Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
0

初回燃費

「今週はずっと雨」

と、先週から天気予報に脅されっぱなしだったが、なんのこたない、蓋を開けてみたら割と降らない時が多いじゃないか。


降らないのがわかってりゃなあ。

仕事の準備を日曜のうちにやっとけば昨日だって走れたのに・・・。


だが今日は違うぞ。

いつ何時でも雨が降りそうな気配があったが50キロほど慣らし練習に出かけてみた。


そして1回目の燃費が出たのだ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「最近の梅雨は梅雨らしくないなあ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


給油計の最後のメモリが1つとなり、20キロぐらい走ったところで給油となった。

まだ点滅はしてない状態。

航続距離232.3キロ。


で、だいたいリッター17.2ぐらいでした。


15リッターぐらい入ったということはまだ4リッターぐらい残ってたってことになる計算だ。

メーターパネルの右下に残りの航続距離が概算で表示されるのだが、それが120キロぐらい?だったような気がしたが、そんなに走らないじゃんか。

まあ概算だから仕方がないが。

それに、もしかしたら平均燃費か瞬間燃費が表示されていたのかもしれん。

小さくて見えんのだ。


だが次回はもうちっとしっかりとチェックしたい。


ほぼ下道だが、回転数はあまり上げてない慣らし運転中のこの記録が今後どのように変化していくのか楽しみだ。


欲を言えば航続距離が350キロぐらい行ってくれるといーんだけどなあ。

無理、かな?



そして今日はグリップヒーターを試してみた。

今まで使う機会を伺っていたが、あったかい日が多いのでなかなか試すチャンスがなかった。

けど今日は指先がちょっと冷える感じがしたのでスイッチを入れてみた。





これ。

「キジマ(Kijima) グリップヒーター GH07 標準 120mm スイッチ内蔵」である。


操作がか~んた~ん。

そして強さが色で判別できるのが分かりやすくて良い。

出力20%から20%刻みで~100%まで5段階あるが、今日は40%で十分だった。


いやあ、これをカワプラの安村くんとkenji00さんに勧めてもらって良かったあ。

冬になったらきっともっと有難味が分かるに違いない。




ところで肝心のライディング練習だが、腰の痛みもだいぶ治まってきたものの、心の傷はまだ癒えないようで、交差点を曲がるのが未だに怖い。

エンストすんじゃないか?

って思うんだ。


そーすっと安心の1速で曲がることになるのだが、前に車がいると上手くいかず、大回りしたりするのである。


時には2速でも果敢にチャレンジしてみる。

前に車がいない時に限る。

アクセルを開け気味にし、リアブレーキで引きずる。

やはりこうするとスムーズに曲がれるが、2速に入れる際に「ニュートラルじゃなかろうか?」と不安がよぎり、シフトインジケーターをガン見せずにはいられなくなる。


そーいや影丸に乗り始めたころもこんな感じだったのを思い出した。


交差点のカーブをす~っと綺麗に角をなぞるように曲がっていく前のライダーを見て、「あら、上手だわね~」と感心したものだ。

そのうち自分もその域に達したい、と思って実際にそーなったのは乗り始めてどれくらい経ってからだろうか?


「まったく転ぶ気がしない」と、自信が持てるようになったのはここ数年なんじゃなかろうか。

ってことは5年?


あの時はリターンしたばっかだったわけだからそーかもしれんが、今回は違うからなあ。

同じ期間はかからないにしても、とにかくエンスト恐怖症を克服せねばならない。


あと、あれだね。

Ninja400Rほど低重心じゃないね。

だからワインディングが走りやすいんだろうな、きっと。


そして慣れないせいもあるかもしれんが、まだ低速で若干ふらつくのだ。

影丸のときゃ速度ゼロに近いときでも「ぴたっ」と静止できたものだが・・・。


そんなわけで、得意のすり抜けも思うようにいかないから自粛している状態だ。



こんな状態だから、まだまだたくさん乗らないといけない。



それとリアショックアブソーバーの調整は1クリック分ソフトにした今の感じがいいかも。

今度余裕があったらもっといろいろと試すことにしよう。



本日の慣らし訓練距離、50キロ。

慣らし運転第一段階終了まで、あと458キロ也。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
4

夜間飛行

今日は予報通り、朝から雨だったのでバイクには乗れないと思っていた。

けど、夜7時ぐらいにお出かけから帰宅したら、夕陽で空が真っ赤に染まってて、今日はこれ以上降る気配がなかったのでちょっとだけ出かけることにした。

そう。

そんな時間から出かけるってことは、初の夜間走行になるってことなんだ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「慣れない車両でよくやるわ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


