FC2ブログ

Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
2

DC電源ソケットを利用する

DSC_2332.jpg

マルチバーを取り付けたことにより、とりあえずスマホを設置する位置は決まったとして、問題は電源供給である。

それで影丸の時に使用していたものを流用しようとしたのだが、結局、邪魔になるのでやめて他の物を買うことにした。

せっかくDC電源ソケットをオプションで付けたのだから、もう少しスマートにいきたい。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「いつものケチ臭い維水志はどうした・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


あれはDC/ACコンバーターってやつで普通のコンセントが付いているタイプだから、かさばっちゃって設置場所が見つからないのだ。

Ninja1000 2017はハンドルの切れ角がデカいんで、ハンドルの動く範囲の邪魔にならないようにすると、スペースがあるようで実はほとんどないのである。

だからコンバーターは車専用にすることにした。


で、買ったのがこれ。




DSC_2334_20170707120833e99.jpg

Anker PowerDrive 2 (24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー) iPhone&Android対応 (ブラック) A2310012

ちなみにバイクのバッテリーで使えるのかどーかわからんが、「12 / 24V入力」って書いてあるからたぶんだいじょぶだと思って買った。

まだ走りながら使ってないからわからんが、接続してキーをオンにしたら一応ランプは点灯していた。




DSC_2336.jpg

赤いリングが点灯すんのかと思ったら、そーじゃなかった。

真ん中上部のちっちゃな穴にかすかなランプがともるだけである。


まあAmazonのレビューが良かったからこれにした。千円弱。




DSC_2390.jpg

そしてついでにこれも。

同じくANKERのスマホ用電源ケーブル。

毎回外出するのに枕元に置いてある専用ケーブルを持ち出すのが面倒だからいっぱい入っているセットものにした。

1本1本、丁寧にマジックテープで巻いてある。




30センチ2本、90センチ3本、180センチ1本。

このうち90センチをバイク専用に。

90センチ他2本は車載用、30センチ1本は充電器用、180センチは枕元用、だな。30センチが1本余った。



実はこれを買う前にサイズが合わないケーブルを買ってしまって返品する羽目になった。

なんか、「両面刺せるCタイプ」かなんかだったのだが、スマホ用じゃなかった・・・。はは・・・。

しかも、バイク用品じゃないけど、一緒に間違ってオーダーしたものもあったとは・・・。

今日、620円の送料を払って両方とも返品したさ。


まったく・・・・。

無知はこれだから困る。


今度はさすがにだいじょぶで安心したわ。



DSC_2387.jpg

それでまあこうなるわけだが、問題は配線である。

スマホをハンドル右側に設置したため、ケーブルをバイク本体に這わせて右側のマルチバーのところまで到達させないといけない。

だから90センチの長さは欲しかったわけだ。



DSC_2382.jpg

カウル下を這わせ・・・・、




DSC_2379x.jpg

次にちょうどタンクの前の下に隙間があったのでそこを這わせ・・・、



DSC_2383.jpg

タンク右側出口にある何かの配線と一緒に一度束ねておいてそこから上に伸ばし・・・、




DSC_2386_20170707120858096.jpg

マルチバーの使用していない穴を通して完成。

使用しない時はグリフィンドールのリストバンドの内側に忍ばせておく。





DSC_2389.jpg

で、こうだあ!


こちら側はハンドルの切れ角分の遊びが必要になる。

やはり90センチぐらいが余裕があってよかった。




DSC_2388_20170707120914e64.jpg

最初はコードをハンドルの前で渡そうと思ったのだけれど、それだとハンドルと共にコードがやたらと動くことになり、左側でも遊びが必要になってしまうので止めた。

これなら動くのは右側だけで済む。




そしてUSB電源の左側を使わない時は・・・、




DSC_2374_20170707120835759.jpg

100均で買ったこれを使って・・・、




DSC_2380_20170707120853a2e.jpg

こんな風にし・・・、




DSC_2377_201707071208378de.jpg

カウル内部にはっつけておく。

雨の場合に備えて、カウルのもっと内側の下にも仕舞えるようになっている。

そこは取り出しにくいんで普段は写真の場所を利用。



これでスマホの電池切れを心配することなくナビが使える。


ちゃんと機能すれば、だけど。


そして左側の、カメラ用のマルチバーも見つけてポチッた。

またまたちゃんとフィットするかどーかハッキリとはしていないのだが・・・。


また見切り発車になりませんように。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
6

マルチバーホルダー追加

DSC_2416_01.jpg

左側のマルチバーホルダーにはこいつを選んだ。

デイトナ・マルチバーホルダー・ハーレー用。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「なんでハーレー用・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


