FC2ブログ

Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
6

妄想 北海道ツー 積載編

じゃあ次はOn the Road 2018 in Hokkaidoの妄想に移ろうか。

こりゃ妄想し出したらキリがないぞ。


なんたって2014年の時なんか、初めてということもあり、妄想記事が多すぎてわざわざ「北海道準備編」というカテゴリーを設けたほどである。

35個も記事を書いたようだ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「行く前から美味しいネタになっている、ということか・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


じゃあ早速行ってみようか。

まずは積載について。


妄想、と言うか、こりゃかなり現実的な話をしないといかん。


今回の北海道ツーでは一部マイハニーを乗せてのタンデムツーが予定されている。

まだ確定ではないものの、これが実現するとなれば現在タンデムシートに乗せているキャンプ用具が積載できなくなってしまうのだ。


解決策としては荷物を現地コンビニ着等の方法で送る、というものもあるのだが、タンデム期間中はテント泊ができない、という制約をできればなくしたい。

それに、もしかしたら今後二人でキャンプ、なんてこともなくはないだろうし、だったら本格的にキャリアの設置を考えてみたい。


そこでネットでNinja1000の現行モデル用のキャリアを調べてみた。

で、あることはあるのだが、「誰がそんなん買うんだよ」と思えるほどの高いやつしかなくて、廉価なものが出ていない。


だれが5万出すねん。キャリアだけで、だぞ?ケース込みじゃないんだぞ?せいぜい2万だろうが。


品数がないのは現行モデルが出てまだ1年経ってないからなのかもしれない。

なので希望をもってもう少し様子を見てみたいがダメそうなら必殺の維水志ローダー復活となるしかないだろう。


そこで汎用性が高そうなキャリアをネットで探してみるが、加工すれば上手に使えそうなのがどれなのかがイメージが全く湧いてこないのである。

しょーがないんで悔しいけどその5万円のキャリアが現車に設置されている写真をじーーーっと眺めていたらなんとなく見えてきた。


だが問題は強度である。


ちなみに前回の東北ツーでタンデムシートに積載したバッグだが、重さはおそらく20キロを軽く超えていたと思う。


そんな重いもんをキャリアに乗せてだいじょぶなのか、というのがわからんのだ。

そもそもその前に、そんなもんを純正じゃなく設置してだいじょぶなのか、ということもある。


維水志のイメージでは、頑丈なパイプをグラブバーとフェンダーに上手に絡ませればなんとか行けそうな気がしなくもない。


こりゃまた暫くホームセンターをうろつくしかなさそうだ。

だが、Ninja400Rの時の「あみあみ」を見つけたように簡単にいくかというと、今回は強度問題もあるのでなかなか苦労しそうである。

挫折も十分に考えられる。

費用が2万を超えそうになったら中止だな。


でも5万のは絶対に買わない。

挫折したらコンビニ送り作戦に変更するしかないのだ。


やってやる、やってやるぞ~。

維水志ローダーを作り出した創造の血が騒ぎだしている。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
4

妄想 北海道ツー how to land 編


さて、じゃあまた妄想の世界へと戻ろうか。

ってか、これもまた妄想というか、現実的な問題になる。


今回は北海道への行き方について。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「確かにいろんな選択肢があるわ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


維水志的には「新潟フェリーでジンギスカン!」をやる気満々でいたのだが、当の隊長は「三人で!」ということでしか興味がなかったらしく、それが実現不可能となるや、「自分は先に北海道入りするから後は勝手に来いや」、という趣旨のメッセージをブログで綴っていた。