両目LED点灯タイプになったNinja1000のヘッドライトの明るさを見ておきたかったのさあ。



なに、最寄りの東名高速IC入口から一区間だけ西に走り、下道で戻ってくるだけだ。

土日祝日割引があるので数百円で済むし。



高速に乗る前は、まだ夕焼けでいまいちよくわからなかったが、乗ると間もなく日が落ちて真っ暗になった。


最初のPAに立ち寄って写真を撮ってみると、





DSC_2311_20170625231124b1e.jpg

おー。

なかなかの明るさじゃないか。


こりゃ高速降りたら今までとの違いがもっとハッキリと分かるに違いない。



で、メーターの視認性だが、




DSC_2314_20170625231125a7e.jpg

夜でも見えにくい・・・・。


これ、写真だと数字がハッキリと見て取れるのだが、実際はもっと暗い。

ETCとニュートラルのグリーンランプと比べてみるとよくわかるだろう。


そしてタコメーターの針は完全に雲隠れをしてしまう。


う~む・・・・。

まあこのタコメーター、5千回転から1万1千回転の間に限られるのだが、自分の好きな回転数を指定して黄色いライトをピカピカ点灯させることができるのである。

4千回転までしか回せない今は意味がないが、慣らし第2段階になったらこのシステムを利用することにしよう。

点滅ポイントを6千回転に設定しておけばいいのだ。


慣らしが終わればタコメーターを見る機会もそうはないだろうから問題なし。

そんときゃ点滅ポイントを8千回転ぐらいに設定し、雰囲気を楽しめればいーのだ。





そして下道へ。



いつもの、ほとんど街灯のない暗い道を走る。




ひゃあ!

こりゃすごい!



まず照らす幅が段違いだわ。

そして明るい!


特に足元、というかすぐ手前が明るい。

ガラスのカットもすごく綺麗に出ている。

おかげで路面状況がよくわかる。


欲を言えば、もう少し先まで照らしてくれりゃ最高なのだが、速度を出さないためにもちょうど良いかもしれない。


代わり、と言うのもなんだが、全部で6灯になるハイビームが、これまたビックリ(*'▽')


すっげー先まで照らす。幅も広い。


あ、もちろんNinja400Rとの比較ですから、大げさになってるかもしれませんのであまり鵜呑みになさらないようにしてください。



そしてプリロードをちょっといじってみた。



DSC_2325.jpg

と、言ってもリアにあるこのダイヤルをちょっと回しただけである。


ちなみに取説には「リアショックアブソーバーのセッティング」となっている。

「左に目一杯回した状態から8クリック時計回ししたところが標準状態」となっているのだが、わからなくなるといかんので、写真のようにマーカーで印を付けておいたのだ。


確かに回していくと、1回転する間に「カチッ!」とクリック音がする箇所が2つある。


で、カワプラで説明を受けた際に、「今、この状態が工場出荷状態ですから、このまま印をつけておくといいと思います」と言われてその通りにしたのだが、回してみたらここはクリック音がするとこじゃなかったんですけど・・・。






DSC_2326_20170625234025cbd.jpg

しょーがないんで、クリック音が近い方の位置で止めたらこうなった。


これが目一杯からの右8クリックなのかどーかはわからん。

結局、2クリックで1回転しちゃうから白いマーカーの印も元の位置に来てわからなくなる恐れがある。

なのでまだ目一杯左まで回せない。





DSC_2328.jpg

それでまあ「標準」と言われた位置にこうして細字のマジックで横線を入れてみた。

こーすりゃ、ほら、元の標準位置がわかるのだ。

写真は2クリック、反時計回りに1回転させてみたところである。


これなら左まで目一杯回しても元の位置がわかるからだいじょぶだ。

今度トライしてみようじゃないか。


ところで調整範囲は40クリックだと言うから時計回りだとどこまでも回せそうじゃないか。

いまでもちょっとサスが固いって思うのだから、40クリックもしたらそりゃ一体どんだけ固く感じるのだろうか?