例の、↓
20170621x.jpg
南海部品のこれが使えないかと思って、1週間ほど前にうちから一番近いニャンカイ部品に行ってみた。

慣らし終了ツー前にカメラを積載するバーがどーしても欲しかったのだ。

この商品、amazonでは欠品中なのだが、ニャンカイ部品の名がつく店舗なら在庫があるかと期待して出かけた。

だが結果は店でも欠品中だった。


商品はなかったが、この部品がNinja1000に使えそうかどうか店員さんに聞いて、実車を見てもらったのだが、結果は無理そうだという見解だった。


じゃあ、ってんでせっかくだから、代替品になりそうな、↓
20170713x.jpg
デイトナのこの商品を見せてもらった。

ボルトの幅が合うかどうかわからなかったので、パッケージからわざわざ出してもらい実際にあてがわさせてもらうことに。


すると、たぶん右側には合うようなのだが、やはり左側には合わなかった。

以前にも記したが、Ninja1000の、レバー類(もしかしたらマスターシリンダーって言うのかも?)をハンドルに留めておくボルトとボルトの間の幅が左右で違うのである。

なんで?と思うのだが仕方がない。

で、左側の方がこの幅が広い。結果、この商品だと短すぎて入らない。


すでに右側に設置してあるスマホ用のを左側と入れ替えればイケるのだが、右側は実際に使ってみてその利便性は実証済みだから変えたくない。

それで諦めて帰った。


そして帰宅後、amazonを物色していたら、デイトナのマルチバーホルダーっていろんな種類があるということを発見した。

維水志が買ったやつよりもう少しコンパクトなやつもある。

なんだあ・・・。もうちょっと調べときゃ良かったなあ。



で、その中に、↓を見つけた。
20170713y.jpg
ハーレー用のマルチバーホルダーである。

ニャンカイ部品で見せてもらったのと比べると穴の形状が違うし明らかにこっちの方が幅が大きい。

説明を読むと、ボルト間のピッチが38~40ミリとなっている。

そのピッチ、というのがそれぞれの穴の中心間の距離を指すのかどーかがわからんのだが、実車のほうを測ってみると37ミリあるかないかぐらいだということがわかった。

じゃあ、ダメだ、と思ったが、ニャンカイ部品の店員さんが「棒やすりかなんかで削る人もいますね」と言っていたのを思い出した。

そもそもそんな棒やすりなんか持ってないし、削ったらそこから錆びちゃうんじゃないか、と思ったからその時は丁重にお断りしたのだが、他に合うような商品が見つからない以上、これで何とかするしかないと決断しポチった。


で、届いてからあてがってみたが、やはり商品のピッチのほうが若干長かった。

なので内側に削るしかないことが決まった。


結論から言うと、なんと、家の工具箱の中に棒やすりが存在していたのだ。

見つけた時は感動したわ。

そして内側にちょっとだけ削るとバッチリハマるようになった。

で、錆防止にタッチアップペイントを塗っておいた。





DSC_2394.jpg

設置に成功。





DSC_2395.jpg

けど、問題が残った。

ハーレー用の割にはインチボルトだけでなく、ミリボルトも付属していたのだが、そのボルトが長すぎてネジが奥まで入らないのだ。

さすがにボルトをぶった切る工具は工具箱の中に入ってなかったので、間に合わせの工具でなんとかしようとしたらネジ山を駄目にしただけで終わった。

たまたま写真のようにセムスボルトがあったがこれまた長さは変わらんのだった。

しょーがないんで応急処置としてスペーサーにナットをかませて設置した。


それにしてもハーレー用だとワッシャーすら付属してないのは何故だ?






DSC_2413.jpg

で、後日、6ミリ×40のステンレス六角ボルトとワッシャーをホムセンで買ってきて再設置。




DSC_2414.jpg

えーんでないかい?




20170713f.jpg

ちなみにこっちが前回カメラを右側に設置したときの画像。

スクリーンがない分すっきりしているが音がうるさすぎた。



で、今回この新設のマルチバーにカメラを設置し、撮影した画像が、




20170713g.jpg

これ。

う~ん・・・。

ナナメになってる~。

そして風切り音も前よりはまし、ぐらいにしか改善されていない。


スクリーンが歪んでいるせいか、いまいちパッとしないなあ。


やっぱ単身さんの言ってた通り、カメラは真ん中じゃなきゃダメっぽい。


苦労して設置したわりにゃ、今んとこイマイチ感が抜けない。

今後また策を練ることにしよう。




そしてDC電源によるスマホの電源供給だが、こちらも結論から言うと、失敗だった。


最初はちゃんと認識していたのだが、何故だか途中からスマホに「推奨される電源供給ではありません」的なメッセージが出て充電しなくなってしまうのである。

そうかと思うと、バイクの回転数が上がると同時にスマホの画面がオンになったりする。オンになるけど充電はしない。


こりゃANKER製のソケットがいかんのかと思い、我が家の軽自動車でANKERのコードと一緒に試してみたが、こちらは何の問題もなく充電されたのだった。

うー。

じゃあバイクの純正DC電源がいかんのか?


