Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。
6

kenji00さんと行く信州ツーリング2

昨日の続き。

kenji00さんのレポートはこちら↓  ↓
https://motoblog.kenji00.com/2017/08/iminashi-touring.html


と、そこまではとても順調だったのに、後半はことごとく雨にやられることになってしまうとだれが予想できたか。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「やっぱそう来なくっちゃ!いよっ!雨男!」と合いの手を入れたくなったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


渋峠からの下り、いきなりポツリと来て、そっからは降ったり止んだりが続いたか。

降り始めてすぐに路肩にあるスペースに停車し、氏にカッパを着るか問われたが、まあ通り雨らしいし、問題ないだろうということでそのまま走り続けた。

峠を出る前に雨が予想されるのでスマホもビニール袋に入れてしまっておいた。


でまあ路面が濡れているところとそうでないところが交互に現れる感じだったが、峠を下ると直に降られることはほとんどなかった。


けどまあしこたま濡れた。

パンツ上部が湿っている状態。


やがて草津温泉エリアに到着。


ここでようやくのランチタイムとなった。

ついでに温泉タイムでもある。


ここは草津に数ある日帰り温泉施設の中で、草津温泉にしちゃ温度がぬるめのところらしい。

さすが草津温泉マニア!ツボを押さえていらっしゃる。


料金は900円。フェイスタオルとバスタオルのレンタル料が200円。ロッカーが100円。



まずは腹ごしらえから。





DSC_2753.jpg

維水志はメニューを見たら福島が恋しくなってソースカツどん。




DSC_2755.jpg

氏はささ?麺?舞茸の天ぷら付き。


うん。まっとうな食事ができて良かった。



風呂。



確かにぬるめであるが、さすが温泉。

長らく浸かっていると体がポカポカとしてくる。



で、風呂から上がると・・・、



土砂降り。



う~む。

できれば渋滞に巻き込まれる前に早く帰りたいが、ここで暫く足止めされる羽目になった。


諦めてカッパを着こみ出立すると・・・、



快晴!



ねぇ・・・。

なんでなにもかもこんなに裏目に出るわけ?


傘を持って出ると雨が降らず、持たないと・・・、っていうパターンと同じじゃんか。




で、暑いんでたまらず道の駅で休憩。




P_20170806_151737_2017081108560652f.jpg

ソフトクリームを楽しむ。



休憩しながら、kenji00氏が「今日はいまいち走行距離が少なくてすみません」とおっしゃる。


えーっ?

いやいや、このまま帰ってもたぶん今日は500キロ超えるんですけど・・・。

十分堪能いたしました。


この後、渋川伊香保インター手前で給油し、高速に乗ったらそのまま解散になるのだが、氏は走り足らないんで宇都宮に行くかもしれないと言っている。


気合入ってるなあ。

維水志はさすがに翌日の仕事にひびきそうなのでお暇させていただくことにした。


いやあ、ホント、景色は残念でしたけど、ツーリングが堪能できていいストレス払いができました。

お付き合いいただき、ありがとうございました。


16時55分、ゲート通過。


で、高速に乗ったとたん渋滞が始まっている。

そこらあたりは断続的な感じだったが、電光掲示板には花園あたりですでに渋滞50キロとかありえない数値が出ていた。


やっぱそーだわ。

朝の交通量からいったらそーなるわな。


ああ・・・。


絶望的になりながらとにかく先へ進むしかない。


温泉からここに至るまで、衣服も随分と乾いていた。

温泉に入っている間、雨ざらしだったグローブは若干まだ湿りがちだったが、途中で自分のバイクにはグリップヒーターが付いていることを思い出した。

グリップヒーターのおかげでそれもだいぶ乾きつつあった。



と・こ・ろ・が・・・。


終わった。





20180806c.jpg

豪雨。

ひぃ~((+_+))

と、遠く先に晴れ間が見えるのにぃ~!


早くそちらへ行きたいが渋滞のせいで思うように進めない。

しかも今度はスマホをしまっていないし。



止んだ!雨雲を抜けた?これでもうだいじょぶ?

と、希望を持つと再び豪雨。

の、繰り返しだった。


希望、絶望の繰り返しでせっかく飛んだストレスが元に戻りそうだったので途中でもうあきらめることにした。



途中、バイクのすり抜けによる接触事故だろうか?