まあ実際そんなことはしないだろうが。




で、だ。

今回、高速道路のPAまでは工場集荷状態で走り、そこで2クリックだけ左に、つまりソフトにして走ってみた。


下道15キロぐらいしか試せなかったが、なんか乗り心地が良くなったような気がしないでもなかった。


つまりよくわからん。


もうちょっと、そーさな1日100キロ以上走れる機会があれば、もっといろいろと試せて違いもはっきりと知覚できるに違いない。



慣らし訓練距離、先日が15キロ、本日が30キロで計45キロ。

慣らし運転第一段階終了まで、あと508キロ也。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

2

わらべ菜魚洞

DSC_6849.jpg

先週の日曜、早川漁港(正式には小田原漁港?)にランチをしに行った。

店舗の写真を撮り忘れた。

この写真は随分前に訪れた時のもの。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「あれ?珍しくバイクネタじゃない・・・。って、むしろそれが普通なのだが・・・」
と思ったら・・・ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


昨日は始業が早く、今日は今日で一日中仕事なので慣らし訓練ができないのだ。


ちなみに昨日は15キロほど走ったが、報告できるようなことはなかったから仕方がない。

そんで明日から雨かあ・・・。

当分練習は無理だわな。


そーいや先週の日曜はコカしてブレーキレバーがまだ届いてなかったんだわ。



さて、この日は天気もあいにくの日曜日だったので、せめてランチだけでも楽しむことにした。

魚が食べたい、とマイハニーが言うので、じゃあ魚料理が旨い「あの店」へ行くしかない、ということで即決まった。






DSC_2241_20170624110035e2f.jpg

ここはホント、魚料理がおいしいんだ。





DSC_2242_201706241100374a4.jpg

これは地魚の刺身三種盛り。

数種類の中から選べる。

アオリイカも美味いが、赤サバってのが格別だった。



そしてここのいいところはその日のお勧めメニューが豊富なこと。

それすなわち、季節によっていろんな料理が楽しめるということだから、飽きないのだ。





DSC_2244.jpg

この日の煮魚料理。

以前訪れた時は「おしつけ」の煮魚定食だったか。





DSC_2246.jpg

今回はカサゴの煮つけも惹かれたが、維水志のチョイスは鯛のかぶと煮。

身が結構あって食べごたえがあったし、味付けも抜群。






DSC_2249_2017062411004054b.jpg

それとアジフライ。

身がみずみずしく、ふわっとしていてこちらも美味しく頂きました。





DSC_2250.jpg

沼津で食べたのも美味かったがこれはこれでまた美味いね。


値段勝負は沼津の圧勝。

こっちはこれで1100円だもの。





DSC_2252.jpg

あとカニ汁。


マイハニーはあら汁にしたが、昼営業の終わりぐらいに行ったからか、煮詰まっててやたら塩辛かったのが残念だった。



それ以外は相変わらずどれも美味しかった。


魚が食べたくなったらまたここに来よう。


が、日を間違えるとやたら混雑して入れない時があるから気を付けないといけない。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

6

日増しに変わっていくインプレッション

DSC_2289.jpg

昨日の慣らしトレーニングにて。

なに、スタバに寄ったのは写真を撮るだめだけである。

ローソンのアイスカフェオレがうまくて安いんで、この後近くのローソンへ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「相変わらずせこいなあ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