これまたそれなりに金をかけた割には役に立たないのだった。

買ったものが役に立たない時ほどがっかりな気分になることはない。

やっぱもっと高いもんじゃないとダメなのかしら?と思うとさらに失望感が増す。


何かなあ、DC電源も役に立たない、パニアもまだ来ない、だなんて・・・。

消費者にこんなに失望させていーものなのか?

やはりカワサキはカワサキでしかないのか?




これまたしょーがないんで、メーターの設定でも変えてみることにした。





DSC_2415.jpg

慣らし第二段階に向け、6千回転に到達すると黄色いランプが点滅するようにした。

針先も光るんだそうだが、そんな仕掛けを仕組むんだったら、普段から見やすいように光らせておいてほしいものである。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

4

やっぱり頼りになるのは・・・

DSC_2439_20170721185340324.jpg

昨日の動画、実はカメラテストを兼ねていたのだ。

カメラの位置を少し内側に移動したんでそれを試した。

エンドレス録画ってのも試しながら50キロほど走ってみた。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「誰かさんが即、反応してたし・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


結果は・・・?


やっぱり風切り音がよろしくないんでボツ、かな。

まあいろいろとやってみるしかないのだ。





DSC_2435.jpg

デイトナのマルチバーに、ドリンクホルダーで使わなかったパーツを設置。

そこに維水志マルチバーホルダーを追加して完成。





DSC_2434_2017072117183918a.jpg

若干、左寄り。




DSC_2438_20170721171850d57.jpg

実はほぼ真ん中に出来なくもないのだが、タコメーターが見にくくなってしまう。





DSC_2437_20170721171850fa9.jpg

もうちっと低くして手前に寄せれば解決しなくもないんでやってみてもいーんだが、なんか、ビビり音が激しいんだよなぁ。





DSC_2436.jpg

影丸の時もビビり音はしてたような気もするが・・・。


前にレンズ廻りにスポンジをはめる、という技をkenji00さんがやっていたから、それを試すのもいーかもしれん。






DSC_2442_201707211853565be.jpg

それにしても、頼りになるのは結局、維水志マルチバーホルダーなのかあ・・・。




DSC_2440_20170721185357c0c.jpg

後は単身さんが教えてくれた、真ん中にバーを渡すタイプのやつが最後の手段、と言ったところなのだが、今はこれ以上ここにお金を費やすことはできない。




DSC_2441_201707211853577d8.jpg

となると、暫くはやっぱり維水志マルチバーホルダー、ということになるのだろうな、きっと。




DSC_2443_20170721185357905.jpg

暫く・・・?


う~む。

いやあ、このままずっとこれになりそうだ。

間違いない・・・。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

4

ドラムバッグの代わりに

20140810x.jpg

キャンツー時に今まで使っていたドラムバッグ。

だがせっかくパニアを購入して雨の心配がなくなったのだから、こちらも防水のものに換えることにした。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「まず『雨』なのね。やっぱ長旅に雨対策は必至だよねぇ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


それで選んだのがこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モンベル(mont-bell) ドライダッフル ブラック(BK)
価格:7200円(税込、送料無料) (2017/9/12時点)



mont-bell(モンベル) ドライダッフル。

amazonのレビュー件数がそれなりに多くて一定以上の評価があればたいていは問題なく使えるんでこれにした。

以前から目を付けていたが、モンベル商品ってどこで買ってもたいていは割引がない。

そこで海老名のららぽーとに行った際に直営店で実物を見てから買おうと思ったのだが、置いてないでやんの。

モンベルにしちゃ珍しくバイク専用品だからかしら?チャリ用はたくさんあるのに・・・。


結局、ポイントが使えるという誘惑に駆られ、モノを見る前に楽天のネットショップで購入するという暴挙に出た。

もしかして正規品じゃないのかしら?という不安があったが、杞憂でしかなかったようだ。

届いてみるとちゃんとしたモンベルのタグが付いていた。

前にデイトナ製品って謳ってあるタンクパッドをネットで購入したのに届いたのが変なイタリア製のタンクパッドだったことがあるからさー。






DSC_2954.jpg

で、実物を目にして思った。


「う・・・。思ったより小さいんじゃね?」


まあサイズは見て知っていた。幅は60センチだ。

今まで使っていたドラムバッグはたぶん75センチぐらいあったからそう感じるのだ。



それにしても面白い造りだ。


チャックが付いてない。

閉める時は開口部を三十巻きにしてバックルで留めるんだって。

チャックじゃ完全防水にならないからかしら。





DSC_2957.jpg

開口部が大きく開くので、モノが入れやすそうだ。







DSC_2955.jpg

厚みはそれなりにありそうだし、やっぱ造りがしっかりしているのがわかる。





DSC_2954_01.jpg

やっぱ60センチだわ。





20170911x.jpg

この写真のように物をめいっぱい詰め込んだ状態だと多少は幅が広がるから70センチぐらいにゃ対応してくれそうである。






DSC_2960.jpg

懸念されていたのは、隊長からもらったこのコットが入るかどうかだった。

維水志が持っているキャンプグッズの中で一番長いのがたぶんこれなので。


すでにポールの長さが65センチぐらいあるわ。




恐る恐る入れてみると・・・・、






DSC_2962_20170911115428915.jpg

よかったあ(*'▽')

