Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
6

箱根新道

机に向かって仕事の準備をしていて気がつかなかった。

今日は随分といい天気なのだ。

こんな日にバイクに乗ったら気持ちいいだろーなー、と言ったらマイハニーが「箱根でも行ってくれば。箱根新道いま無料だし」と言う。

確かに今日は授業が5時半からだし行こうと思えば行けるかも知れない。

ちょっと本気で考えて、ヤフーの地図検索でどーやって行くのか見てみたら簡単だった。
しかも途中に道の駅があるではないか。こりゃ芦ノ湖まで行かずとも道の駅まで行って帰ってくるだけでも楽しいかもしれない、と思った。

マジになったが仕事準備が意外と手間取ってしまい、ぐずぐずしてたらもう3時を回ってしまった。

それでももう行く気になっちゃったから後に引けない。

時間見ながらやばくなったら折り返しゃいーや、と身支度してたらなんかさっきまでの快晴はもうどこかへ行ってしまっているのだった。

なんすかそりゃ・・・。

急きょジャケットのインナーを装備してウィンターグローブも一応予備で持っていくことにした。


いざ出発!

国道1号から新道に入るのだが一度通り過ぎてしまってちょっと時間をロス。

すぐさま修正して料金所へ。

懐かしい。箱根新道なんて何年ぶり?

しかもバイクでは初めてだ。カーブとかだいじょうぶか?地図で見たときは激しいカーブは4箇所ぐらいだったが・・・。

ひたすらの上り坂を快調に飛ばすが平日でしかも無料区間ということもあって大型トラックが多くすぐに追いついてしまった。

だが慣れない山道なので様子を伺うためにも返って好都合なのであった。

そうして山道を味わいながら暫くのんびりと楽しんでいた。

ところが、前はトラックで詰まってるというのにやたら背後に迫ってくるバカなクルマがいたりする。

ホント、バカだねえ。あんなにあおってバイクになんか突っ込んだりしたらどーなるかぐらいわからないのかしら?一歩間違えたら一生人殺しの汚名をかぶって生きるんだぜ。

まあハエに「なんで寄ってくるんだ!?」って行ってもわかんないのと一緒だからこれ以上言うまい。

それはともかく登坂車線が幾度となく登場し、トラックを抜かざるを得なくなってしまった。

背後からはバカ車が登坂車線での加速にはバイクには追いつけないものの時間が経つとまた近づいてくる。

4つのカーブも無事に乗り越えてそろそろ道の駅なんじゃ・・・と思ったが一向にその気配がない。

うーむ。ちゃんと位置を確かめてくれば良かった。時間はギリギリのとこまで来ている。

しかも箱根、さみー。

そうこうしてるうちに下りに差し掛かってきた。

あれ?

まずい。このままでは時間までに戻れなくなってしまう。

あれ?三島?

やばし!

やむなく道の駅を断念。

やっとのことでユーターンできそうな駐車場で停車。

ウィンターグローブを持ってきて良かった。首周りも防寒して態勢を整える。

すでに手足がカチコチになっていた。ちょっと屈伸して復路へ。

ちょうど出たタイミングが良かった。今度はバカっぽいクルマもいなくて快調に来た道を戻る。

登りはいいがやはり下りは恐い。60キロ程度でしか走れないからまたバカ車が寄ってきたりしたが大曲あたりでいなくなった。

うーん。こんな技術ではコレから先が思いやられるなあ・・・。だが無理してコーナー攻めるとかがやりたいわけではないしなあ。

間もなくして料金所が近づいてきて驚いた。

なんと急に大気がぬるくなった。

えーっ?こんなに違う?

ウィンターグローブがすでに暑く感じてしまうのだ。いやー。山の気候を侮ってはいかんな。


そんなこんなで無事に仕事にも間に合って到着。

例によって手足が痺れていた。


帰宅して調べてわかったが登りきったところで芦ノ湖方面に行かないと道の駅はないのであった。

そんなんだから写真もなけりゃ何もなし・・・。

次回またチャレンジ!ということで。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

スポンサーサイト
Category : ON Ninja400R 影丸
4

ツーリング魂

タンスタでツーリングの定義についての記事があった。

要約すると「特にこうだ、という定義があるわけでなく、人それぞれ楽しみ方があっていーのだ」とのことだった。
ホントにそう思う。

最近だいぶ運転にも慣れてきたせいか乗るのがますます楽しくなってきている。

そんなわけで10日のちょい乗りが私のツーリング魂に火をつけた。

たまに見え隠れする雪化粧の富士山を眺めながら気ままにバイクを走らせるのはなんとも情緒があってたまらんねー。

昨日はちょっと野暮用もあったこともあり、普段の始業時間より2時間ぐらい早くデジカメを持って出た。

小田原城近くの高台から撮った風景がこれ。
IMG_9748.jpg

むーん。こんなんでもバイクがあると絵になる?から不・思・議。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今日のライド:4点 いかんなー。いや、あれで普通なのかも。最近そう思う。


Category : ON Ninja400R 影丸
7

江ノ島

久々の更新だあ!

