Ninjaよ!私は帰ってきた!!

四半世紀の時を越え再びバイク乗りに挑戦!が表向きで「これを期にブログをやりたい!」が本音、のブログです。

249→124:399→1043計画

なんじゃそりゃ?

と、思うのはバイクを知らない人だけ。

バイク乗りならわかりますよね?


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そりゃあ見てすぐにわかったさあ・・・」とバイク乗りを自覚できたら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。



そう。

排気量である。


現在、我が家にはバイクが2台。

言わずと知れた、Ninja400R影丸と、自賠責保険が切れて今やガレージの飾りと化しているホンダVTRである。


問題はVTRだ。

もったいないんだ。


自賠責保険は義務だから乗るならもちろん加入をするわけだが、それに伴いまさかのために任意保険にも入っておかなければならぬ。

だが入ったとして、VTRでツーリングに出かけることはまずなんだろうなと思う。


維水志所有のVTRは現在販売されているものの2世代位前のもので、低速トルクが弱くギアの選択が難しいと感じてしまう。

特に勾配のある急カーブを駆け上がる際なんかは2速だと心もとない。

Ninja400Rに乗り慣れているということもあるだろう。それと比べて2速だとどーも不安ですぐに1速に落としてしまうのだ。それでギクシャク走ることになる。

本来はアクセルを開けてリアブレーキを引きずりながら走ればいーのだろう。影丸でもそうやって走ることはある。

けど、なんかなあ・・・。現在販売されているVTRはその低速トルクが改善されたって言うんだから納得いかんのだ。


ぶんぶん回るVツインエンジンは気持ちよいし、バランスよい車体自体はとにかく扱いやすいのだがどーにもこれで遠出する気にはなれないのである。

だから保険が切れていない時も、VTRの出番はもっぱら近所へのちょい使いでしかなく、たまに鍛えるためにヤビツ峠手前の展望台に行く程度だった。


で、保険資金事情で乗れなくなった今、当然ながらちょい乗りだろうと遠出だろうと影丸を使っているのだが、それはそれでまた問題があるのだ。

影丸の場合、ちょい乗りに向いてない。

車体がデカいのはもう慣れたからデカいとは感じないのだけれど、いちいち暖機運転をしないといかん。


結局、買った当初からそれは改善されていないままなのだ。

原因はKenji00さんが突き留めて教えてくださったのだが、結局初期不良ってことらしい。

なのにカワサキったらリコール扱いにしてくれていないのだ。

フューエルインジェクションなのに暖機しないとエンジンが止まるだなんて、絶対にリコール扱いにすべきなんじゃないのか?

この件に関しては絶対にカワサキに電話で問い合わせしたいと常々考えているのだが、どーせ適当にあしらわれることが予想されるのでなかなかする気になれないでいる。

なんたってこっちゃメカに関してはド素人なわけで。


そんなわけで、VTRに代わるちょい乗り用のバイクが欲しい。



また全体的には満足している影丸だが、やはり安全面でどうしても気になることがある。


400という排気量があれば、遠出をする際高速道路上でもそんなに不便があるわけではない。

ただ100キロ巡航時の回転数が高くてあんまり燃費がよろしくないのは事実である。

そして回転数が高いために余裕がなく感じられるのもまた否めない。


だが何よりもいけないのは、スピードが出る割に安全に止まれないということなのだ。

そう。

ABSがどうしても欲しい。

巡航していても、前方で何かが起こって、前の車が急ブレーキをかけた場合、自分は安全に止まることができないいような気がするのだ。

70キロぐらいまでならなんとかなりそうな気がしないでもない。

けど100キロは別なのだ。


そうなると高速道路なのに常に80キロ前後での走行を強いられることになる。

それを受け入れられれば問題ないのだけれど、性格上それは無理。


そんなわけで排気量のデカい、ABS装備の大型が欲しい、というのはもう何年も思っていることである。




で、何年も考えているそれらの懸念を解決すべく思いついたのが、


249→124:399→1043計画


である。




つまりは249ccのVTRを124ccの原付二種へ買い替え、399ccのNinja400Rを大型排気量1043ccのNinja1000、もしくは他のバイクに買い替える、