全然問題ないじゃーん。





DSC_2963.jpg

ちょっと端っこが膨らむ程度で済んだ。







DSC_9891.jpg

後はまあ、こんだけの物が収容できるかどうかだが、ダメなら量を減らすか、容量が増えたパニアに移すかだな。







DSC_2958.jpg

問題はバイクへの積載方法である。


謎のコードが付属しているが説明書が見当たらない。

分かるのは、一番下のが肩掛け用のストラップであることぐらいである。




20170911z.jpg

バイクに積載された写真を見てもよくわからん。

こんなんでちゃんと安定して走れんのか?

維水志ローダーと比べたらなんとも頼りない積載方法である。






DSC_2964.jpg

で、よく見たら、タグにおざなりの説明書が付属されていた。

あー、なるほどね。


まあ不安定ならこれにネットを被せたり、あるいは荷締めベルトを使ったりすればいーわね。


荷物を詰めて積載した様子は後日レポート予定。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

4

ニュー・ドリンクホルダー

20170915x.jpg

新しいドリンクホルダーをポチった。

以前、買ったものは維水志ローダーのあみあみに本来の設置方法とは違うやり方で固定させてしまい、余った部品はカメラ用のバーホルダーに利用してしまったので使えないのである。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「せっかく重たいメットを使ってるんだからドリンクは気軽に飲みたいよね・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


それにしても以前買ったのは酷かった・・・。


DSC_9430.jpg

これよ。


以下、以前の記事から引用。

【筒助くん・固定用】
「ドリンクホルダー 据置型 アジャスタブル ハンドル固定用 サビにくい! バイク ママチャリ スクーター エアロバイクに」
「とうすけくん」と読むそうだ。amazonで千五百円弱。


下の黄色いネジがプラスチックですぐにバカになってどっかにすっ飛んでっちまった。

道具箱に埋もれてた蝶ナットとボルトで代用できたからいいようなものの・・・。



同じ間違いはしたくないので今回は冒頭の写真の、金属製のものを選んだ。



TNK工業 スピードピット ジャスタードリンクホルダー JD-1 ブラック




設置する場所は例によって左サイド。

Ninja1000に跨った際の、ちょうど太もも後ろ辺りにちょーどいいバーが2本あるのでそこに付けてみることにした。




DSC_2976.jpg

ハンドルバーに水平に付けるわけではないので設置角度が調整できる製品が欲しかったのだ。






DSC_2978.jpg

「角度が調整可能」、となっている割に、ビスで2本留めしてある。


え?これじゃダメなんじゃね?

と思ったが、





DSC_2977.jpg

なんのこたない。こういう仕組みになっているのだった。

つまり、この真ん中の位置を利用するなら角度は自由自在、ということだ。





DSC_2981.jpg

そしてネジも金属製?である。

金属だよね。





DSC_2982_2017091511284170a.jpg

で、ちゃんと穴が開いているのがまたいい。

ここに結束バンド等を通し本体につないでおけば、ネジの脱落&紛失が防げるのである。






DSC_2983_20170915112858262.jpg

問題が一つあって、それはバイク本体のバーは円形ではないということ。

そこできっとこの附属のラバーが役立つだろう。



まあとにかく設置してみよう。






DSC_2985.jpg

ちょーどいい位置にがっちりと設置できた。


タンデマーの足にもぶつからないだろう。

邪魔ならタンデム時は外せばよい。






DSC_2984.jpg

ライダーのちょうど太ももの裏側になるのだ。





DSC_2987_20170915112902089.jpg

上から見た写真。





DSC_2988.jpg

跨って足を地面につけた場合の写真。






DSC_2989.jpg

足をステップに乗せた時の写真。






DSC_2990.jpg

で、手を下に伸ばした際の写真。

普通に手を下ろせばそこにドリンクがあるという、ぴったしの位置になった。



実際にペットボトルを置いてみた、というか挟んでみた印象は、というと、金属製だけに柔軟性に欠けるかもしれない。

狭くし過ぎると出し入れがスムーズにいかないかもしれんし、ゆるゆるだとボトルがすっ飛んでしまう恐れがある。


なので調整が難しいだろうな。

実際に走って使ってみてからまた感想を述べよう。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

このカテゴリーに該当する記事はありません。