30分ぐらいかけて書いた記事がボタン押し間違えて全部消えた~!

あとの更新。くそー。

今日はバイクを買ったらタンデムで是非とも行ってみたかった場所へ。

そう、江ノ島だあ!

渋滞を嫌悪するオレにとって鎌倉藤沢横須賀は鬼門。渋滞はまだ仕方あるまい。だが着いた先で駐車に悩まされるのがいかん。めんどくさい。

けどバイクなら「そんなのかんけーねー!」だ。

この季節を待っていた。

オレは重装備可能なので冬でもバイクオッケーだがマイハニーはそうはいかない。装備があったとしても目的地での荷物のやり場に困ってしまうのがネックだった。

だがこの気温ならそれもクリアだ。

そーゆーわけで満を持しての江ノ島行きなのだ。

ナビタイムによると江ノ島まではうちから約30キロだ。そのほとんどが西湘バイパスなので30分ぐらいで着くだろうと予測。

西湘バイパス終点で1車線になるところで渋滞していたがバイクは問題なし。すり抜けーる。

茅ヶ崎あたりからまた2車線になり快調。35分で江ノ島に到着!

バイクで初めて来る江ノ島。すばらしいね。駐輪場も他のライダーたちが停めているのですぐ見つかった。しかもタダ!

IMG_0287.jpg
ナンバープレートは1374(いみなし)。

IMG_0290.jpg
へへ。アライのヘルメットを新調。インプレはまた別の機会に。

IMG_0305.jpg
上のほうから駐輪場を撮影。祝祭日はきっともっとすごい数なのだろうな。

IMG_0307.jpg
まずまずの天気である。

IMG_0300.jpg
最近これ流行ってんのか、近所の神社でも見かけた。

IMG_0343.jpg
江ノ島名物。野良猫ちゃん。どいつもこいつも人に慣れていてかわいいのよ。きっと訪れる人がみんな優しく接してくれるからだね。

IMG_0337.jpg
今日は波が大荒れだ。

IMG_0326.jpg
上空も凄い風らしくトンビがバランスを取りながら舞っていた。超低空飛行をマイハニーが激写!

仕事があるためあまりゆっくりはできずこの後食事をして帰ります。

続きはまた明日。

いや、ホントは一気に仕上げるつもりだったのよ。でも消しちゃって挫折。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑江ノ島、いーねー、と思われるかたは是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

Category : ON Ninja400R 影丸
6

箱根ターンパイクへ

何も予定がないまま日曜を迎えることになった先日。

例のごとくだらだらと午前中を過ごす。

だがこのまま唯一の休日が終わってしまうのもしゃくに障るので、またまた無計画に出かけることに。

どこに行こうか迷っていると、先日「0円マップ・関東」という雑誌を買ったのを思い出した。

トイレに入るとき暇なので中に置きっ放しにしておいて用をたすときに眺めているのだが、ライダーたちの口コミ情報や細かい地図がたくさん載っていて楽しい。

おまけに「関東」と謳ってるくせに富士周辺や神奈川県よりの静岡まで載っている。こちらとしては群馬より全然近いそちらが載っていてくれるほうが断然ありがたい。

で、それを見てて気になったのが「ターンパイク」だ。

というのも昔は確か「箱根ターンパイク」という名前だったはずなのだが、そこには

「TOYOTIRES ターンパイク」となっていた。十数キロしかないのに通行料はなんと500円となっている。

箱根に入るのに、国道1号や旧道、そして箱根新道まである以上わざわざ500円も出して利用する物好きはいない、と考えられる。

いるとしたら純粋に走りを楽しむ人たちに違いないだろう。あるいは暴走野郎かだ。

日曜のこんな時間からならなおさら利用者が少ないとふんで、ここはタンデムで行くことにした。

きっと景色を眺めながらゆったりと走れるに違いない。

ただ、暴走野郎がいる可能性もあるので注意をしないといけない。


さて、準備も整いいざ出発だ!