という計画。


原付二種だと保険が車のファミリーバイク特約でカバーできる、という話を聞いている。

つまり、バカ高い任意保険料を支払わないで済むのだ。

高速には乗れないが、ちょい乗りが基本使いならまったく問題ない。

仮にこれで遠出をすることになったら、高速を使わないでも長距離を走りぬく、という覚悟が必要になるだろう。

カブに激積載をして全国を回っているライダーを見ると、そうした覚悟を持ち合わせた人はたくさんいることがわかるので、自分にもやろうと思えばできるかもしれない。


なので原付二種への変更は、ちょい乗り問題が解決するだけでなく、新たな冒険のきっかけを与えてもらえるかもしれない。


で、安全対策だ。

どーせ買い替えるなら、こりゃもうABSのみならず、トラコンが装備されているものにしたい。

そーすりゃお釣りがくるほどの解決策となろう。



じゃあ、それぞれの車種は何にする?


大型に関しては今のところ乗りたい筆頭が新型Ninja1000しか思いつかないからそう記している。

初期不良をそのまま放置するようなカワサキブランドなんかに二度と乗ってやるか、と思う一方でバイク自体の乗り味に中毒症状を発してしまっているこの矛盾をどうにかしたいのだが・・・。

一方で「やっぱホンダかヤマハだろう」という思いも捨てがたいでいる。



大型に関しては散々いろいろと書いてきたおかげでだいぶ方向性が確定しつつあるわけだが、わからんのは原付二種だ。



それで調べた結果、以下の二車種を選び出した。






20161117x.jpg

20161117y.jpg

ホンダGROMと、カワサキZ125Proである。


って、またカワサキかよ~。

懲りないなあ。


さて、どっちにしようか。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

スポンサーサイト

ちょっと伊豆まで忘れ物を取りに

二日前の日曜日のことだ。

マイハニーはご家族との用事があるため留守。

維水志はちゅーたとお留守番。


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「ってことは、結局ちゅーた一人がお留守番・・・?」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


う~む。

先週に引き続きこんないい天気の日なのに、何もせずにずっと家にいるわけにはいくまい。


ちゅーたに留守番を頼もうっと。



P_20161111_160936.jpg

ネコはなんつっても耳がかわいーよなあ。

3時間ぐらいならいーよね。許してにゃ。



はて、じゃどこへ行こうか。


そーいや先週、伊豆に忘れ物をしてきたのを思い出した。

ホントは行きたいところがあったのだが、時間の都合上割愛せざるを得なかったのだ。


そんときゃ、それはそれでまたいつか来ればいーよな、と思っていたのだが、そのチャンスが即翌週に巡って来るとは思いもよらなんだ。


で、グーグルマップで行き方と所要時間を調べる。


おー、なんだ、東名を使えば1時間程度で着くじゃないか。

往復で2時間なら現地で1時間ぐらいは過ごせるぞ。


早速、出発だ。

先週の維水志ローダーが、トップを外す以外はそのままになっている。

つまり両サイドだけの状態だ。

使わなかった温泉セットがそのまま残っている。

まあ場合によっては温泉に入るかもしんないし、お土産も買うんでこのままでいーや。



この日は先週よりも気温が高いらしいから装備も軽めだ。


で、元気よく東名に乗って順調に飛ばす。


ここでヤフーナビにやられる。


御殿場の先で新東名へ乗り、その後、すぐにまた二股に分かれ、維水志は伊豆縦貫道へ行かなければいけなかった。


ところが、ヤフーナビの高速モードってそのまままっすぐ進むときはPA・SAや出口だけが表示されるのだけれど、

20161021x.jpg

↑こんなふうに、





分岐になるとちゃんと出口を矢印で記してくれたはずなのだが、

20161115x.jpg

↑こんなふうに、

ところが、そのいつも出るはずの分岐矢印が出なかったために、長泉沼津方面へ出そこなってしまったのだった。

いや、こんな間違いをするのは完全に自分が悪いのはわかっている。

たかが、その矢印が出なかっただけで臨機応変に対応できなかった自分がアホなのだ。

しかも確かに「伊豆縦貫道」の文字も確認していながら、そのまま直進した自分の行動が意味わからん。

一体、何なんだ、このバカさ加減は?


