FC2ブログ

Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
2

サイクリング・ブギ

♪サ~イクリング サ~イクリング ああ情熱のサイクリング・ブギ
ああ憧れのサイクリング・ブギ 
サ・サ・サ サイクリング・ブギ サ・サ・サ サイクリング・ブギ♪

サディスティックミカバンドのサイクリング・ブギ。

懐かしいなあ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「なんたって黒船だよねー・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


金沢の街を巡る計画を練ろうと地図を見ていたら、主要スポットが割とまとまって存在していることが判明。





P_20180425_081750.jpg

こんな感じ。


けど、歩いて回るにゃ微妙に距離があるような気がする。

かと言って、車でこの距離をちょこちょこ移動するのはちと面倒だ。駐車場の問題もあるし。


じゃあバス?

とも思ったが、マイハニーが自転車はどうかという提案をしてくれた。



そしてこんなサイトを発見。






20180424y.jpg

金沢レンタサイクル「まちのり」

あら、これは便利。


しかも30分以内にポート間を移動すれば、200円で何度でも利用可能とはとっても観光客に優しい。

素敵。


上記のスポット巡りなら、それぞれの移動に30分もかかるまい。

天気が良ければこれを利用しない手はない。





20180424x.jpg

しかも、こんなふうに観光地エリアの各名所にはおあつらえ向きにポートが存在している。

チャリの利用状況もサイトからわかるようになってんのかな?


こりゃあいい!


なんか、自転車に乗るのは久しぶりだし、めっちゃ楽しそう。


それで思わず冒頭の曲を口ずさんでしまったのだ。

べ、別に字数を稼ごうとしたわけじゃないからね。


まあそれは別として、買い食いしながら街を気持ちよく流すなんて、旅行先でやったことないし、是非経験したいものだ。


また一つ楽しみが増えた。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
Category : 2018金沢・能登
0

2018 金沢・能登の旅 旅行日程

本日から短い3連休。

今年はブロンズウィークを待たずに2泊3日で金沢・能登へ旅をすることに。


詳細は、旅が終わってからゆったりと、十分に引っ張りながらレポートすることにして、今日は予定を記しておくことにしよう。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「GWに出かけるなんて珍しいんじゃ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


問題はGW中、ということなのだ。

自動車での旅のため、渋滞等があったら予定のすべてがパーになるかもしれん。

予定を立てた意味がなくなる可能性がある。


けどたぶんだいじょぶ。


なんか、まっぷるによると、石川県の旬の魚って、4,5月は目ぼしいもんがないみたいなのだ。

果たしてGWの目的地として金沢・能登を選択する人たちはどのくらいいるだろうか?