どーやらそれの見物渋滞のせいもあったのかもしれない。



その後、暫く流れがよくなったが、すぐにまたふんづまる。


雨はやまない。



そーだ、どっかのSA・PAに立ち寄ってトイレで今着ている服を全部脱ぎ、レインコートを裸に直に着よう、そしてその上からジャケットと二―シンガードを付ければいーのだ、と思った。


ところがさらに裏をかかれることに。


どこで休憩しようか考えているうちに渋滞が終わりつつあり、結局朝に立ち寄った高坂SAまで来ちまった。

しかも雨、止むし・・・。


遠くに夕焼けが見えるし。

今度こそもう降らなさそう・・・。



高坂SA到着が18時15分。

ってことは80分だったのか。

渋滞してると随分と長く感じるものだ。


しっかし、ここまで渋滞と豪雨にやられながら約70キロ、よくもまあノンストップで来たものだ。

それまで400キロ近く走ってんのに。

渋滞の中、車が停まりそうになる時限定ですり抜けて来たわけだが、ついに一度も足を付けることがなかった。

まあだからこそ休憩するチャンスを失ってしまったわけだが。


それでも走り続けられるのは、やっぱりNinja1000はツアラーだからだろう。

しかもまだ余力が残ってるし。


大変なのは首・肩の凝りだが、それは重たいメットのせいである。



結局、濡れたままお土産を物色したのだった。

けど思いのほか下半身が濡れてなかったのは何故だ?

特にブーツは夏用のシンテーゼ13なのだが、ぐしょぐしょになるほどではない。

カウルのおかげかしら?


スマホが無事だったのは良かったが、それはスクリーンからはみ出してたからなあ。


あと、そーいや、パニアが付いているのが全然気にならなかった。

ミラーの幅がだいじょぶなら全然問題ないんだろうな、きっと。



18時40分。高坂SAを出立。


で、ここから自宅までの約100キロは楽だった。


やはり遠出する者にとってツアラーはいい。

まさに維水志が望んでいたアビリティ。



たぶん6千回転を超えてどこまで回したかわからん時もあったが、余裕がありすぎて高速道路上での疲れは皆無である。



19時50分帰宅。


本日の総走行距離540キロ。

オドメーターはトータル1900キロを超えている。


慣らし、いつの間にか終了。


Ninja1000がだいぶ体に馴染んだ気がしてきた。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト
0

kenji00さんと行く信州ツーリング1

DSC_2743.jpg

8月の第一日曜日、ネクスコ東日本の首都圏ツーリングプランを利用して、ブロ友のkenji00さんと信州ツーリングへ出かけた。

このプランは2500円で限られたエリア内の高速道路が二日間乗り降り自由になるという、なんとも嬉しいサービスである。

二日間使えないのが何とももったいないが、それでもちょっと遠出すりゃ往復5千円以上になる高速道路代がお得になるのはかなり有難い。

写真のように天候はイマイチだったが、すでに一度延期しているツーリングなので、ここは運を天に任せて思い切って出かけることにした。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「忙しい割には遊んでんなあ・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そうなのだ。

忙しいからこそ遊べる時間が出来た時はとことん遊ぶのが精神面にとっても衛生的なのだ。


今回選んだ割引プランは「関越道、上越道、東北道コース」。

乗り降り自由と言っても行ける限界ICがそれぞれ「沼田、碓氷軽井沢、宇都宮」までである。

しかもこのコースの場合、維水志は適用されるのが圏央道のあきる野インターチェンジからになる。


まあ最寄りの秦野中井から乗ってもいいのだが、あきる野までの高速料金が加算されてしまうとお得感が一気に薄れるのでそこまでは下道で行くことにした。


朝早く出れば246、129、八王子バイパスなんて順調に走れるに違いない。



というわけで、待ち合わせは関越道の上里SAに8時頃、ということだが、維水志はちょっと早めの5時過ぎに家を出ることにした。



案の定、順調で70分ほどであきる野ICへ到着した。

6時半、高速手前で給油をする。


高速道路走行中心時のロデムの燃費は20以上で、その航続距離は400を超えるのは実証済みだが、kenji00氏の話では今回のツーは500キロは走る予定だというので、さすがにどこかでもう1回は給油が必要になるだろう。