で、通過しちゃって、こりゃ一体どこまで行けばUターンできるのだろうか?

そんな自分にイラつきながらNEOPASA駿河湾沼津PAにピットインする。


調べると、どーやら新富士まで行かなきゃいけないよーだ。

もお・・・。


1時間で行けたはずなのに、一体こりゃどんだけ時間をロスすることになるんだろうか。


10時15分着の予定が10時45分になってら。

30分のロス。


これで最高につまらん気分になった。

誰のせいにも出来ない。全部自分が悪い。

もう帰ろうかと思った。


けどこれで帰ったらもっと気分が悪くなり、翌日の仕事にも影響しそうだからそのまま進むことにしたのだ。


で、新富士まで意気消沈モードで行き、そのまま西富士道路無料区間を走り、そのまま富士ICから東名に乗って伊豆縦貫道へやっとこさオントラック。


調べたら55キロのガソリン分と高速代のロスである。


ホント、このナビ音痴、どーにかならんだろうか。

かと言って、高速上じゃ速度を落とすほうが危険だからなあ・・・。



それでまあ30分遅れでなんとか目的地に着いた。






P_20161113_114222.jpg

ここに来たかったのだ。

伊豆の国、パノラマパーク。

何度も伊豆に来ているがここはまだ一度も来たことがなかった。



事前にロープウェイの割引クーポンを印刷するつもりだったが、忘れた。

往復で1600円。割と高い。


だが一グループにつきゴンドラを一つ占有できるのがいい。

すなわち、維水志一人で独占状態なのだ。





P_20161113_110621.jpg

おー、すでに高ーい。





P_20161113_110947.jpg

ちょっと色づいているところもある。





P_20161113_111148.jpg

あ、富士が見えた!






P_20161113_111201.jpg

空いてる窓からスマホを出して撮影。

落とすのが怖いんで斜めになってら。



途中から急上昇するところがあって、それがまた楽しい。





P_20161113_111620.jpg

頂上駅に着いた。

おー、素晴らしい空の青さ。

絶景の富士!





P_20161113_112855.jpg

いやー。

海もまた素晴らしい。






P_20161113_111418.jpg

最高だ。

忘れ物を取りに来て良かったよ。






P_20161113_111713.jpg

さて、じゃあソフトクリームでも・・・・・。


あ、いや、低糖質ダイエット中だったんだ。

何も食べられん。


それよりお土産を買おう。

ここでしか売ってないものがあるのだ。


お土産ゲット!


頂上滞在時間、30分也。






P_20161113_114243.jpg

全滞在時間、1時間。

予定通りだ。


結局、ここまで何も飲まず食わずである。


せっかく来たんで帰りは先週と同じコースで帰ろう。

十国峠からのワインディングが楽しいぞ。


気温も今日はあったかいなあ。


大観山には寄らずに箱根新道を下るのだ。

そして今回は西湘バイパスで海を見ながら帰ろう。


なんて素敵なツーリングなんだ。


で、また分岐を間違える。

前のバイクにつられて小田厚に乗っちまった。


はア・・・・・。( ̄д ̄)



そのまま地元のガストで昼食。

伊豆まで出かけといてなんでガスト?