少ないような気がするー。


石川県まで車で行くのに、行き方も様々。

一、東名で名古屋経由

二、中央道で途中一般道を利用するコース

三、関越道で大回りするが全てが高速道路コース


旅行前にグーグルナビで散々シミュレーションしてみるが、時間帯によって名古屋まわりが選択されている場合もあった。

その所要時間は、全てが6時間以上かかると予想されている。


けど、やっぱ距離が一番短くて済む中央道経由が最も無難な気がするのでそちらに決定。


中央道を松本で降りて一般道を100キロ以上走るようだ。


帰りもそれだな。

ネクスコ中日本のHPではGW中の渋滞予想もあり、それによると、中央道の上りは小仏トンネル辺りにかなりの渋滞がありそうな気配。

そんときゃ山中湖方面に抜けちゃえば渋滞に合わないで済むだろう。


さて、往路も渋滞に合わないために出立は午前4時である。

圏央道の八王子JCTがクソ渋滞するらしいんで、それを回避するためだ。


一日目

03:30 起床

04:00 出立

06:00 諏訪SAにて休憩

 途中、適当に休憩。疲れた場合はマイハニーに運転を交代してもらおう。

11:00 金沢駅近くの最大料金設定がある駐車場に停める。

 一番安いのが500円で、それが2個所。それがダメなら700円のにすることになっている。

11:30 ランチ

 ここでまずは寿司。

12:30 レンタサイクル「まちのり」で市内をぐるぐる。

 金沢駅、兼六園、近江町市場、ひがし茶屋街、武家屋敷街などを巡る。

18:30 適当なところで駅前のビジネスホテルにチェックイン

19:00 ディナー

 海鮮居酒屋で鮮魚を堪能。

22:00 就寝


二日目

05:30 起床

06:00 出立

08:00 千枚田

08:30 輪島朝市

11:00 ランチ

 七尾市にある有名な牡蠣の店を選択。超人気店のようだが二日前でも予約が取れた。やはりGWでもそんなに混雑しないだろう。

14:00 五箇山

 白川郷はかなり観光地化しているらしく、五箇山のほうがゆっくりできるのではないかというマイハニーの意見を尊重。


五箇山が最後のスケジュールとなる。

そこからは再び6時間以上かけて神奈川まで帰ってこないといかん。

まあのんびりと楽しみながら帰るのが大事だ。


二日目は能登までの往復を含めると、10時間以上運転することになる。

途中、積極的に交代しないとね。


さて、天気も良さそうだし、楽しみまくることにしよう。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

Category : 2018金沢・能登
0

出だし好調の金沢・能登旅

本日23時前、能登から無事に帰宅。

GW中にもかかわらず、渋滞皆無の快適な旅であった。

留守中、ネコのちゅーたの世話をしてくれたお義母さんに深く感謝申し上げます。


さて、何日引っ張ろうかしら?

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「一泊二日は最低でも7日分だっけ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


「化粧等は金沢に着いてからでオッケー」という、マイハニーの臨機応変で迅速な行動のおかげで、3時半起床の4時出発に成功。

さすがにこの時間なら懸念されている圏央道の渋滞も避けられそうだ。


それでも高速道路上にはそれなりの交通量がある。

さすがGWだ。


「止まらずの維水志」の異名を持つ維水志だが、車でも2時間は連続走行が可能である。

なので最初の休憩場所は200キロ以上先の諏訪SA。

その間、マイハニーにはドライバー交代要員に備え、睡眠をとってもらう。

助手席で人が寝ても何も気にならない。


予定通り、6時ちょい前に諏訪SAに到着。





P_20180429_061808.jpg

朝日が眩しいねぇ。


ここで朝食だ。

フードコートはやっているが、まともに食べられそうもないのでコンビニみたいな店でおにぎり等を購入。

滞在時間20分ちょい。


この後、岡谷JCTで長野自動車に移り、そこからすぐの松本ICで高速道路を降りて、再び東海北陸自動車道まで一般道を100キロぐらい走る。

一般道と言っても、途中に安房峠道路という有料道路と、高山清見道路という無料の高速道路がある。


一般道でも流れが良い。調子いーぞ。


諏訪湖SAから2時間ほど運転しいよいよ疲れてきたので、無料の高速道路に入る前に交代してもらおうと機会をうかがっていたのだがタイミングを失ってしまった。

「ここかな?」と思ったコンビニに入ろうとしたのだが、前をずっと走っていたのろいクルマが先にそこに寄ったのでやめた。

そーゆー気分になることってあると思うんだ。

だがそれがいけなかった。


トイレにも行きたいのに、有料区間に入るまでSA・PAが一切ないまま高速道路に入ってしまった。


まあ膀胱はもうちっと頑張れるだろうが、疲れがピークだった。




P_20180429_084308.jpg

やっとのことで北陸道の最初のPAに到着。


なんたって、前日のフル勤務に加えて3時半起床だもの。

睡眠時間が4時間程度で4時間以上の運転はさすがに疲れるわ。


それにしてもここ、トイレと自販以外、何もないわ。

潔くて好きだな。


ここでようやくマイハニーと運転を代わってもらう。

もう残すは80キロちょっと1時間だ。

金沢駅近くの駐車場までよろしく~(*´▽`*)


自宅を出てから間もなく5時間になろうとしているが、そんなに経っている感じがしない。





DSC_5201.jpg

ひゅ~う!

五箇山だあ。帰りに寄るんだあ。






DSC_5202.jpg

ここまでほとんどがトンネルだったが、目前には広大な平野が広がる。





DSC_5203.jpg

後方には立山連峰。

ホント、壁だわ。


金沢東インターで高速を降り、すぐのエネオスで明日の能登に備えて満タン給油。

燃費がいーじゃーん。

ほぼリッター20キロだ。

航続距離が600までイケそうだわ。

一般道が多い今回が大阪の時より断然いいのは高速道路であんまりスピードを出さなかったからか、もしくはエンジンが鍛えられてきたかのどちらかだな。



関東では見られない景色を楽しみながら金沢駅へ向かう。


いーねぇ。し~んせ~ん(新鮮)!



やがて・・・、







DSC_5204.jpg

金沢駅だあ!


え?こんなんだっけか?