おお、そうだ、そーいや、このツーで間違いなく慣らし運転第二段階を終えることになる。

確か出発時は1300キロ弱ぐらいだったかしら。


先日ヤビツ峠を走って、下道で6千回転以上回すことなんてまずなさそうであることが分かって以来、もうタコメーターを気にすることがほとんどなくなっているようだ。

だが高速に乗ると話は別である。


6時40分、ゲート通過。


圏央道。これまた順調。


だが鶴ヶ峰JCTから関越道に乗った途端、やたら交通量が多くなった。

追い越し車線が追い越し車線じゃない状態。


「これさー、帰りが渋滞でヤバいんじゃね?」

と、この時ちょっと思った。


40分ほどで高坂SAに到着。

待ち合わせ時間にはまだ早いのでここで朝食を取ることに。



フードコートに行くのだが、朝から炭水化物を取る気になれない。




P_20170806_071014.jpg

そこでさつま揚げを二つ買って食べることにした。

もろこしチーズ。





P_20170806_071337.jpg

が、糖質制限をやり始める前の感覚が抜けておらず2個買ってしまった。

いかねぎ。


お、重たい・・・。

しかも二つで690円って意外と高いんですけど・・・。


やっとのことで平らげた。

だが両方ともめっちゃ美味い!

まあこの後、昼がいつになるかわからんしね。



高坂SAを出発し、待ち合わせ時間の上里SAには15分ほど前に到着。

や、やたら混んでる。


バイク駐輪場になんて停められやしない。



5分ほどでkenji00氏が到着。


お久しぶりで~す!

今日はよろしくお願いしま~す!