だって、長居するならともかく、のどが渇いただけなんだもん。


まあそれはともかく、この日は下道を70キロほど走破した。

やはりほぼ毎日乗ることで日ごとにロデムの性格を把握しつつある。


今日は乗り心地について記しておこう。


まずは足つきだが、何度も言っている通り、股下75センチの維水志にとって、それはもう不安でしかない。

両足べったりにはならず、かかとが少し浮いている状態なのだが、それだけでも少々勾配のある道での信号待ちでは難儀する。


フロントブレーキをかけてないと車両を静止させておけない。

従って両手をぶらんと下げたリラックス姿勢が取れない。

だがリアブレーキを使用すると、片足立ちになるわけで、ハンドルに手を掛けない状態でバランスを取るのがまだ難しい。


なんたってNinja400Rと比べてタンクがデカいせいかちょっとでも傾けるとぶっ倒すんじゃないかという恐怖心がまだ抜けないのだ。

プリロードを若干弱めてみようかな。


そう。やはりスポーツ仕様なんだろうな、結構サスが硬い印象がある。


いつもの悪路、やまゆりラインを走ってみたのだが、なかなかどうしてあの悪路でもしっかりと安定感を持って走れるのに驚いた。

この辺りがNinja400Rとの明らかな作りの違いが感じられる部分である。

「金を掛けるところに、しっかりかけてんなー」、と。

そしてこれは数々の大型バイクを試乗して常に思うところでもあった。

だってでっかいんだもん。それぐらいじゃないと安心して走れませんもん。


その恩恵で路面に対してのグリップ力が違う。うまーくショックを拾っているのがわかる。


だからか、でこぼこ道路の下り坂のカーブでの、「ガタガタ・・・・ばい~ん!」って、下手するとすっ飛んじゃうんじゃないか、という恐怖心が減ったような気がする。

もちろんブレーキング力やその精度が段違い、というのもあるだろう。


サスに関してこーしたことが把握できるようになったところで、次回はプリロードを弱めて乗ってみようと思う。

ぼよんぼよんになるのかしら?


そしてシートだ。

触ると、若干、硬い印象があるシートなのだが、2時間連続利用していてもケツが痛くなる、ということは今のところない。

だが、Ninja400Rのシートがものすごく優秀だったか、あるいは相性が最高だったからか不明だが、こちらにも慣れるまでもう少し時間がかかるだろう。

座面は広いが、体型のせいでたいていは前よりに座ることになる。

前方が絞ってあるので、股下が痛くなりそうだが、それもない。

むしろこれは足つきに貢献してくれているだろう。


二―グリップに関してだが、やっぱ並列4気筒だけに厚みを感じてしまうのは否めない。


理想はV型4気筒なのだが、それはそれできっとエンジンの熱の伝わり方などなんらかの問題がありそうだ。

どっかのインプレで読んだ「足がエンジンの熱で暑い」ということは今のところ感じられない。


前傾姿勢はNinja400Rと差異はないように思える。

違うのはハンドル幅が若干広くなっているぐらいだろうか。


総じて、

「乗りやすい」

だ。


やっぱ問題は数々のところでささやかれているメーターの視認性だろうか。


く、暗い。


速度がわかりゃいーんだけど、その他の部分は、細かい数値をチラ見で即認識するには向いてない。

高速で移動するバイクでそれは致命的である。

従って、時計を見るときは予め「時計の位置はあそこ!」と一旦脳に予想させてからピンポイントで目をやらないといけない。

「え?どこ?え?こっちか!」とかやってるとキケン。


そしてタコメーターの針は確かに見えなくなる時がある。


まあ速度がわかりゃ別に問題ないっちゃ問題ないんだけど、それ以外の部分に関しては凝視しすぎて前方不注意にならないように気を付けないといかん。

これも慣れなきゃいけない部分だな。



そして、もっと気を付けないといけないのはやはり加速だろう。


前方のポイントまでの接近が速すぎる。

今までと全然違う。

だから前方の情報をもっと早めに、もっと先まで予測しないといけないと学んだ。


4千回転までしか使ってないのにこれだもの。

パワー・ローモードでトラコン3でこれだもの。


やっぱ年齢を考えてもこのバイクに乗れるギリギリのラインだったろうな。


5年・・・。

ぐらいかな、乗れて・・・・。


なんて、ちょっと思ってしまうこの日の慣らしだった。


本日の慣らしトレーニング、74キロ。

慣らし運転第一段階終了まで、あと553キロ也。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

6

維水志マルチバーホルダーの代わりは

案の定、昨日は雨。

慣らし訓練はできない。

始業が遅ければ、雨の中でマンホールの蓋の上を走ったらどーなるか、トラコンの効きを試しに出かけたかもしれない。

仕事が始まるのが早くて良かった。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そこまで愚かじゃなくて良かったね・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