と、思ったら、こっちはメインとは反対側だったようだ。




DSC_5206_20180502164447923.jpg

つ、着いた・・・。

ようやく・・・。

10時15分?

休憩時間を差し引いても6時間かからなかった計算だ。


いやあ、感動するなあ。

ついに石川県までやって来たよ~。


これからいよいよ旅が始まるのさー。




荷物はホテルに夕方チェックインするまで車に残し、必要なものだけ持って金沢駅まで歩く。

マイハニーは駅で化粧をするのだ。


線路沿いを7~8分のようだ。




DSC_5208_20180502164448ed6.jpg

こっち側だあ!

メイン!




DSC_5209_2018050216445056a.jpg

反対側とは明らかに人の数が違うぞ。





DSC_5210_201805021644512e9.jpg

おー、地下道もあるのかあ。



そして・・・、





DSC_5211_20180502164453f5f.jpg

そうそう、これこれー。

これが見たかったんだ。


正面へ回ろう。






DSC_5212_20180502164454fc5.jpg

なんかイベントがあるようで吹奏楽部?がいる。





DSC_5215.jpg

え?これって木製だったんだ。

知らなかったんですけど。


凄い迫力だあ。




駅ビルの中へ。





DSC_5218.jpg

来たー、ひゃくまんさんやぁ!





DSC_5219_201805021644590a6.jpg

石川県、って入ってるのがいいねぇ。

渋い!


マイハニーもすっかり気に入っている様子。







DSC_5220.jpg

さっきのミニオブジェがある。






DSC_5223_201805021645023fb.jpg

加賀友禅。




DSC_5225.jpg

九谷焼。


あ~、なんかわくわくするー。




DSC_5224.jpg

明日は能登まで行くのだ。


ささ、化粧が済んだら、まずはランチだね。

寿司食おう、すし~!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

Category : 2018金沢・能登
4

寿司は寿司屋

DSC_5226.jpg

駅の反対側から歩いて徒歩5分ほどのところにある寿司屋にやってきた。

行く前からまっぷるで見て、ここに決めていた。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「石川県の寿司、期待できるねぇ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