倶楽部では企画担当の維水志だが、彼と一緒の時はコースは全て彼に任せているのだ。

そーすれば安心。


で、彼は雲の動きがわかるアプリを持っている。

さすがIT関連のお仕事をされている方だ。


それによると、軽井沢方面から攻めたほうが良さそう、ということなので上越道の限界エリア、碓氷軽井沢ICへ向かうことにした。



8時50分、ゲート通過。


ほーら、あきる野から乗って、しかも休日割引が適用されてここまで2540円だなんて。

帰りもここから乗って秦野中井まで乗ったらそりゃもう6千円を超えるのだ。

有難いねー。






20170806x.jpg

おー。晴れてるー。

こりゃ、今日は最高のツーリング日和ではないか。



むー。

だが少し先は凄い雨雲に覆われている。






DSC_2744.jpg

9時20分。コンビニで休憩。


おー。

Ninja650だ。

氏の話ではやはり400とはトルクが断然違うそうだ。

維水志はカワプラでこれの新型を試乗したが、やっぱこっちのほうが車格があって良い。


メットと車体に貼ってあるエンブレムがカッコイイ。



ここまでですでに200キロぐらい走っている。


ここから鬼押し出しを通って渋峠へ向かう。




で、つま恋フラワーラインだったっけか?を走る予定だったのだが、変更。





20170806y.jpg

万座ハイウェイという有料道路を走ることになった。

バイクですら740円という、とても高額な道路だけに、交通量が少なくとっても気持ちがいい。

ただ路面状態はあまりよろしくない。





20170806z.jpg

う~む。雲行きが・・・。





DSC_2745.jpg

やがて渋峠に到着。





DSC_2746.jpg

おお。ここが国道最高地点なのかあ。


・・・・。



って、何も見えん・・・。




DSC_2749.jpg

とりあえず記念撮影をば。




DSC_2750.jpg

人が多くて順番を待っているので、維水志は氏のバイクと記念撮影。

バイクと一緒、というのがカッコイイからこれでいいのである。




P_20170806_115747.jpg

そしてそこからすぐの群馬と長野の県境にあるロッジへ。


なんでも普段はバイクでいっぱいだそうだが、この日は我ら2台だけである。




P_20170806_115740.jpg

志賀高原かあ。





DSC_2752.jpg

たぶん、昔、クルマで来たような記憶がある。





DSC_2751.jpg

試食した桃がとっても美味しかったので中玉300円二つをお土産に。


桃を売ってるにいちゃんの話だと、ここら辺りはバイクというよりチャリのメッカになっているそうな。




P_20170806_120207.jpg

馴染みのイヌに水を与えてあげるkenji00氏。

川崎に住んでいてここのイヌが馴染みがあるって・・・。


それにしても、すごい勢いで飲むなあ。

べろんべろん言ってる。



さて、これから草津温泉方面へ向かう。

雲レーダーによると、この時間、ちょうどそちらは雨模様で、我々が向かう頃には止んでいることが予想されるんだそうだ。



じゃあ雨に合わないことを願って、再出発しましょう。

腹減ったしね。


つづく。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

8

ドラクエ11の誘惑

最近、忙しくてしょーがない・・・。


ドラクエ11やるのが。

「その歳で普通やるか?」って?

だって、ほら、大人が店で床に転がり、「買って、買ってぇ~!」って駄々こねてるのをテレビで見たもん。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「それはコマーシャルにまんまとのせられてるんじゃ・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


それはともかく、もうかれこれ2年ぐらい前にPS4を買ったのは、ドラクエ11が出るって知ったからに他ならない。


だからこれまた随分と待たされたものだ。

Ninja1000が発表されて納車されるまでの8か月なんて短いものである。


しっかし、よりによってその発売日が7月29日だなんて・・・。

くっそ忙しい時期なのはわかっているのだが、ドラクエ11の誘惑には勝てなかった。

どーしても買わないわけにはいかなかった。



なんだろう?

何故だか発売されるのを知った時、これは絶対にやってみたいと思ったのだ。


ノスタルジアもあるのかもしれない。

だが、今までのドラクエシリーズを全部制覇しているわけではないので、別にそこまでの思い入れがあるわけではない。

Ⅰ~Ⅸまでで(Ⅹはオンラインなので除く)自分がやったのがどれだったかすら覚えていない。

覚えているのは、やったのが一番現在に近い、ということでⅤ?Ⅷ?の天空の花嫁だろうか。


それでも「やりたい」と思ったのは、昔とは比べ物にならないほどに進化したハードで遊べるRPGが、絶対に今まで以上に面白いだろうという期待が感じられたからに違いない。


そしてやっぱり冒険が好きなのだ。


見知らぬ街や謎の洞窟へ足を踏み入れられる疑似体験がたまらなくワクワクさせてくれるのである。

ある意味、ツーリングに通じる部分があると思う。


そして今のゲームは画像が素晴らしいからその景観をも楽しめるのである。

まあそーゆー意味でもDSじゃなくてPS4じゃなきゃダメなのよ。


戦闘ばかりじゃなく、時には立ち止まってカメラをぐる~っと回してみると、その景観の美しさに感動すら覚えるのである。

水辺のキラキラとした美しさはもちろん、風にそよぐ木々も。

そして雨もちゃんと降るし、さらに驚くことに、砂漠じゃ砂ぼこりが舞う。


こんだけのものを作るのに一体どれだけの苦労がいっただろうか?と制作にかかわった人たちに敬意を表してしまう。


だからネットで「最速クリア」の動画等が出回っていると、「なんとまあもったいない・・・」と思うのである。

そんなに早くクリアして何が楽しいのかしら?

裏ワザ使ってレベル上げて何が楽しいのかしら?



維水志はゲーム時間がトータル24時間ぐらいになるところだが、未だにレベル22でメンバーもやっと5人になったところである。

なんか、いつまでも結論を見たくない気がしてくる。

進めてしまうのが惜しい気持ちにもなる。


もちろん攻略サイトなんて見ないさー。

自分で考えるのが面白いんだから。

知恵が足んなかったり創意工夫ができなかったり、想像力が乏しいならそーすりゃいーさあ。

そんなサイトはクリア後に何が足りなかったかを求めて見りゃいーんだ。

「あ~、そうだったんだ」となって、もう一回やる気になるかもしれんし。



まあそうした想像力を試す、という意味ではゲームの難易度にはちょっと物足りなさを感じるかもしれない。

宝箱を探すにしても、もうちょっと捻りがあればもっと面白いと思うのだが・・・。


一方、戦闘も今はかなり楽で、回復系アイテムが不足することがほとんどない。

「まーた毒にやられた~」的な面倒な敵があまりないのである。


まあそれでも楽しめているからいーんだが。

もしかして、自分が探せてないだけかもしれんし。



そんなわけで仕事にゲームに忙しい日々が続くのだ。


ブログの更新が途絶えたとしたら、それはたぶん・・・。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

4

Ninja1000 2017 × ヤビツ峠

DSC_2705.jpg

先日、新・維水志マルチバーホルダーのビデオカメラの映り具合を試すため、ちょっとだけ近所を回ってみた。

前回までは、画像がちょっと斜めになっちゃうのが気に入らなかったので修正を加えたのだ。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「どうあってもその塩ビ管を使うつもりなのか・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