低糖質ダイエット中だからさあ。

14時半帰宅。


すまん、ちゅーた。5時間も留守番させちゃったね。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

極寒の大観山

おそらくは爆睡だったろう。

寒さを感じることがなかった。

あっという間に朝が来た感じだ。


布団を畳んだら昨夜の宴の後片付け開始。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「片づけるほど道具を使わなかったんじゃ・・・」
とここのライハのアメニティの高さに感心したら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そうなのだ。

だから片づけはすぐに終わった。

山形キャンプであれほど時間がかかった撤収も、ライハTanshinに宿泊した時と同じであっという間だった。


ということで8時10分前ぐらいに出立。

大変お世話になりました。

是非また隊長と共にお世話になりたいと思います。


ナビを大観山にセットしようとするのだが、そこの名称がいろいろと変わっているので検索がなかなかヒットしないで困った。

以前は確か、「なんとかかんとかビューラウンジ」かなんか言ったような気がするのだが、今は「MAZDAスカイラウンジ」だかになっているようだった。


それで、維水志的には伊豆スカイラインを使って帰ろうと思ったのだが、ヤフーナビが示したのは一般道、しかも街中を通るコースだった。

こーゆーとき、ヤフーナビの上手な進路変更の設定の仕方がわからん。

グーグルナビだと別のコースが同時に灰色で示されるのでそれをタッチすればすぐに変更できるし、画面を拡大してコースをドラッグすりゃ細かい変更も可能だが、ヤフーナビにはその機能がないのである(もしかして知らないだけかもしれないが)。

現時点でヤフーナビのコース変更に関して維水志が使える機能は、おすすめ、高速優先、一般道優先、の三つから選べることしかない。


う~む。音声ガイダンスの良さと高速道路上での表示の利便さは捨てがたいのだが・・・。



それでも今回はヤフーナビの指示に従うことに決めた。



で、その「おすすめ」は一般道利用。

時間が変わらないのだったらわざわざ有料道路を使う必要もないか。

ということでおすすめの、一般道コースを選択したのだった。


で、途中、ちょっと渋滞があって、信号待ちで隊長が「リアル渋滞の表示は出るか?」と聞かれたのだが、そんときゃ画面上では分からなかった。

グーグルナビではそれが画面上で記されていたようである。

なんだあ、じゃあやっぱグーグルナビのほうがいーじゃん・・・・、と思ったのだが、ヤフーナビは音声で渋滞を知らせてくれたのだった。

けどそれぞれ渋滞を感知する度合いが違うようである。


一般道をずっと走行しながら、もしかしてこれって国道1号線をずっと行くコースなんじゃないかと気づき始めた。

やだー。

こんな通勤渋滞の中をずっと行かなきゃきけないだなんて、旅らしくないじゃんかあ。

まあ月曜だから仕方がないっちゃ仕方がないのだが。


それで給油を済ませたところでコースを変更することにした。


函南町あたりから熱海峠方面へコース変更。


暫く行くとすぐに交通量も少なくなっていった。

おまけに絶景の富士が時折顔を出す素晴らしい道路になった。

おー、よかった。

これで少しは旅気分を味わいながら帰れそうだ。


で、途中例によって道を間違えたのだが、それはナビのせいではなく、維水志の勘違いだった。

そのまま行ったら伊豆スカイラインに入ってしまうのかと思ったのだが違ってた。

このへんがなあ、ヤフーナビが使いにくいと思うところだと思うわ。

予めコースを細かく指定できてりゃいちいち確認なんかしないで済むのだが・・。



やがて道路は三又に分かれた。

十国峠方面はえれえ急坂、急カーブで大変。

隊長、だいじょぶかしら?


そして修善寺あたりでは寒いとは感じなかったのだが、標高が高くなるにつれ、やたら寒くなってきた。


十国峠を過ぎたあたりで外気温の掲示板を見かけたのだが、見て驚いた。


4℃


ま、まじ?