なのでここでまたいろいろと考えなければいけなくなった。


2014年の時も、ここは本当に悩んだものだ。

単身さんのように仙台フェリー一択であるなら何も考える必要はないだろう。

だが、維水志の場合は新潟のみならず、大洗、そして仙台も視野に入ってくる。

さらに2014年の八戸フェリーも良かったからそれも魅力的に思えてしまい、これもまた選択肢の一つとなってしまう。


確かに新潟フェリーが一番楽そうだが、バイクも大型になり長距離がより楽になったということを考えると八戸再挑戦もなくはない。


なので、やはりここは費用面から考えてみることにしたい。


・・・。


なんてことを考えていたら、4年前も似たような皮算用はやっていた。

なんたって北海道準備編だけで本編の記事数に迫る数なのだもの。

だが本編には予定編と一年後の感想編も含まれるから、実質準備編のほうが長いのである。


でまあそれはいいとして、新潟フェリーは計算に入れてないからわからないが、どこかが圧倒的に安くなる、ということはなかったと思う。

なら今回は費用面を考えずに、純粋にどこを走りたいか、どのフェリーに乗りたいか、だけで決めることにしたい。


で、隊長から「復路は新潟フェリーを勧める」というコメントがあったんで、やっぱ往路は新潟以外を好みで選ぼうかと思う。


ただタンデムツーが前半になる場合、往路も新潟、もしくは大洗となる。

Ninja1000の座り心地の悪いタンデムシートで長い距離を淡々と高速道路で走るのはタンデマーにとってかなり厳しい旅となってしまうからである。


大洗→200キロ、新潟→360キロ、仙台→450キロだからホントは大洗が一番いーのだろうけども、隊長のブログを読むとあんまり期待できそーもないんで・・・。


ここはマイハニーの知り合いも新潟にいるということでより馴染みのある新潟を選ぶことにしたいが、これはまあタンデマーの意思次第、といったところだ。


それらを含めて今回はいろんなパターンを考えておく必要があるのだろうな。


おお、じゃあパターン1から〇〇まで、いろんなネタが作れそうじゃないかぁ。


そ、それはまあおまけでしかないのさあ。

ホントはこうしていろいろと記すことで考えがまとまってくるというメリットがあるからやるのさあ。


やあ、こうして今回もまた準備編の記事数が増えていくんだろうなあ。

楽しみ~。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

妄想 北海道ツー 目的地編

DSC_8925.jpg

オロロンライン、オホーツクライン、知床横断道路、シーサイドライン・・・、

道路に何でも名を付けりゃいいってもんじゃない、ってよく思うのだが、北海道だけはそれが文句なしでまかり通るのである。

ほぼすべてが命名するに値する極上の道。

国道、県道〇〇などと、数値で表すなんてもったいない。

それが北海道。


なんたって「名もなき展望台」がそのまま名前になっちゃうぐらいだもの。

あれから4年。

そこはまだ名も付いていないままなのだろうか?


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「どこ走っても気持ちいーからねぇ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そりゃまあ都市中心部はさすがに景色まで素敵、とは言わないが、車線や車幅が広くて走りやすい、という点では首都圏のそれとは大きく違っているのだ。

だから「どこどこへ行かなくてはならない」なんて使命感を持ってなくても、ただ単に走っているだけで楽しい気分になるのだ。


それでいて目的地に着けば、これまたどこも極上のサイトスポットだ。思わず驚嘆の声を上げることになる。

なので行きたいところをあげたらキリがない。

ナイタイ牧場、釧路湿原、知床半島、摩周湖、タウシュベツ展望台、開陽台、サロベツ原野、宗谷岬・・・。

どれもこれもまた行きたい。何度でもいいから。


え、選べなーい。


そんなのの連続だから一日が過ぎるのがやたら早い。

そして惜しい。

「もう今日が終わっちゃうのか」と日が暮れる度に思う。


要は目的地がどこであっても、そこへ至るどこの道を走っていてもきっと満足できるのだろう。

そこが北海道ならば。


そう思うのは前回のツーリングが道東・道北が中心だったからだろうか?


否、一昨年の夏、バイクではないがクルマで小樽や積丹へ行った時もやっぱ良かったよなあ。


今回の企画は隊長に丸投げなわけだが、そーゆーわけで維水志は目的地がどこであってもきっと文句は言うまい。


そーさな、しいて言えば、見れなかった開陽台からの絶景を眺めてみたい。

ただ単身さんはそこを経験済みだし、一緒に走れる日程も不明ということで別にこだわってはいない。


だって、この二回目の北海道ツーで終わるつもりはないもの。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

妄想 北海道ツー やり残し編

DSC_8740.jpg

さて、また妄想の世界に戻ろう。

今回は前回の北海道ツーでやり残したことについて記しておこう。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「やり切ったんじゃないのか・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そうなのだ、あの旅たびに関してはやり切った感が強く、トータル的にやり残したものなど何もないのだ。