最初は良かった。



20170803x.jpg

画像もほぼ平行だし、見た目も違和感がない。



だが、




20170803y.jpg

暫く走ってると、カメラがひっくり返ってお空を映し出し始めたのだった。






DSC_2706.jpg

タテカンバンドと塩ビ管の接地が弱く、カメラが回転しちゃったんだ。


そこでさらなる修正を加えることにした。


要はステーとタテカンバンドの設置方法を変えただけなのだが。

これにより高さが下がり、カメラも若干手前に来るようになったか。



修正したのはカメラ位置だけではない。気になる風切り音対策もしたのだ。







DSC_2707.jpg

防風用のスポンジをはっつけってみた。





DSC_2708.jpg

SHOEIのメット内の耳の部分にイヤホンを仕込む際に削ったスポンジを取っておいたのを再利用。

まさかこんなとこで役に立つとはなあ。

処理が雑なのはこれが維水志基準だから仕方がないのである。





DSC_2733_2017080311301372a.jpg

それで早速試しに宮ケ瀬~ヤビツ峠を走ってみた。

パニアを装着しての走行実験も兼ねている。




DSC_2730_20170803113012e41.jpg

結論は、というと、なんでかまた画像が若干斜めになっちゃってた。

ガレージで調整してるときはばっちり平行だと思ってたんだけどなあ・・・。

今度はマルチバーがびくともしないんで帰宅してからじゃないと再調整はムリなのだった。



こうしていろいろとやってみないと分からないことがあるんでこれはこれで良しとしよう。



また、懸念材料だったDC電源からのスマホ充電だが、コードを替えてみたらちゃんと充電するようになった。

きっとコードを設置する際、いろいろとねじったんでどこか内部が痛んだのかもしれない。

けど、そのダメなコード、クルマだとちゃんと機能するんだけどなあ。


とにかく充電コードを複数買っておいて良かった。



以下は宮ケ瀬方面からヤビツ峠へ抜けるルートを走った動画。

5分ぐらい。






エンブレの効き方が素敵。

そしてアシスト&スリッパ―クラッチの恩恵がよくわかった。


それにしても相模原側は酷い。

これなら秦野側から登って往復してきたほうが楽しめるに違いない。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

6

Ninja1000 2017 パニア装着

DSC_2673.jpg

やっと来たあ!

パニア!

納車日から数えると1ヶ月半で、契約日からだと実に3か月待たされたことになる。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「さすがカワサキ!」と笑えたら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


なんでもパニア本体はあったのだが、別売の上部カバーが海外からの取り寄せだとかなんとかでこんなに時間がかかったそうだ。

消費者側にとっちゃそんなんどーでもいいことである。

理由がどうあれ、商品として売りに出すのなら四の五の言わずにとっとと納品するのが筋と言うものだろう。



まあいい。

それがカワサキ基準だというなら、期待するものは何もない。



先週の金曜ぐらいに先方から入荷の連絡があった。

こんなに遅れてんだからてっきり送ってくれるもんだと思ってたら、「カバーを取り付けるのに作業が必要」とか言っている。

バカ言ってんじゃねぇ。

だからパニアもそっちにあるんだってば。とっととカバー付けて郵送してくれりゃそれでいーんだ。


と、訴えるのだが、

「あ、ワンキーシステムなのでキーがないとパニアが開けられないんです」


・・・・。


じゃ最初からそう言えばいーのに。

それがわからんやつだっている、ってことをどーして悟ってくんないかなあ・・・。


じゃ、なに?

こんだけ待たされた挙句、結局またそこまで行かないといけないってこと?

