである。

岩牡蠣もこれで美味しくいただけるのかしら?


そして宴では今回もまたグビ隊長の会話をしっかりと録画することを忘れないようにしたい。

夜は長いぞ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=





0

ガチョウ倶楽部 奥飛騨へ

【三日目】

朝6時出立。

前日がんばらなかった場合、この日の移動距離は340キロ。


これぐらい早く行動しないと、明るいうちにキャンプ場に入れなくなってしまう。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「グビ隊長が怒りだすぞ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


なので午前中に能登半島を回りたい。


まずは輪島の朝市。

ここで朝食かな。食べるもん、あったかな?

パン屋が人気があったが。

道の駅っぽいのもあったな、そーいや。けど営業前だろうよ。


次は千枚田。

維水志は先日ここも訪れたが、ぜひ隊長にも見ていただきたい。


そして能登半島の先端だ。

空中展望台スカイバード、ってのがある。

バイクで来たら絶対に先端まで来ようと思っていた。


それを済ませたら後は引き返すのみ。


富山県内のどこかの大衆食堂、あるいは道の駅でランチ予定。

これまたいろいろと調べたのだが、ここ!というのが見つからない。

んー。

部活動初日の昼の第二案や、この日のランチ等、まだまだ調べないことがいっぱいある。

バイクだと店が決まっていたほうが楽なのだ。

一応、道の駅「万葉の里高岡」を第一候補とだけしておこう。

名物のコロッケとかがあるみたいだ。


そして富山県でも確か高速道路の無料区間があったと思う。

それを使って次の目的地、マウンテンバイク「Gattan Go!」へ。

これ、めっちゃ楽しみだー。

新たな渓谷コースってのも最近できたみたいだし。どっちにするかなー。


そしてそこからすぐの宿泊地、奥飛騨温泉郷オートキャンプ場が今宵の宿泊地。


ここは道の駅が併設されていて、温泉もある。

買い出しはそこか、あるいは近くにスーパーもあるみたいなんでそっちでもいーかもしれん。


そして温泉も近くにすっげーよさそうなところを発見。

キャンプ場からたったの6キロで行ける、水明館佳瑠萱(かるかや?)山荘だ。

メモっておかないと絶対に忘れる。

朝の8時から夜20時まで営業しているようだ。

この日がダメでも翌日には絶対に寄りたい。


さて、二日目の宴はどのようなものになるのか、まるで決まっていない。

飛騨牛で焼肉か?


そこは隊長に任せておけばなんも問題ないだろう。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

7

ビーナスラインを堪能

【四日目】

撤収と共に解散。

と、一応そうなっているが、隊長はこの後、日・月曜とあと二日休日がある。

その予定は知らされていないが、維水志の帰りのコースとある程度一致するなら解散はもう少し後になる可能性もある。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「まだあと二日休めるだなんて、いいよなぁ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


その予定。


◎白骨温泉煤香庵

キャンプ場から30キロ弱40分。

8時半出立で9時10分到着。

10時出立。


◎高ボッチ高原

90キロ弱2時間。12時到着。

12時20分出立。


◎ランチ とんかつ丸一下諏訪店

20キロ弱40分。13時到着。

13時40分出立。


◎道の駅「美ヶ原高原」

約35キロ50分。

言わずと知れたビーナスラインを楽しむ。

途中、写真撮影等があるだろうから到着は14時以降だろう。


◎女神湖、白樺湖

時間により女神湖はカットするかもしれないが、信州ツーリングを満喫しよう。


◎清泉寮

ここでソフトクリーム休憩だ。

たぶんこの辺りで17時ぐらいだろうなぁ。

こりゃちょっと欲張りすぎかもしれん。


美ヶ原、女神湖はカット。

清泉寮が16時ぐらいか。


むー。

これでもちと遅いな。

白骨温泉が9時からってのがネックか。

ここは「朝から温泉」を諦め、早めの出立としてツーリングをメインにしたい。


だって、スイーツタイムを逃せないんだ。


◎桃の家カフェ「ラ・ペスカ」

これは外せん!


韮崎までは下道だ。

あ、いかん、ツーリングプラン首都圏を申し込むのを忘れてた。


後は気分次第でほったらかし温泉に寄るかどうかというところかなぁ。


そっからは適当に高速道路でまったりと安全に帰るのだ。

無事に帰宅することが一番大事。


道中、くれぐれも安全でありますように。


さて、明日からは詳細なレポートを書かないといかんぞ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

0

さみーからあったかい時の記事を

20190212x.jpg

動画の日付は7月11日。

これは去年の夏、北陸へツーリングに出かけた時の話である。


そう。これが事実上、「時は遡り・・・」シリーズの最後を飾る一連の記事となる。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「まだそのシリーズ終わってなかったんか・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


とは言え、もう7か月も前の話である。

記憶がところどころ飛んでしまっているので、ざっくりとした記事しか書けん。


普段、ツーリング中の買い物は必ずレシートをもらうことにしている。

後でレポートするときに、レシートに刻まれた時刻を頼りに記事を書くのが楽だし、それをきっかけに忘れていた出来事を思い出したりしている。

この時のものも、もしかしたら青色申告用にとってあるかもしれないが、探すのはさすがに面倒だ。


なのでいつものように、時間経過と共に詳細に綴るのはムリ。

せいぜい写真の記録が頼り。写真を撮ってない出来事は抜けちゃってるだろうな。


あと、この四日間の仕込み記事もあることはあるが、それはあくまでも予定だからあてにはならぬ。



さてさて、それじゃ、「TGC初の北陸 能登飛騨編」を再開するとしようか。



冒頭の動画は午前4時半過ぎに山中湖畔を走っている。

距離は自宅から40キロほど走ったところ。

推測するに、起床は3時半ぐらいだったと思われる。


確かこの時は8連休の後半だったか。

元々、北海道ツーが予定されていたのだが、やむを得なき事情によって中止となったんだった。

なので前日も仕事は休み。きっとゆっくりと休養ができたはず。


なんたって金沢まで全部下道で行くと決めた旅だった。


県道147号の急勾配坂道を上って、山中湖畔へ。


それにしても平日でこんなに朝早いとこりゃもう自分のための道路みたいである。

下道でも全然問題ないということがわかった。





IMG_20180711_061112272_HDR.jpg

最初の休憩がここ、道の駅ほくしゅう。

自宅から120キロ、約2時間である。

順調だなあ。


それがわかるのも、スマホで撮った写真のおかげである。






20190212y.jpg

グーグルマップにこんなふうに、時間ばかりかご丁寧に立ち寄った場所まで記録されている。

地図をクリックすれば自宅からの距離も一目瞭然だ。


いやあ便利だ。

タイムラインってのもあり、そこに自分が行った場所が正確に記されるのだが、この時はグーグルマップにその設定をしていなかったのか、はたまた記録が保存されている期間に限りがあるのかはわからんが、記録が探し出せなかった。





IMG_20180711_072447502_HDR.jpg

朝食は最初の休憩から1時間ほど走ったところにあったファミマで済ませた。

さすがに朝の通勤時間で流れも悪くなってきたところだったか。


それでもこの日の最初の目的地、阿寺渓谷まではあと80キロ弱なのだった。



そして朝9時。

着いちゃったよ。






IMG_20180711_091947554_HDR.jpg

阿寺渓谷!

自宅から240キロぐらい、5時間で到着。


いやあ、ずーーーっと来たかったんだあ。


つづく。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。