雪、降らないよね。







DSC_0279.jpg

大観山へのショートカットとなる有料道路110円を払ってなんとか9時半に到着。

凍えずに済んだが、体がもうガチガチや。







DSC_0281.jpg

芦ノ湖は見えるが富士山は見えない。


とりあえずバイクを移動し、ラウンジに入って朝食を取ることにした。

なんでも隊長のブロ友さんがここにステッカーを置いていったらしく、それをゲットしないといけないんだそうだ。


その前に飯。

何軒か店舗が入っているのだが、この時間、営業しているのはラーメンとパスタを提供している店のみ。

仕方がないので二日続けてラーメンだ。

体があったまる汁物なら何でもよい。


味噌ラーメン800円。

高っ。

前日のあさりラーメン660円と比べると、質的にも値段的にもだいぶ劣るので、見てて腹立たしくなってくる。

だが他に選択肢がないので仕方あるまい。




で、また残す。

たぶん400円分ぐらいしか食べてないがそれはこちら側がそう選択したのだから問題ない。



朝飯を食べている間に二階のカフェがオープンしたので今度はそちらへ移動。

ドリンクバーになっていたので、暫くのんびりとお茶をする。

隊長がおごってくれた。


その間、隊長も、メールを読み返して目当てのステッカーが階下の売店に預けられていることがわかったらしく、無事にブツをゲット。

維水志もおすそ分けをいただいた。ありがとうございまーす。


さて、本日は維水志は夕方から仕事。

隊長も昼過ぎには家について自宅待機をしないといけないらしい。


随分とまったりとし、あったまったところで出立とあいなった。


お互い、忙しい中でこうして久しぶりに会えてよかったね。


次は3月、と言っていたが、別に泊りじゃなくてもいーんで冬のうちにまた再会しましょーや。


その後、通行料が500円だと思っていたら520円だったターンパイクをひたすら下り、小田厚道路途中で解散となった。


午前11時過ぎに帰宅。

走行距離は全部で250キロぐらい?


近いということもあり、スペシャル感は薄かったが、逆に言えば、この近さならやろうと思えばいつでも楽しめる手軽さがあるのだと思った。


うーむ。

だからなのか、さすがにブログ記事として8回も引っ張ることは不可能だった。

全部で7回だった。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

集え!ライハへ!

先行し、分岐で隊長が来るのを待つ。

もうあと少しでライハに到着だ。


そしたら宴の始まりだね。

ひゃっほう!(*'▽')

果たしでどんなお宿かしら。

北海道の二の舞だけは御免こうむりたい。

ありゃトラウマになりつつあるのだ。

その時の記事↓  ↓  ↓
http://ninja400kagemaru.blog89.fc2.com/blog-entry-901.html


にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「そんな宿はめったにないだろう・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


そんな危惧などこの宿には不要であった。


ライハに到着。





DSC_0224.jpg

すでに火が準備されている。

おお、なんという心配り!嬉しいなあ。


オーナーさんと挨拶をかわす。

初めまして!宜しくお願い致します。

隊長も初対面らしい。




DSC_0221.jpg

なんでもこの火床やテーブルはこの日のためにわざわざ用意してくださったそうだ。

なんというもてなし!

隊長の人徳だね。維水志はおまけ。






DSC_0219.jpg

じゃあ早速かんぱーい!!


ピントがボケてしまったが、この伊豆の国ビール、フルーティで美味しい。

300円もするのだが・・・。




こっからは怒涛のもてなしが開始される。





DSC_0227.jpg

まずは隊長のジンギスカン。

いつもいただきっぱなしで申し訳ございません。

最高に美味しいです。






DSC_0230.jpg

今回はロース?を奮発してくれたそうだ。



飲みながら語り合う。

隊長のブロ友さんらの話で盛り上がる。



それにしてもオーナーは気さくなおかた。

そして維水志より一回り以上年上なのだが、とにかく若い。


バイクもカブからヤマハの大型バイクまで乗りこなしていらっしゃる。


なんでも定年後は毎年北海道を旅していらっしゃるとか。

人生をとっても謳歌されている様子。

だからこその柔和な姿勢。余裕がある。


このように素敵に歳を重ねたかたを間近に見ると、とっても勇気がもらえる。


まだまだ人生、これからなんだ、と。


あ、でも維水志は定年がないからなあ・・・。

死ぬまで働くしかないか。




うー、それにしてもかなり食ったぞ。

ジンギスカン、オーナーさんも食べてはいるが、例によって持ってきた本人が全然参加していない。

たぶん維水志が500g以上はいってる。


食材は他にもまだあるんですけど・・・。





DSC_0233.jpg

オーナーさんが近くで取ってきてくれた椎茸。

竹串もその場で作成してくださった。


もぎたてで、しかも肉厚。

最高に美味しい!