それがわかってりゃスペアキーだけでも預けておいたのに・・・。


もうなんでもいーや・・・。




それでこの日は元々kenji00さんと長野方面へのツーリング予定だったのだが、雨が予想されるために中止。


せっかく数か月ぶりの土曜休みなんだし、雨の関係ない水族館へマイハニーと出かけることにした。

それで選んだのが茨城の大洗である。

なんでそこなのか、というと、ラッコがいる水族館が関東ではいまやそこしかないからだ。


まあその記事はまた別の機会にするとして、どーせならその帰り道にカワプラに寄ってパニアを持って帰ることにしたのだ。


でまあ、作業は20分ほどだったかしら。

その間、パニアの付け方が不安だったので質問すると、さすがにこれは実証して見せてくれた。

ヴェルシスが同じタイプのパニアを使用している、ということなのでそっちで見せてもらった。

が、やらせてはくれなかった。


そんなこんなで突然の豪雨の中、パニアを箱ごとN-WAGONの中に突っ込んで帰ってきたのだった。




夕食を終え、ちょっとお酒が入ってはいるが、早速取り付けてみた。





DSC_2676.jpg

おー。

でかい・・・。





DSC_2687.jpg

茶トラえもん:「なに、なにー?」

維水志:「や、やめてくれよー。新品なんだぞー。作業員は手袋もせずに手あかをいっぱい付けてたけどー」





DSC_2694.jpg

茶:「もう少し小さいサイズにしてくれないとー・・・」

維:「キミ用にもらってきたわけじゃないんだからね・・・」






DSC_2681.jpg

う~む。

なかなかコツがいるようである。

特に左側だ。装着するのに15分ぐらい格闘したかもしれない。

また変な位置に入れちゃうと今度は外すのが大変なのだった。

まあそのうち慣れるだろう。

逆にこれぐらいじゃないと抜群の安定力に欠けるのかもしれん。


ちなみにパンツ姿ではなく、ステテコ姿ですので。




DSC_2698.jpg

茶:「うーん・・・。そこにも入ってみたいなー。でもやっぱデカすぎるかも・・・」





DSC_2712.jpg

おー。なかなかいーぞ。

赤ラインにして正解だ。

このライン、左右セットで五千円近くするんで高いなーと思ったが、こりゃ単なるステッカーじゃないんだね。






DSC_2697.jpg

張り出し方がすごいなあ。

なんか、どっかで数値を見たとき、ハンドル幅よりかは短かいと思ったのだが、マイハニーの見た目ではハンドルよか全然はみ出しているそうな。

確かにそう見える。

実際のところはどうなのか、今度測ってみたい。





DSC_2699.jpg

下から見た図。

マフラーからの熱に耐えられるようにカバーがしてある。





DSC_2702.jpg

そうそう。懸念していた「アレ」を確かめねば。






DSC_2703.jpg

あー、全然取り越し苦労だったわ。

余裕で入る。

しかも手前側にまだなんか入れられる。

手前側にもこのベルト的なもんが欲しいな。

中に入れられるソフトケースもあるようだが、そこまでは必要なかろう。








DSC_2723.jpg

ってことで、ちょっと昨日時間があったので、パニアを付けたまま走ってきた。






DSC_2724.jpg

キャンプ時にはシートバッグがドラムバッグに替わる予定。

キャンプ、楽しみだなあ。

いつかなあ。





DSC_2725.jpg

マフラーの上と干渉しているようだが、パニアの裏側がへこんでいるので問題ない。





DSC_2726.jpg

前から見ると、やっぱハンドル幅内に収まっているようにも見える。





DSC_2727_20170801103858948.jpg

ほら、内側がへこんでいて干渉してない。

そしてパニア下部には耐熱パネルが貼ってある。






DSC_2729.jpg

維水志ローダーだった時に積んでいた荷物量プラスα入れられそうである。

あ、でも積載重量にも限度があるから調べておこう。





DSC_2734.jpg

上から見るとまた随分と幅があるなあ。

GIVI?だっけか、結局はそこ製なのだろうか。


とにかくワンキーにしたのは正解だ。






DSC_2735.jpg

やっぱDDTRステッカーは裏面がいーかなあ。





DSC_2736.jpg

早く荷物満載で遠出をしたいものである。

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
↑いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=