DSC_5227.jpg

11時オープン。

維水志たちより先に女性二人組が入っていった。


入るなり、「予約は?」と問われる。

それほどに人気の店なのだろう。

「1時まではいないですよね」と念を押されてカウンター席に通される。

寿司なんだから酒でも飲まなければ滞在時間は1時間もないでしょうよ。

それにしても客に対して来るなり「~時まではいないですよね」って・・・。


雰囲気は・・・・、


×


まあ流行ってりゃあ、接客なんてもんは二の次だろうて。

別に寿司が美味けりゃいーさ。



P_20180503_095452.jpg

ここに決めた理由がこれ。

まっぷるに載ってた写真。

美しいではないか。

寿司ってのは芸術に近いと思うのだ。

寿司に限らず、和食ってのは一種の芸術なんじゃないかと。


で、こうやって器に出てきたものを綺麗に写真に収めようと思ったのだが・・・・、






DSC_5228.jpg

通された席がカウンターだったため、こうして毎回写真に撮ってから食べることになった。


すまん、ブロガーなのだ。

いちいち面倒くさいがそこはご容赦願おう。


まっぷるの説明通り、辛み大根ののったブリ。





DSC_5229.jpg

鯛。

カウンターだけに毎回説明しながら提供してくれる。

大将ではなく、若い衆が握っていた。





DSC_5230_20180503095215946.jpg

サイズ的にはちっちゃめ。


けどこれで十分だ。

やっぱ寿司は寿司屋だろ。


ネタの新鮮さや仕込みはもちろん、シャリだよ。

この、手で握っても崩れてしまわないほどに柔らかすぎない、かと言って硬くないこの握り。

そして口の中でネタとバランスよく合わさって溶けていく旨味。

さらにお米の質。


芸術だあ。


こうなると接客云々はやはりどーでもよくなる。






DSC_5231.jpg

こちらもまっぷるの説明があったのでハッキリ覚えてられた、スダチと塩でいただくアカイカ。





DSC_5234_20180503095218c53.jpg

バイガイと甘海老。

バイガイ、食べたことない。


これ、甘海老は一尾なのだけれど、それを上手にさばいてこの状態。


二尾ぐらいあっても・・・、とも思うが、これもバランス重視のためだと思われる。





DSC_5235_201805030952194bc.jpg

アジ。

すでに醤油が塗ってあるからこのままいただくんだそうな。





DSC_5236.jpg

これは一転、厚みがある。






DSC_5237.jpg

マイハニー絶賛の天然アナゴ。

甘ったるいタレではなく、煮かたがさっぱりなのが気に入ったんだそうだ。

これなら食べられる、と言っていた。






DSC_5238_20180503095224d3e.jpg

ガリがなくなればすぐに補充してくれる。

あの一言がダメなだけで、実は接客もちゃんとしているのだ。






DSC_5239_20180503095225309.jpg

ガスエビとカニ味噌。


ガスエビってのは初めて聞くし、たぶん食べるのも初だろう。

甘エビとは違ってまた最高に美味しい。


カニも、味噌がいいねぇ。






DSC_5241.jpg

そして〆は、ご存じ名物ののどぐろ。

炙ってある。

こちらもスダチと塩でいただく。






DSC_5242.jpg

へぇ~。

これも食べたことない味だあ。

ねっとりとしている。

こりゃたまらん旨さだわ。

高級魚なんだなぁ。





DSC_5243_20180503095230286.jpg

最後にマイハニーが巻物をオーダー。

とろたく、だそうだ。

これもたぶん初めて食べたけど、沢庵とトロと海苔の組み合わせ、いいねぇ。




DSC_5244_2018050309523183e.jpg

最後に海老の頭が出て終了。


と~っても満足。

寿司屋に入ることなんてめったにないから貴重な体験だった。


滞在時間40分程度。


通常3,800円の「百万石の寿司」がGW価格で4,000円だとさ。

そーいうの、あんまり好きじゃないなぁ。

たかが200円程度ならわざわざ高くする意味があんのかなぁ?

それとも「4,500円」って言われないだけまだましなのかなぁ?


きっと、それに文句を言うぐらいなら寿司屋なんぞに行くべきじゃない、ってことなんだろうねぇ。


芸術を味わうのは大変だ。


ささ、お腹も満たされたんで、いよいよ駅へ戻ってチャリンコで行動開始だ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

Category : 2018金沢・能登
2

レンタサイクルで兼六園へGo!

20180502y.jpg

さて、早めのランチを終えた後は、予定通り金沢市のレンタサイクルシステム「まちのり」を利用して市内をぐるぐる巡ることに。

夫婦でチャリで出かけるなんて、海老名に住んでた時にサービスエリアまで行った時以来かもしれん。


そもそも自転車に乗ること自体が5年ぶりぐらいかも。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「朝3時半に起きて6時間運転した後でよく体力があるなぁ・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


利用前に、まずそのシステムを理解しないといかん。

20180502x.jpg

街中の有名な観光スポットに「ポート」と呼ばれるチャリ置き場が点在している。

上図のようなマップをウェブ上で見ることができるのだが、マップ上に記されているマーク地点にそのポートがあり、利用できるチャリの数がリアルタイムでわかるようになっている。

で、そのポート間を30分以内で移動すれば、1日200円で使い放題になるのだ。

ただし、30分を超えてしまうと追加料金が発生しまくるのである。

なので、ずっと乗り続けることができないというのが難点か。


まあこんだけポートが短い間隔であるのだから30分をオーバーすることはないだろう。

それを気にせずにずっと利用するなら一日利用コース(500円だか)を選ぶべきだろう。



ランチ後、金沢駅に戻り、19番のポートへ向かう。


・・・。


って、チャリがないんですけど。

否、あるのだけれど、5台しかなく、すでに二組が並んでいる。


並んでいる間に、チャリが一台帰ってきてどーにか乗れることになった。


これはさー、使いたいときにポートにチャリがない場合があるってことだわね。

けど30分以内の利用だから、そんなに待たずとも乗れる可能性が無きにしも非ず、と言ったところか。

それがこの短い時間で垣間見れたわけだ。






DSC_5247_201805030952341ef.jpg

早速ゲット。

なんと、ギア付きだし、オートライトだ。

すごいな。


で、維水志、ギア付きなのはマイハニーに教えてもらうまではわからんかった。

だってレバーがないんだもん。

聞くと、ギア表示のすぐ横にあるダイヤルみたいのをぐるぐる回すだけでいいらしい。

そ、そーなの?