あちーっっつェ(゚Д゚;ノ)ノェ

メッシュのジャケットを買っておいてよかった。じかに陽にあたってたら大変なことになったろう。マイハニーも教習用にとメッシュの長袖を買ってあって大正解だった。

で、ものの20分でターンパイク入り口へ。

タンデマーに料金を支払ってもらう。これは楽だ。

最初の上り坂は切り立った崖を左手にしぐんぐん上っていく。右側の景色がどんどん開けていって爽快だ!

そしてそのうち左側に

海!

海岸線がくっきりと見えた!

思わずテンションがあがって「ホーーーーッゥ!」と叫ぶ。

60キロぐらいで走行していても後ろからクルマも来ない。が、対向車はさすがに結構いる。

やがてなまぬるーい風から避暑地の涼しい風へと変わったころさらに景色が開けた!

IMG_1995.jpg

駐車ポイントに停めて撮影。いやー。来てよかったあ。

遠くに見えるは大島か?

それにしても今日は空が一段と青い、碧い、蒼い!

同じように停車して記念撮影をする家族やらカップルがいたが、まじ数が少ない。

ポルシェが爆音を立ててかっとんで行ったあと再出発。

一度、クルマに抜かれたがそれぐらいであっという間に最終地点のビューラウンジに到着。

IMG_2022.jpg

IMG_2021.jpg

ターンパイク側の駐車場はガラガラだったが国道側の駐車場ときたらバイクの品評会のようだった。

これは帰り際に撮影したもので、実はもっとたくさんあったし、撮影していないものもある。Ninja1000が2台も停まってたり隼、ZZR1400やVFR1200、そして皆さん大注目だったのがBMWのS1000RRだった。

単独ライダーだったのか、去り際は皆さんに見送られる形となっていた。

いやあ・・・。こんなん見ちゃうとやっぱ大型欲しくなるよなあ・・・。

IMG_2007.jpg

中はこんな感じで、そばやとかラーメン屋があったりする。おそらくここで買う人はいないと思われるがメットなんかが売ってたりする。

他にもなんとか会というお揃いのティーシャツを着た二輪のグループが徒党を組んで大騒ぎをしていた。

う~む。マスツーができるようになっても決してあのようにはなるまいぞ。

IMG_2010.jpg

350円の焼きそば。この後、箱根湖畔のイタリアンレストランに行く予定なので軽く済ます。

IMG_2014.jpg

眼下にはもう芦ノ湖が見下ろせる。

近い。近すぎるぞ、箱根。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「ちゃんと計画立ててからにせい」「最近、更新少ないぞ」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

Category : ON Ninja400R 影丸
4

初・自分のライディング姿

レストランのディナータイムは5時からということなので箱根神社にでも行ってみることにした。

IMG_2077.jpg

鳥居とNinja400R。

IMG_2032.jpg

道路を挟んで湖面から続く階段を暑いなか登る。正月は大変な混雑らしい。

IMG_2037.jpg

階段を上りきると・・・カナカナカナ・・ってひぐらしかよ、おいっ!梅雨が明けたばかりでミンミンゼミより先にひぐらしの鳴き声を耳にするとは・・・。日本の気候もむちゃくちゃだねー。

「この国にまだ秋という季節があったころ・・・」とかいうエヴァンゲリオンに出てくるセリフを思い出してしまった。

IMG_2050.jpg

IMG_2051.jpg

どーやらここは縁結びの神さまらしい。

IMG_2052.jpg

安産祈願の木だそうだ。

IMG_2072.jpg

ちょっとわき道に行くと、うっそうとした小さな遊歩道があった。ちっと涼しい。

IMG_2074.jpg

苔むしている。

IMG_2065.jpg

蓑虫発見!

そんなこんなで時間も5時近くなったのでそろそろレストランへ・・・と思ったがその前に・・・

せっかくだから自分のライディング姿をマイハニーに撮影してもらおう!

ホントは山道で動画を撮ってもらいたかったが、どこを撮影場所にしようか迷っているうちに芦ノ湖に到着してしまったのだった。

仕方ないんで

IMG_2092.jpg

IMG_2093.jpg

IMG_2094.jpg

IMG_2104.jpg

IMG_2105.jpg

IMG_2106.jpg

IMG_2108.jpg

IMG_2089.jpg

うーむ。初めて見たけど・・・ちゃんとライダーじゃん。

やるなー。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
↑「どーせならちゃんと場所を選べや」「動画はどうした?」などなど、いろいろと思われたかたは、是非押してくだされ~(ノ^∇^)ノ

Category : ON Ninja400R 影丸
このカテゴリーに該当する記事はありません。