なので一昨日の、自宅に戻ってからのことを記事にしよう。


スマホホルダー等、その他の装備のことを考えることに。




DSC_2282.jpg

まずはシート下に車検証と自賠責保険証のコピーを忍ばせる。


パッセンジャーシートと分割型だが、工具が要らないのがいい。


若干だが、細かいもんを入れておけそうなスペースもないことはない。


あ、あと、アクセサリー電源のコネクタみたいなやつがあった。

DC電源アダプター用に使えるかしら?



これ。

影丸に使ってたやつ。使わないともったいない。

これをシート下から出してバッグの中で走りながら予備バッテリー等の充電ができればキャンツーの際に役立つはずだ。

カウル横のDC電源はオプションで付けたけど、雨が降った場合なんかはこっちを使うといいだろう。


1ヶ月点検のときにこのコネクタが使えるかどうかカワプラの人に聞いてみよう。



問題はマルチバーである。



セパハンになるとこうも使い勝手がよろしくないのだろうか。



バーを設置するスペースが見当たらない。

セパハンだと売られている製品はハンドルの間を渡す感じになるバーが主流のようだが、それだと前面がごちゃごちゃし過ぎる気がするので却下。

特にNinja1000の場合、ただでさえ見にくいメーターがさらに見えにくくなる可能性が高い。


それに影丸の維水志マルチバーを外した時のすっきり感と言ったらなかったんで、できるだけスマートにまとめたい。




そこで、




DSC_2285_201706201542209c1.jpg

使えそうなのがここのスペースしかなさそうな気がするので寸法を測る。



そこに、





ナンカイのこの製品が廉価で評判もいいので使おうと思った。



DSC_2286.jpg

が、クラッチ類が邪魔でその間にクランプの先端が入らなそうである。




DSC_2284.jpg

しかもここの幅が10ミリ程度しかござらん。

ナンカイ商品の説明には12ミリの幅が必要だと書いてあったような・・・?

ということで見送り。


こ、これでは仮にここに入れられる製品が見つかったとしても、なんか、華奢なやつしかないんじゃ・・・・。



で、次に見つけたのがこれ。







これはどーやらレバーとスイッチ類が一体になっているパーツを留めておくボルト&ナット部を利用して取り付けるもののようである。


合うかどーかわからんが、見た目は合いそうな気もするんで見切り発車ですでにポチってしまった。

まあ安いし・・・。

そーやってまだ無駄な出費を重ねてしまう恐れがあるが・・・。


問題はスマホホルダーの大きさである。

もしかしたらスクリーンと干渉してしまうことが大いに考えられる。


けどまあ買っちゃったからしょーがない。

タンクパッドの二の舞にならないことを望むしかない。



これがうまく行けば、左側にスマホ、右側にビデオカメラが設置できるだろう。


うむ。是非ともうまく行ってもらわないと困る。



後はDC電源ソケットの利用だ。





影丸からこれをそのまま流用する。



DSC_6940_201404060949330c3.jpg

影丸の時は、こんな風にベルクロを施し、





DSC_7124.jpg

カウル上部にはっつけて使っていた。


「なんだこの箱?」って?

防水ケース付でんがな~。


さすがにこれはザンネンな感じなので違う方法を考えたい。


で、Ninja1000のカウル内をまさぐってみると、意外とスペースがあるようである。

じゃ、やっぱ目立たないし、ベルクロ作戦は継続することにしようか。

カウル内部なら突然の雨でもすぐに濡れる心配もないかもしれんし。

水滴がコードを伝わって元が濡れないような工夫が必要だろうが。



うむ。

こうして着実にロングツーリングの準備は整いつつある。


あとはまあパニアだな。

いつ来るのかしら?

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

Category : バイクメンテ