けどまあ自分の記録を読み返してみると、やり残す、というかあえて言えば「心残り」なことがいくつかあるにはあったので、そのことをまとめてみようと思う。

で、だからと言ってそれ全てを次回の旅で取り戻そうと言う気持ちは毛頭ないので悪しからず。


まずは景観だな。

開陽台、釧路湿原、阿寒湖、屈斜路湖に関してはこりゃもう霧で何も見えなかった。

なぜか摩周湖だけは見えたのはこれ如何に。


霧に限らず、宗谷岬を含めて天候面で恵まれなかったエリアはすべてリベンジ対象となっている。




DSC_8753.jpg

で、そう考えるとすべて天候のせいになるわけだが、一方で全工程雨や台風だった場合のことを考えるとあれはあれで全然恵まれてたとも言える。

ただ、メンバーの唯一の晴れ男が開陽台で最高のショットを撮っていたりするもんだから、心残りな気がするだけなのかもしれない。


そうなると、次回もかなり天候に左右されることになるのだろうが、大掛かりな連休だけに直前で変更するわけにもいかず、こればかりは天に祈るしかないのである。

霧に関してはたぶん時期は前回と同じぐらいだから結果は変わらない気がしないでもない。


つまり解決策はなし、毎回一発勝負、ということだ。


次は、食事。

食事で唯一ザンネンだったのは上陸して最初の〇トマ食堂だ。

しかもあろうことか、その日に限って北寄貝不漁という・・・。

どこまでついてないんだ、と思ったものだ。


で、それ以外は何をいただいても美味かったから、食事に関しては新たな極上グルメとの出会いを期待したい。

「あれ食べたい、これ食べたい」と言っていたらたぶんキリがないだろうし。




あとはまあイベントに関してだろうか。


キャンプ。

実はテントを張ったのは二泊しかなかったのだ。

もうちっとキャンプ泊を増やしても良かったと思う。

だがコテージも良かったから、きっと、地獄のライハ泊が一つあったせいでそう思うのかもしれない。


それとまあ今はゆるキャン△に感化されている、というのもある。



夜の宴。

三人揃った宿泊が二泊でそのうち一泊は寝落ちしてしまったため、十分に楽しめなかった。

前回の東北ツーでチャレンジしてもムリということがわかったんで、ほどほどにしたいが、チャレンジ精神の火は完全には消えていないのだ。


その他、まだ利用していない新潟フェリーなど、上げればまだまだ出てくるだろうが、今日はこの辺にしておこうか。

なんたって、まだ1月だし。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

妄想じゃなくてちゃんとした吟味

DSC_9234.jpg

前回の旅と同じく、今回もまたフェリーについて考えてみたい。

前回は「十何時間も船に乗っているのは退屈にちがいない」という固定観念から、運行時間が8時間の手頃な八戸フェリーを選んだわけだが、復路で実際に仙台フェリー15時間を利用してみた結果、フェリーに長く乗るのもまんざら悪くないということを学んだ。

つまり選択肢が増えた、ということになるから改めてまた色々と吟味しないといけなくなった。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「大人しく一番近い大洗から乗ったらどうなんだ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


まずは現在の運行日程を書いて比べてみよう。

1.新潟フェリー 11:45 → 翌04:30 小樽

2.仙台フェリー 19:40 → 翌11:00 苫小牧

3.大洗フェリー 19:45 → 翌13:30 苫小牧
4.大洗フェリー 01:45 → 当19:45 苫小牧

5.八戸フェリー 08:45 → 当16:00 苫小牧
6.八戸フェリー 13:00 → 当20:15 苫小牧
7.八戸フェリー 17:30 → 翌01:30 苫小牧
8.八戸フェリー 22:00 → 翌06:00 苫小牧

以上は維水志調べ。間違ってるかもしれない。

新潟フェリーは「火~日」となっているってことは月曜はお休みなのかしら?

他のフェリーにはそーゆーのが見当たらなかったってことは休みはないのかしら?

など曖昧なことが多い。


まあ現在わかっている範囲内でいろいろと検討してみよう。


こうやって見ると、北海道に何時に着くか、ってのは結構大事なポイントになりそうだ。


その観点から絞ると、

本州にいる日と北海道に上陸してからの日がそれぞれ半日になってしまう仙台フェリーは遠慮しとこーか。

同様に大洗フェリーの19時45分発もアウトだな。

よって2.3.は却下。


その点で言うと、新潟フェリーはいいぞ。

新潟まで割と余裕を持って行けるということ、北海道に上陸した日を丸々一日楽しめる、という2点が良い。


そして大洗の1時45分発ってのが意外といいかもしれん。

これは休暇日程の一日前の出発が可能になるってことだから、休暇の初日から北海道の旅を始められるということを意味する。

おお、こりゃあいーかもしれん。


で、八戸フェリーを利用するなら時間的に前回と同じ22時発以外はないだろう。


よって1.4.8、の三択ってことになるわけだ。




DSC_8664.jpg


今日は費用面抜きにメリットを中心に考えてみようか。


1.新潟フェリー

さっき書いちゃったがもう少し詳細に。

新潟フェリーターミナルまでの距離はグーグルマップによると約370キロで、所要時間は4時間40分だそうだ。

その程度の距離なら休憩は2,3回で済むだろうし、高速道路上での給油も不要だとすると、所要時間は5時間半から6時間ぐらいか。

乗船は60分前まで、となっているので11時45分発ってことは家を出るのはだいたい5時ぐらいってことだ。

これは首都圏での混雑時間帯も避けられるし、理想的である。


そして小樽4時半着ってのもまた魅力だ。

何しようか?って考えたら妄想が止まらなくなりそうだから今はやらない。別のネタにする。



4.大洗フェリー深夜便

フェリーターミナルまでは約200キロ、2時間40分。

乗船時間は・・・?

なんやて?22時半までに来いやて?

アホか。なんで2時間以上前に着かなあかんねん。

う~む。だとすると、20時には家を出ないといかんじゃないか。

その日はたぶん仕事が21時までなんですけど・・・。


こりゃあれだな、これを選ぶ場合は仕事のスケジュールをさらに調節する必要があるってことかあ。

まあそれが可能だとして、一日早く北海道入りできるのは魅力だなあ。

19時45分着でも苫小牧から千歳空港あたりまで行っちゃえばいろいろと楽しめるかもしれん。


うむ。これはこれで一回の記事が稼げそうである。





DSC_8660.jpg

3.八戸フェリー

730キロ、8時間40分!

アホだ!

よくやったな、こんなの!

そんでその後の北海道の旅でも疲れてないという・・・。


いやあ、これはこれで前回やり残したことが山ほどあるんだわ。雨のせいで。

もう一回チャレンジするのはやぶさかではない。


2回ぐらい記事が書けそうだ。


楽しいねぇ。旅の予定を考えるのは。


まだ、

一月だけどね。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。