実はスーパーでも椎茸を購入したのだが、これの豪快さに霞んでしまったようで、とうとう姿を見ず仕舞いになった。



DSC_0235.jpg

さらにはダッチオーブンで準備してくれた焼き芋。


こ、これがとろっとろに溶けて抜群に美味い!(≧▽≦)

あ~、焼き芋ってこんなにおいしいもんだったんだ・・・。

スイートポテト?


いかん、旨すぎて低糖質ダイエット中だというのにこれまた維水志が2本分ぐらい食べてしまった・・・。



あと、玉こんにゃくもいただいた。それもうまし!






DSC_0243.jpg

そして伊豆と言えば魚介。

本日、我々が持ち込んだ唯一の現地食材のデカサザエ。


さあ、千葉のサザエの味を越えられるのか?





DSC_0253.jpg

ほら、こんなにデカい。

キロ1400円だったかな。

3つで1200円だったのだ。


酒と醤油を垂らして焼く、というのは千葉のときもそうだったらしいから純粋の味の比較ができるね。






DSC_0256.jpg

中身を取り出すところまでが隊長の役目である。


維水志は食べるだけ。

いただきまーす(*´▽`*)



む~ん。

なんか、こう、旨味が感じられん。

千葉で食べたときは「あら、サザエってこんなに美味しかったんだ」と思ったものだが。


これじゃ隊長の言うように、ツブ貝とやらには勝てぬだろう。

いつか是非ツブ貝をいただいてみたい。






DSC_0258.jpg

で、まだこれがあった。

豚肉のかたまり。


隊長に肉を食わせようとして買ったのだが、隊長によると、維水志が「もっと肉をくわせろ!」と言った、ということになっている。





DSC_0261.jpg

まあ結局本人は一切れしか食べてないからそう言われても認めざるを得まい。


に、してもじっくり火が通ったからか、とってもジューシーで美味い肉だった。






DSC_0265.jpg

で、オーナーさんが用意してくれたトマトとモッツアレラのカルパッチョ。

お、美味し過ぎる。

トマトが普段食べているのと違う。



それにしてもここまでもてなしてもらっていいのだろうか?



ここに来る時は道具が要らないんじゃ・・・・。

結局、維水志が持ってきたちり鍋、A4君はまるで出番なしである。

ガスバーナーさえ使わなかった。


使ったのは、箸、コッヘル、チャッカマン。

以上。



それで1泊千円でよろしいんでしょうか?


まあきっとここまでのもてなしは隊長だからなんだろう。


ライハ自体がそういうスタンスである。

特にHPがあるわけではない。あまり客に来られると自分が出かけられなくなる、とおっしゃっていた。

気の合う仲間がこうして集まれる場所、と考えたほうがいいのかもしれない。





DSC_0266.jpg

その後、我々が翌朝が早いということで、オーナー自慢の秘密基地を見せてもらうことになった。





DSC_0268.jpg

おー、まさに秘密基地。

全部ご自分で建てられたそうだ。


素晴らしい趣味をしていらっしゃる。






DSC_0275.jpg

ガレージの他に刃物のコレクション館もある。


なんでも30年ぐらいかけて収集されたそうな。


北海道の民には必須のなんとかって言う刃物があって、隊長が頻りに感動していた。






DSC_0278.jpg

そんな楽しい時はあっという間に過ぎた。


いただいておきながら「北海道のトウモロコシの方が美味い」とおっしゃる隊長。

それを言っても許される隊長の懐のある性格を真似たいのだが、維水志にはどうあがいても無理だろうな、と思う。


単に酔っぱらってるから、か?