進化してんなー。



じゃあまずは兼六園から攻めようか。

グーグルナビによると、こっから徒歩で2.7キロ、34分だってさ。

じゃあチャリなら20分ぐらいで着くからだいじょぶだね。



で、ここで最初からミスを犯す。



夫婦共々、方向音痴。

おまけに地図の見方がわからない。

チャリにはホルダーがないため、スマホナビは手持ちじゃないといかん。




DSC_5246_20180503095233b5a.jpg

散々迷いながら、ようやく兼六園が見えた時にはすでに30分を大きく回っているのだった。

はい、追加料金発生。

200円で済むところが400円。二人だから800え~ん(/ω\)。


しかもポートの位置がマップからだとよくわからん。


下手をすると1時間以上が経過してしまう。

そ、そしたらどーなるんだ?

さらに200円追加?

支払いを「クレジットカードで払う」を選択しているから底なしに借金が増えていく可能性がある。

何というアコギな商売なのだ?

観光客から大金をぼったくるシステムなのか?

チャリで?


「方向音痴が悪い」と言えばそれまでだが、結構そーゆー人って多いんじゃないか?


で、ようやくポートを発見。

ねぇ。ポートの位置がもっとハッキリとわかるようにしてくれよ。


着くと、そこには整備のおっちゃんが二人いて、返却の仕方とかを教えてくれたが、いなかった場合、もしかしたらもっとやらかしていたかもしれない。

ポートにチャリを返却する際、ガチっと奥まで納めないと返却したことにならないらしく、次のチャリも借りれないどころか追加料金がいつまでも発生するんだとか。

くわばらくわばら・・・。


そして学んだ。

目的地が遠くて30分以上かかる恐れがある場合は、途中のポートでいったん返却し、そこから再び出発すればよいのである。

けどこの作戦だと、チャリがポートになかった場合、返却して即使おうとしても、待っている人がいたら譲らなければならずアウト、そこで無駄な時間を費やさなければならなくなる、という恐れがある。

さらに学んだ。

要はポート間の移動を近い順にすればよいのである。




20180424x.jpg

で、これは旅行前に作成したものなのだが、これを見るとたぶん最初はそのつもりだったはずなのだ。

ところが、何をとち狂ったのか、駅から一番遠い兼六園を最初の目的地としてしまったのだった。


アホや。効率が悪すぎる。


この後、このシステムについてはまだまだ学ばなければいけないことがある、と判明するのである。

そこまでしないと使いこなせないのだ。


ってことはさー、あんまり親切なシステムじゃないってことだよねー。

次に金沢に来る時はきっともう忘れてんだろうし。




まあいい。

チャリで知らない街を巡るのが楽しかったからいーさ。

一人400円でこんだけ遊べたのだ。

それに駅でバスを待つ人の長蛇の列を見たが、あれよりチャリの方がどんだけマシなことか。



それにしても・・・・、


つ、疲れた・・・。




DSC_5251_20180503120902e7d.jpg

兼六園だあ。





DSC_5255_20180503120903478.jpg

たぶんだけど、初めてここを訪れたのは30年ほど前のことだと思う。





DSC_5256.jpg

そんときゃまだ雪が若干残っているような季節だったと記憶している。





DSC_5258_2018050312090713a.jpg

だからか、全然違って見えるし、まるで始めて来たかのようである。






DSC_5260.jpg

こんな高台にあったんだっけ。





DSC_5262_20180503120910c27.jpg

へー。




DSC_5263_2018050312091289d.jpg

ほー。




DSC_5266_2018050312091396a.jpg

ふ~ん。





DSC_5269_20180503120915ced.jpg

この芝生じゃない、苔というか、グランドカバーというか、こっちのほうが見ごたえがある。





DSC_5271_20180503120917b32.jpg

どんだけ手入れしてんだろ?






DSC_5273_201805031209188d3.jpg

たぶん30年前の維水志はそーいったところ、ほぼ無関心だったにちがいない。






DSC_5274.jpg

いちいち綺麗で心を奪われるスポットがあるのがニクイねぇ。






DSC_5279.jpg

まったく記憶にない像。





DSC_5280_2018050312092227b.jpg

立派。




DSC_5281_20180503120924273.jpg

作業中。





DSC_5283_20180503120925b27.jpg

わあ、なんだあ?





DSC_5287_20180503120927a10.jpg

金沢城の石垣が見える。

今回、金沢城はスル―。





DSC_5289_20180503120928978.jpg

む~ん・・・。

そろそろ飽きてきたぞ。





DSC_5291_2018050312093048d.jpg

じゃあ懲りずに「まちのり」で次のポイントへ移動しよう。





DSC_5293_20180503120931b94.jpg

次は武家屋敷跡だ。

1.2キロ、徒歩15分。

今度はだいじょぶそうだ。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

Category : 2018金沢・能登
このカテゴリーに該当する記事はありません。