時刻は間もなく夜中の12時になろうとしている。



なんという充実した時間だったろうか。


オーナーの、心にゆとりのある豊かな人生に、希望を抱かせてもらえるひとときであった。



そしてライハだけに今宵は布団で寝られるのだ。

贅沢の極み。


おやすみなさい、隊長。

明日は即行帰りだったね。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=

西伊豆スカイラインの陽は落ちて

食事を終えたのが14時半。

2時間もここにいたのか。随分と長居をしたものだ。

こりゃもう本日のツーリングは終了だな。

ホントは絶景の見えるポイントも考えていたのだが、まあまた別の機会にでも訪れよう。


後は買い出しをして宿に向かうだけだ。

買い出しをする場所は決めてある。ここから25キロほど先にある漁協組合の直売所だ。

にほんブログ村 バイクブログ リターンライダーへ
にほんブログ村←「直売所ならいーもんありそうだなあ・・・」と思ったら・・・
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします。


いけすやから25キロほど南下した場所に直売所はある。

今回のツーリングでは休憩後の出発時には必ず行われる儀式が新たに加わった。

次の目的地をナビに設定する、という儀式である。


今回から維水志も隊長もスマホナビに頼っている。

これまた面白くて、維水志はヤフーナビ、隊長はグーグルナビという・・・。


そんなんだから、こっからはもう思い思いに自分のペースで走ることにした。


目的地が漁協組合のわりにゃナビが誘う道はどんどん山道になっていくのでちょっと不安になったが、ナビを信じてそのまま進んだ。

日曜のこんな時間だともう普通は帰路についているのか、ほとんど交通量がないのだった。


やがて目的地に到着。ほどなくして隊長も来た。


とりあえずでっかいサザエをゲットするが、目当ての金目鯛がない。

金目どころか生け簀に入ってんのはサザエばかりなのである。

そこへ「金目の煮付けを作るのだ」と張り切っていた隊長には不幸なお知らせが入った。

漁協の人が「今日は金目は上がってないなあ」とおっしゃる。


しょーがないんでここからさらに15キロほど南下した別の漁協直売所にも足を運ぶことにした。

恐らくは無駄足なのだろうが、なに、修善寺に向かうにはどのみち通り道となるから問題ないのだ。


2件目。やはり空振り。


う~む。

金目はやっぱ下田あたりじゃないとダメなのかしら。


隊長は直売所はダメだから普通のスーパーへ行こうと言っている。

スマホで検索すると、これまたすぐ近くに地元の人が利用するスーパーがあったのでそちらへ。


と、これまた残念ながら金目の姿はなかった。

似たような魚があったが、それは金目じゃない、とすぐさま隊長から指摘を受けた。

維水志には金目鯛に見えたのだが、さすが隊長だね。


結局、そこで酒やつまみ、その他の食材を購入した。

そして悔しかったのか、隊長はアジの開きを買い物かごに入れていた。


これで買い出しは終了だ。

時刻はもう16時近い。



ここで隊長が本日のお宿、修善寺のライハへ到着予想時刻を知らせるメールを入れる。

17時着、とお正らせしたそうだ。


あ、でもここから30キロぐらいだからなあ。

そんなにかからんのじゃないか?


まあ早く着く分にゃ問題ないか。



じゃ、またこっから自由走行だね。


Go!



無謀な運転をするのは二輪だけではない。

クソな四輪が無理な追い越しをかけて後ろに迫ってきやがる。

即、道を譲る。

それが正解。

クソな四輪はヘタなくせに自分が運転が美味いと酔いしれているやつがほとんどなので。


やがて西伊豆スカイラインへ入った。


もうすぐ陽が落ちようとしている。

途中、夕暮れの絶景が拝めそうなポイントがあり、「どーしよっか、停まろうかな・・・」と思ったのだが、寄り道なんかしてライハ到着が遅れたら、隊長の顔をつぶしてしたりしたらヤバいと思いそのまま通過。

なんたって今回のライハは隊長のブロ友さんなのだから、粗相をしてはならないのだ。



しょーがないんで日が暮れようとしている西伊豆スカイラインの風景をお楽しみください。


ただ走ってるだけです。

しかもスクリーンが汚れてるし・・・・。








あ~あ、やっぱ最初の駐車場で停まるべきだったよ。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村
←いつも応援ありがとうございます。
ポチっ、とひとつ、よろしくお願いします =*^-^*=